ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好評(?)第二弾! 「電子書籍なんかクソ食らえ」と思ってるブログ主が、涙を呑んで“電子書籍でしか読めない”優等生受けBL作品を紹介するよ!


Category: レビュー 電子書籍   Tags: ---
 前回の記事を書いてから、早1年――。
 電子書籍大嫌いなちーけんが、時代の流れに屈して、“Kindleでしか読めない”優等生受けBLの数々をご紹介した、この記事です。
 BL界では、電子書籍の存在感がますます強まってきました。
 電子書籍でヒットしたBLマンガが紙のコミックスになって売られることは、もはやまったく珍しくありません。
 最大手のリブレからも、毎月のように“電子書籍発”のBLコミックスが発売されています。

 そこで――。
 いまだにまったく電子書籍を好きになれないちーけんですが、涙を呑んで第二弾。
 今回は、Kindleだけでなく、広く“電子書籍でしか読めない”優等生受けBL作品の数々を、ご紹介しようと思います。

 ついつい、個々の優等生受け作品の素晴らしさを語るのに熱が入ってしまいますが、簡潔に簡潔に……。
 電子書籍で配信されているBLマンガには、もともと紙のコミックスで発行されていたものも多いですが、今回はあくまで“電子書籍でしか読めない”を基準に、ご紹介していきます。


9-259939-c400.jpg 
なるしすのあ~る「生食用イケメンJK~チカン祭で躍り食い!」

 
ジュネット系のBLマンガ誌でもお馴染みの、なるしすのあ~る先生が電子書籍で描き下ろされた作品。
「市民の安全のために!」とか正義に燃えちゃってる、眼鏡のエリート警察官が主人公。
 通勤電車内で多発する痴漢事件を、自分がおとりになって捕まえようと、女子高生の制服を着て乗り込みますが……。

 もうね、くっっっっそ萌えます(笑)。
 世間知らずで頭でっかちなエリート警察官ちゃんが、電車内で周りを痴漢の集団に囲まれ、身動きもできないまま、凌辱されていきますよ!

(とりあえず今は…集団だし、逆らわないでおいて)
(次の駅まで乗り切って、さっきの女の子を守らないと…)


 四方八方から伸びてくるいやらしい手に、敏感なところをつぎつぎと揉まれ触られこすりあげられ、エリート警官ちゃんは、

「もう…や…やだ…」

 と泣き出しますが、痴漢たちは一切手加減しません。

「公衆の面前でイッちゃうなんて、ヘンタイじゃ~ん(嘲笑)」

「ちが…やっ…ダメ…やめて…っ、おかしくなる…っ、いやぁあああああ!」

「おー、すっげイキまくり」


 自分の無力さを突きつけられながら、快感に身もだえするエリート警官ちゃん……可哀想……許せない……(棒


2.jpg 
イクコ・デラックス「リーマンブラザーズ~アソコのあるキャバ嬢~」

 主人公(攻)は、新入社員。
 会社では、厳しい先輩・八神に怒られっぱなし。
 ところが、ストレス発散で訪れたガールズバーで出会ったキャバ嬢に一目で恋に落ちてしまい…というお話です。
 もちろん、このキャバ嬢ちゃんの正体は、会社では真面目で厳しい先輩・八神です(笑)。
 上の表紙イラストにあるとおり、八神は可愛い眼鏡っ子。
 会社では仕事一筋で後輩にも厳しく、エロいことなんか一切考えてませんというような顔をしてますよ。
 結ばれた最後、主人公が、八神のことを評して、

「俺が好きになったのは、ちょっと口うるさくて、でも…スゴくカワイイ人だった」

 と言う場面がありますが、キャバ嬢として主人公に対するときには、ふだんのガミガミぶりはどこへやら、八神は主人公の前で“女の子”になりきります。
 そこに主人公もハートを一撃されちゃうわけですが、本当は好きな人に可愛いと言ってほしい、甘えたいという真面目っ子優等生リーマンちゃんのいじらしさが堪能できるマンガですよ……。


3.jpg 
U-K「文ゲイ部♂強気な先輩もトロける告白H」

 このマンガ、優等生受けが好きな人以外にはまったく支持されないと思いますが…ちーけんは大大大好きな一作。
 主人公は、高校に入学して文芸部に入ったばかりの高校生。
 部誌に書かれていた作品に一目惚れして、文芸部に入ることにした主人公だが、そこで出会ったのは、綺麗だけど偉そうで全然やさしくもない文芸部長の志賀で――。

 じつは、主人公が感動したその作品を書いたのは、その志賀本人。
「はやく部長みたいな文章を書けるようになりたいです!」と、主人公は部長に訴えますが、いつしか冷たくて綺麗な志賀部長のことを好きになってしまいます。
 で、まあいろいろあって2人はめでたくくっつくんですが(そこは実際に読んでくれ)、まあとにかく後輩に可愛がられる眼鏡の文芸部長ちゃんが可愛いんだ!!!!!!!
 この部長、冷たくて人を寄せ付けないだけでなく、口調がお侍というか、江戸時代の武士か! みたいなしゃべり方をするんですが、そんな頑な系優等生ちゃんが後輩に可愛がられると、こんなになっちゃうのかと……。

「あっ、はあ、あっ」

「志賀部長、イイ声出てますよ」

「ば…バカ者…っ」

「こんなにヒクつかせて、エロいっすね…」

「やめ…あっ、そんなところ」

「俺にいじられてこんなにして…可愛い」

「ば…バカ者…っ」


 とかなんとか言いつつ、部長ちゃん、後輩にしがみついて顔真っ赤にしちゃってるよぉぉおおおおお(悶死
 で、この場面の部長の表情!
 最高!
 悪態つきつつ、どうしたらいいかわからなくて、後輩にされるがままになってて、キスされると目を閉じて受け入れちゃう優等生ちゃん、かわいい!!!!!!!!
 初めてのセクロスが終わったあと、後ろを向きながら制服を直してるけど、首筋が真っ赤になってる部長ちゃん!!!!!!!!


9-248904-c400.jpg 
厘てく「ヤンキーくんは生徒会長のオトナのおもちゃ」

 この作品は、電子書籍発“優等生BL”の金字塔!
 ちーけんがぼやぼやしてる間に、この15年10月にリブレから紙のコミックスにもなって発売されています。
 「中の下」の男子校に通う、ヤンキー高校生が主人公です。
 主人公が高校で出会ったのが、むさくるしい下位校に似つかわしくない、「女王さま」と呼ばれる美貌の生徒会長、入江でした。
 入江は、美しいだけではありません。
 成績優秀でもちろん1位を総なめ。
 そして、校内の風紀を厳しく取り締まる厳しい生徒会長としても名を馳せています。

「そこの二年生、校内での携帯電話は禁止されている。没収だ」

「は?」

「きみのような愚かな行為を見て、下級生がマネをするんだ。まったく煩わしい(汚物を見る目)」


 で、この生徒会長・入江が、もっっっのすごくピュアっ子なんです。
「ルール違反はダメ」という堅い信念のもと、生徒の取り締まりも絶対に妥協しません。
 学生の本分は勉強だからといつも一生懸命。
主人公は、そんないつも全力で“生徒会長”を頑張っている入江にハートを撃ち抜かれてしまったのでした。

 で、入江の見回りにもいつもくっついている主人公。
 ある日、ひょんなことから入江と身体がくっついてしまって、股間のものがギンギン状態に!
 それを見た入江は、びっくりして叫びます。

「へ…変態!」

「え、尚ちゃん、一回もないの? 一度も勃ったことないとしたら…尚ちゃん、それ病気だぞ!」

「な…僕は至って健康だ!」

「……俺が教えてあげよっか」


 やべえ…やべえよ…。
 入江は表紙イラストよりさらに100倍くらい、作中では美しく描かれているんですが(ちょっとBASARAの元就似)、エロいことを本当にまったく知らない生徒会長ちゃんは、ヤンキー主人公に言いくるめられるがままに、お互いの性器をしごき合うことに。

「ほら、こーやって」

「んっ…あっ あっ やだ…」

「尚ちゃん、声…外に聞こえちゃってもいいの?」

「やだ…ああっ あっ あっ」

「尚ちゃんも硬くなってる」

「いちいち報告しなくても…やめ…ふっ き きもちいいっ…」


 奥さん…この場面の絵のエロいこと…。
 惑乱した入江は、頬を染めながら、両腕で頭を抱えて快感をこらえちゃってます。
 そして、入江は本当のピュアっ子なので、身体の快感に正直です。
 主人公にエロいことされて覚えた快感を、ちゃんと言葉で表します……これが……えっろ!!!!!!!!(満面の笑み

 これが配信第1話ですが、その後、8話まで配信されて、ついに2人は身も心も最後まで結ばれるという展開。
 リブレから出た紙のコミックスでは、全8話にくわえて、書き下ろしも入ってます。
 話が進んでも、いつでも真面目で真剣な入江はずっとそのまま。
 主人公に教えてもらう快感を素直に受けいれて、悶えてますよ(最高


9-243387-c400.jpg 
むろ文子「淫乱メガネはビッチで誘惑♪純情童貞いただきマス」

 主人公は、右側の金髪くん。
 ある日、道端で会った“眼鏡美人”に襲われ、そのまま童貞を奪われてしまった主人公は、後日、通う高校でその“眼鏡美人”を見つけてびっくりします。
 同じ学年の同級生だけど、向こうは成績優秀なクール眼鏡、こちらは頭の悪い高校生と、まったく接点がなく、存在を知らなかったのでした。
 眼鏡くんは、成績優秀ですが、なんというかいわゆる無気力系ビッチ美人ちゃん。
 主人公の童貞を奪ったのも、気まぐれみたいなものだったんですが、主人公は「け、結婚しよう…!」と、その日から眼鏡美人こと由井を追いかけ回します。
 最初は「うざ…」と相手にしなかった由井ですが、まっすぐな主人公の気持ちを次第に無視できなくなって…というお話です。

 この眼鏡優等生ちゃんは、まず何よりルックスが大変よろしい…(優等生感満点
 そして、主人公に対して、年上ぶってというか(実際には同級生)、何かというと「童貞のくせに」みたいにバカにしますが、そのくせ主人公に抱きしめられると、あれれれれ? なんでそんな可愛い顔しちゃうの!!!!???? という(ハアハア
 クールぶってる眼鏡ちゃんが、まっすぐな主人公の気持ちに反抗しきれなくて、「や…やめっ」とか言いながら、すっかり余裕を失って喘がされちゃうところが見どころです(断言
 この後、3話まで配信されて、お話は完結してます。
 むろ文子先生の描かれる眼鏡美人はどの作品でも格別ですが、この「淫乱メガネ」シリーズの由井の美しさは、ちーけんさん、もう好きすぎて好きすぎて困っちゃうほどです!!!


9-250614-c400.jpg 
トワ「ヘイ! ミスターブラザー」

 これはもともと、電子配信のダリアのアンソロに掲載されていた短編ですが、シングルカット(?)されて現在配信中のようです。
 紙の商業誌でも活躍されてる、トワ先生の眼鏡男子受けBLです。

 母親が再婚して1歳下の義弟が突然できた主人公は、マンガやアニメが好きなオタク男子。
 中でも、“妹もの”にハマっている内向系高校生です。
 ところが、新しくできた“弟”は、イケメンで社交的、学校でもモテまくりだったのでした。
「可愛い妹がほしかったのに…!」と嘆く主人公ですが、どうしようもありません。
 なのに、弟は学校でも家でも主人公にまとわりついてきて…。

 本作はエロはないです。
 でも、ニアではなく、ちゃんとしたBL。
 マンガで得た“お兄ちゃん”の知識(?)を活用して、新しくできた弟に対しても“兄”であろうとするのに、パーフェクトな弟の前では何をやっても意味なくなってしまう“ミスターブラザー”のお話ですよ。
 そういう、「俺はこうあらねばならぬ!」と思い込んで頑張ってる主人公が、完璧な弟の前で無力感に打ちひしがれたあげく、自分のことを守って助けてくれる弟のことがちょっと格好良く見えちゃって…というところが、本作の“優等生受け”視点での楽しみ方ですかな!
 自分に厳しい男の子が、「誰かに可愛がられる自分」を受け入れる葛藤を楽しむのが優等生受けBLの醍醐味のひとつですが、その意味で本作はとてもよくできているんです。
 贅沢をいえば、これ続編で弟×兄のエロが見たかったなあ……。
 このネクラ系眼鏡の主人公、たぶん快感に弱い子やで……。


9-276253-c400.jpg 
紺子ゆきめ「ツンツン♂ケンカップル ツンデレ成分2倍盛り」

 いやー、このマンガも大大大好きです!!!
 学園内でも犬猿の仲で有名な2人、毒舌優等生ちゃんの如月と、ぶきっちょ不良くんの千石のお話です。

 ストーリーの前半は、2人がマジにぶつかり合う様子が描かれます。
 廊下ですれ違っただけでも、2人はにらみ合い。

「どう考えても、悪いのはそっちでしょう! 勉学に励む生徒がいるのに、それを邪魔する輩をなんて言うんです。クズ、としか言えませんよね!」

「クズじゃねえよ! もっと言い方ってのがあるだろ?(激怒)」

「ま、類は友を呼ぶとも言うし、さすが言うこともクズですね(嘲笑)」

「おい、あんまり調子に乗るなよ?」


 ところがどっこい!!!!!!

 ある日の放課後、忘れ物をとりに教室に戻った優等生・如月は、自分の机に一人の生徒が座ってるのを目にします。
 それは、自分の名を呼びながら自慰行為に励む千石の姿でした。

「はあっ はあっ きさらぎ…如月っ」

 いやもう本作はこの場面に尽きますね!
 心の底から嫌い合ってると思っていた、軽蔑もしていたはずの相手から、自分が性欲の対象にされている――。
 そのことに気付いた瞬間の、しかもそれが決して嫌ではなかった自分に気付いた瞬間の、優等生ちゃんの表情!

 2人が結ばれる、エロい場面も最高ですよ…。
 優等生ちゃん、ずっと敬語使ったまま気持ちよくさせられちゃうという!
 しかも場所は校舎の屋上。

「は、やっ…はなして…放してくださっ…」

「そんな声出していいのかよ」

「え…?」

「あんまり騒ぐと、下のヤツらに気付かれるかもな」

「……あっ! い、いや…(校庭で部活やってる生徒たちに気付く)」

「嫌って言いながら、先っぽ濡れてんじゃねえか。案外変態なんだな」

「ちがっ…」

「違わねえよ。この状況でこんなに感じてさ、おまえのことだから自慰もしたことないんだろ?」

「最低…っ(ギリッ)」


 もしこんなところを見られたら…と焦りながら、快感に飲み込まれていく優等生ちゃん。
 最後は、泣き出しちゃいます。

「どうしてこんなことするんですか」

 って、ぽろぽろ涙を流しながら。

 ううう…。
 優等生ちゃんの涙、尊い……美しい……ぺろぺろ……
 でも、真摯に「好きなんだよ!」と気持ちをぶつけられると、優等生ちゃんは「考えてあげてもいいです」なんて言いながら顔を真っ赤にして、千石の手を受け入れるという(最高です

 これも続編読みたい一作なんですが、電子書籍でも優等生受けはあまり需要がないのか、なかなか続編が出てないんですよね……哀しい……。

 ――と、7作品ほどご紹介したところで、あっという間に記事が長くなってしまいました。
 残念ですが、本日はこれくらいで。
 様々な電子書籍サービスで、優等生受けを探しまくっているちーけんですが、努力の甲斐あって、今のところ、電子書籍で配信されている“優等生受け”BLについては、ほぼ100%捕捉しているのではないかと思っています。
 今日ご紹介した3~4倍は、まだまだ作品がありますので、次回、早めに更新していければと思います。
 ツイッターをやっていても、なかなか「優等生受けBLが好きです」という人には出会えませんが、もし同志の方がいたら、ぜひブログでもツイッターでもお声をおかけください……(寂

 それでは、少しでもみなさんの優等生受けBL探しのお役に立てますことを!


関連記事


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。