ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]死ぬまで本棚から外せない一冊…なんなの、このリアリティ…男子の目から見て、まさに昔はこんなことしゃべってたと思わされてしまう不思議なBLマンガ カシオ『スイッチON!』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-平凡っ子  特徴-高校生  ●カ行-カシオ  
スイッチON! (MARBLE COMICS)スイッチON! (MARBLE COMICS)
(2009/06)
カシオ

商品詳細を見る


 ダメだ~!
 なんかだんだん眠くなってきた(笑)。
 力の続くかぎりレビューを…と書きましたが、これが最後になる予感…。
 それにしても、俺の書くレビューは、なんでこうもみんな長くなるんでしょう(笑)。
 今度こそ短く、今度こそ短く…。

 そんなことを呪文のように呟きながら、近来希に見る大収穫! な一冊、カシオ先生の初コミックス『スイッチON!』をご紹介させていただくといたしましょう!

 これはとにかく大当たりです。
 絶対に買って損しないので、別にこの後のレビューを読んでいたかずとも、本屋に走っていただいてまったく問題ないです(笑)。
 カシオ先生のマンガは、商業誌に登場される前から、『涼宮ハルヒの憂鬱』の古泉×キョンで出されているのをブログ主は愛読してまして、このジャンルでカシオ先生が出された同人誌は、ほとんど揃えてます。
 そのころから、「うわー、すごい才能持った人がいるんだなぁ」と思っていたんですがというか、ブログ主がそんなことを思う前に、ハルヒの古キョンジャンルでは1、2を争う人気サークルとして活動されてきたのは周知の事実なわけですが…。
 カシオ先生の作風は、この一個前の記事でちょっと書きましたが、最近のBL界の主流であります、読者と等身大のキャラが主人公で、そんな彼らの細かい心理描写が中心になってストーリーが進んでいくタイプです。
 いわゆる“ニューウェーブBL”の旗手的存在なマンガ家さんなわけですが、同じくそーゆーマンガを描かれる人気作家さんたち、例えば山中ヒコ先生やさかもと麻乃先生や古街キッカ先生や中村明日美子先生と違って、ブログ主はずーっとカシオ先生についてはこんな疑念(?)を持っていました。

 ――この作家さんは、女性ではなく男性ではないのか!? と(笑)。

 なんて言いつつ、すいません、実際のところカシオ先生が女性か男性か、今の時点でブログ主はまったく正解を知らないのですが、ブログ主という一腐男子の目から見て、カシオ先生の描くストーリーの中で綴られる空気感は、そう思わせる何かがあるのです。
 登場してくる高校生たち、大学生たちetc...――彼らが作中で交わす会話、ちょっとした視線のやりとり、一人のときの過ごし方、友達へのリアクション…、何もかもがこれ、「いやー、そうそう、俺らの学生時代ってこんな感じだったよね!」と言いたくなってしまう空気に満ち溢れてるんですな!
 最近、さかもと麻乃先生の最新刊『銀の果実』が発売されましたが、同じ学園ものとはいえ、やっぱりさかもと先生のマンガに出てくる男の子たちは“少女マンガ”の文法の星の下に生まれてきた手応えを感じますが、カシオ先生の描く男の子たちは……なーんかまさに実在の男子中学生、高校生ならさもありなんというニュアンスというかセンスが一杯に詰まってるんですよ(笑)。

 で、ここからが重要なんですが、その結果ですね、カシオ先生の描かれるマンガの登場人物たち、なかんずく主人公である攻めキャラや受けキャラたちはですね、どの作品でもあまりにリアリティがありすぎて、本当にこんな子たちが三次元世界にもいそうと思わせる力が充ち満ちています。
 つまり…。
 ごくごく普通の男子、BL的業界用語に変換していえば(?)、“平凡受け”な感じの男の子たちが多数登場するBLになってるんですね、作品全体の基本テイストとして。
 男子であるブログ主が読むと、ある意味、「これって俺じゃね?」と思ってしまうようなまさに等身大の男の子でいっぱいなんですな~、カシオ先生’sボーイズラブワールドは(笑)。
 そしてですね、今回発売された初コミックスの表題作『スイッチON!』が、そんな“平凡受け”の大傑作になってしまっているというわけなのです。
 嗚呼!
 マジな話、ブログ主はもう10回以上読み返して、そのたびに心がニラニラして布団の上でもんどり打って悶えてます(笑)。

 すいません、前置きが長くて…。
 ストーリーをご紹介させていただくといたしましょう。

 主人公(受)の夏目は、ごくごく普通の高校生です。
 ちょっとお馬鹿でちょっと元気で、困ったことがあるとすぐ友達に頼っちゃうような、そんな男の子。
 この時点で、どこにでも本当にいそうなたたずまいを見せている夏目クンなんですが、その感をさらに強めてくれるのが、夏目を囲む2人の友人たちです。
 いっつも「彼女がほしー!」と騒いでいるアホ系男子「あっちゃん」と、沈着冷静で成績優秀、他の2人のお目付役みたいな顔でいつも横にいる眼鏡男子・井上がその2人。
 3人はたいていいつも一緒に学校では過ごしてますが、マンガの中で描かれているこの3人のやりとりというか空気感が、いやーすごくリアリティあるんですよね(笑)。
 これはもう実際にコミックスの中身を目で追っていただくしかないと思うんですが…。

 で、ある朝ですね、主人公(受)・夏目は見知らぬ1年生男子から「読んでください!」と手紙を渡されるんです。
 生まれて初めてラブレターをもらった夏目は、同性の後輩からのものであるにもかかわらず、ちょっとだけ舞い上がってしまいます。

(お お お おれのことをすき… すき…だって…)

 授業中もちょっと顔を赤くして、そんなことを思っている夏目ですが、ふだんBLに自分を投影することのないブログ主も、なんだかカシオ先生のマンガだと、そして本作の夏目みたいな主人公(受)だと、もし自分が高校時代に同性の後輩からラブレターもらったらこんな風になっちゃうかも…とほんのり思ってしまいます。
 戸惑うだろうけど、自分を好きだと言ってくれる人間がいることにはドキドキしちゃうという。
 このあたりの夏目の描写はすごく可愛いです。
 普通の男子が突然出会った非日常的なハプニングにちょっとドギマギしちゃってるという。
 で、あっちゃんと井上は、そんな夏目を見て「大丈夫か、あいつ」なんて言いながら見守ってるわけですね。

 ま、ぶっちゃけですね、ここまでの夏目は、“恋に恋する高校生”なってるわけですよ。
 好きって言われたことで、自分も恋というのを体験できそう! と思いこんでしまい、相手のことは全然知らないけれど、1回ぐらい“お付き合い”ってのしてみてもいいかも…という。

 そして、ついに夏目は決心します。
 手紙を持ってきてくれた後輩に、「俺も君のことが好きだ!」と返事をすることを。
 でも、今書いたとおり、夏目はこの後輩のことをまったく知らないんです。
 知ってるのは名前だけ。
 どんな性格なのか、部活は何をやっているのか、そんなことすら知りません。
 でも、自分のことを好きだって言ってきてくれた後輩というだけで、この子と“お付き合い”してみようと思ってしまったわけですね。
 まあ、高校生男子の気持ちとしてわからないわけではありませんが、あっという間に破綻するパターンですよね(笑)。
 でも、夏目はこうして“恋”というものを知ってしまったわけです。
 今までは、ふわふわとした概念としてしか知らなかった“恋”が、初めて自分の目の前に、自分も体験できるものとして現れたんです。
 「誰かと恋してみたい」――。
 夏目の胸の中には、今やそれしかなくなってしまったのですが…。

 本作の基本ストーリーは上のような感じですが、ここからストーリーは大どんでん返しを含めて二転三転していきます。
 ぶっちゃけてしまいますが、夏目の“恋への憧れ”を掻きたてたあの手紙は、じつは間違いだったのです。
 ま、そのあたりの詳細は実際にコミックスを読んで楽しんでいただくとして、結局、夏目は手紙をくれた後輩と恋人になることなく、手紙は自分の勘違いだったという事実を突きつけられてしょんぼりするだけで終わってしまうのでした。
 手が届きそうなところまで来ていた“恋”を、結局手に入れることができず、夏目は泣きそうになってしまいますが――。

 さーて、今回のレビューでここまで、あえて攻めキャラが誰か明かしていないことにみなさまお気づきでいらっしゃるでしょうか(笑)。
 こうして、“幻想”が破れてしょんぼりする夏目の前に、ストーリーのラスト直前、あるキャラが颯爽と登場してくるんです。

「夏目が馬鹿なんだよ! 手紙だけでなんでそこまで思いこめるんだ! ったく…。告白されたら、誰でもいいのかよ」

 なんて、吐き捨てるように悪態をつきながら…。
 夏目は、結局恋人もできず、みんなに笑われて終わってしまった自分のことを思い出して、「だって…」なんて言いながらまたしょんぼりしちゃいますが、このキャラは、そんな夏目の目をしっかりと見据えるとこんなことを言い出すのでした。

「じゃあ…俺が夏目のこと好きっていったら、俺のことすきになるか」

 なんと最後の最後で大伏兵が!(笑)
 というわけで、本作のカップリングは、最後の最後で登場する某キャラ×夏目ということになってるんですな!
 ふわふわしたイメージの恋に憧れる同級生を我慢しながらずっと見守り、夢が破れたところで、「俺じゃダメなのか」と登場してくるというわけですよ、この攻めキャラは。
 こうして、“恋に恋する高校生”だった夏目は、ストーリーの最後の最後で、自分の身近にいた人間からの血の通った愛の告白を聞かされ、今度こそ、本当の“恋”というものを知るんですね。
 ものすごく具体的なイメージとして、夏目の前に“恋”が現れた瞬間です。
 顔も名前もわからないような後輩の1年生を相手にしているのとは違い、大きな現実なんですね、今度の告白は。
 さあ、この2人はいったいどうなっちゃうの…!? というところで、本作はエンドマークになります。

 え?

 ここで終わりはないだろうって?

 いや、まったくそのとおり(笑)。
 雑誌掲載時、ブログ主ももちろんそう思いましたが、本作には当然ながらその後の2人を描く続編がありまして、コミックスにも収められています。

 で!

 ブログ主的には、ここからの続編こそが、本作の最大の読みどころと思っているわけですよ。
 勝手な思いこみですが、男性が書いたとしか思えないリアリティを備えた“平凡くん”な主人公(受)・夏目は、続編以後ますます“フツーの男の子”っぽさを強めてくれちゃってまして、そんなどこにでもいそうな男子高校生が、思いもよらぬ相手との恋の嵐に絡め取られるなかで、「えっ! これがあの“普通っ子”なの!?」と読者に思わせてしまうような“変態”(=生態変化)を遂げていくんですよ。
 地味~な平凡っ子が受けキャラというところで、当ブログ的には大変心惹かれる物件になっているわけですが、そんな夏目クンが、自分の気持ちを告白してすっかり開き直った攻めキャラからキスを仕掛けられたり、2人きりの勉強のときにエロい雰囲気になっちゃったりするごとに、とてつもなく可愛い生き物になっちゃったりしてまして、ブログ主はあれだけの平凡っ子をここまで変えてしまう力がまさに恋というものなのかとその偉大さに感じ入ってしまいました(笑)。
 だって、攻めキャラと2人で勉強していてそういう雰囲気になったとき、夏目クンが見せる魔性の可愛さといったら…!
 キスされる夏目くんがずぶずぶにキスに溺れちゃってるようすを見て、攻めキャラはこんなことを心の中で呟いてます。

(…あれ、キスってどこでやめるんだろうか)

 うわ、エロっ(笑)。
 で、こんな組んずほぐれつを繰り返していくなかで、平凡っ子・夏目くんは、ごくごく普通の高校生男子である自分が、相手(=攻めキャラ)にとって唯一無二の愛しい存在になっている事実に気づき、まあ古風にいえばですね、“愛される幸福”に(早くも18歳未満にして・笑)気づいてしまうわけですよ。
 わかりますか、この平凡っ子、フツーの男の子が誰かの「特別」になっていくというストーリーが、どれだけ読者の胸を萌えたぎらせてくれるものであるかを…!!!

 「平凡な僕でも、誰かの“特別”になれるんだ…!」

 この発見は、地味で普通で平凡っ子な受けキャラにとっては、まさに天からの福音です。
 自分を肯定されるということが、どれだけ嬉しく幸せなことか。
 だから、平凡な受けっ子は花が開くように可愛くなっていくわけですね。
 本作の夏目もまさにそう。
 ストーリーが進むにつれて、第1作目の最初の登場シーンでは、単なる馬鹿で元気な男子高校生にしか見えなかった夏目クンが、攻めキャラ(名前明かさなくてすいません・笑)に愛されるために存在する可愛い生き物み見えてきてしまいます。
 カシオ先生の才能のきらめきですよ、このグルーブ感は!

 ブログ主は断言いたしましょう、本作の最後の最後。
 校舎の屋上で、攻めキャラと夏目クンがぐずぐずになって抱き合うシーンがあるのですが、そこでセリフにするとたった一言だけですが、攻めキャラに抱きしめられて幸福にあえぐ夏目クンが、喘ぐように囁くようにセリフを洩らすんです。

「だめ…」

 と。
 この場面の絵を見たアナタは、もうあまりの夏目クンの存在そのもののいやらしさに腰を抜かしてしまうはずです(笑)。
 エロ可愛すぎるよ、この生き物…!!!

 最後になりましたが、“優等生受け”ではない本作をなぜ当ブログでご紹介したかといえば、地味で普通な、しかもカシオ先生の筆によってリアリティあふれまくる平凡っ子な受けキャラ・夏目が、愛されることを知り花が開くように可愛くなっていく本作は、まさに“優等生受け”の一変形としての“平凡受け”BLとして、絶対にご紹介しておくべき! と思ったからです。
 …言い訳がましくてすいません(笑)。

 でも、この一冊はどうしてもご紹介したかったんです!
 本当に心に残る一冊。
 死ぬまで本棚から外せない一冊。
 カシオ先生と同時代に生きて、その作品に接することのできる幸福を、ブログ主は深く深~く噛みしめているところです…!!!

関連記事


Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。