ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]コスプレしたら美少年に!? オタクっ子優等生受けBL 井波はじめ『灼熱×インモラル』より『君が俺を惑わせたいなら』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-大学生  受け-キモオタ  受け-地味・ダサい  攻め-クラスの人気者  受け-眼鏡  ●ア行-井波はじめ  
灼熱×インモラル (光彩コミックス Boys Lコミック)灼熱×インモラル (光彩コミックス Boys Lコミック)
(2007/10/27)
井波 はじめ

商品詳細を見る


 コスプレネタありのオタク優等生受けマンガの登場です~。
 井波はじめ先生のコミックス『灼熱×インモラル』(光彩書房)所収の短編マンガ『君が俺を惑わせたいなら』です!

 なかなか自分でもコスプレをしちゃうようなオタ少年受けのBLってないんですよね。
 パッと思いつかないですもんねぇ…。
 何冊かはあったと思うんですが。
 そういう意味で本作は非常に貴重ですよ!
 ちょっと残念なのは、そのコスプレが主人公自らの意思じゃなくて妹に頼まれてしょうがなく…という点ですが、そのくらいはよしとしましょう。

 物語の舞台は大学です。
 主人公(攻)の河島は、背が高くてイケメンで女の子にもてて、でも講義はサボりがちという絵に描いたようにBLにありがちな攻めキャラです(笑)。
 そんな河島が、どうやってテスト前を切り抜けているかといえば、クラスでも目立たない眼鏡っ子・永田の講義ノートを借りてコピーさせてもらうことで、試験前の一夜漬けを何とかやっていたのでした。

「マジ助かった! いつも有り難う」

「ノートのコピーくらい別にいいけど、もう少しちゃんと授業に出なよ!」


 眼鏡っ子・永田クンは暗いとか友達がいないとかそういうタイプではなく、クラスではお人好しで善良でと言われるような、ちゃんと友達もいる普通の眼鏡っ子優等生です。
 だから「授業に出なよ!」という口調もとっても穏やか。
 笑顔で軽口という風情で、永田は河島に話しかけてます。
 もちろんいつも永田にノートを借りている河島自身、すっかり永田とは友達づきあいしているつもりです。

「あ、そうだ、これこれ。この前借りたDVDな、洋画のほう面白かったわ。アニメのほうはわからんかったけど」

 こんな会話を交わすくらい、河島はノートといっしょにDVDも貸してもらったりして、永田とはすっかり仲良し。
 …ん? でもアニメとは?
 ちょっとした伏線が張られたまま、続けて永田がこんなことを河島に言い出します。

「河島。再来週提出の社会学のレポートなんだけど」

「え? ヤなこと思いださせんなって!」

「……俺、河島の分も打ってあげてもいいよ」

「えっ! マジで!?」

「そのかわり…。お願いがあるんだ」


 何だか思い詰めた顔でこんなことを言い出した永田。
 河島はビクッとしてしまいますが、「まあ、お人好しの永田の頼みだし、俺の方が得するだろ!」と思って、にっこり「いいよ。俺にできることなら」と承諾してしまうのです。
 ところが、そのお願いの中身とは、腐女子である永田の妹の望みをかなえるために、アニメキャラのコスプレを2人ですることなのでした!
 さっきの“アニメDVD”は、少しでも河島にそのアニメのことを頭にいれさせておこうという、永田なりの伏線だったんですね~(笑)。

 そしてその翌週、イベント会場に呼び出された河島は、問答無用で永田といっしょにアニメのコスプレをさせられることに。
 ところが…。
 自分もコスを着るために眼鏡を外し、髪型を整えてカチューシャみたいなアイテムを頭に付けた永田が、とっても可愛く、いや美人顔に見えるではありませんか!

「わあ、お前すごく似合うな!」と言って笑顔全開で近づいてきた永田の可愛さに、河島はドキドキしてしまうのです。

「コ…コイツ、本当に永田か~!? 眼鏡とったらこんな…!?」

 どぎまぎして「どうしたんだ、俺…」と内心呟く河島に、さらに永田からの波状攻撃が!(笑)

「あっ、河島…。ごめん、眼鏡なくてよく見えないから、歩くとき掴まってていい?」

 そう言って腕を掴んできた永田の可愛さに、思わず「カァァ」と頬を染めてしまうイケメン河島(笑)。

「おいおい…待ってくれよ…。コイツ…本当に永田なのか!? 善良なだけの眼鏡野郎だったのに…。なんかイイ匂いまでしてきた…。あわわわ」

 でも、こういうときにモテた経験のあるイケメンはやっぱり対処法が違いますね~。
 変にひっこんだりしないで、もう踏ん切りをつけて猛烈に永田にプッシュをかけていきます。
 あまりに似合っている2人のコスプレに、会場では周りの女の子たちから「DVDのジャケットのポーズお願いしまーす!」などなど注文が飛び交うのですが、そのたびに河島は永田を抱っこしての際どいポーズをとったり、顔を近づけてさらに腐女子を「キャーキャー」言わせたり、会場を大盛り上がりさせちゃうんです。
 ところがもとが地味な永田は、もうそんな展開についていけません。

「な…なあ…」

「ん?」

「あんまりくっつくなよ…」

「なんで?」

「は、恥…ずかしくて…変な感じ…するから…」


 顔を真っ赤にした永田にそんなことを言われて、さらに煽られちゃう河島。
 心の中で「なんなんだ! この可愛い子ちゃんは!」と叫びながら、さらに永田を抱きしめてしまうのでした。

 はああ~。
 もうここまでで“オタク受け”な優等生BLとしては、かなり満点に近い出来栄えです!
 ホントに永田がまた可愛いんですわ~(笑)。
 周りでキャーキャー言う腐女子の気持ちが、ちーけんもよくわかりました。
 ベタですけれど、“眼鏡を取ったら美少年”ってのが無理なく効果的にエピソードとして使われていて、これがまた萌えるのです~。
 これまでの人生で、「可愛い」なんて言われたことのない永田クンですから、眼鏡をとってコスプレして超美人さんに変身しても、全然無自覚なんですね。
 この“自覚のない可愛さ”が、“優等生受け”&“オタク受け”BLでは重要なわけですよ!
 そこにカッコいい攻めがフラフラと誘い込まれ、「コイツを俺だけのものにしたい!」と言って、自分に言い寄ってくる女の子たちを振り切って、わざわざオタクっ子に一途になっちゃうというのが、胸キュンポイントなわけですからね(笑)。

 でも、本作では河島の恋はそう簡単には成就しません。
 コスプレを終え、更衣室に戻った2人ですが、服を脱いだ永田の白い背中を見て、つい襲いかかってしまった河島は、永田の強烈な反撃を受けて、その場は謝りまくる羽目になります(笑)。
 ですが、そこであきらめるイケメン河島ではありません。
 いつものダサい眼鏡っ子に戻った永田に、毎日モーションをかける日々。
 もちろん永田は普通のオタクっ子ですから、河島の口説きには頑強に抵抗します。
 追いかける河島と、逃げる永田。
 さて、この恋の行方は…というところで、お話が終わってます。

 だいたいこーゆーオタク受けBLだと、最後はオタクっ子が攻めのことを好きになっちゃって、でも「あんなカッコイイやつと俺は釣り合わない…」とうじうじしながら、生まれて初めての恋愛にドキドキしちゃうというのが定番の展開ですが、本作はキレイさっぱりオタクっ子・永田が、ふらふらとヤオイの道に引き込まれたイケメン河島を拒絶しちゃうというのが、新味のあるところでしょうか。
 結局Hもしてないですしね、この2人(笑)。
 たぶんこのお話、そのへんを総合的に考えると、続編が予定されていたはずだと思うんですが、掲載誌を確認すると、このあと休刊になっちゃってるんですね…。
 ガッデム!!!
 だったら、このコミックスで続編書き下ろしてくれればいいのに…と恨み言を呟かずにはいられません!
 オタクっ子・永田が、初めての恋愛にドキドキワクワク不安に戦いちゃうところが読みたーい!
 はぁぁ…。
関連記事


Comments

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。