ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらのあな池袋店が大改装されてた…! しかし! 俺にだけは見える!!! BL界の滅びの歌が…の巻(笑)


Category: BL時事ネタ コミケ・通販・書店   Tags: ---
 みなさん、こんばんは~。
 今日は意外に早く家に帰ってこれました。
 こんなに早く帰宅したのは久しぶり…って、もう12時回ってますが(笑)。

 眠くてしょうがないんですが、なんとかブログ更新してから寝てやるぜ! の意気込みのもと、深夜の自室でパソコンに向かってます~。
 でもレビューを書く気力は残ってないので、いつもながらの自分の見聞ネタを簡単に…。
 あーっ、でもレビュー書きたくてしょーがねーぜ!!!(涙)

 さてさて、今日の日中、相も変わらず外回り中に池袋に寄ったブログ主は、腐向け書店「とらのあな」池袋店に今日も今日とて足を向けたのでした。
 まー、この月末の新刊はほとんど買ってあるんですけど、ほら、チェック漏れがないか気になって(笑)。
 ブログ主は、とりあえず森羅万象この世の中で出たすべてのBL本について、金さえ許せば全部買って読みたいと思っている人間なので(怖)、一冊でも発売予定を知らない本があると気分が悪いのですぅ。
 実際、数日前に初めて知ったんですが、角川書店から四六判のソフトカバーで、こんなBL小説が出てるって、みなさん知ってました?

制服を着たインモラル制服を着たインモラル
(2009/07/01)
神楽坂 あお

商品詳細を見る


 お恥ずかしながらブログ主はまったく知りませんでした。
 今年7月に出てたんですって!!!
 というわけで、amazonから早速中古本を取り寄せてみましたが、さっき家に帰ってきたらもう届いてまして、ささっと流し読みをした次第。
 内容は、高校生の男の子同士の不思議な恋愛もの(やおいあり)でしたが、なぜブログ主の目に留まらなかったのかというか、ふだんはBL小説が出るジャンル(?)ではない、四六判のソフトカバーなんていう判型で突然こんな本が出ていたのか、中を読んでわかりました。
 これ、もともとはケータイ小説だったんですね。
 そこで爆発的な閲覧数を得たそうで、角川書店の文芸の人が目を付けて書籍化したという経緯らしいんです。
 ビブロスやガッシュといった従来のBLレーベルを通ってないのも当然という。
 中身は、さすがケータイ小説だけあって、なかなか読みやすい(?)不思議なストーリーでしたが、受けキャラが女装少年ということもあって(というか、家の掟で女の子として育てられた少年が受け)、ブログ主には結構楽しめました。
 ただ、この軽さというか、会話とト書きだけでストーリーが進んでいく、いかにも“ケータイ小説”という体裁は、古くからのBLファンにはクソミソに言われそうですが(笑)。

 すいません、相変わらず脱線が激しいブログで…(汗)。
 というわけで、腐男子たるもの腐向け書店店頭でのBL新刊チェックを怠ってはならない!
 そんな決意のもと、ブログ主は今日も仕事をサボって「とらのあな」池袋店を訪れたわけです。
 …言い訳が長くてすいません(笑)。

 で、行ってみて驚きましたよ。
 売り場のレイアウトが全部変わっちゃってました。
 1週間前に行ったときから。
 従来は、1階の自動ドアをくぐると、右側には新刊マンガ雑誌の棚があり、左側には広い女性向け新刊売り場があったんですが、なんかやけに棚の多い店内でして、すげー狭かったんです。
 それが、一部の棚が撤去され、新刊を平積みする広い平台がその跡地に置かれていて、わかりにくくてすいませんが、一部の空間が吹き抜け(?)みたいになってて、見通しのよい売り場になってました。
 なんか店内が明るくなった感じ?

 当然ながら、棚がなくなったり、平台が置かれたりしたぶん、この1階の女性向け新刊売り場内のレイアウトも大きく変化してました。
 最近ですね、ここ「とらのあな」池袋店の同売り場は、次々と出版点数が増えてきたBL本の物量に押されたのか、マンガも小説も最新刊なのに平積みされることなく、いきなり棚に並べられたりしてて(平積みするスペースがないから)、「おいおい、大丈夫かよ」と思っていたんですが、今回の改装で、新刊平積みスペースが大きく拡充してました。
 で、きっちりと小説とマンガの棚が分けられ、BL商業誌の新刊や近刊を探しやすいレイアウトになってました。

 …なんて書くと、いいことづくめのようですが…。

 じつは今回の改装で一番大きな変化は、そんな小手先の「売り場すっきり感」ではなかったのです…!!!!

 ブログ主が見るところ、ぶっちゃけですね、今回の「とらのあな」池袋店の1階売り場の最大の変化は、全体的に見ると女性向け商業誌スペースが縮小され、そのぶん女性向け同人誌のスペースが増やされたことにありますですですよ。
 一度来てみていただければわかりますが、これまでの「とらのあな」1階女性向け新刊売り場は、曲がりなりにも“商業誌が主、同人誌が従”というレイアウトだったんです。
 それが今回、逆転したとまではいいませんが、少なくとも両者が対等になったように客の目には映りマスですよ。
 だって、レジ前の一番人通りのあるスペースに、今回新しくデーンと置かれたのが、女性向け同人誌最新刊の売り場ですし。
 今日は、ヘタリア本がたくさん並べられてましたよ(笑)。
 商業BL小説&マンガの最新刊は、その奥の売り場です。
 それから、これまではBL小説の文庫本が置かれていた棚が、今回の改装でBL同人誌の棚に変わってました。
 その分、BL商業誌のスペースは狭められたわけですな!
 いや、まあ、測量したわけではないので正確にはアレですが(笑)、少なくとも客の受ける印象としてはそれは間違いありません。

 そして、ブログ主にとってはですね、これはついに恐れていた事態が起こったのだ!!! という世界の終わりを告げる鬨(とき)の声なのでありました。
 大げさですいませんが(笑)、あー、やっぱりBL界にもこの動きが起きてきたのかと。

 今まで例に挙げて話してきたのは、「とらのあな」池袋店の1階売り場の話でしたが、じつはこの「とらのあな」は5階建てでして、2階には男性向け商業誌売り場が、3階には男性向け同人誌売り場がそれぞれ入ってるんですね。
 さあ、さあ、一度でいいからここに行ってごらんなさいってば(笑)。
 いつ行っても、3階の同人誌売り場は大盛況、2階の商業誌売り場はちょぼちょぼですよ。
 まあ、こんなことは今更ブログ主があらためて指摘するようなことでもありませんが、オタクのみなさまの行動学的特徴として、「不可逆的深化」というのがあると思います。
 進化じゃなくて深化です(笑)。
 ほら、みなさまの周りにもいるでしょう?
 マンガ好き、アニメ好き、ゲーム好きが高じて、「え、そんな作家がいるの?」って思わず聞きたくなってしまうようなマイナーな同人サークルにドハマリして、一切商業誌なんか見向きもしなくなっちゃったというお友だちが(笑)。
 もちろんマニアの常として、深く狭くマイナーなところに潜っていくのは当たり前ですが、日本のオタクのみなさまの特徴としては、それが不可逆的に深化していくというのがあるようにブログ主は思っています。
 つまり、一度マイナーなところまで行ってしまうと、二度とメジャーなところに戻ってこないという。
 これはある意味当然なんですよね。
 商業誌は、今の時代を代表するような人気作家、歴史に名を残す大物作家が執筆している輝かしい場所ではありますが、マス相手に採算を確保せねばならぬ以上、どうしてもその内容は一般大衆向けの最大公約数的な制約を受けてしまうわけです。
 同人誌にはその制約はありません。
 ザブンとその世界に飛び込んでみれば、まさに自分に合った一冊というのを見つけることができるわけです。
 誰もが面白いと言うように描かれた商業誌と、僕だけが面白いと思えるように描いてくれてる同人誌と。
 そりゃ、こっちを選びますよねという(笑)。

 日本のマンガ史的に見た場合、この20年ほどは、少年ジャンプの史上最高部数653万部が樹立された95年をピークにして、商業誌が衰退しまくってきた十数年だったと個人的には思っています。
 代わりに伸びたのが言うまでもなく同人誌です。
 これはもう日本のマンガ業界の構造的な宿痾だと思いますが、コアなファンほどメジャーな存在である商業誌から離れ、マイナーな自分だけの一冊を求めて同人誌の世界に沈んでいきます。
 いやそりゃマンガ雑誌も売れなくなるよという。

 というか、ブログ主はもともと少年マンガ、少女マンガ大好きっ子でして、中学高校のころはむさぼるようにジャンプやサンデー、りぼんや週刊少女コミックを読みあさっていましたが、今の商業マンガ雑誌は明らかに面白くないですもん(笑)。
 ぶっちゃけ、ニワトリが先か卵が先かはわかりませんが、読者のお金が商業誌から逃げ出していくのと軌を一にして、商業マンガ雑誌の世界からは、未来ある才能が続々と消えていったんですな!
 代わりに、彼ら彼女らの日本のマンガ界を変えていく凄い力を持った才能たちは、同人誌なり、BLになり現れてきたのでした。
 この10年ほどは、それが如実に現れた時代だったといえましょう。

 すいません、また話が長くなりました。
 とまれ、かつて繁栄の絶頂を極めた日本の少年マンガ、少女マンガをここまでの没落に追いやったオタクの皆さまの“不可逆的深化”の波が、ついにここまでやってきたかと。
 ブログ主は「とらのあな」池袋店1階の改装を見て、そんな感想を持ったのでありました(笑)。

 かつて少年マンガ→エロマンガ→エロ同人誌という“不可逆的深化”を遂げていった日本の男子オタク界。
 それが少女マンガでは、これまでのところは、少女マンガ→BL商業誌というところまでは進んできておりました。
 それがこの2009年も末になって、ついにその一歩先、BL同人誌こそがメーン戦場という意識レベルに、日本の女子オタク界は深化したのではないかと!
 ブログ主はそのように思ってしまったわけです(笑)。

 てか、これまでは、女性向けオタク界においては、(意識的か無意識的かは別にして)少女マンガに飽き足らなくなった人々は、商業BLの世界で「止まって」いてくれたと思うんですよ。
 それは、実質的に見れば、商業BLなどといって、日販や東販などの取次会社を通して商業流通ルートに乗せて販売されているとはいえ、商業BL本などというものは、実質的には同人界と変わらぬ規模というか内容で売られてきた存在だったわけです。
 その中で、もっとも腐女子(&ちょびっとの腐男子)のみなさまにもっとも受けるであろうというBLの形を目指して、各レーベルがしのぎを削ってきたのが、この15年ほどの商業BL界だったわけですが、もうそれでは腐女子のみなさまは満足できなくなってきているのが今という時代なのではないのでしょーかと!
 もっと、自分にぴったりの一冊、萌えツボがまったく同じ人の描いてくれた一冊を探して、すでに多くの腐女子のみなさまは商業BLからヌルヌルと幽体離脱を始めてしまっていて、同人BL界に軸足を動かしつつあるのではないかと、ブログ主はそんな妄想を勝手に抱いています(笑)。

 え、べつにいいじゃないかって?
 何が悪いかと?

 いやー、だってですよ、これまで同じ目に遭ってきた男性向けオタク界ではですね、すでに商業少年マンガや商業エロマンガの世界は、オームの群れに踏みつぶされた腐海みたいになってますよ(笑)。
 ぺんぺん草も生えないというか、いや、その時代のメインのオタクのみなさまが見捨ててしまった土地には、新たな才能なんか出てこないのですよ。
 真に驚嘆すべき作家は、いまどうひいき目に見ても、同人サークルの中から生まれてきているでしょう~。
 ということは、女性向けオタク界ででも同じことが起きるのではないかとブログ主は危惧するわけです。
 商業BL誌に魅力ある新人がまったく生まれないようになり、その代わり、夏冬の有明国際展示場でしか凄い作品に出会えなくなる世界。
 いやだー!
 そんなBL界はいやだー!!!

 いや、でもですね、よく考えたら、もう数年前から、BL界はそんなことになってる気がするわけです(笑)。
 古街キッカ先生とか、さかもと麻乃先生とか、星野リリィ先生とか、将来のBL界を背負って立つ作家さんたちは、み~んな同人誌界出身じゃあ~りませんか。
 今の商業BL雑誌の編集部が真に発掘した才能が、今のBL界で大活躍している例があるのでしょうか。
 うーむ。

 でもね、商業BLには商業BLのいいところがいっぱいいっぱいあるわけですよ。
 ブログ主だって同人誌BLは大好きです。
 でも、商業BLはもっと好きです…。
 その世界が衰退してしまうのは耐えられません…。

 えー、何を大げさなとお思いの方がほとんどかと思いますが、でもですね、間違いなくこれから商業BLの世界はこの数年をピークに衰退していくと思います。
 たぶん2、3年前が本当のピークだったんじゃないかなぁ。
 数年のうちに、同人界の綺羅星のような才能たちが、「べつに商業なんかいかなくていいや」という時代が、BLにもきっと来ると思います(笑)。
 寂しいのう。
 今回の「とらのあな」池袋店の改装は、そのほんのちょっとした兆候の一つだと思ってます。

 それにしても、改装前の「とらのあな」は、大体どこに何が置いてあるか全部把握していたので、臆病腐男子のブログ主でも安心してうろつけたんですが、今回の改装ですべてリセットされてしまったので、今日は本を探すのも一苦労でした(笑)。
 ほんとになかなか見つからず…。
 しかも、腐女子のみなさまも事情は同じで、ご自分の求める本を探してずっと下ばっかり向いているお嬢さまばかりだったので(笑)、なんかいきなり隣に腐男子が立つと、ビクッとされることが多く…。
 すいませんすいません、同じBLが好きなだけの無害な腐男子が本を探していただけなんです。
 許して~。

 ああ~、ささっと短く記事書いて寝ようと思ったら、またこんなに長く…。
 がくっ。

 末筆ですが、下やその下のブログ主のどーでもいい記事にたくさん拍手いただいてありがとうございます(平伏)。
 とても励みになってます。
 年末まで更新が難しい日が続きますが、きっと休みに入ったらどどどどどーんんん!!!! と更新しますので、見捨てずにお読みいただければ嬉しいかぎりです…。

 それではみなさま、お休みなさい!!!

 いっさいこの記事読み返さないでそのままアップしちゃうぜ、眠いから!!!!

関連記事


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。