ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬあーっ、あんなの勝てる気がしねーづら!!! ――人生初、韓国ソウルでカジノ体験記


Category: 旅行記   Tags: ---
 ふふっ(微笑)、ブログをやってるって素晴らしいことですねっ…。
 カジノで負けたこんな夜も、愚痴を吐ける場所があるんですもの…(涙)。

 ――そんなわけで、行ってきましたよ、人生初カジノ!
 あっという間…でもないか、3時間かけて1万5千円をお納めしてまいりました(笑)。

 てか、額少なっ!
 本当にカジノで遊んできたのかっていうくらいのセコい金額ですね(笑)。
 ブログ主の度胸のなさがよくわかる金額ですが、いやー、無理無理。
 これ以上は心臓に悪くて、とても遊べないです(笑)。

 ここを読んでくださってるみなさまの中に、カジノ経験のある方ってどのくらいいらっしゃるんでしょう?
 やっぱりあの雰囲気は自分で来てやってみないとわからないものですねぇ。
 モノホンのお金を、ルーレットとかスロットマシンとかサイコロとか、日本の刑法の言葉でいえば、「偶然の輸贏(ゆえい)」(第185条)に賭けちゃうというこの行為は、脳みそが痺れるような変な汗が出まくりました(笑)。
 すいません、ホントに肝が小さくて。
 でも、あの雰囲気を自分で経験できたというのは、得難い経験でした。
 長年、興味はあったんですが、ずっと想像の世界にとどまっていたものを、ついに体験できたというこの喜びは、なんだか変な達成感があります。
 …毎度そんなこと言って、「一度は自分でやってみたい!」とか言いながら、いま流行のFX(外国為替証拠金取引)とかまで手を出して、今年2月の悲劇となったわけですが(こちらを参照)、まったく懲りてなくてどーもすいません(笑)。
 でも、とても満足しました。
 あの空気、そして目の色を変えてチップを置くオジサンたちの姿に接することができただけでも、儲けものでありましょう~。

 ホテルの中のレストランで韓国料理を食べ終えて、いよいよ出陣となったのが、たしか9時半くらい。
 韓国のカジノは、ドレスコードとかうるさくないとは聞いていたんですが、今日は初カジノだし、ちょっと気合い入れていこうというわけで、ブルーのストライプのシャツに、ちょっといいジャケットを着て乗り込んでみました。
 でも、そんなパリッとした格好してる人はほとんどいませんでした(笑)。
 みんなTシャツにジーパンとか、ラフな格好ばっかり。
 最初の20分くらいは、雰囲気をつかむために、やってみようと思っていたルーレットの卓をいくつか見学してました。

 まず驚くのが、プレイヤーたちの賭け方の凄まじさ!
 ルーレットというゲームは、1から36までのどの数字が出るのかを当てるゲームですが、賭け方はいろいろありまして、たとえば「5」が出ると思ってその数字だけに賭けると、当たったときに36倍になって返ってきます。
 逆に、偶数が出るか奇数が出るかを当てるだけだと、当たりやすいかわりに当たっても2倍しか返ってきません。
 他にも、1から12までの数字が出ると予想する賭け方や(配当は3倍)、ある数字とその隣の数字が出ると予想する賭け方(同18倍)などさまざまな賭け方があり、プレイヤーは出目を予想したうえで、手持ちのチップをさまざまにベット(賭け)ていくわけです。

 最初、ブログ主は10万ウォン(だいたい8千円)をディーラーに渡したのですが、そうしたらチップ40枚が手元に渡されました。
 1万円弱で40枚ですよ、たった(笑)。
 肝っ玉が小さすぎるブログ主は、当然、それが一気になくならないように、1回のゲームで3枚くらいずつちょびっ、ちょびっと賭けていったんですが、周りの慣れた感じの日本人、中国人のオジサンオバサンたちの賭け方は全然違うんですよ。
 でかい配当を狙った「一つ賭け」をいくつもいくつも張るんです。
 2、5、7、8、9、11、13、15、16、17、20、23、24、25、26、29、30、33、36みたいなたくさんの目にですね、それぞれ2枚とか3枚とかチップを賭けるんです。
 先ほど書いたとおり、この「一つ賭け」だと、当たったときにチップは36倍になって返ってきます。
 これだけたくさん賭ければ、当然当たる確率は高くなるわけですが、賭けるのに使うチップの額も半端ないわけで、ブログ主なんかは「なんか無駄っぽい賭け方だなぁ」と思いながら、横でちまちまとベットを続けてました。

 この賭け方の妙味はですね、満遍なくこうやって「一枚賭け」をしつつ、中でも狙った目には、4枚とか5枚とか多めにチップを置くことにあるようです。
 狙ったところにくれば、一気に200枚とかチップが返ってくるわけですよ。
 それ以外の賭け目は、いわば保険なんですね。
 つまりたくさん賭けてたくさんリターンを狙う方法。
 対して、ブログ主のような、一瞬の幸福を狙って、ちまちまちまちま賭けていく方法は、少ない額で長い時間遊べますが、そのかわりになかなか当たらないので、少しずつ少しずつチップが減っていくだけなんですね(笑)。
 これ、もちろん長い目で見れば、結果は同じなんですよ。
 ブログ主の方法でも、とにかく一回当たれば、それまでの損をカバーするぐらいの戻りがあるわけですし、大量賭け大量戻しを狙う方法も、一回一回たくさん損したりたくさん勝ったりするわけですが、長い目で見れば、手元に残るのは同じくらいになるはずです――少なくとも数学的には。
 つまり、一回あたりの経費を少なく抑えて何度もやるなかで一回大当たりを引くことを目指すか、一回あたりの経費をドーンとかけて、そのぶん何度も大当たりを引くことを目指すかの違いなわけですね。
 ならば、ブログ主のようなちまちま法でもよさそうなものですが、実際にカジノを体験してみて、こーゆー賭け方をする人が少ない理由を肌で感じることができましたですよ(笑)。
 つまり、どーんと賭けてどーんと儲けることを狙う、カジノ慣れしたオジサンオバサンたちの方法だと、自分に「ツキ」のビッグウェーブが来ているときに、どどどどどーん!!! と大もうけできるわけですよ。
 ブログ主のようなちまちま法ですと、なかなか大当たりをヒットさせるのが難しいので、もし幸運の波が来ていても、それを捕まえることができないままで終わってしまっているかもしれないんですな!

 ならば、そこまで理解したなら、オマエもやってみればいいだろという声が聞こえてきそうなんですが――。

 やっぱ無理です(笑)。
 だって、あのやり方だと、一回のゲームで、ブログ主が最初に換金した40枚くらいのチップを全部使わないとダメなんですよ~。
 さきほど例を挙げたように、めちゃくちゃたくさんの目に賭けるわけですから、そりゃ当たりやすくはありますが、どの目にもかすらないで全部ハズレちゃうことだって当然あるわけで、そうなったらもう40枚全部パーです(笑)。
 オジサンオバサンたちは、当然もっともっと軍資金があるので、それでいいわけですが、ブログ主は…。

 無理!!!(笑)

 とにかく肝が小さいので、この40枚をどうやって死守しようかとしか思いが至らないので、とてもあんな賭け方はできません!!!

 目の前に座っていた日本人のオジサンは、とても真面目そうな銀行員か教員かという感じの人でしたが、いやー、この人の賭け方がまさにこんな感じでして、一回のゲームでものすごい量のチップを賭けては、それを全部スッたり、狙い通りに莫大なリターンをもらったりして、とても出入りの激しいプレイをされていました。
 一時、続けて悪い目が出たときなんか、脇に抱えたカバンから、次々と10万ウォンのトラベラーズチェックを取り出しては、全部チップに変えていくんです。
 あれは凄かった~。
 逆に、調子がいいときは、オジサンの前にはチップの山があふれてました。
 でも、見ていると完全に目が血走ってるんです。
 カジノの魔性を見た気がいたしました(笑)。
 唯一わからなかったのは、このオジサン、チップを買うたびに「領収書くれ」と言ってたんですが、あの領収書って何に使うんでしょう?
 税務署が経費と認めてくれるとはとても思えないしなぁ(笑)。

 でも、周りを見渡せば、ずっと熱中してやってるのは、こーゆー出入りの激しいタイプの人ばかり。
 隣に座ってた、まだ20代と思しき日本人のやんちゃそうなお兄さんも、ものすごい量のチップをやりとりしてました。
 途中から入ってきた米国人らしきオジサンも、座るなり1000ドルをポンと投げ出し、高額チップにチェンジしてくれと。
 いやー、あるところにはあるんだなぁ(笑)。
 10人いると3人は、完全に目が血走って、周りが見えなくなってる感じでした。
 いやー、極論すればこれが見たかったんです、私(笑)。
 実際、カジノというものがどれだけ人を惹きつけるのかという。

 ブログ主自身は、ちまちま賭け続け、途中、小当たりを5回ぐらい取って、微妙にチップを減らしたり減らしたりちょっと増やしたりしつつ、結局ルーレットで1時間半ぐらい遊んでいたのでした。
 結局、36倍の配当がもらえる「一つ賭け」は一度も当たることはありませんでしたが。
 そりゃそうですよね、一回のゲームで1コか2コしか賭けないんだもの、当たるわけがない(笑)。

 ブログ主はいま30代半ばですが、この世代が小学校のころって、だいたいクラスで3人くらいは、家におもちゃのルーレットセットがあったんですよね、なぜか(笑)。
 で、放課後はそいつの家に集まってわーわー言いながらルーレットをやっていたんですが、みなさんもそんな経験はないですか?
 女子はさすがにやらないのかな、男子だけかなという気もしますが、あれから20有余年、ついに本物をやれたわけで、なかなか感慨ひとしおではありました。

 で、ルーレットでチップを使い果たしたあとは、スロットマシンをやってみました。
 こちらはチップではなく、韓国のお札をそのままマシンに入れてプレイします。
 一回で3ラインに賭けることができる(500ウォン×3ライン=1500ウォン)スロットを楽しみましたが、こちらは一時は中当たりを連発して元手を上回ったものの、最終的には8万ウォンほど飲み込まれてしまいました。
 そんなあたりで疲労を覚えたので、初カジノも終了ということにして、先ほど部屋に戻ってきたわけです。
 でもまだ脳みそのなかでアドレナリンが噴出してる感じです(笑)。
 興奮さめやらぬというか。
 これ、ハマる人はもう抜け出せないでしょうねぇ。
 正直、ブログ主はもう満足という感じですが(笑)。
 うーん、正直なところ、これなら株式投資とかのほうが面白い気がします。
 あっちのほうが額もでかいし(笑)。
 一度は本場ラスベガスにも行ってみたいなぁと思っていましたが、たぶんこれでもう行くことはない気がします。
 ラスベガスの劇場でやってるというマジックショーやイリュージョンのショーはいつか見てみたいですけど。

 ふう。
 それにしても疲れました(笑)。
 シャワーを浴びて、そろそろ眠りにつこうと思います~。
 それではみなさま、おやすみなさい!

関連記事


Comments

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。