ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[BL雑記]リブレ出版、意外におカネ持ってるんですねの巻――ブログ主、決死の街中撮!!!(大げさ


Category: BL雑記   Tags: ---
 みなさん、おはようございます~。
 夏休みに入ったブログ主です。
 ああ~、会社に行かないでダラダラしてていいって素晴らしい…。
 一生、こんな生活が続いたらどんなにいいか…。
 誰か、カネくれ~、それもたくさん~――欲望を隠すことを知らないブログ主です(笑)。

 …なんて言いつつ、どうしても会社に行かないといけない用事があったりして、休暇中なのにちょっと出勤したりもしてるんですが、昨日は完全にお休みの日になりまして、気分転換にと思い、東京・上野公園の美術館めぐり(?)をしてきました。
 つっても、2つだけなんですけど(笑)。
 ひとつは、東京都美術館で開催中の「トリノ・エジプト展」。
 これは、エジプト研究と発掘物の収集で知られるイタリア・トリノ博物館のコレクションが初めて大規模な海外公開となる展覧会だそうで、最大の呼び物は、あの有名な少年王ツタンカーメンの像でした。
 平日の昼間だというのに、話題の展覧会だからかなかなかの賑わいで、ショーケースの前はどこも黒山の人だかり。
 彫像以外にも、ミイラが納められいてた棺や、当時の家具、ホルスやイシス、オシリスといったエジプト神話の神々の像など、なかなか充実した展覧会でした。
 ツタンカーメンはなかなか受けっぽい感じでしたよ(笑)。
 身長は165センチと小柄だったそうですし。
 今回の目玉の像は、ツタンカーメンだけの彫像ではなくて、横に「アメン神」という神様が並んでいる、ツーショットの像なんですが、神に敬意を表すという意味で、人間のファラオであるツタンカーメンのほうが小柄に彫られているんです。
 そこがまたなんとも受け受けしく…(笑)。
 あとは、ミイラを間近で見れたことでしょうか。
 子供のころ、やっぱり男の子ともあらば、ミイラとかピラミッドにすごく憧れるわけで、ブログ主もいつかミイラを見たいと思っていたクチなのですが、97年に大英博物館を訪れた際、念願のミイラに初対面してとっても感激した思い出があります。
 でも今回来日してくれたミイラは、大英博物館よりずっと近くで見ることができました。
 説明によると、エジプトの中流の貴族の人のミイラらしいのですが、どうもはるばるお疲れさまでした。

 そして、すぐ近くにある国立科学博物館でやっていた、「特別展 インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン」に寄りました。
 いやー、これも燃えますね(笑)。
 ブログ主が小学生のころだから、もう30年くらい前ですかねぇ、同じ国立科学博物館で、たしかインカ帝国の発掘物を紹介する展覧会があったんですよ。
 たぶん、インカ帝国のそーゆー展覧会はこれが日本初というものでして、黄金づくしで有名なインカ文明の発掘品ということで、日本中で話題を呼んだような記憶があります。
 ブログ主も、近所の友だち&そのお母さんと一緒に見に行きました。
 覚えてるのは、なんかゴールド凄かったな…ということぐらいなんですが(笑)、それ以来、インカ帝国の歴史に興味を持ち、しょぼしょぼ本も読むようにもなったので、展覧会に行った甲斐もあったというものでしょう!
 今回やっている「シカン」というのは、インカ文明のさらに昔にペルー・アンデス一帯に栄えていたとされる文明で、恥ずかしながら今回この名前を聞くまで、ブログ主はその存在をまったく知りませんでした。
 ただ、それもそのはず、シカンの遺跡は90年代までまったくその存在すら知られておらず、現在、南イリノイ大学というところにおられる日本人考古学者・島田泉教授という方が初めて発掘したものだそうです。
 なので、まだ研究の歴史も浅く、謎の多い文明だということでした。

 こちらの展覧会の目玉は、やはりなんといっても黄金の出土品です。
 インカ帝国と同じく、シカンも黄金づくしの文化を誇った国だそうでして、その主神である「シカン神」をかたどった黄金の仮面を葬送の際には死者に被せて葬ったらしいんですよね。
 というわけで、そんな出土品をガシガシ見て回りました。
 黄金の出土品の他にも、シカン文明のもう一つの特徴が、ツルツルに光る黒色土器だそうでして、これがまた南部鉄器みたいでカッコイイんですな!
 あと驚いたのが、日本でいえば平安時代より前くらいに存在した国なんですが、すでに通貨のようなものが使われていたというんですね。
 これはすごい。
 で、現物が展示されてました。
 青銅の板を薄くのばしたもので、近隣国との貿易にも使われたとのこと。
 すごいなー。
 暑いなか、へとへとになりましたが、行ってよかったと満足したブログ主でした。

 さて…。

 相変わらず前置きが長いな、このブログ(笑)。
 上野の展覧会に行く前に、じつは今日、ブログ主は池袋にわざわざ寄ったのでした。
 ひとつは、いつも行っている理容室で髪を切ってもらうためでしたが、もう一つの目的がじつはあったのです…。
 それは…。
 ある写真を撮りに行くことでありました。

 とゆーのはですね、先週末、仕事をさぼって(?)、BL本チェックのために池袋のとらのあなに寄ろうと思ってブログ主は地下鉄を池袋駅で降りて、いわゆる乙女ロード方面に向かおうと、いつもの地下道を通って、地下街から地上に出ようとしたんですよ。
 そしたら…。
 なんとこんな看板(?)を見つけてしまったのでした。

DSCF4599.jpg 

 ぎゃー!
 ここですね、池袋駅からサンシャイン60とか、映画館街とか東急ハンズとかに向かう人が必ず通る、ものすごく人通りのある通路なんですけれど、そこの壁面に、『ビーボーイ』のでっかいPR看板が出てたというわけです(笑)。

 いいのか、これ!!!(笑)
 腐女子腐男子以外の一般ピープルには、完全に何のCMなのかわからないと思うんですが…。
 なんかのアニメの看板? みたいな…。
 だって、「ワタシは断然、ビーボーイ」とか言われても、その比較対象である『ガッシュ』『花音』『ルチル』etc...と知らないと、何と比べて断然なのか、全然わからないかと(笑)。
 そういうわけで、看板を見る者に一定の前提条件を要求しているという時点で、このCM看板が対象としているのは一般ピープルなどではなく、『ビーボーイ』が何であるかを知っている腐女子腐男子だけなのだろいうという推測が成り立つわけです。
 狭っ!
 対象範囲、狭っ!!!(笑)
 でも、それなら、わざわざこんな一般人の人通りの多い場所に設置しなくてもよさそうなものなんですけど。
 この看板の作りというかコピーの文句は、『とらのあな』『まんがの森』『アニメイト』の中にあってこそ生きるというものでありましょう(笑)。
 せっかくこんな場所に置くなら、もっと一般人相手に見事な看板を置いていただきたかった…。
 思い切って、「ワタシは断然、ボーイズラブ」とかやったほうが、これまでBLの存在を知らなかった一般人を引き込めたと思うんですけど(笑)。

 それにしても、池袋でこーゆーBL案件を発見するのは2度目なわけですが(前回記事はこちら)、なんですかねー、みんなそんなBLってものを一般社会に知らしめていきたいんですかねー。
 なんか要らぬ波紋を呼びそうで怖いなぁ。
 ま、注目を呼ぶのはしょうがない時代状況だとは思うのですが…。

 それにしてもですね、今日は写真撮影に苦労しましたよ(笑)。
 何回も書いてますが、ここは本当に人通りが多いんです。

DSCF4596.jpg 

 ね?
 すごい人通りでしょ?

 一日中、途切れることがないというか、つねにエスカレーターの行列が出来る場所でして、こんな場所でですね、いい年した男がですね、こんな謎の看板に向けてカメラを向けてると、明らかに不審者なんですよ(笑)。
 もうね、この前を何往復したことか…。
 最初は立ち止まってシャッターを押す勇気がなくて行ったり来たり。
 ようやく決心したものの、人通りがあまりに途切れず、せっかく勇気を振り絞って撮った写真が、看板の前に人がたくさんいて役に立たないデキだったりして、再挑戦のために行ったり来たり。
 あとは、カメラを構えるとですね、みんなが見るんですよ。
 「えっ、こんな場所で何撮ってるの?」みたいに(笑)。
 それが下の写真。

DSCF4598.jpg 

 思いっきり、道行くカップルが不審な目を向けてます。
 ブログ主がカメラを向けてるほうを見ると、なんかアヤシイ看板があるわけで、「この人、いったい何なの…」みたいな雰囲気にビシバシなるわけです(笑)。
 辛い!
 でもブログに載せようと頑張った!(笑)
 うむ、腐男子のカガミですな、俺!!!

 さて。

 それにしてもですね、意外といえば意外だったのは、リブレ出版って意外にカネ余ってるんだなということでありました。
 だって、いまどこもCMの出稿を減らして経費削減に励んでる真っ最中の大不況の中なのに、こーんな無駄金を使う余裕があるんですからね。
 たしかこの看板の場所は、ビーボーイが入る前は、隣のイーオンの看板みたいな一般企業の看板が入ってたと思うんですが、ついにオタ企業の最たるものであるリブレ出版がこんな場所に乗り出してきたというわけなんですね!
 金持ち~。
 すいません、勝手な推測ですが、もっと経営的には大変なんじゃないかと勝手に思ってました(笑)。
 でも、これならば当分の間は、突然の休刊とか倒産とかはなさそうですよね。
 安心したー(笑)。

 というわけで、BL業界意外に大丈夫? という安心を残してくれたことこそが、この突然出現したCM看板の最大の意義だったということが本ブログ的には申せましょう(笑)。

 この看板、池袋駅以外でも出てるんでしょうか。
 見つけた人がいたら、ぜひ写真撮って送ってください(笑)。
関連記事


Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。