ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[身辺雑記]旅の思い出といえば記念写真…ブログ主が一緒に写真を撮った相手とは! ――トルコ旅行記あと1回で終わります


Category: 身辺雑記   Tags: ---

 前記事で書きましたとおり、明日の夜は友人の結婚パーティで遅くなりそうなので、今のうちに記事を更新しておこうと思います~。
 ううう、会社のノートPCのキーボードがおかしくなってきてて、アルファベットの「u」がなかなか反応しません。
 記事を書くのに超ストレス…。
 明日の夜は、パーティから戻ってきたら、BL本のレビューを書く予定です。

 というわけで、今日の更新は一昨日のトルコ旅行記の続きです~。
 すいません、もう1、2回で終わりますので、しばしのお付き合いを…(笑)。
 今日も写真主体の軽めの内容でお送りいたします!

 まずはカッパドキアの観光地の中から、まだご紹介してなかったところを…。


 resize0918.jpg

 ここはウチヒサルという巨大な洞窟都市の遺跡です~。
 「ヒサル」がトルコ語で「砦」の意味だそうで、たしか「ウチ」が大きな、とか尖ったとかの意味だった記憶が…。
 すいません、いま会社なのでガイドブックが手元になく曖昧です(笑)。
 ブログ主の写真だと大きさが実感できないと思いますが、これ相当でかいです。
 えーと、みなさんが知ってそうなものに例えると…。
 大阪城の天守閣とかより全然でかいです。
 かつてここには数千人の人が岩の中で暮らしていたそうですが、最近はこの一帯から温泉が出ることが発見されて、一泊10万円という超高級スパリゾートがここに出来たそう。
 温泉に入れる洞窟ホテルということで、すごい人気だそうです。

 resize0912.jpg

 で、このへんは体調最悪でふうふう言いながら観光してたために、あまり写真も撮ってないので、ロクな写真がないのですが、このちょっと丘になってる感じの岩場、なんだと思います?

 じつは、ここは「カイマルクの地下都市」という遺跡でして、この岩の下に古代の人がなんと地下8階にも及ぶ迷路のような穴を掘り巡らしてまして、1万人近くがこの地下の洞窟住居に暮らしていたそうです。
 地下8階ですよ、8階!
 写真のとおり、外からは一見なんてことない岩山にしか見えないので、外敵から身を守るのに最適だったそうです。
 まさかこの下に、蟻の巣みたいな地下都市が存在するとは、誰も思わないですもんねぇ。

 で、その地下都市の内部がこちら。

resize0913.jpg 

 すいません、本当に写真がショボくて…。
 地下都市なんで、中はほのかな電灯以外は暗く、フラッシュを焚いて撮影しているため、どうも地下の洞窟内部っぽい感じがうまく出てません。
 でも、こんな洞窟のような部屋部屋が、地下8階までえんえんトンネルでつながって掘られてるわけですよ。
 当然昔は電気なんかありませんから、油を燃やして光を得ていたそうですが、窒息死しないように、ちゃんと地下最深部まで通じる通気口も掘られてます。
 天井が低く、かがんでいかないと中が通れないので、腰が痛くなりました(笑)。
 現在、地下5階までしか発掘復元作業が進んでおらず、地下8階まで全部到達できるのは、あと50年はかかるだろうとのこと。
 そのぐらいでかくて広い地下都市なんですねー!
 でも、敵に襲われてここに逃げ込んだ古代の人は、真っ暗だし心細かったでしょーねぇ…。

 さて、次はブログ主の日頃の行いの悪さが反映したのか、ちょっと悲しかった場所を…。
 下の写真は、「ローズ・バレー」という場所です。

resize0915.jpg 

 ここの岩、みんなちょっと赤っぽいのがわかりますか?
 見渡す限り、そんな独特な色をした奇岩が波打つこの場所は、これだけでも一見の価値はあるのですが、最大の見どころは、カッパドキアの夕暮れ、地平線の向こうに夕日が沈む瞬間にあります。
 夕日に照らされて、赤い岩がさらに輝きを増し、まるでバラの花のような深い紅色に染まるのです。
 それが「ローズ・バレー」という名前の由来でもあります。
 ブログ主はどうしてもその瞬間を目にしたくて、無理やりツアーの日程に入れてもらったのですが…。

 結果は超曇り…!(号泣)

 全然夕日が出てない上の写真、まさに夕方5時前くらいの、本当ならば沈む太陽に照らされた岩々が美しい影を隣の岩に投げかけ…という時間のハズなのですが、生憎の天気で全然希望は叶えられなかったのでした。
 うううー。
 ブログ主は比較的こーゆーヒキはいい方で、今まであまりハズしたことはなかったのですが、今回はダメでした!
 奇跡が起こることを祈っていたのですが…。
 残念。
 しょうがなく、後ろ髪を引かれる思いで、ローズ・バレーを後にしたブログ主でした。

 ところで今回は最初から最後まで一人旅だったのはお知らせの通りなわけですが、やはり旅先ではひとしお寂しさもつのるもの。
 そこで、ブログ主はそっと記念写真を撮ってみました…。

resize0919.jpg 

 ええ、自分の影クンといっしょに…。
 これが今回のトルコ旅行で唯一の自分との(?)記念写真です(寂)。
 なんだか影クンも写真を撮ってもらえて嬉しそうじゃないですか?
 …そうだと言ってくださいよぉぉおおお(号泣)。

 さて、先日記事で書きましたウフララ渓谷のハイキングコースの終点からちょっと行ったところに、シナソスの修道院跡という遺跡があります。
 ここも、先ほどご紹介したウチヒサルのように山がひとつ丸々遺跡になってる修道院跡なのですが、ウチヒサルは現在は危険なので中に入れないのに対し、こちらのシナソスの修道院跡は現在も中に入れます。
 外観はこんな感じ。

resize0910.jpg 

 わかりますか~?
 後ろの高い山が修道院跡です。
 ところどころ窓のような穴が明いてますが、その中が部屋になっていて、山全部が修道院跡になってます。
 で、息を切らして山を登っていけば、あの中まで入っていけるんです。
 せっかくなので登ってみまして、古代の修道士たちの気分を少しでも味わうべく、修道院の中から窓の外に向かって写真を撮ってみました。

resize0911.jpg 

 こんな風に見えるんですね、洞窟住居の中から外の世界は。
 古代の人の生活とその精神に大きな興味があるブログ主です(笑)。

 これはシナソスの修道院跡ではなく、ギョレメの洞窟教会にあったフレスコ画なんですが、こういう洞窟の内部がこんな絵で飾られているというのをお見せする意味で、一枚写真をアップしておきます~。

resize0929.jpg 

 12世紀ぐらいに描かれたフレスコ画だそうです。
 奥に、十字架にはり付けになったキリストが描かれてますね。
 あとは聖書の一場面や、天使、聖母マリアなどが題材になってます。
 とても1000年近く前のものとは思えない鮮やかさですね~。

 さて、こんなところでカッパドキア編は終了です。

 イスタンブールの写真を2、3枚お見せして今回の記事を終わりにしようと思います~。

resize0931.jpg 

 ここはイスタンブール最大の繁華街、イスティクラール大通り(だったよな?)の夜の賑わいです。
 日本でいえば銀座っぽいお洒落な街でして、両脇には最先端のファッションの店や、レストラン、ホテルが立ち並んでます。
 よく見ると、道路の真ん中に線路が走ってるのがわかりますか?
 ここを路面電車が走ってまして、この人混みをかきわけて深夜まで運行してます。
 一回50円くらいです。

 で、以前の旅行記に書いたトルコのスイーツ屋さんがこれ。

resize0934.jpg 

 すごい繁盛してました。
 イスタンブールでも一、二を争う人気店だそうです。
 お味については、以前の記事をご参照くださいませ~。
 もう一回食べたいなぁ(笑)。

 そして、イスティクラール大通りを一本裏に入ると、こんな味のある飲み屋街が広がってます。

resize0933.jpg 

 いい雰囲気ですよね(笑)。
 ああ、こうやって思い出していても、またあの路地を歩きたくなってきます。
 空気感がいいんです。

 それでは、トルコ旅行記も残すところ1回のみ。
 お付き合いありがとうございます~!

関連記事


Comments

お疲れさまでした 
長旅ご苦労さまでした。 途中で具合が悪いと書かれていたので心配になりましたが、ご無事で帰ってこれたようなのでほっとしました。 実は今、パソコンが故障していてちーけんさんがブログに載せている写真があまり見れない状態なんでちーけんさんの超面白い説明のみを楽しませていただきました。
百聞は一見になんとかという通り読んでいるうちに自分も行きたくなりました。
 
Re: お疲れさまでした 
おお、沙来さん、お久しぶりです~!
携帯でしか見れないという状況なのに、最近は写真入りの記事が多くてすいません~。
大学の夏休みは「これでもか!」というほど長いので、ぜひ一発海外に出てみることオススメします。
原油価格の低下で、航空運賃を超いい感じに下がってますし…って、そんななかで豚インフルエンザが大騒ぎになってしまって、気軽に海外行くのも一苦労になってきてしまいましたが。
ちょっとした臨時収入があったので、貯金という概念がないブログ主は、近々また海外に行ってやろうと虎視眈々と狙ってます。
うへへ、楽しみです(笑
 

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。