ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]腰抜けた! すごいマンガすぎて腰抜けた! 『Baby』vol.11より、のばらあいこ『秋山くん』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 特徴-高校生  受け-いじめっ子  受け-不良  ●ナ行-のばらあいこ  
Baby Vol.11 ドドM特集 (POE BACKS)Baby Vol.11 ドドM特集 (POE BACKS)
(2009/09/24)
不明

商品詳細を見る


 こういう出会いがあるから、新興系のBLアンソロジーを買うのってやめられないんですよね…。
 発売されたばかりの『Baby』vol.11・ドドM特集号に、筆舌に尽くしがたいほど素晴らしいマンガが載ってました。
 のばらあいこ先生の短編マンガ『秋山くん』です!!!
 昨日買ったばかりなのに、もう8回は読み返してますよ(笑)。
 すべてが好きすぎる…。
 あうー(笑)。

 あまりにマンガが素晴らしすぎたので、作者ののばらあいこ先生ってどういうマンガ家さんなんだろうと思い、ヤフーでお名前を検索してみて、パッと思い出しました。
 ああ、『ワンピース』でサンゾロを描かれてるあの方か! と。
 正直なところ、商業誌ではほとんどお名前をお見かけしたことはないんですが、何だか名前に見覚えだけはあったんです。
 で、ヤフーで検索したら、ご本人のページが引っかかって、そこを拝見したら思い出しのでした。
 昔、ヤフオクで見たのか、『とらのあな』とかの通販サイトで見たのかは忘れてしまいましたが、目にした瞬間、「うおー、すごいマンガを描いてる人がいる!」と思った同人誌がありまして、普段は『ワンピース』なんか1秒も読まないし興味もないのに、その方のサンゾロ同人誌だけはどどどっと買ってしまった作家さんがいたんですよ。
 それが、のばらあいこ先生だったんです。
 うおー、俺の慧眼も捨てたもんじゃねーな!!!
 やっぱり力のある方は、自然と商業誌に出てくるんですねぇ…。
 では、どこまでお伝えできるかわかりませんが、希代の傑作『秋山くん』をご紹介させていただこうと思います!

 ただですね、最初から泣き言いって申し訳ないんですが、こーゆー素晴らしいマンガって、文章でその魅力をお伝えするのがすんごく難しいわけですよ。
 コマの間を流れる空気感とか。
 本作も、その最大の魅力は、クライマックス場面で突然起きる「大どんでん返し」にあるんですが、これが本当に何の前触れもなく突然起きるんです。
 一言でいうと「不条理」。
 こーゆー原因があったから、こーゆー結果が起きました、という因果関係は、少なくともわかりやすい形ではマンガの中で示されていないんですね。
 でも、とんでもないことが起きちゃいます(笑)。
 そして、ここがのばらあいこ先生の凄いところなわけですが、そんな不条理ともいえる「大どんでん返し」なのに、読者はその結果を「おかしい!」とか「いきなりすぎるだろ!」とか怒ることなく受け入れさせられちゃうんですな!
 言い換えると、のばらあいこ先生の腕力で丸め込まれちゃうという(笑)。
 でも、それがすごい快感なんです。
 なんだろう、サイバーのりPがDJやってるクラブでガンガンにトランスとか聞かされながら、いつの間にか意識がふわーっと持って行かれちゃう感じ?(笑)
 明らかにおかしな、不条理なことが目の前で起きているのに、それを気持ちよ~く受け入れさせられちゃうんです、本作の読者は。
 この域に達してる作家さんって、じつは少ないですよね。
 ほとんどの作家さんは、きちんと原因と結果をつなげてストーリーを作っていかれてるわけで、それを飛び越えて、明らかに不条理な出来事なのにもはや必然にしか思えない…という鮮やかなドラマを伴ったマンガを描ける方って、本当に数少ない気がします。
 中村明日美子先生とか、松本ミーコハウス先生とか…。
 のばらあいこ先生は、間違いなくそんな天才の一人だとブログ主は今回思いました!!!
 …ファンだからって贔屓しすぎでしょうか(笑)。

 それでは、微力ながら『秋山くん』のストーリーをご紹介させていただきます。

 冒頭からして、本作はとっても印象的な場面から始まります。
 なーんかチビで子供っぽい高校生の少年が、いきなり絶叫してるんですよ。

「秋山くん、愛してます!」

 って(笑)。
 この元気一杯だけどチビっこい高校生・柴大輔(しば・だいすけ)が、本作の主人公です。
 2ヶ月前、柴は不良に絡まれたところを、「秋山くん」に助けられたのでした。
 颯爽と現れ、不良たちをボコボコにしていった秋山のあまりの格好良さにシビれてしまった柴は、その日以来、明けても暮れても秋山のことを考えるようになってしまい、思いあまってこんな告白に至っちゃったというわけですね。

 ところが…。

 柴の絶叫告白は悲惨な結末(?)を迎えてしまいます(涙)。
 いきなり目の前で「愛してます!」と叫ばれた秋山が「はぁ?」とでも言うかのように呆気にとられている間に、周りからわらわらと悪そうな仲間が出てきたんですよ。
 そして、

「愛してるって?」
「誰?」
「何?」


 とか言いながら、柴の周りを取り囲んできたんです。
 そうなんです。
 不良をボッコボコにしてくれたぐらいですから、じつは秋山自身もワルなんですね(笑)。
 なので当然、秋山の仲間たちもみ~んなワルばっかりなわけでして、いきなり現れてわけのわからないことを絶叫した柴は、「あ~ん、お前何考えてんだ!?」とばかりに取り囲まれ、そしてそのまま秋山の家まで拉致されてしまったのでした。

 いやー、冒頭から波乱の連続で、いったいどうなるか目が離せないでしょー(笑)。

 秋山の家に拉致された柴は、正座させられて、秋山の仲間の不良たちから「お前、何考えてんだ?」ときつい尋問を受けてます。
 そりゃそうですよねぇ、いきなり男が男に愛の告白してきて、しかも告白されたほうが不良くんだってんですから、仲間のワルどもに囲まれちゃうのはしょうがないですよね(笑)。

 おっと、申し遅れましたが、柴に愛の告白をぶちかまされた「秋山くん」はですね、すっごい美人な不良さんです。
 えーと、『テニスの王子様』を読んでいた方にはすぐ伝わると思いますが、外見はまだ髪を切る前の宍戸先輩にそっくりですよ(笑)。
 ただ、宍戸よりは背が高くて、ピアスなんかもしちゃってるし、もっとワルそうという違いはありますが。
 テニプリを知らない方にご説明すると、秋山はロン毛といっていいくらい髪が長くて、後ろで縛ってある感じのキャラです。
 これがテニプリの宍戸というキャラにそっくりなんですが、もっと眉が細くてヤンキーっぽい空気を身にまとってるのが秋山くんなんですな!
 すっごく悪そうな美人さんって感じです、一言でいうと(笑)。
 ほら、なんか悪いことを思いつくと、すごく楽しそう笑顔になっちゃう極悪美人っているじゃないですか。
 秋山くんはそんな感じのキャラなんです~。

 で、柴は秋山の家に連れ込まれて、その仲間たちから嘲笑われたりこづき回されたりして尋問されてるわけですが、美人な秋山自身は、ひとりベッドの上に座って、「どーでもいい」という顔をしてそれを眺めてます。
 とゆーか、そもそも秋山が柴を助けたのも、別に正義漢ぶってたわけじゃなくて、たまたま柴が脅されてるトイレに入ってしまい、目の前で意気がった2人組が弱そうな同級生を脅してたんで、目障りだからとボッコボコにしたにすぎないんです(笑)。
 なので、秋山はずーっと「誰だっけ、こいつ…」という顔で、柴のことを眺めてます。

 えー、じつはですね、この秋山のですね、「柴のことなんか覚えてないし、どうとも思ってない」という態度は、クライマックスでの大どんでん返しの伏線になってますよ。
 重要ポイント! なので、どうかみなさま頭の隅で覚えておいてくださいませ。

 さて、こづき回された柴が、

「あ、秋山くんは…、おれを助けてくれたんです」

 と“恋しちゃった原因”を白状するに及び、やっと秋山も「ああ、あの時の…」と柴のことを思い出します。
 といって、別に何か柴に関心を持ったようにも見えず、相変わらず無関心というか「どーでもいい」という態度丸出し。
 でも、柴のセリフを聞いた仲間の不良たちは、楽しそうに囃したてたりしてきます。

「ひゅ~~~、秋山かっちょい~~」

「ぎゃはははは!」


 でも、秋山はこんな風に冷やかされても、まったく態度が変わりません。
 とことん無関心な感じなんですよ。

「うるせーな。つーかさ、あれで愛してるとかって言われてもなぁ」

 そんなことだけボソリと呟いて、やっぱり「どーでもいい」感じをビシバシ放出してるんです。

 ところがここで事件が!!!

 みなさん、ここまでの事態の推移を読んできて、柴という主人公にどんなイメージを持ってるでしょう??
 真面目で純真なちびっ子、みたいに思ってる方も結構いるんじゃないでしょーか。
 いきなり「秋山くん」の前に飛び出して愛の告白を絶叫しちゃうくらいですから、柴にはもちろんそーゆー面もあるんですが、それよりもっと柴の性格を特徴づけてるのは、前を向いたら一直線! というところなんですね。
 2ヶ月前に秋山くんに一目惚れして以来、柴は秋山の好きな食べ物とか飲み物を調べたり、放課後は秋山の上履きを触っては「まだあったかい!」とか抱きしめたりして、一言でいうと超アホというか、一種のストーカーみたいな一直線ぶりを発揮して今日に至っちゃったわけなんですよ。

 だから、秋山の家に連れてこられて、秋山の目の前で尋問されているこの場面で、見た目はワルどもにこづかれて泣きそうになってるちびっ子高校生だったりするわけですが、その内心ではこんなことをずーっっと考え続けてるんです。

(勝手に好きんなってすいませんすいません、秋山くん)
(キモくてすいません、秋山くん)
(でも秋山くんに見られてるとか)
(もうアレなんです)
(頭破裂しそうなんです)
(頭っていうかちんこが)
(だっておれ、この2ヶ月ずっと)
(マジで秋山くんの事しか考えてなかったから)
(どうしても伝えたかったんだあ)
(おれの身の程知らずバカハゲアホバカバカバカ)


 ええ、ちんこが破裂しそうになっちゃってるそうです、美人でカッコイイ秋山くんに見つめられてて(笑)。
 ほんとーにこいつアホだなぁと思わざるをえないわけですが、さらにしょーもないことに、その勃起したチンコを不良たちに見つかっちゃって、笑われながらズボンを下ろされたあげく、秋山の目の前で下半身丸出しにされちゃうんです。
 さすがに恥ずかしくて泣き出しちゃう柴ですが、その股間のチンコを見た秋山は、相変わらずどーでもいい感じで、それを眺めてます。

「泣いてる…。そして勃ってる」

 とか冷静に呟きながら。

 でも、下半身丸出しで泣き出した柴を目の前にして、ワルどもはなんかさらに盛り上がっちゃうんですね(笑)。
 そして、こんなことを言い出すんです。

「なーなーなー、秋山ァ、手コキしたれよ、記念に」

 言われた秋山は、「こいつ、何言い出すんだ」ぐらいの迷惑そうな感じ。

「だーから何で…」

「おもしろいからに決まってんじゃん」

「おもしろいけどさ、これ直触りかー。キツイなー。んー」


 何度も繰り返しますが、この場面の秋山は、興奮するでもなく、かといって柴に嫌悪の情を示すわけでもなく、ほんとーに目の前で起きていることがどーでもいい感じで無気力無関心なんですね!
 だから、「手コキしたれよ」なんて囃したてられても、「うーん、どうしよっかなー」みたいな感じで、別に面白ければやってもいいやぐらいの無気力さを見せてるんですね。

 ところが、それに焦ったのが柴ですよ。

「やめてください! 秋山くん、かんけいないです! そーいうんじゃないですっ!!」

 もう涙をボロボロ流しながら訴えてます。
 なんでしょうね、自分の神様みたいに思ってる「秋山くん」の「手コキ」なんて畏れ多くて無理! という感じなんでしょうか(笑)。
 もう顔は涙と鼻水でぐしょぐしょ。
 そんな柴を、相変わらず秋山はどーでもいい感じで見てますが…。

 そして結局、「手コキはキツイなー」という秋山の意見が通り(?)、なんと柴のチンコは、秋山の足でいじってもらうことに決まるんですね(笑)。

 そしてここで!!!

 さっきまで無気力無関心だった秋山の表情にちょびっとだけ変化が現れるんです。
 自分の足を伸ばして、「ぺとっ」と柴のチンコを触った(?)秋山は、もう我慢できないという感じで柴がもっとぐずぐずに泣いて「やめてください~」と懇願するのを見て、ちょっとだけ顔を赤らめるんです。
 なんか、やっとここで初めて柴という生き物に興味を持った感じ?
 で、秋山が足を動かすと、柴は

「ああんっ」

 とか甲高い声を挙げて、やっぱり悶えちゃうわけですよ。
 そりゃまあ男の子だからしょうがないですよねぇ(笑)。
 足でとはいえ、好きな人からチンコいじられてるわけですから。
 でも、そんな柴の様子を見て、だんだん秋山は夢中になるように足を動かし始めるんです。
 ついさっきまで、あれほど無関心だったのに、ちょっと頬を染めながら、夢中になった感じで。

「あぎやまぐん、ごめんなざいぃい」
「こ…こんな、秋山くんにこんなこと…」
「こっ、こんなっ、あきやまくんにっ、こんなことっ、させてぇ、ずいまぜんっ」
「こんなのさわらせて、おれ、あきやまくん…」


 やられてる柴は、もう本当に情けない顔で鼻水と涙でぐちゃぐちゃになりながら、謝り続けてます。
 この場面の、のばらあいこ先生描く柴の顔の絵は、すごいですよ(笑)。
 もう、百年の恋も冷めるとはこのことかという、ものすごい情けない不細工な顔に描かれてるんです。
 そんな涙でぐちゃぐちゃの柴のチンコを、もくもくと、ちょっと顔を赤らめながら足コキしてやる秋山。

 そして…。
 いよいよ「大どんでん返し」が近づいてきましたよ。

 柴がぐっちゃぐちゃのべっちゃべちゃな情けない顔になりながら、「あきやまくん、ごめんなさいぃ」と泣き続けるのにつれて、秋山は未知のことに夢中になるかのように、足に力を入れて柴のチンコを弄りはじめるんですな!
 本作では、柴の心の中の声は、先ほどもご紹介したとおり、ふんだんに描かれてまして、手に取るように柴の感情は読者に伝わる仕組みになってるんですが、対する秋山の心の中はですね、一行も描かれていません。
 つまり、読者は声に出てるセリフと、その表情で、秋山の心の中を想像するしかないんですね。
 だから、ここまで読んできた読者は、当然、秋山は柴のことなんかどーでもいいけど、なんか面白そうだから「足コキ」とかやってみただけなんだろうな~と思わされています。
 ずーっとそういう表情しか、秋山は見せてきてないので。
 でも、柴のチンコを足コキしながら、ちょっとだけ顔が赤くなってきたのはなんでだろう? そんな疑問を抱きつつ、あくまで秋山は柴なんてどーでもいいんだろうなぁと読者は思わされてるわけですね。

 な・の・に!!!!!!!!!!!!

 「あっ…ああっ」なんて情けない声を挙げながら、ついに秋山の足コキで射精させられてしまった柴を見て、秋山が突然ビックリすることを言い出すんです。
 ありえないって感じのことを。

 ワルどもが、射精しちゃった柴を見て、まず囃したてるんです。

「うお~~、マジでイッた!」
「こんなんでよくイケるよなぁ」
「『見られて燃える』ってヤツじゃん?」
「ムリムリ…変態スギ」


 そして、一人の不良がこんなことを冗談まじりに言うんです。

「秋山ァ、ごほーびやれよっ! ケツ掘ってあげるとか、掘らせてあげる♪ とかよ!」

 いかにもギャハハハ! と笑ってそうな感じの声で。
 そうしたら、秋山が突然言ったのでした。
 柴に向かって、顔を真っ赤にしながら。

「…イイぜ。やるよ。好きなほう、ごほうび」

 えええーーっ!!!
 なんでーーーーっ!!!
 ものすごい「大どんでん返し」ですがな!!!!

 …って、あうー、たぶんこのクソ文章をいくら読んでいただいても、この場面で突然巻き起こる不条理なドラマの鮮やかさはお伝えできないと思います(涙)。
 く、悔しい…。
 こんなもんじゃないんです、実際のマンガは。
 もう腰が抜けちゃうかというほど、読者はこの場面で驚かされるんです!
 あまりの秋山の豹変ぶりは、それほど不条理で、でも美しく、震えがくるほど鮮烈です。
 あれほど、柴や仲間の不良たちのやりとりを「どーでもいい」という目で眺めていた美しきワル・秋山が、しょうがなくといった感じで柴のチンコを足コキしたことをきっかけに内心で何かが変わり、突然「ごほうび、やるよ」なんてことを宣言しちゃうという。
 なんで!!?? としか読者は言いようがないんですよね。

 で、いいですか、ごほうびの内容はこれですからね。

「ケツ掘ってあげるとか、掘らせてあげる♪ とかよ!」

 ですよ。
 とっても強くて2人組相手でもボッコボコに叩きのめしちゃって、しかも今日はここまで無気力無関心に事態の推移を眺めていただけの秋山が、涙でぐっちょぐちょになってる、情けなくて弱っちい柴を相手に、「ケツ掘ってあげるとか、掘らせてあげる♪」とかやってもいいと言い出したんです。
 なんなの、この驚天動地!(笑)

 ここまでこの記事をお読みのみなさんは、こんなところまでネタバレしちゃって、いざマンガ読んだらもう読むとこ残ってねーだろ! とお怒りかもしれません。
 でも心配ご無用です。
 こんなクソ文章で読むより、実際のマンガは1億万倍の衝撃と面白さがありますし、そして本当の意味での本作のクライマックスは、このあとにやってくるんです。

 そうです。
 テニプリの宍戸そっくりの美人で、とても強くて不良仲間でも一目置かれてる秋山が、自分で宣言した言葉どおり、この後本当に柴相手に「ごほうび」をあげちゃうんですよ。
 ここからエンディングまでのページのエロさ、そしてドラマの詰まったことと言ったら…!

 つーか、今回の記事で、ブログ主が意識してここまで2人のどちらが攻めでどちらが受けかを書いてこなかったことに、みなさまお気づきでしょーか。
 さあ、みなさん!
 秋山と柴、どっちがどっちだと思いますか!!!(笑)
 ここから始まる「ごほうび」場面で、ケツを掘られちゃう♪ のはどっちなのかということですよ。
 さあ!
 さあ!!!

 もったいぶってもしょうがないので答えを書きますが(笑)、そうです、なんとあの秋山が、涙でぐっちょぐちょで弱っちい柴に抱かれてしまいます。

 ぬあっ!!!
 ありえるのか、そんなこと! という。

 いーですか、みなさん、ここからの柴×秋山のエッチ場面はですね、もう人間の想像を超えたいやらしさです(笑)。
 悪いことは言いませんから、このマンガを読むためだけに『Baby』vol.11を買ってきて絶対損しませんよ。

 あの!
 強くて格好良くて美人で仲間からも一目置かれてて!
 なんかワルいことを思いついたらニコニコしながら誰でもぶん殴っちゃうよーな!
 そんな秋山くんがですよ、とことん情けなくてチビでアホの柴に「ごほうび」で抱かれてあげちゃうんです。

「ごほうび、やるよ」

 と宣言した秋山は、他の不良仲間がいる前で、バッと服を脱ぐと、柴のぐちゃぐちゃの顔をむんずと掴みあげて噛みつくようなキスをしてやるんですよ。
 つーか、ここに至ってもまったくわからないんですが、なぜこんな情けない柴の姿を見て、「ごほうび」をあげるきに秋山がなったのかという。
 一つ推理すると、「ごめんなざいぃい」とか情けない声をあげながら、「あきやまくん、ごめん~」と泣いていた柴の姿を見て、あまりに自分のことを好きそうなそのダメっぷりに、秋山の心が動かされちゃったのかしらということになりますが、でも全然そんな素振りを秋山は見せてこなかったし、本当にもうわかりません(笑)。
 でも、現実には秋山は男らしく服を脱ぐと、柴に身を任せてキスしちゃったりしてるんですな!

 このギャップ!!!!
 この落差!!!!

 あれほど美人で格好良くて…って、このセリフ何度書いたかわかりませんが(笑)、そんな秋山くんが、とにかく情けなくてちびっころな同級生・柴に抱かれちゃうという…。
 想像しただけで萌えるでしょう(笑)。
 もちろん秋山はとっても不良くんなわけで、当ブログが推奨する“優等生受け”とは設定はまったく違うんですが、そんな不良の世界でトップを張ってるようなカッコイイ不良くんである秋山が、それとは正反対の柴という同級生の必死な心に触れて、なぜか突然「ごほうび、やるよ」なんて言い出しちゃうこのストーリーは、紛うかたなく“優等生受け”というか、逆転ものBLの極みとして、もうブログ主の心を惹きつけて惹きつけて、おかげでブログ主は引きつけを起こして死にそうです(笑)。

 さあ、後はもうホントにご自分で『Baby』を買って、その目で、その目で「ごほうび」の様子をお確かめくださいっ!!!!!!!!
 あの秋山がこんな風に!!!!! と驚いたアナタは、あまりのことに悶えまくって床を転げ回ることになると思います(笑)。
 だって、念願が突然叶えられることになっちゃった柴は、もう夢中で秋山にむしゃぶりついてるんです。

「あきやまくん、あきやまくん、あきやまくん」

 なんてうわごとのように呟きながら。
 全身を使って秋山を責めたて舐めたていじりまくってます。
 その勢いに押されて、最初は余裕だった秋山は、いつしか余裕を失い、身長でも自分より全然小さいはずの柴にいいように愛撫され、我を忘れていくんですね。
 この変化のいやらしいこと…(溜め息)。

 しかも、さっきも書きましたが、同じ部屋にまだ不良仲間たちは全然いるんですよ!?

 その前で柴にメロメロにされた秋山は、

「見っ、るの、や…、あッ、ん」

 とか声をあげながら、でも柴の勢いに抵抗できなくて恥ずかしい姿をさらしちゃうんです。
 うおー!!!!
 不良仲間のトップがみんなの目で痴態!!!!!
 これは素晴らしい“優等生受け”なわけですよ、逆の意味での。
 もう、筆舌に尽くしがたいいやらしさ!
 最後なんか、

「あ、秋山くん、入れたい…入れたいッ!」

 なんて叫びながらしゃにむに迫ってくる犬っころ・柴の迫力に、秋山はついに××を流しながら、それを受け入れてしまうんです。
 あーうー。
 なーんといういーやらしさー(笑)。
 つーか、これがBL天国というものか~。
 生きててよかった~。

 さあ、さあ、さあ!
 この場面を実際ののばらあいこ先生の絵でマンガでストーリーで見なかったら、あなた一生後悔しますよよよよよ!!!!!!
 しかも、ラストシーンがまたいいんです…。
 ううっ…。

 これだけは確実に言えますが、今ですね、ブログ主宛に、

「件名:のばらあいこ先生のマンガ『秋山くん』の続編に関する秘密情報」

 なんてメールが見知らぬ人から届いてですね、

「本文:知られてませんが、あの作品にはその後の2人を描いた続篇があるのです…。本当に秘密なんですが、今回特別にちーけんさんだけには金100万円でそのマンガをお分けしましょう…。つきましては以下の口座に…(以下略)」

 なんてことが書いてあったら、間違いなくブログ主は引っかかります!!!!!(笑)
 ああもう最高!!!
 最後のページの下から2コマ目の秋山の顔なんか、もう可愛くて可愛くてこちとら鼻血吹いて死にそうですばってん!!!!!!

 それにしても、やっぱりなぜ秋山が柴なんか相手に「ごほうび」をあげる気になったのか、そして素直にカラダを任せちゃって、みんなの見てる前で抱かれちゃったりすることさえ許したのか、これはまさに不条理としかいいようのないドラマになってまして、ブログ主にはわけがわかりません(笑)。
 どなたか、この作品を読まれた方がいたら、そのへんを語りあおーではありませんか!

 で、この超傑作マンガ『秋山くん』が終わった次のページにですね、『Baby』の次号の告知があるんですが、わーい、またのばらあいこ先生が登場するって書いてある~(歓喜)。
 次回は「バンド特集」だそうです。

 あ、今回の『Baby」は最初に書いたとおり「ドドM特集」だったわけですが、これはドMのさらに上をいくMキャラの特集という意味だそう。
 そう言われてみれば、本作の柴はとっても「ドドM」だったなぁと思うわけですが、よく思い返してみると、秋山こそが「ドドM」なのかしらとか、いろいろなことが頭の中をよぎります。

 それにしても、のばらあいこ先生が描く秋山の美人でエロいことよ…。
 こんな凄い才能を持った先生がこれまでほとんど商業誌で描かれていないなんて、BL出版社の編集者のみなさまはいったいどこに目ん玉をつけておられるのでしょーか(笑)。

 追伸・この記事、とにかく勢いだけで書いたので、読み返すと信じられないほどメチャクチャで読みにくいですが、もうどうしようもないのでこのままアップさせていただきますm(_ _)m あしからずご了承くださいませ(涙)。

関連記事


Comments

ちょ・・・読んできます!^^ 
なななな・・・なんと!!

大大大好きなのばらあいこさんが
ソンナすてきな☆お作品を描いてくらさったとは!><
しかも商業☆
しかも慧眼ちーけんさんの絶賛つき☆

Babyは0号だかでエロなしののばら作品が載ってて
エロなくてもステキだな♪と思ったけど
のばらさんのヘンタイエロスのパねえ有り様^^には
何度もノックアウトくらって
この人の本を読まなかったら同人とかこんなに嵌まらなかったろうに・・・的な
さすが好きなマンガ家に華倫変とか挙げる人は違うなあ的な^^
やっぱりゾロサン派よりサンゾロ派のほうがコアな趣味してるよなーうあー


もうもう、ちーけんさんの文を読んでるだけで
なにかがバキバキにおっきっきしてしまいました!


これから本屋行って確認してきます!
 
いや~ん!><。。。 
ウチはちーけんさんトコと違って田舎だから9/25以降に入荷だって><。

連休中、読みたくて悶え続けそうです!

読んだらまた来ます!
 
ちよこです! 
ちーけんさん、コニニチハ!

ようやくドドM特集読めました。^^


アンソロは全体的な濃度?が読めないので、
実本を買ってしまうのはドケチにはハードル高かったのですが、
のばらさん以外も珠玉の作品が多くて、買って良かったです!

ちーけんさんのおかげです!ありがとうございます。☆うふふ☆



感想はまたゆっくりじっくりねっちょり♪書こうと思いますが、
どうしてもどうしてもキニナルことがあるので
取り急ぎ・・・。




あ・あのー、自信がないのでご本人に確認する勇気がないのですが、

モチメ子さんって・・・後藤ユキさんじゃないですか?


なんか、コミックスの時とは絵柄が違うなー。
巧くなってるけど、誰かの絵に似てる・・・
すごく最近見たような・・・・・・?似せてる?


好きな絵だけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え!ウソ!!!



気のせいだったらごめんなさい><。

 
自信がでてきたので・・・ 
これから確認してきます。

違ったらなぐさめてねv-238^^

・・・ののしられるのも結構好きけど(真性ヘンタイ)
 
廃人玉砕>< 
全く違うそうです。

すごく丁寧に「違いますよ^^」とお返事いただきました。

うえ~ん、恥ずかしいよう><。。。
 
Re: 廃人玉砕>< 
> 全く違うそうです。
>
> すごく丁寧に「違いますよ^^」とお返事いただきました。
>
> うえ~ん、恥ずかしいよう><。。。

 突撃玉砕、お疲れさまでした(笑)。
 でも、BLでそーゆーところをはっきりさせようという方があまりいないなか、素晴らしい行動力と感服してます!
 おりおりお先生の記事でも、僕の間違いを指摘いただいて、あの記事も早く修正しないといけないんですが、どうもずるずると…。
 そのうち必ず記事を直しますので、すいません、しばしお待ちください~。
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。