ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年末・ポルトガル&スペイン横断旅行・第1回「リスボン市内の世界遺産を回る」


Category: 旅行記 スペイン・ポルトガル   Tags: ---
 ツイッターをご覧のみなさまにはご承知のとおり、ブログ主は2011年11月下旬から足かけ10日間、ポルトガルとスペインを1人で観光してきました。
 年に1回、好きなときに1週間の休暇を取れるという職場の制度を利用したものです。

 行き先をこの2カ国に選んだのには、大した理由はありません。
 全日空(ANA)のマイレージがけっこう貯まっていたので、世界中どこへ行く航空券とでも交換できる勢いだったんですが、せっかくなので「ビジネスクラス」に乗って贅沢な旅をしてみようと思いました。
 ところが、マイレージで交換できる「特典航空券」は、ANAの場合、ビジネスクラスへの割当数が少なく、探してみたらヨーロッパ方面にしか席の空きがなかったというわけです。
 ドイツ・フランクフルト乗り換えならばどこの国行きでもOK、という状況だったので、イタリアやフランス、チェコなどと迷ったあげく、ポルトガルとスペインの2カ国縦断を選んでみました。
 ヨーロッパはこれまで、イギリスとロシア、ポーランド、トルコに行ったことがありますが、いわゆる西欧諸国には行ったことがなかったので、フランスも行ってみたかったのですが、なんだかふらりと南欧の国々を訪れてみたくなりました。
 スペインやポルトガルは、中世にはイスラムに征服され、今も色濃くイスラム文化の痕跡が残っています。
 そんなところに惹かれたのかもしれません。

 今回は、写真を撮りまくってきました。
 完全に自分の旅の思い出用の記事ですが、私が旅行前にいろんな方のポルトガル・スペイン旅行記ブログを見て参考にさせていただいたように、もしかしたらこれから行く人たちへの役に立つこともあるかもしれません。
 だだだっと写真を並べる形式で、楽しかった旅行の日々を回想してみようと思います。
 お付き合いくださる方がいらっしゃれば、心から嬉しいかぎりです。
 ちなみに、ブログ主の英語力は「ほぼゼロ」です。
 自分の意志を伝えることは、高校生ぐらいの英語でなんとかできますが、リスニングが壊滅的にダメなので、いつも海外では苦労します。
 それでは、出発~!
 11月26日のお昼過ぎに、成田空港から無事飛び立ちました。

PB270002.jpg 
 ある意味、これに乗りたかったがための海外旅行(笑)。
 ANA・成田-フランクフルト線のビジネスクラスです。
 ほとんど個室!
 寝るときには、シートがにょにょーっと足もとのほうに伸びていき、完全に水平なベッドになります。
 ただ、身長181センチのブログ主が寝ると、足もとのほうはタテヨコともにちょっとキツかったです。
 とはいえ、エコノミークラスで地獄のような12時間を過ごすことを考えれば天国です!



20111126130651-791.jpg 
 ビジネスクラスのお楽しみはシートだけでなく、食事にあります。
 一流ホテルのレストランで出てくるような料理が出てきます。
 これは前菜です。
 お肉と野菜の煮こごりみたいなのとか、ちょっとお菓子っぽい(?)なんかとか出てきました。
 …いつもこんなの食ってないので、料理名がまったくわかりません(笑)。


20111126133535-688.jpg 
 これもたぶん前菜。
 次々とキャビンアテンダント(CA)さんがサーブしてくれます。
 なんかのテリーヌでした。
 パンも焼きたてで超美味いです。
 奥に、食前酒で出てきた白ワインがそのまま残ってます。
 私、酒ほとんど飲まないんですが、私の席の担当CAさんがドイツ人の方だったので、会話が全部英語…。
 適当に「イエス!」「イエス!」って言ってたら、いつの間にかワインが出てきて困りました。


20111126140445-147.jpg 

 これがメインです。
 魚と牛肉から、牛肉を選びました。
 味は本当に美味しいです。
 バター大好きなので、バターをお代わりしました。
 パンも、硬いのから柔らかいのまで好きなのを選べます。


20111126142541-762.jpg 

 デザートはアイスクリームでした。
 美味。


20111126142824-598.jpg 
 そして食後の紅茶まで。
 もちろんコーヒーも選べます。
 この時点で相当な満腹状態です。
 ごちそうさまでした。
 しかし、食べてる間、ずっと写真を撮ってたので、いかにもビジネスクラスに乗り慣れてない貧乏人臭が漂い、恥ずかしかったです。


20111126142133-687.jpg 
 食事しながら外を見たら、シベリアの大地が見えました。
 険しい山が連なっていますが、ところどころ道路が走っていて、こんなところにも人が住んでるのかとびっくりしました。


20111126192116-245.jpg 
 フランクフルトまでは12時間のフライトです。
 先ほどの夕食を食べた後、一眠りしたのですが(仕事の徹夜明けでそのまま空港だった)、ビジネスクラスのフルフラットシートのおかげで、6時間くらいぐっすり寝ました。
 起きたところで小腹が空いたので、食事を頼みました。
 ANAのビジネスクラスは、お腹が空いたときに頼めば、いつでもご飯を出してくれます。
 ブラボー。
 これは和食セットを頼みました。
 そしてまた眠りにつき、フランクフルト国際空港に現地時間16時過ぎに到着しました。


PB270005.jpg 
 ドイツに降り立ったのは生まれて初めてです。
 もっといろいろ見たかったのですが、ここでポルトガル・リスボン行きの便に乗り換えるまで、わずか2時間しかありません。
 ドイツといえばルフトハンザ航空。
 写真の真ん中に黄色いカウンターが見えますが、あれがルフトハンザのイメージカラー。
 空港の中は、この黄色が溢れていました。
 ここから、ポルトガル航空に乗り換えてリスボンまで飛びます。


PB270006.jpg 
 フランクフルト国際空港の中は、さすがドイツというべきか、とても近代的でした。
 また、無骨な感じでした。


PB270003.jpg 
 空港の中では、中国企業の広告が目立ちました。
 昔は、だいたいこういう目立つところは日本企業だったものですが…。
 これは中国交通銀行の広告。
 時代の移り変わりを感じます。


PB270007.jpg 
 ポルトガル航空もビジネスクラスでしたが、フランクフルト-リスボンはわずか3時間のフライト。
 食事は最初にこれが1回出るだけです。
 ポルトガル航空の機内食は美味しいと聞いていたのですが、うーん、普通でした(笑)。


PB270011.jpg 
 リスボン到着は、夜9時前。
 飛行機の窓から見たリスボンの夜景です。
 思ったよりも小さな街だなと思いました。


PB270016.jpg 
 リスボン国際空港は古い空港で、しかもなかなか荷物が出てこず、英語が話せない焦りもあって、空港では写真などを撮るのを完全に忘れてました。
 ようやく荷物が出てきてホッとしたのも束の間、空港からタクシーに乗ってそのままホテルにチェックインしました。
 泊まったのは、「ユーロスターズ・ダスレトラス」というホテルです。
 一応5つ星ですが、お値段は一泊8000円です。
 (5つ星にしては)安いぶん、期待してなかったのですが、部屋は新しく清潔で、フロントマンもボーイもみな親切で大満足でした。
 この日は、翌朝からの観光に備えて、速攻で寝ました。


PB270020.jpg 
 11月27日(日)。
 いよいよ2日目。
 この日は朝7時に起きてホテルで食事を済ませ、外に飛び出しました。
 リスボンの気候は、東京よりちょっと暖かいくらいで、寒さはほとんど変わりません。
 ホテルの前の道はすごい坂で(リスボンは坂の街)、それを下ったところに、このリスボン都心部を貫く「リベルダーデ大通り」(写真)が走っています。
 日曜の朝早くということで車も少ないですが、平日は渋滞してる通りです。
 今日は、リスボン市内にある世界遺産・ジェロニモス修道院を観光したあと、市内を回れるだけ回るつもりです。


PB270022.jpg 
 ジェロニモス修道院へは、ポルトガル国鉄に乗って行きます。
 国鉄駅に行くためには、ここから地下鉄に乗らねばなりません。
 最寄りの地下鉄駅は「ポンバル候広場駅」。
 これがその「ポンバル候広場」です。
 ポンバル候は、18世紀のポルトガルで国王の信任を得て政治改革を行った政治家で、ポルトガル王国の中興の祖と言われています。
 さあ、地下に降りて地下鉄に乗りましょう。


PB270024.jpg 
 リスボンの地下鉄駅はみんなこんな感じ。
 路線が色で分けられてるので、外国人観光客でもあまり迷わず利用できます。
 都心部を網羅して走っているので、旅行中はずっとお世話になりました。
 治安面も良好で、もちろんスリなどには気をつけますが、あまりビクビクせずに利用できます。


PB270028.jpg 
 車内は日本の地下鉄と違って、ボックス席が基本でした。
 明るく清潔です。
 ポルトガル語は、英語と同じアルファベットを用いているので、駅名も迷わずわかります。


PB270033.jpg 
 地下鉄を降り、連結している国鉄カイス・ド・ソドレ駅に。
 ここから、国鉄カスカイス線に乗って3つ目の駅「ベレン」で降ります。


PB270034.jpg 
 カスカイス線は通勤路線です。
 リスボン郊外に住んでいる人が、都心に通勤してくるのに使われる電車です。
 この日は日曜なので空いています。


PB270036.jpg 
 ベレン駅に到着。
 無人駅(?)でした。
 電車から降りると、そのまま歩道橋を渡って駅の外に出ます。
 見にくいですが、階段の下に自動改札機があり、キップはそこに入れます。
 でも、これどう考えてもキセルし放題のような…(汗)。


PB270041.jpg 
 駅を出て、ガイドブック「地球の歩き方」の地図を見ながら、ジェロニモス修道院のあるほうへ歩いていきます。
 途中に大きな公園があり、でっかい銅像が建ってましたが、いまだにこれが誰なのかわかりません(笑)。


PB270042.jpg 
 リスボンの街をずんずん歩いていきます。
 真冬なのに、太陽が照ると暑いくらいで、中には半袖の人もいました。
 これが地中海性気候というやつなのか、空には雲ひとつない青空です。
 日本の冬空とはまったく違いました。
 今回の旅行中、この抜けるような青空にはずっと感動しつづけました。


PB270044.jpg 
 そしてここが!
 …もちろんジェロニモス修道院ではなく(笑)、その手前にあるパティスリーです。
 みなさん、お菓子の「エッグタルト」はご存じですよね。
 じつはあのお菓子、もともとはポルトガルのお菓子でして、しかもここジェロニモス修道院でお坊さん方が作っていたものなのです。
 
 このパティスリー「パステイス・デ・ベレン」は、その本家本元ジェロニモス修道院から伝えられた製法を守る1837年創業の老舗。
 世界中から、ここの「エッグタルト」(ポルトガル語ではパステル・デ・ナタ)を食べようと観光客が集まる店です。
 ご覧のとおり、店の外まで客が溢れてます。
 すごい並んでいたので、「エッグタルト」は後で買うことにして、先にジェロニモス修道院に向かいました。
 ここから歩いて1分ほどです。
 しかし、お店の外のひさしの色(濃いブルー)とか、ちょっとしたところがみんなオシャレですね。


PB270046.jpg 
 見えてきました!
 世界遺産ジェロニモス修道院です。
 ポルトガルの黄金時代を築くきっかけを作った15世紀のエンリケ航海王子の偉業を称え作られた修道院で、スペインと並んで世界中に植民地を持ったポルトガルの富を結集して作られた豪奢な建物です。


PB270052.jpg 
 青い空に白壁が映えます!
 テンション上がりました。
 このあとの旅行中、嫌というほど実感することになりますが、ポルトガルとスペインは世界に名だたるカソリックの国です。
 とにかく教会、キリスト像、修道院といったものが山盛りにあります。


PB270064.jpg 
 中に入ると、日曜の午前中ということで、地元の方が集まってのミサをやっていました。
 なかなか中に入れてくれなくて、入るときにも観光客1人1人に係の人が「ビークワイエット、ノーフォト、OK?」と聞いてたのでいやに厳重だなと思ったんですが、ミサではしょうがありません。
 賛美歌が響き、パイプオルガンの音が礼拝堂の中を満たしています。
 いい時に来れたな~! とブログ主は感激しきりでした。
 観光客が入れるのは、この手前のところまでです。
 写真に写ってる方々は、みな地元の信者の人たちです。
 しかし内部の装飾のみごとなこと!


PB270076.jpg 
 ステンドグラスが綺麗でした。
 写真が下手ですいません(汗
 この後、驚くことが起きました。
 ブログ主は熱心にミサを見ていたのですが、そうしたら理由はわからないのですが、係の人がブログ主だけ呼んで、ミサをやってる礼拝堂の中に入っていいと言ってくれたのです。
 うーん、20分以上ずっと見てた熱心さを買ってくれたのかしらん!?
 ありがたく言葉に従って、司教さまがお説教中と思われる中をずんずん進み、前のほうに座ってミサに参列させてもらうことができました。
 もちろん、そこでは写真は撮ってませんので、文字でのご報告のみです。


PB270083.jpg
 最後、聖体拝領がありミサも終了。
 前のほうに近づいて写真を撮りました。


PB270089.jpg 
 壁には一面の宗教画です。


PB270096.jpg 
 スローシャッターで撮ってみました。
 荘厳な雰囲気をお感じくださいまし。


PB270106.jpg 
 ジェロニモス修道院は礼拝堂も素晴らしいのですが、この中庭と回廊がもっとも見どころと言われてます。
 礼拝堂を出てすぐです。


PB270108.jpg 
 中世にここを訪れた人は、壮麗さにびっくりしたでしょうねー。
 壁の彫刻も手抜きいっさいなし(当たり前だ)。


PB270117.jpg 
 そこはかとなくアラブの香りもしますね。
 アーチの曲線が美しいです。
 写真ではわかりませんが、彫刻は「海」がモチーフになってます。
 エンリケ航海王子を称える修道院だからでしょうか。
 ちなみに、この修道院にはあのバスコ・ダ・ガマの棺などもあります。


PB270126.jpg 
 とても居心地のいい空間でした。
 結構ここでのんびりして時間を潰してしまいました。


PB270125.jpg 
 修道院内では、なんかこんな展覧会もやってたので、サッと見ていきました。
 英語わからないのでいまだに何の展覧会かよくわからないんですが(笑
 ローマの石像を集めた? 展覧会のようでした。


PB270122.jpg 
 その中にあった、「暴君ネロ」の彫像。
 あれ?
 意外に幼い。
 もっと悪人顔かと思ってました。


PB270128.jpg 
 修道院を出て、次の目的地に向かいます。
 同じく世界遺産である「ベレンの塔」です。
 リスボンを流れるテージョ川が大西洋にそそぐ河口に建てられた要塞で、16世紀初めの建築です。
 市電が走る裏道を一人歩きます。


PB270134.jpg 
 ベレンの塔が見えた!!! …と思ったら、真ん前の草地で、おじさんたちが草サッカーやってました。
 世界遺産のすぐ前なのに(笑)。


PB270141.jpg 
 そしてこれが「ベレンの塔」。
 干潮時だったので川底が見えちゃってますが、ふだんは水に浸かってます。
 司馬遼太郎氏が「テージョ川の公女」と呼んだことで知られる優美な姿の塔です。


PB270145.jpg 
 塔に渡る橋を渡ってたら、下の水たまりにクラゲ発見。


PB270147.jpg 
 塔の中は狭い狭い。
 すれ違うのもやっとの階段を上り下りします。
 何度も反対側の人が途切れるのを待たないと階段を上れず、えらい時間がかかりました。


PB270148.jpg 
 地下はかつて牢獄として使われていたそう。
 もちろん満潮時は水浸しという悪環境です。


PB270150.jpg 
 それぞれのフロアは意外に広い。
 お土産とか売ってます。


PB270159.jpg 
 塔の一番上まで上がると、素晴らしい見晴らしでした。
 テージョ川と、そこにかかる「4月25日橋」です。
 4月25日というのは、第二次大戦後、独裁政治が敷かれていたポルトガルで革命が起きた記念日です。


PB270163.jpg 
 まるで真夏のリゾート(笑)。


PB270181.jpg 
 ベレンの塔を出て、次の目的地へ向かいます。
 途中に、ヨットハーバーがありました。
 オサレ!


PB270184.jpg 
 見えてきました。
 あれが次なる目的地「発見のモニュメント」です。
 エンリケ航海王子の500回忌を記念して1960年に作られたもので、世界への航海に乗り出したポルトガル人たちを称えるでっかいモニュメントです。


PB270189.jpg 
 でかーい!
 先頭に立つのがエンリケ航海王子だそう。
 後には、船乗り、地理学者、宣教師などが従います。


PB270199.jpg 
 このモニュメントは中にエレベーターがあって上まで上れます。
 展望台から見たリスボン市内の眺め。
 左端に見えるのが、先ほど行ったジェロニモス修道院です。


PB270206.jpg 
 下に降りて、「エッグタルト」を買いに、先ほどのパティスリーまで戻ります。
 おじさんがハトにあげてる餌を、なんかでかい海鳥が狙ってました。


PB270209.jpg 
 「パステイス・デ・ベレン」の店内。
 レストランも併設されてるので店内でも食べられます。


PB270210.jpg 
 お客が次々と並びます。
 なんか列が2つあってよくわからなかったのですが、とりあえず並んでみたら買えました。
 列で会計を済ませるとレシートが渡され、数分待つと品物と引き替えられます。


PB270218.jpg 
 どーん!
 これが元祖エッグタルト!
 どう見ても美味そうです。
 お店の人に、「シナモンと砂糖かけても美味いぜ!」的なことを言われたような気がしたのですが、袋の中を開けたら、シナモンと砂糖が入ってました(左上の青と白の袋)。
 2つ買ったので、1個目はそのままで、2個目にシナモンと砂糖をかけることとします。


PB270219.jpg 
 ぱっくんちょ。
 外側の皮はかなりパリパリです。
 そして、中のクリームは甘すぎずしつこすぎず舌触りはなめらかで、お世辞じゃなく美味しいです。
 こりゃ世界中から買いにくるわと思いました。
 写真ではわかりませんが、できたての熱々です。
 この店のことを教えてくださったK先生には感謝感謝です。


 PB270223.jpg
 これにてこの一帯の観光は終了。
 ふたたび国鉄に乗ってカイス・ド・ソドレ駅まで戻り、今度は「カテドラル」を目指します。
 リスボンを代表する教会です。
 ちょっと疲れたので、駅からはタクシーに乗りました。
 車内はこんな感じ。
 メーター制で、感覚的には日本の3分の1くらいの値段です。


PB270231.jpg 
 ガイドブックを見ると、「カテドラル」のちょっと手前にも小さな教会があるようだったので、そこでタクシーを降りました。
 サント・アントニオ教会です。


PB270229.jpg 
 リスボンの守護聖人の誕生の地に建てられた教会で、地元の人が集まるひっそりとした感じの教会でした。
 中の作りも小ぶりです。


PB270232.jpg 
 リスボンといえば石畳。
 枯れ葉散る~♪
 教会の前の道です。


PB270234.jpg 
 数分歩いて「カテドラル」に到着しました。
 簡素な外観ですが、どっしりしてます。
 作られたのは12世紀ですから、もう900年近いんですね。
 1755年のリスボン大地震でも壊れなかったそうです。


PB270238.jpg 
 中はこんな感じ。
 ひんやりしてました。
 とても静かで、お祈りする人も多かったので、あまり長居せずに出ました。


PB270241.jpg 
 これが「カテドラル」の見どころのひとつである「バラ窓」です。
 入り口の上にあるステンドグラスの窓で、薔薇の花のように見えるためにそう名付けられています。
 写真下手ですいません。


 ううーむ。
 さすがに記事が長くなりすぎたので、とりあえず旅行記1回目はこのへんで。
 まだ2日目の昼なのに(笑)。
 なんとか最後まで書き上げたいです。
 ポルトガルは本当にいいところだったので、いつか再訪したいですね~。
 それでは、第2回目もどうぞお楽しみに(笑)。

関連記事


Comments

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。