ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ヨルダン旅行記・第4章]世界の神秘「ペトラ遺跡」はすごかった…でも、死んだほうがマシという怖い目に遭って、自分の軽率さを後悔する!


Category: 旅行記   Tags: ---
 前回は、ヨルダン観光の目玉、「ワディ・ラム砂漠」での一夜をお伝えしました。
 いよいよ今回は、世界の神秘「ペトラ遺跡」を観光します!(半年ぶりのブログ更新であることはスルー!

 ペトラ遺跡のことは、ヨルダン観光に行くまで、まったく知りませんでした。
 ところが、ヨルダン観光といえばペトラ! というくらいに世界的に有名な遺跡なんですね。
 映画『インディ・ジョーンズ』撮影に使われたことでも知られているそう。
 よく見る「観光ガイドが選ぶ世界遺産ベスト10」などでも、カンボジアのアンコールワットと並ぶ常連です。

 しかし……ここでちーけんさんは、死んだ方がマシという目に遭うのでした……ロバ……ロバ怖い……(いったい何が!!!)。


P9166403.jpg  
 入場チケットは50ディナール(7千円くらい)。
 ゲートをくぐると、馬がたくさん並んでいます。
 ペトラ遺跡はものすごく広大。
 ほとんどの見どころは、ゲートから徒歩で30分程のところにある、シークとよばれる渓谷の細い路をくぐり抜けた奥に点在しています。
 『地球の歩き方』に、馬に乗ると、シークの入口まで歩かずに済むと書いてありました。
 料金は入場チケットに含まれているというので、ありがたくまたがらせてもらうことにしました。

 

[ヨルダン旅行記・第3章]「アラビアのロレンス」の舞台となった砂漠をジープで観光…だが、ちーけんの不自由な身体にさらなる試練が次々襲いかかる!


Category: 旅行記   Tags: ---
 前回、憧れのワディ・ラム砂漠のキャンプホテルに泊まって、朝を迎えたちーけんさん。
 起きてみたら、坐骨神経痛も腰痛もやわらいでいて、気持ちも明るく……。
 さあ、いよいよ砂漠のジープツアーに出発だ!!!!!(ほがらか
 「アラビアのロレンス」の舞台にもなった、奇岩&奇観が連なるワディ・ラムをたっぷり観光します。


P9156263.jpg 
 ヨルダン旅行2日目。
 今日はワディ・ラム砂漠をジープに乗って走り回ります!
 砂漠内は、ここまで旅をともにしてきた専用車&ジハードさん(ドライバー)とは一時お別れして、砂漠の民ベドウィンの運転するジープに乗ってのツアーになります。
 写真は、この日、ちーけんを乗せて砂漠内を駆け巡ってくれたベドウィンのムハンマドです。
 立派なひげ面ですが、なんとまだ23歳とのこと(びっくり)。

 

[ヨルダン旅行記・第2章]痛む腰をさすりながらアンマンの市内観光へ……そして、砂漠のど真ん中の「キャンプホテル」で夢のような一夜を…


Category: 旅行記   Tags: ---
 坐骨神経痛再発の恐怖と戦いながら、はるか中東の地ヨルダンを旅するちーけんさん。
 だが、28時間の長旅を終えて首都アンマンに着き、ホテルでしばしの眠りをむさぼった翌朝、腰には恐れていた激痛が!!!
 それでも市内観光に飛び出したちーけんさんは、無事に観光を続けられるのか――。


P9145852.jpg 
 というわけで、ヨルダン旅行記第2章です!
 前回、ヨルダン博物館を訪れて、あの「死海文書」の現物と感激のご対面をしたところまでご紹介しました。
 痛む腰をさすりながら、続いてこの「ローマ劇場」跡を見学に訪れました。
 アンマンの美しい町並みをバックに、どどーんと巨大な円形劇場跡が遺されています。

 

[新刊レビュー]「でもお前、友達一人もいないじゃん」――ぼろっぼろに泣かされて落とされた優等生ちゃんは救われるのか! 西原ケイタ『逆転ヒエラルキー』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  受け-性格悪い  
逆転ヒエラルキー! (GUSH COMICS)逆転ヒエラルキー! (GUSH COMICS)
(2014/10/10)
西原 ケイタ

商品詳細を見る

 ガリ勉、眼鏡、つねに敬語でしゃべる、他人への優越感……。
 そんな記号が合わさってる学級委員長の静生(しずお)は、可愛げがないどころか、とっても嫌なヤツ!
 最初読むと、反発すら覚えます。
 案の定、静生には友達は全然いません。
 日常しゃべるのも、隣に住む幼なじみの将人(まさと)とだけ。
 将人にも、つねにウエメセ(上から目線)で怒鳴りつけます。

「そんなだから、お前はダメなんだよ! 僕は仕方なく! そんなお前を、仕方なく面倒みてやってるんだ!」

 学校に行っても、将人が友達と「ぎゃははは」と盛り上がってるのを見て、つぶやきます。

(相変わらず不真面目そうな奴らとつるんでるな……)
(あんなにピアスじゃらじゃら付けてる奴ら、普通なもんか)

 

[ヨルダン旅行記]序章――首都アンマンに着くまでのゼイタク旅行と坐骨神経痛との戦い、そしてエヴァでも登場した「死海文書」の現物を見てきたヤッホー!


Category: 旅行記   Tags: ---
 中東のヨルダンに行ってきました!
 ヨルダンといっても、国名を知ってる人は多そうですが、「どこにあるんだ!」という人も多そうです。
 世界地図を広げた時に、左にはエジプトとイスラエルがあり、上にはシリア、右にイラク、下にサウジアラビアという場所にヨルダンはあります。
 中東といえばアラブ。
 ヨルダンももちろんアラブ人が主体の国ですが、他のアラブ諸国と違うことに、石油はまったく出ません。
 そのため、いわゆる「アラブ」という言葉から想像されやすい金満国家からはほど遠く、農業主体の穏やかなお国柄です。
 ブログ主は、半年前にヨルダン行きを決めて以来、ヒマを見つけては現地の旅行代理店とやりとりをして、こつこつと旅行計画を練ってきました。
 もう、本当にこの旅行が楽しみで楽しみで…。

 だが!!!

 驚くまいことか、なんと出発の一カ月ほど前の8月某日、ブログ主はいきなりぎっくり腰になってしまいました。
「そろそろ旅行も近いし、体力をつけておこう」と思って、家の中でステッパー(トレーニング用の階段上りマシーンみたいなやつ)を踏んでいたら、いきなり腰に違和感を感じ、翌朝まったく立てなくなってしまっていたのです。
 そのまま一週間、会社も休むハメになりました。
 しかも悲惨なことに、ぎっくり腰から椎間板ヘルニアにまでなってしまい、ブログ主は坐骨神経痛に苦しむことに……。

 みなさんは「坐骨神経痛」をご存じでしょうか。
 腰から左右の足に通っているぶっとい神経が坐骨神経でして、ブログ主は腰の椎間板がズレたことで、その坐骨神経が圧迫され、左足全体に激しい痛みを感じる身体になってしまったのです。

 坐骨神経痛は、足の「背中側」が痛む神経痛です。
 ブログ主の場合は、お尻の左半分全体と、左足のふくらはぎ、左足首にかなりの痛みが出ました。
 そして、お尻が痛いとどうなるかというと、椅子に座れないのです。
 立ってる方が痛みもなく、全然ラクチンという。
 会社で仕事のために机に向かっていても、お尻が痛くて座っていられないのです。
 これでは、長時間飛行機に乗るのも無理です。

 こんな身体で本当に海外旅行なんか行けるのか――。
 本当に楽しみにしていた旅行だけに、ブログ主はうつ病になりそうなくらい気持ちが落ち込みましたが、なってしまったものは嘆いてもしかたありません。
 そこから旅行まで一ヶ月、ブログ主は熱心に病院に通い、回復に努めました。
 その甲斐あってか、出発一週間前には、まだ左足に痛みは残るものの、普通に歩けて、椅子にも座れるくらいに回復し、整形外科の先生のお許しもいただくことができたのでした。

 こうしてブログ主は、「もし旅行中に激しい痛みがぶり返したらどうしよう……」という不安を抱えつつ、ついに出発当日を迎えて、羽田空港に向かうことになったのです――。


P9135701.jpg
P9135707.jpg 
 9月13日の早朝4時半。
 ブログ主は羽田空港に到着し、この日最初に乗るアシアナ航空177便(ソウル行き)にチェックインしました。

 

ネパール旅行記第3回・俺はこのためにネパールへ来たのだ…“神々の住まう地”ヒマラヤ山脈とついにご対面~~~~!! のはずが……(涙)の巻


Category: 旅行記 ネパール   Tags: ---
  前回、象さん一族の裏切り…そして感動の和解に涙を流したちーけんさん…(やや盛ってる)。
 しかしネパールに来た目的は、象さんではありません。
 ヒマラヤ…。
 世界の天井と言われるあのヒマラヤ山脈をこの目で見んと、はるばるユーラシア大陸の最奥部までやってきたのです!
 そして今回、ついにその日が…。


P4293046.jpg  
 前日、ヒマラヤ観光の拠点となる都市ポカラに到着して市内観光を楽しんだちーけんさん。
 明けて、ネパール4日目となる4月29日の朝。
 午前4時に起きて、真っ暗な中をクルマに乗ってホテルを出発しました。
 ヒマラヤの絶景が見える展望台がある「サランコットの丘」に登ります。
 朝日に輝くヒマラヤをついに見ることができるのです…!
 ちなみに、「サランコットの丘」とか言われたので、なんか牧歌的なこんもりした場所を想像してたら、なんと標高1500メートルある立派な山でした(だからクルマで移動だった)。

 

「電子書籍なんかくそ食らえ」と思ってるブログ主がオススメ…Kindleで読める“優等生受けBL”をど~んとご紹介(くやしいっ、でも感じちゃう!(萌えを


Category: レビュー 電子書籍   Tags: ---
 電子書籍大嫌い派のちーけんです。
 辞書ですら、いまだに紙の辞書のほうが使いやすいと思っています。
 先日、池袋東武の7階にある旭屋書店に行ったら、10数年前の開業当初の半分ほどに売り場が縮小されていて泣きました。
 かつては紙の本を求める人たちで、あんなに賑わっていたのに……。
 タブレットPCで本を読むとか、ちーけんはまったく利便性も魅力も感じませんが、世の中は雪崩を打って電子書籍に向かっています。

 BL本の世界もご多分に漏れず、紙媒体のBL雑誌が休刊する一方で、電子配信の“BL雑誌”が次々と創刊されています。
 電子書籍として配信されたBLマンガがヒットした例も聞くようになりました。
 しかし、この状況は“紙の本大好き派”の腐女子腐男子を、ある困難な状況に陥れつつあります。

「電子書籍でしか読めないBLが次々と生まれている!!!!!」ということです。

 紙のBL雑誌で連載されたBL作品は、その多くが紙のコミックスになるのがこれまでの通例でした。
 もちろんコミックスにならずに消えてしまった作品も数多くありますが、少なくとも一定の人気を得た作品ならば、ほとんどがコミックス化されました。
 しかし、現状、電子書籍として配信されたBL作品が紙のコミックスや単行本になる割合は非常に低く、1割もないように感じます。
 つまり、電子書籍で配信されたBL作品を読もうとしたら、「電子書籍なんか読みたくない」と言わずに、Kindleなどのアカウントを取るしかないということです。

 はあぁぁああああぁぁ……(ため息

 タブレットPCで本なんか読みたくないし、Kindle用のアカウントなんか持ちたくもないけれど、こうなったら仕方がありません。
 今回は、ちーけんと同じように電子書籍には抵抗が大ありだけど、電子書籍でしか配信されていない“優等生受けBL”は読んで見たいという人のために、現在、電子書籍で配信されている、“優等生受けBL”作品をご紹介してみようと思います。
 というか、電子書籍を嫌々読まねばならぬほど、優等生受けBL作品は電子配信されているのでしょうか。
 その点を!
 見極めたい!

 網羅的にご紹介したいところですが、今回ご紹介するのは、単発のBL作品として配信されているもののみです。
 例えば、リブレからは「b-boy キューブ」という毎月配信の電子版“BL雑誌”が出ていますが、このような雑誌形式の一作品として配信されているものは含みません(それを全部チェックしていくと莫大な金がかかるから)。

制服エッチは会長様と (BL☆美少年ブック)制服エッチは会長様と (BL☆美少年ブック)
(2012/10/16)
甲羅まる

商品詳細を見る

 

ボーイズラブの…長き歴史で初めて…揃ったのじゃ…BL界でついに惑星直列が完成したのじゃぁああ!!!(写真あり)


Category: BL研究   Tags: ---
 ボーイズラブのコミックスや小説単行本がコンスタントに書店に並び始めてから四半世紀。
 ついにこの時がやってきました……!(くわっ

 みなさん、「惑星直列」って聞いたことありませんか…。
 太陽系の惑星、水星金星地球火星木星土星天王星海王星がほぼ一直線に並んでしまうという天文現象のことです。
 古来、これは天変地異を引き起こすとして、権威ある雑誌などで大きく騒がれてきました……(主に『ムー』で)。
 そして、BL界が勃興してほぼ25年……。
 そうです……ついにBL界でも「惑星直列」が起きたのです……。

 写真はこちら!!!!!!(ばっ

P7205690s-.jpg 

 

ネパール旅行記第2回・ちーけんさん失禁! サファリで乗った象さん激おこで「ぱおーん! ぱおーん!」大咆哮! さらに川下りで死にそうな目に…の巻


Category: 旅行記 ネパール   Tags: ---
 停電や、ホテルの部屋のガッカリ感を嘆きながらも、ネパールの大地に沈む美しい夕日を鑑賞して、無事にネパール旅行2日目を終えたちーけんさん。
 3日目の朝は、インド象に乗ってジャングル地帯に分け入るサファリ観光から始まることに。
 ネパールとインドの国境付近に位置し、自然あふれる「チトワン国立公園」でのそんなアクティビティを前に、期待に胸をふくらませてサファリへ向かったちーけんさんを衝撃の事態が襲う!!!!!!


P4282890.jpg 
 というわけで、ネパール旅行記第2回です!(恐
 ホテルから車に乗って10分ほどのところにある、エレファントサファリの象乗り場に着きました。


 

ネパール旅行記第1回・どんな国かよく知らずに成り行きでカトマンズ空港に降り立つ! 停電が続発、ホテルも古いしでちーけんさん嘆きの旅立ち


Category: 旅行記 ネパール   Tags: ---
 今年4月末から1週間、ネパール旅行に行ってきました。
 じつはそんなに行きたい国でもなかったんです。
 もともとは中国のチベット地方に行きたいと思ってたんですが、現地情勢の悪化で中国政府から入域許可証が出るかどうかわからないと旅行代理店に言われて断念したのが今年2月。
 そこで地図を見てみました。
 ユーラシア大陸のど真ん中を東西に貫いているのがヒマラヤ山脈。
 その北側にあるのがチベット(中国)で、南側にあるのがネパールなのです。
 だったら、きっとチベットと似た国だろうから、いっちょネパールってところに行ってみるか!
 そんな軽い気持ちで、今回のネパール旅行は決まったのでした――。


P4272545.jpg 
 
 今回、ネパールへは東京・羽田空港>大阪・関西国際空港>中国・広州空港>ネパール・カトマンズ空港という乗り継ぎで、国際便は中国南方航空を利用しました。
 上に書いたとおり、あまりネパールのことをよく知らずに来たので、ネパールの首都・カトマンズがどのくらいの大きさの都市かも知らずに到着しました。
 チベットの麓にある自然いっぱいのなんか仏教とかの国(?)ぐらいの超あやふやなイメージを持って、夜10時半、ついにカトマンズ空港に到着したちーけんさん、田舎のしょぼい空港だろうと思ってたら意外に大きな空港でちょっとびっくり。
 荷物を受け取るターンテーブルも、電動だとは思ってなかったので、(あれ…? 意外に都市化されてる…?)と失礼なことを思いながら荷物を受け取りました。


 

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。