ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年春のJガーデン(J庭)に一般参加してきました! 1000サークルを全部カニ歩きしてみての、超個人的な感想を簡単にまとめたよ


Category: BLと私   Tags: ---
 昨日更新しました自慢話オンリー記事は、幸い好評(?)なようで嬉しいです(笑)。
 コメントをくださった方も、本当にありがとうございます。
 この喜びを胸に、秋のJガーデンまでがんばって生きていけそうです…。

 さてさて、今日はそのJガーデンに一般参加しての感想など、軽くまとめてみようと思います。
 本当は、最近傑作が目白押しな優等生受けBL新刊のレビューを書きたいのですが、時間がないので…。

 Jガーデンへの一般参加は、今回が5回目くらいになります。

 これまで、数々の掘り出し物なBL同人誌と出会ってきました。
 コミケにも参加されず、書店委託もされず、J庭にだけ参加されてるオリBLサークルさまというのは結構あります。
 ちーけんがJ庭に一般参加するのは、そういう(ちーけんにとっては)埋もれたサークルさまと出会うためです!
 そして今回も、その目的は十分達成することができたのでした(歓喜)。

 いつものことですが、同人イベントで開場前に野外で並ぶのが嫌いなちーけんは、少し遅めに会場に着くように家を出ました。
 結局、サンシャインシティに到着したのは11時40分頃。
 待機列などもちろん残ってなく、スムーズに会場内に入ることができました。

 ところが、後で聞いたら、この日は最近のJ庭でも珍しくガラガラに空いていたそうで、朝の待機列自体、そんなに伸びていなかったとのこと。
 11時の開場からしばらくして、すぐに入場フリーになったそうです。
 くそー。
 そうと知っていたら、もっと早く出かけたのに…。
 もともと、夏冬コミケのオリジナルBLジャンルのサークルさんの撤収が他ジャンルと比べると格段に早いことからもわかるように、J庭というイベントでも、サークルさんの撤収は早めな傾向があるのですが、この日は空いていたこともあって、一部のサークルさんは異常に早く会場から引き上げておられたのでした。
 なので、遅めに着いたちーけんが会場を回りきらないうちに、帰り支度を始めるサークルさんも多数おられて、最後のほうはかなり慌ててスペースを回るはめになったのです。

 というわけで、今回のJ庭の感想その1は、「空いてた」です。

 いろいろ聞くと、とくに大手のサークルさんで新刊が出なかったところが多かったことや、アニメ関係の別イベントが都内で開かれていたことなどが理由のようですが、いつもにくらべてかなりラクなJ庭だったようです。
 たしかに、去年の秋のJ庭はもっと混んでた気がする…。
 あのときは、一部の壁サークルさまの待機列とか、会場の外の階段にまでずっと続いてたし…。
 昨日は、会場内の移動もかなりスムーズでした。

 そして、感想その2は、「18禁な新刊が多かった」です。

 えーと、あくまでちーけん個人の感覚ですが…。
 これまでJ庭に通ってきての感想でいうと、J庭に参加されてるサークルさんは、がっつりエロなBLを描かれるところももちろんありますが、逆に、淡い少年同士のまじはり……みたいなテイストのJUNE本を出されてるサークルさまも多いのです。
 「あっ すごい好みの絵のサークルさんだ!」と思って、ご本を手に取らせていただくと、非エロなお話しだったりすることはとても多く、もちろんそれでもとてもいいご本は多いので買わせていただいたりしていたのですが、全体としてはエロは少なめだよな~とか思ってました(夏冬コミケのオリBLジャンルと比較して)。
 ところが今回は、「えっ ここのサークルさんも!」「こっちのサークルさんも!」というくらい、「アダルトオンリー」とか「成人向け」とか「R18」という表示が表紙に入ったご本を見かけた気がします(笑)。
 数えたわけではもちろんないので、しつこいですが、ちーけんの皮膚感覚によるものですが…。
 参加された方~、どう感じられましたか~。

 続いて、感想その3は、「オリジナルBLアンソロジー本を出してるサークルさんが多かった!」です。

 とくに最近は、そもそもあまり「オリジナルBLアンソロジー」という形式の同人誌自体、あまり見かけなくなってきている気がします。
 ところが、昨日のJ庭では少なくとも4サークルさまで、「オリジナルBLアンソロジー」を新刊で発売されているところを見つけました。
 それも、結構分厚い、力の入った作りで…。
 二次創作で人気カプのアンソロジーが出たり、オリジナルBLでも、例えば「○○擬人化アンソロジー」みたいなテーマでのアンソロ本はたまに見ますが、純粋にオリジナルBLだけを集めてのアンソロジーという形式のBL同人誌がこんなにたくさん出ているのは驚きました。
 面白い動きだと思います。

 まだまだあります、感想その4は、「1、2年前は猛威(?)をふるっていた女装少年BLやショタジャンルの本が激減してた」です。

 とくに“男の娘”ブームの走りのころは、J庭でも、女装少年が登場するBL同人誌がこれでもか! というくらい出ていた気がしますが、今回は激減していて、かつてはひとつのシマに集められるくらいの勢いがあったのに、ずいぶん様変わりしていました。
 ショタサークルさまも少なかったですね…。
 10サークル以下だったような気がします。
 流行の盛衰もあるでしょうが、ショタはショタイベントへ、というような流れもあるのでしょうか。

 そして、感想その5は、「委託同人誌コーナーで、『これは…!』と思った本がことごとく売り切れになってて、自分のBLを見る目の確かさを確信すると同時に、悔しかった」です(笑)。

 委託本というのは、サークルさまが直接参加せずに、同人誌だけを会場の委託コーナーに置いてもらって、販売してもらうシステムのことですが、いやー、最初に書いたとおり、会場を回るのに時間を取られてしまったために、ちーけんが委託コーナーに着いた時には、結構完売本が出てました。
 で、それがことごとく、「うおっ このサークルさまはイイ…!」と思うサークルさまばかりなのです(笑)。
 くそー。
 自分のマンガを見る目が、ちゃんと一般性を備えていることがわかって安心はしましたが、本が買えずにとても残念でした。
 5冊くらい、すげー読みたい同人誌を見つけたのに…。

 だいたい感想はこんなところでしょうか。

 今回のJ庭では、ツイッターでお知り合いになって以来、まだ一度もお会いしたことがなかった九州在住のきささんにも初めてご挨拶できましたし、こちらもツイッターでお声をかけていただいていた和泉桂先生にも、ようやくご挨拶することができました。
 他にも、何人もの方にお声をかけていただき、お菓子までいただいちゃったりして、本当にありがとうございました!

 J庭は、参加者のほとんどが女性なので、初めて参加するときはぶるぶる震えて会場に行ってみたちーけんですが、今でもまだ緊張は解けないまでも、男子でもとても参加しやすいイベントだと思います。
 とくに、自分の好きなBLのジャンルがあるけれど、商業誌ではなかなか扱ってもらえないから、そんな好きカプの本を探したい…! という人にはうってつけです。
 今回も、ちーけんはメチャクチャに素晴らしい“優等生受け”のBL同人誌を何冊も手に入れました。
 どんな本かお知りになりたい方は、ちーけんのツイッターをたどってみてくださいまし…。
 超弩級に素晴らしい本と出会えましたから…。

 それでは、J庭参加報告はこのへんで…。
 次は、スペイン旅行記の続きか、BL本のレビューかでお目にかかりたく思います!!!

関連記事


Comments

Leave a Comment



07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。