ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]和服美人な茶道部顧問教師が…生徒×教師 GUSHマニアックス『先生特集』より、すずはら篠『ひかがみに熱いキス』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-年下攻め  受け-美人の優等生  ●サ行-すずはら篠  
GUSH maniaEX 先生 (GUSH mania COMICS)GUSH maniaEX 先生 (GUSH mania COMICS)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る


 最近の数号は好きな作家さんが載ってなかったのでスルーしていたGUSHマニアックスですが、今回は『先生特集』ということで、久しぶりに買ってみました。
 先生ものとゆーと、だいたい優等生っぽい堅物教師が受けキャラで出てきたりしますからね(笑)。

 で、狙い通りに、しかもかなりの上物が釣れました。
 すずはら篠先生の『ひかがみに熱いキス』です~!
 実力作家さんだけあって、短いページですごく内容の濃いストーリーを展開してくれてます。

 描かれるべきものがブレずにきちっと描かれているんですよ~。

 それが何かといえば、何よりも主人公(受)の茶道部顧問・遠野先生の美人ぶり!
 このマンガの読みどころは、これに尽きます。

 お坊ちゃん学校である光陽高校のOBにして茶道の家元、その縁で現在は母校の茶道部の顧問を務める遠野は、生徒たちには人気があるものの、ガードが堅くて、プライベートは一切話さないことで有名な美人先生。
 いつも和服で、笑顔が優しくて、でも困った顔がこれまた美人で庇護欲をそそらせるという色っぽさなんですね、これが…。

 で、遠野先生に懸想しちゃってるのが、茶道部の部長を務める高校3年生の阿竹くん。
 中学の時に、まだ大学生だった遠野が茶道部に顧問の代理として来てくれたときに一目惚れして以来、遠野のことを思い続けてきた純情少年です。
 なんとか遠野に喜んでもらおうと、みんなで運動して校内に茶室を建てさせてしまったほどですから、遠野への愛は筋金入りです。

 でも、お坊ちゃん高校で茶道部の部長なんてやってるくらいですから、この阿竹くん、残念ながら男らしい頼りがいのあるキャラとはいきません(笑)。
 身体だけは大きいですが、少し情けなくて、でもお坊ちゃんらしく性格は真っ直ぐで、何より遠野のことを思うことにかけては誰にも負けないというキャラ設定になってます。
 だからこそ、遠野と茶室で相対するときだけはすごく真剣な顔になり、遠野のことを熱い目で見つめてくるので、いつしか遠野も阿竹のことを何か特別に思い始めているところです。

 そこに登場するのが、ドイツ語の講師として海外から来ている教師・ブロックマイヤーです。
 キザで隙あらば遠野を口説こうとしているのがありありなブロックマイヤーは、「ドイツに茶道を広めに来てほしい」と、今日も今日とて遠野のことを茶室で熱心に口説いていました。
 それを茶室の外からお行儀悪くも覗き見している阿竹は、会話の内容までは聞こえないものの、遠野もブロックマイヤーのことを憎からず思っているのではないかと、もう気が気ではありません。
 頭の中では、ブロックマイヤーに遠野が手籠めにされる妄想が広がって――気がついたら、阿竹は2人のいる茶室に乱入していたのでした。

 でも、そこは美人で優しい遠野先生。
「せっかくですから、一服いかがですか?」と阿竹に優しく声をかけて、お茶を点ててくれるのでした。

「ああ、本当に美しい…。俺の好きな遠野先生…」

 そんな物思いにふける阿竹は、遠野のことをポーッとしながら見つめ通しです。
 もちろん横目でジーッとそれを睨むブロックマイヤー(笑)。

 ところが茶席も終わり、ブロックマイヤーが帰ったあと、後片付けで2人きりになると、問わず語りに遠野は、その日ブロックマイヤーから言われた話しを阿竹に話し始めてしまったのでした。

「阿竹くんたちにはどれだけ感謝しても足りないよ。校内にこんな立派な茶室を建ててくれるよう運動してくれて。そうだ…。この茶室もできたばかりなのに、誘いを受けるわけには…」

「先生、誘いって?」

「ブロックマイヤー先生がね、一緒にドイツに来て、あちらで日本の茶道を広めて欲しいと言うんだ」

(ドイツーーーっ!?)「そ、それで先生は…どう…」

「うん…。茶道をドイツの子供に教えるというのはとても興味があるんだ。でも僕はドイツ語は全然だし、ここの茶道部の指導もあるし…」

 ところが、本当は押し倒してでも止めたいくせに、そこで阿竹はカッコつけて「先生の人生は先生のものでしょ。好きにするのが一番です。誰も止めることはできません」と明るく言ってしまいます。

「そ…うだね…」

 どこか悲しそうに、そう答える遠野の気持ちに、やっぱりまだ子供な阿竹はまったく気づきません。
 そう、いつしか遠野は、自分のことを慕ってくれる阿竹のことを、単に特別な生徒というだけでなく、恋愛の対象として見始めていたのでした。

 さあ、お坊ちゃん・阿竹は遠野の気持ちに気づくのか、果たして遠野は本当にドイツに行ってしまうのか!
 というのが、ストーリーの概要です。

 この後、ブロックマイヤーと阿竹の熾烈な“遠野先生取り合い合戦”が繰り広げられますが、何とか遠野のドイツ行きを止めようと、再び茶室で遠野と2人きりになる機会を得た阿竹の目の前で、和服の遠野先生が着物の裾を踏んで転んでしまう場面が出てきます。

 えー、まずこのシーンでの「いた…」と呟きながら、膝をあらわにする遠野先生の姿が、あんまりにも美人すぎて大変なことになってます(笑)。
 痛さと、阿竹の前で転んでしまった恥ずかしさで顔を赤くした遠野先生の美人ぶり、これは筆舌に尽くしがたいです(笑)。
 すずはら篠先生の描く美人キャラといえば、これはもうBL界でも定評のあるところですが、それがまた和服美人ということで効果が倍増してる気が…。

 で、もちろん阿竹も我慢できなくなって、そのまま遠野のことを抱きしめてしまうんですね。
 というか、ここで抱きしめなかったら、もうヘタレすぎだろうという場面なんですが(笑)。

「先生…。俺、ずっとあなたが好きでした!」

「阿竹…?」

「学校辞めないで、先生! ドイツになんか行くな!」


 いやー、和服って脱がしやすくていいですね(笑)。
 そのまま阿竹の若さをありったけブツけられてしまった遠野は、阿竹に抱きしめられながら、こう言います。

「僕は…本当はきみが引き留めてくれるのを待ってた…」

「ほ…ほんと?」

「あ…っ そう…すれば…ドイツ行きを断る理由が…でき…ると…」

「先生――」

「君の卒業までは学校にいたかったんだ。でも言えなくて…。本当はズルくて卑怯ものなんだ、僕は。…軽蔑した?」


 本当は好きなのに世間体やら、教師である自分の地位やらを気にしてそれを言えず、年下の生徒である阿竹に「行かないで!」と言わせてしまった遠野。
 その恥じらいが出たのが上の台詞ですね。
 この台詞にこめられた優等生臭を感じていただけますでしょうか!

「先生も俺を…だなんて、夢じゃないよね!」

 そう言って遠野を抱きしめる阿竹は、お坊ちゃん高校生の子供っぽさというか、純粋さというか、そんな甘酸っぱいものが満開(笑)。
 完全に年下ワンコ攻め×年上美人受けですなー。

 さて、タイトルの「ひかがみ」って、あまり聞かない単語ですが、身体のどこの部分を指すか、みなさんご存じですか?

 本作のラストシーンは、畳の上でエッチしてしまい、「痕がついて痛がゆい…」と呟く遠野の「ひかがみ」に、「愛してます」と言いながら阿竹がキスをするシーンで終わっています。
 またですね、思いもよらなかったところにキスをされて赤くなる遠野が美人すぎるんですわー。
 かといって、やっぱり年上受けだけあって、そこで驚いたり騒いだりするわけでもなく、しっとりと阿竹のそんなキスを受け止めるような風情で。
 「ひかがみ」が一体どこなのかは、ぜひご自分で本を買って確かめてみてくださいませー(笑)。
 それにしても、すずはら先生の描く美人はホントに色っぽいですねぇ…。

 今回のGUSHマニアックス『先生特集』は、他にあきばじろぉ先生のこれまたやっぱり生徒×教師のHマンガなども載っていて、優等生受け視点でもなかなかオススメです。
 あきば先生のは、かっこいい生徒と付き合い始めたはいいけれど、じつは経験がほとんどなくて、エッチがうまくいかない年上教師のお話で、これまた生徒のことが好きで好きでけなげに頑張る優等生な先生のストーリーです。
 こちらも、いつもながらのあきば先生クオリティで超オススメであります!
関連記事


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。