ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからは「BL本100万ページを持つ男」と名乗ります(笑) 現在のBL本蔵書数は8千244冊、1年8ヶ月で721冊増えてました!


Category: BLと私   Tags: ---
*** 中国和台湾的大家、你好。
*** 我很多的人来吃驚、可是我歓喜。
*** 謝謝你読博客(^○^)

 この週末、ひさびさに書庫の整理をしました。
 買って読み終わったBL本を、パソコンの蔵書管理ソフトに登録して、レーベルごとにわけて本棚に納める作業です。
 蔵書管理には、「私本管理」というフリーソフトを愛用してます。
 これは、バーコードリーダーをUSB接続して、コミックスや単行本の裏表紙のISBNコードをピッと読み取れば(写真)、自動でタイトルや作者名をネットからデータ取得して蔵書登録してくれる優れものです。 

20120902202048-360.jpg 

 登録するだけなら、ピッピッと書籍のバーコードを読み取るだけの作業なので、1時間もあれば500冊くらいがあっという間ですよ。
 便利~!

 さて、前回この蔵書登録作業をやったのが2011年の1月でした。

 その時に判明した、ちーけんの蔵書状況は以下の通りでした。

 持ってるBL本の冊数   7千523冊

 持ってるBL本の購入金額 556万4784円

 まあ、自分で言うのもなんですが、よくこんなに持ってますね(笑)。
 これはコミックスと小説単行本(文庫&新書)のみの数字で、同人誌やBL雑誌については含まれてません。
 なので、そちらも含めると、相当な金額をBLに注ぎこんでいることがわかりますね。

 そして、前回から1年8ヶ月。
 その間に新たに買ったBL本の書庫への収納と蔵書登録作業が本日終わったので、1年8ヶ月でどれだけちーけんのBL蔵書が増えたかがわかるというわけですよ。

 それでは早速発表してしまいましょう~。
 今日、2012年9月2日付けでのちーけんの蔵書状況は以下の通りでした。

 持ってるBL本の冊数   8千244冊

 持ってるBL本の購入金額 604万8586円

 ということは…。
 1年8ヶ月の間に、721冊のBL本を購入したことになりますね。
 支払った購入代金は、合計48万3802円ということになります。

 じつは、この数字を見て、ちーけんは少し意外でした。
 過去のデータで判明しているのですが、2010年1月~2011年1月の1年間では、836冊(57万6245円)のBL本を買っていたのに、その後の1年8ヶ月で721冊しか買わなかったということになるので。
 この1年ほど、会社の業績が下がって給料が減ったこともあって、意識してBL本の購入量を抑えめにしていた効果が出た形です。
 でも、1年8ヶ月で721冊ということは、計算すると、1年では432冊買った計算になるので、前回のほぼ半分のペースだったということになりますね。
 うーむ!
 そこまで押さえてたつもりはないんだけどなぁ!

 さて以上の通り、ちーけんのBL本購入&蔵書状況が判明したわけですが、愛用しているソフト「私本管理」のほうもこの数年でバージョンアップが進んでいまして、今回から蔵書本のデータをいろいろ解析できる機能が新しくできていました。
 この機能を使うと、いろいろ面白いことがわかるのですが、中でも、自分の蔵書の「総ページ数」が計算できるようになっていました。
 もったいぶらずにさっさと書いてしまいますが、ちーけんのBL本蔵書8千244冊の総ページ数を計算すると、なんと107万2170ページでした。
 なんと100万ページ超え!!!(笑)

 やったー!
 三国志・赤壁の戦いで、曹操の軍勢は「号して百万!」って言われたけど、あれを超えたよ~~~!(感涙)

 というわけで、これからちーけんのことは“BL本100万ページを持つ男”と呼んでくださいまし(笑)。
 マジにマンションの床が抜けないかちょっと心配なんだけどね!

 他にも「私本管理」の集計機能を使って、出版社別で一番持ってるのは、オークラ出版のBL本で640冊だということもわかりました。
 本当は、「ビーボーイ」を発行するビブロスが倒産してリブレになっているため、この2社分を合わせた「ビーボーイ」レーベルのBL本が蔵書で一番多いんですが、集計上は別出版社のもので数えられちゃうので、一度も倒産せずに営々とBL本を出し続けてるオークラ出版のBL本が蔵書の中で一番多いということになりました。

 今回、コミックスと小説単行本の購入代金だけで、ついに600万円を超えたことが判明したわけですが、20年かけてこの金額ですので、決して高いとは思いません。
 だって、クルマ持ってる人なら、20年で3台乗ったとしても、クルマ代、保険料、駐車場代を合わせれば、600万円なんか軽く超えますよね。
 実際には、これ以外に同人誌やBL雑誌の購入費があるので、たぶんBLに注ぎこんだお金は軽く1千万円を超えているとは思いますが、BLを読まない人生は考えられなかったので、とくに悔いはなしです(淡々)。

 いま一番頭が痛いのは、BLにかけるお金の額よりも、蔵書の保管場所です。
 もうマジにスペースがないです。
 4畳半の部屋2つを書庫にしていますが、もう満杯です。
 今回の書庫整理でも、少女マンガ棚を空けるために、泣く泣くフラワーコミックスとマーガレットコミックスを本棚から下ろして、ダンボールに詰めました(納戸に入れておく)。
 毎回、蔵書整理のたびに、泥縄でこうしてスペースを作っては乗り切っていますが、もう限界です。
 日本の政府財政と同じで、その場しのぎで赤字国債を発行しているようなもので、一日も早く抜本的な構造改革をおこなわなければ、近いうちに破綻します(笑)。
 対策は2つ。

 1)少女マンガを完全に捨ててしまって、書庫を全部BL本だけにする。
 2)BL本の中から、好きじゃない作品はドナドナする。

 どーする、ちーけん!

 さて、文字だけで蔵書状況をご報告してもわかりにくいと思うので、書庫の中のようすを簡単に写真でお見せしようと思います。
 ええ、自慢(?)するためです(笑)。
 ひーひー言いながら維持してるので、少しくらいは他人に自慢してもいいだろ的な!


20120902195209-858.jpg 
 こちらは第1書庫を入り口から眺めた図。
 左手前がBL文庫棚、右側の本棚はすべてBLマンガが並んでます。
 左の奥の棚が、GUSHコミックスと花音コミックスの棚です。


20120902195426-157.jpg 
 左手前にあったBL文庫棚を拡大。
 黄色い帯がかかってるのはキャラ文庫、あとはパレット文庫、シャレード文庫など、デザインで一発でわかるレーベルが並んでますね。


20120902195344-748.jpg 
 こちらはGUSHコミックス(上2段)と花音コミックス(その下の3段)の棚です。
 一番下にはダリアコミックスが並んでます。


20120902195313-358.jpg 
 比較的余裕がある、新興レーベル棚。
 KARENコミックス、カンナコミックス、ビーズラヴィコミックスなどが並んでますよ。
 ここはまだあと2年くらいは保ちそうだな…。


20120902195446-327.jpg 
 こちらはお隣の部屋、第2書庫の入り口にあるBL文庫棚。
 BLスキーにはパッと見てわかると思いますが、上から花丸文庫、ラピス文庫、ルビー文庫、ディアプラス文庫などが並んでますよ。
 その奥の棚は、新書判BL小説の棚で、ラキアノベルス、ショコラノベルス、キララノベルスなどが並んでます。


20120902195537-187.jpg 
 その向かいには、A6サイズの本を並べる棚が置いてあります。
 下3段は、商業作家さまの同人誌を並べる棚、その上の2段は商業BLアンソロジーを並べる棚です。
 拡大するとわかりますが、GUSHマニアックスやビーボーイフェニックスなどが並んでます。


20120902195613-103.jpg 
 その上段には、版権ものの同人誌が並べられてます。
 同人誌は薄くて並べ憎いので、オリジナルで発注して作ってもらった「同人誌収納ダンボール箱」に入れて並べてますよ。
 写真で大きく移ってるあたりには、テニプリの同人誌がカプ別に並べてあります。


20120902195551-165.jpg 
 同人誌棚は現在満杯なので、こうして未整理の同人誌が積まれてます…(哀)。
 どうすべ、これ…。


20120902195639-247.jpg 
 こちらは「リブレ棚」。
 ビーボーイコミックスは持ってる冊数も多いので、スチール本棚を丸々ひとつ宛ててます。
 こちらはまだ余裕がありますね。
 奥に少しだけ見えるのが、ジャンル別に並べてる同人誌棚。


20120902195706-497.jpg 
 こちらは、新書判BL小説棚その2です。
 ごらんのとおり、クロスノベルスやリンクスノベルス、アズノベルス、アクアノベルス、花丸ノベルスなどが並んでます。
 最近、BL界の動きとして、新書判レーベルをやめてどの社も文庫に移行しつつあるので、この棚はなかなか埋まらず、いつも余裕があります。


20120902195724-697.jpg 
 ビーボーイノベルスとリーフノベルスの棚。
 リーフノベルスはもう廃刊になっちゃったので増えることはありません…。
 ビーボーイノベルスはもうパンパンです。


20120902195808-837.jpg 
 同人誌棚です。
 イチウリ、了ヒバ、こへ滝、主花、女装少年本など、カプ中心に分類してあります。
 もういっぱいになる寸前でどうしようかと思ってます。

 というわけで、ざっとごらんいただきました。
 はあ…。
 どんどん増えるいっぽうで、本当に保管は頭が痛いです。

 ちなみに、このブログの右側のプロフィール欄のところに、蔵書登録の結果を受けて更新したブログ主の蔵書リストへのリンクがありますので、お暇な方は見てみてください(笑)。
 そして、優等生受けのBLなのに蔵書リストの中に入ってないものがあったら、すぐに教えてくださいです。

関連記事


Comments

拍手コメントからご質問いただいた方へ 
こんにちは!(^○^)
記事を読んでくださったうえに長いコメントまでいただいてありがとうございました。
さてさて、いただいたご質問にお答えさせていただきます。
あくまで私の意見ですが、そういう方にはぜひまた戻ってきていただきたいと思っています。
BL以外を描かれて新たに気づかれたこともあると思いますし、もしBLからお気持ちが離れていないのであれば、そういう方にはぜひまたBLを描いていただければな~という気持ちでいつもいっぱいです。
とくに最近はそういう他ジャンルに活動を広げられる方が少なくないですし…!
BLが嫌いになって離れていかれた方はとても残念ですが、そうでないならば、またぜひBLを描かれるのを読みたいと思います。
間違っていたら申し訳ないのですが、お名前のイニシャルの最初はKでいらっしゃらないでしょうか…かなり自信があるのですが!(笑)
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Re: お答えありがとうございました 
>Kさま
丁寧なお返事、こちらこそ恐縮してしまいました!
いろいろ詳しくまたお返事させていただきたいところですが、ここで書くと他の方の目にも触れご迷惑にもなるかと思いますので、それはまた機会をあらためるとしまして、簡単に…。
「最近の傾向」が変化していると書いておられたあたりなど、具体的にどういう風に感じられているのか、個人的にとても興味があります。
なかなかそういうお声が外に出てくることがない世界のように思いますので!
そういう思いがおありであればこそ、一度外の世界に行かれたうえで、またいつの日か戻られて新しいものを生み出すということにもつながるかと思いますので、とても楽しみです(^○^)
お名前を出さずにお返事するのがなかなか難しく、わかりにく書き方で申し訳ないのですが(汗
ブログへのお褒めの言葉もありがとうございました!
お目にとまっていただけでも感激です。
 
初めまして 
「しのざき嶺」さんをググッて来ました。
まさか私と同じ20年超の腐男子さんがいらっしゃるとは、おみそれいたしました。
私は同人誌中心なのですが、置き場が困って来た所にあの部屋の写真。感動しました。
ドナドナせず、もう少しあがいて見ようと思います。
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。