ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、ブログ主が体験した不思議なできごと(笑) …いや、マジだよ


Category: 身辺雑記   Tags: ---
 ブログ主の家には、PCが置いてある部屋(以下、書斎…というほどのもんでもないですが)と、布団が敷いてある寝室があります。
 今日の午後、布団でゴロゴロしながら、ずっと積んでいたBL新刊を消化していたブログ主は、立ち上がるのも面倒くさいので、スマホを活用してメールを見たり、ツイッターに「BL本読んでるなう」とかつぶやいたりしてました。

 寝室と書斎は、一番端っこ同士の部屋になってます。
 そして、すべてに面倒くさがりなブログ主は、寝室で寝てるときも、たいていは書斎のPCの電源は落とさず、入れっぱなしにしてます。
 何かPCを使うことになった場合、スイッチを入れて起動するのを待つのが嫌だからです。
 今日も、書斎のPCの電源は入れっぱなしのままで、寝室の布団でごろごろしながらBL本を読んでいたというわけでした。

 すると、遠く離れた寝室のPCから、「新しい返信があります」というコンピュータの声(?)が聞こえてきました。
 これは、PCに入れてあるツイッタークライアント(Twit)から、どなたか他の方から「リプ」(返信)をいただいたときにお知らせ機能として流れるものです。
 寝室と書斎は離れてはいますが、廊下を通じてこのお知らせボイスはいつもよく聞こえます。
 ブログ主は、書斎のPCからこの声が聞こえると、スマホでツイッターを起ち上げ、届いているリプをチェックするというわけです(起き上がるのが面倒だからスマホで済ませる)。

 今日は、「新しい返信があります」と聞こえたときはちょうど読んでいたBL本が佳境に差しかかっていたため、すぐにスマホでリプをチェックすることはせず、5分くらい経ってからスマホでツイッタークライアントを起ち上げたところ、いつもどおりにちゃんとリプが届いてました。
 先ほど投稿したBL本の感想へ、フォロワーさんからいただいたリプでした。

 以上、何ということのない、この数年ずっと繰り返している日常の一コマだったはずなんですが…。

 じつはこのあと、ブログ主は夕飯を買いにスーパーへ行くことにしました。
 寝室の布団からやっと出て着がえ、さあ行こうと玄関へ行くために、書斎の前を通りかかったのです。

 すると…。

 PCの電源が入ってない!!!Σ(´∀`;)

 心の底からびっくりしました(笑)。
 じゃあ、さっき寝室にいたときに書斎から聞こえた「新しい返信があります」というPCからのお知らせボイスの声はいったい何だったのかと…。

 PCが立ち上がっていない以上、絶対にあの声が発生することはありません。
 でも、BL本をごろごろ読みしていたブログ主の耳には、たしかに聞こえましたし、スマホでツイッターをチェックしたら実際にリプも来ていたわけです。

 そこまで考えてハッと気付きましたが、昨晩寝るときには、たしかにブログ主はPCの電源を落として寝たのでした。
 休みの日なので長時間睡眠を貪ろうと思い、それならPCを起ち上げっぱなしはムダだから…と思ってたしかに電源を落としたのです。
 それが証拠に、書斎のエアコンの電源も切ってました。
 PCを起ち上げてる間は、部屋に熱がこもってPCに悪影響が出るのを防ぐために、必ずブログ主はクーラーを運転しておくのですが、昨晩はPCの電源を落としたので、エアコンも切ったのです。
 やはり、PCが起ち上がっていなかったのは間違いありません。

 うーむ。
 本当に不思議なのですが、じゃあ、さっき聞こえたあの声はいったい何だったのでしょう(笑)。
 不思議というだけで、まったく怖くない話で恐縮ですが!
 でも確かに聞こえたのです。

 ブログ主はオカルトは一切信じませんが、大好きです(笑)。
 物理学的に幽霊というものが存在できそうな兆候すら存在しないのが現代科学の明らかにしたもうた最新研究結果ですから、そんなものがこの世の中に出てくることは絶対にないと思っていますが、まあほら、万が一ということもあるし…と思って用心は怠りませんし、怪談や百物語、2chの「怖い話しようず」スレなどは大大大好きです。
 自分自身の霊体験(?)としては、会社の仮眠室で寝ていたら金縛りにあって壁の向こう(経理部がある)から「おぎゃー! おぎゃー!」という赤ん坊の泣き声が聞こえたというの感じのものが何回かありますが、どの体験も後から子細に自己分析した結果、やっぱりどれも「夢」でした。
 二重に夢を見ていたために、金縛り体験を「あれは夢じゃない」と思いこみそうになったというケースもありましたし、金縛りなどを含めて、すべて半分覚醒している状態で見た夢を「恐怖体験」だと思いこんでるだけだと完全に結論づけています。
 しかし今回の体験は、間違いなく寝ていなかった状態ではっきりと声が聞こえたので、あまりにも不思議です。
 うーむ、あれはいったいなぜ聞こえたのだろう…。

 同様に数年前、このマンションに帰宅したときに、これも自分では説明できない不思議な体験をしたことがあったのですが、そちらにご興味おありの方は、こちらをどうぞ(笑)。

 たまには不思議なことが起きたほうが人生は楽しいと思いますが、謎が解けないとどうも居心地が悪いです。
 傑作ミステリーを図書館で借りて、「さあ、どんな謎解きが…!」と思ったら、ページが破られてたみたいな気分を、いまブログ主は味わってます。

関連記事


Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。