ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]腐男子はつらいよ(3)・自宅に人を呼べないよ…


Category: 腐男子はつらいよ   Tags: ---

 みなさん、BL本の保管はどうしてますか~?

 ti-kenは、BLにハマる前の少女マンガオタク時代から数えると約20年ほどマンガを読み続けています。
 我ながらよく買ったと思うんですが、少女マンガが約7千冊、BLは小説とマンガをあわせてやっぱり7千冊くらい、それとBL系の同人誌が5千冊ほどあります。
 昨年、引っ越したときには、なんと段ボールが300箱になりました(笑)。
 新居に積み上げられた段ボールを見て、「こ、こんな量の本が本当にこの家の中に収まりきるのか!?」と慄然としましたが、いやー何とかなるものですね。
 現在、部屋2つを完全に書庫にしてこれらの本をしまいこんでいます。

 こう書くと、少女マンガとBLに人生を捧げたオタク腐男子そのもので、実際その通りなのですが、それはそれとして、じつはti-ken、普通の(?)友だちとワイワイ遊ぶのも大好きです。
 男女問わず、よく自宅に呼んでみんなで夜通し飲んだりします。

 さて、そこですよ。会社では、ti-kenについてこんなことをみんなに言われてます。

「あいつの家には開かずの間がある…」


 そりゃ開きませんとも。
 一寸たりとも開けませんとも。
 てか、誰が入れるかぁああ!

 もちろん、BLが詰まった書庫部屋のことですよ!

 誰が来ても入れたことがないのです。この部屋には。
 しょうがないので、「いやぁ、あの中には近所からさらってきた小学生の女の子を監禁してるんですよ~。“ジョンベネ部屋”って呼んでください。わっはっは」などと言って逃げていますが、会社でのti-kenの評判はそんなこともあって下落するばかりです…。
 でも、さすがに会社の同僚たちに「いやー、趣味はBLマンガを読みあさることです♪ あの部屋には男同士の恋愛を描いたマンガが1万冊以上詰まってるんですよー♪」とか言えないですよ。さすがに。
 なので、とにかく隠し通すしかないのですね。

 もう毎回、人を呼ぶと大変な苦労です。
 ウチの家は、部屋のドアに鍵がかからないので、来客がti-kenの目を盗んで、「開かずの間」に入ろうと思えばできてしまうんです。この家に引っ越したとき、この問題に早々に気づいて、東急ハンズに後付けで設置できる「室内ドア用の鍵」がないか探しにいったのですが、どれもドアに穴を開けたりしないと設置できないということがわかっただけでした。
 なので、頼りは自分の目での監視だけです。

 でもじつは、男の同僚や友だちはそんなに厄介じゃありません。 
 万一、“ジョンベネ部屋”の中を見られたとしても、「うわー、すげえ数のマンガだな」で終わるので。ti-kenも会社では、少女マンガが好きということまではカミングアウトしているので、「いやー、これが例の少女マンガなんだよー。恥ずかしいから隠してたんだけどね!」とか微妙にさわやかに振る舞えばいいわけですよ。
 というか男の同僚で、本棚をパッと見て「うわ、これってBLマンガとかいうヤツでしょ!?」とまで中身を見抜く知識のあるやつはなかなかいません。
 だから、男の友だちが来ても、最後には適当に誤魔化せてしまえるわけです。

 面倒くさいのは女の子が家に来る時です。
オタク腐男子のくせに、意外に女の子の友だちも多いti-ken、この家に引っ越したばかりのときも、会社の女の子たちが6人くらい「新居見せて~」と言って、お祝いも兼ねて家に来てくれました。
 で、やっぱり開かずの間の中を見せろという話になったわけですよ。「いやー、書庫だから見てもつまんないよー」とか言って適当に誤魔化していたんですが、「なら、少女マンガを読みたいから、やっぱり入れろ」というふうに話が展開し、ついにti-kenも抵抗しきれなくなりました。

 ええい、ままよと思い、「じゃあ見せるだけ見せるけど、まだ整理が終わってないから中には入らないって約束してね」と言って、“ジョンベネ部屋”のドアを開けて中を見せたのですが、1人の女の子が発した言葉が「あれ、ボーイズラブがあるんですね」というひと言!

 でも、神はti-kenを見捨てませんでした。
 ほかの5人の女の子は、骨の髄から普通の人生を送っている女の子ばかりで、「ボーイズラブ」の言葉に全然反応しなかったんです!
 まったくそーゆーものを知らないようでした。助かった~。でも超あぶないところだった…。
 こんな神経をすり減らす戦いが、人を呼ぶごとに繰り広げられるわけで、ti-kenもほとほと疲れ果ててしまいます。

 じつは小学校、中学校が同じだった地元の長い付き合いの友だちは、みんなti-kenのBL趣味を知っていて、今さら家に来てBLが1万冊以上並んでいても、全然驚きません。
 だから地元の友だちが遊びに来るぶんには全然気が楽なのですが、職場で変な噂が立ったら、これは人生の将来にも大きく関わってきてしまうので(笑)、必然的に会社の同僚たちが遊びに来たときの開かずの間の管理は厳重にせざるをえないわけです。

 腐女子、腐男子のみなさんはこの問題にどうやって対処されてるんでしょうか。

 いいお知恵がありましたら、ぜひお教えください…。

関連記事


Comments

 
こんにちは♪
>女マンガが約7千冊、BLは小説とマンガをあわせてやっぱり7千冊くらい、それとBL系の同人誌が5千冊
ここここここれは、すごいですね!
お邪魔したいくらいです!
私はもともと一定量以上の本は持たない主義だったのですが、BLに関してだけはなんとなく手放せなくって、ついについに本棚を増設までしてしまいましたよ~。
それでもちょこちょことは売り払いながら、コレ!というものだけを手元に残す方向ではあるのですが、雑誌をかなりたくさん買っているので、これがえらいこっちゃなのです。
早く売らなきゃ・・・でもその前にもう一回読もう・・・そんなぬるいことを考えているうちに1年以上過ぎま
した。うーんうーん(悩)

私は基本的に誰がどんな趣味を持とうが、周りに迷惑さえかけなければ全く問題ない!って思っているし、まあ根がオタなのでそういう関連のものがどんなに並んでようと特に動じません(笑)。
それにたま~に女性向け腐ショップでも男性を見かけたりしますけど、それも個人の趣味なんで私としてはふーん。何がすきなのかなあ。なんて思うくらいですねえ。
なんだか変に隠すと余計に恥ずかしいので、私は色々とさらけだしてますけど・・・ti-kenさんも徐々に・・・ってそれは無理があるか~っ。ハハハ
でもBLを理解していたその女子から引き込んでいってはいかがですか?
どうでしょう、無理?(笑)

 
 
あっ引用の「少女マンガ」の「少」が抜けてました・・・。
スミマセン。
 
 
>それでもちょこちょことは売り払いながら、コレ!
>というものだけを手元に残す方向ではあるので
>すが、雑誌をかなりたくさん買っているので、こ
>れがえらいこっちゃなのです。
>早く売らなきゃ・・・でもその前にもう一回読もう・
>・・そんなぬるいことを考えているうちに1年以上
>過ぎました。うーんうーん(悩)

フフフフフ…。これから地獄が待ってるんですよ…(笑
とくに雑誌はかさばりますから、大変ですよね。
僕はもう雑誌は割り切って、むかーしの貴重なヤツ以外は売り払ってます。でも、中にはコミックスや単行本に収録されない作品もありますからね…。またそういうのにかぎって面白かったりしますし…。

1人だけ気付いた腐女子(?)の同僚は、その後、会社を辞めて転職してしまいました。いまだに付き合いはありますが、これで秘密もバレる心配もなくなったし一安心…と思いきや、彼女たちは彼女たちでまだ付き合いがあるようです(笑) なーんか我が家に来た後に、「フフ…わかってますよ」的な視線を感じたような気もするんですが、僕の被害妄想のような気もします(笑)

乱菊さんにおいでいただいた御縁で、乱菊さんのブログを拝見したら、非常に美しくかっこいいので、現在かなり真剣にこのニフティのココログからFC2ブログへの移動を考えてます。というか、すでにアカウントは取得して、パスワードで制限をかけたプライベートレベルでは、ブログの全内容を移してみて、FC2ブログのデザインなどのあまりの自由度の高さにびっくりしています。

でも、引っ越し面倒そうだし、ちょっと悩んでいるんですけれど(笑

あ、じつは今回のこの記事は、乱菊さんのブログのご両親と同居で本どうしようという記事を拝見して、書こうと思ったものです。すいません(^^;

 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。