ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]『不良カタログ』より、加東セツコ『木ノ下闇』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-兄弟もの  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  特徴-高校生  特徴-年下攻め  ●カ行-加東セツコ  
不良カタログ (MARBLE COMICS カタログシリーズ VOL. 9)不良カタログ (MARBLE COMICS カタログシリーズ VOL. 9)
(2007/08)
不明

商品詳細を見る
 加東セツコさんの『木ノ下闇』という作品です。
 東京漫画社のBLアンソロジー『不良カタログ』所収です。
 ストーリーは超シリアスです。

 主人公はちょっとグレかかった高校生・拓真。中一の冬、父が再婚してできた義兄と父と3人で暮らしています。
 そんな家庭環境が拓真の日常に暗い影を落としているわけです。

 再婚後すぐに義母は事故で亡くなっています。
 そしてその直後、美しい義兄が父に押し倒されているのを拓真は目にします。
 拓真に気づかれたことによって、その場は何事もなく終わったはずでしたが、それから数年、高校生になった拓真は、再び義兄と父の秘められた場面を目にしてしまいます。
 それも今度は最悪の形で。

 かつて拓真がやめさせたはずの2人は、義兄のベッドでセックスしていたのでした。
「嫌だったんじゃなかったのか」「俺に助けられてよかったはずじゃなかったのか」――そんな思いが拓真の胸に去来し、その夜、何事もなかったかのように振る舞う義兄を見て、拓真は「あんた、男好きなの?」と冷たく言い放ち陵辱してしまうのです。

 義兄は母の亡くなった家庭で、食事を作ったり掃除したりと働く典型的な優等生です。
 しかもグレかけた弟には厳しく当たっています

「何時だと思ってるんだ。いい加減寝ろ。電気がまぶしい。まさか勉強してるってわけじゃないんだろ」

 勉学に熱心ではない弟を嘲笑うようなこのセリフ!
 そんな義兄にますます反発する拓真でしたが、そんなときに見てしまったのが、義兄と父のセックスシーンだったのでした。

「俺のもしゃぶってよ――義兄さん」

 そして描かれる拓真と義兄のセックス場面のいやらしいこと。
 優等生で、しかもできの悪い弟に冷たく当たっていたはずの美しい義兄が、なんと○○されちゃったりしています(笑)。
 絶対にこのストーリーは直接に作品を読んでいただきたいので、もうこれ以上は書けませんが、拓真のこのセリフだけは紹介させていただきます。

「――あんたの顔、澄ましてるのしか見たことなかったけど そういうあんたは可愛いよ…」

 このセリフが出てくるに至る物語の展開はホントのホントに読んでみてください。
 父とセックスしていた義兄の真意は、いったいどこにあるのか――。そしてあのエンディングは、果たしてハッピーエンドなのか、違うのか。

 ちーけんの勝手な解釈では、本作品には最後の最後まで“あるもの”が出てきません。
 その点をどう考えるかでハッピーエンドかアンハッピーエンドか、とらえ方が違ってくると思うのですが、美しい絵とストーリーを読むことに没頭してしまうと、“あるもの”の不在に気づかないまま読み終わってしまうかもしれません。
 もし、読まれた方がいたら、あれはハッピーエンドなのかどうか、ちーけんにぜひ教えてくださいませ(笑)。
 次作が楽しみな作家さんですね。

関連記事


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。