ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]深夜、自宅で勉強に励むガリ勉くんの目の前に現れた妖しい美青年の正体は…! 三尾じゅん太『うわさの王子様』より、『ベンキョーは後回し!』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-ガリ勉  特徴-触手もの  ●マ行-三尾じゅん太  
うわさの王子様 ( アクアコミックス) (アクアコミックス)うわさの王子様 ( アクアコミックス) (アクアコミックス)
(2009/04/11)
三尾 じゅん太

商品詳細を見る


 頭痛は一晩寝たらよくなりました。
 ご心配いただいた方、ありがとうございます(平伏)。
 今日は、春夏ものの洋服を買いにお出かけしてきましたが、お土産に買ったドーナツを自転車のカゴに置きっぱなしにしたのに気づき、いま慌てて自転車置き場に走ったらちゃんと残ってました。
 よかった(笑)。
 ドーナツ、ドーナツ、嬉しいな~♪
 夜ご飯食べた後に、おいしくいただく予定です。
 気に入った服も買えたし、いやーなんか充実した休日だった…!

 そんな気力をレビューに活かすということで、早速ですが新刊レビューを書かせていただこうと思います~。
 最近、BL小説の挿絵描きさんとしてよくお名前を拝見するマンガ家さん、三尾じゅん太先生の初コミックス『うわさの王子様』に掲載されていた短編マンガをご紹介させていただこうと思います…!

 …といいつつ、いつものことながら今回ご紹介するのは表題作ではなく、コミックスの一番最後に収録されている短編マンガ『ベンキョーは後回し!』です。
 三尾じゅん太先生のマンガは今回のコミックスで初めて読んだのですが、正直なところ、表題作含めてあまり“優等生受け”がお好きな作風とも見えず、本の最後でこのマンガが出てきて、ちょっと意外でした~。
 でも、この一作は素晴らしい“優等生受け”になっているのですよ…!
 というわけで、この『ベンキョーは後回し!』をご紹介させていただこうと思います。

 タイトルからしてガリ勉クンが登場する雰囲気満々の本作。
 主人公(受)の小田切直樹(おだぎり・なおき)は、まさにそんなタイプの高校生です。
 もう夜も更けている時間だというのに、学校から帰ってきたまま制服も着替えずに家で勉強してますよ(萌え)。

「炭素と水素で――よし正解」
「問3は…あれ? 間違ってる。ここ昨日もやったのになんで覚えられないかな…」


 そんなことを独り呟きつつ問題集の答え合わせをしている直樹でしたが、急に“変な視線”を感じて背筋に悪寒が走ります。

「ヒッ!」(ぞわっ)

(誰もいない…変な視線を感じたんだけどな…)

 でも、お勉強のほうが大事なので、そのまま机に向かい続ける直樹。

 ところが…!

 いきなり目の前に金髪碧眼で派手な格好をした妖しい美青年が登場し、驚いた直樹は「どんがらがっしゃーん!」という音を立てて、椅子から転げ落ちてしまいます。

「出たーーーーー!!!」

 てっきり幽霊かと思い、目の前の青年に大声を挙げてしまう直樹ですが、青年は「にこ♪」っとしながら、直樹に話しかけてくるのでした。

「初めまして」(微笑)

 なんと青年の正体は「インキュバス」だったのです…!
 …って、みなさん、インキュバスって言われてすぐにわかりますか?
 ここでの直樹の反応と、青年の返しが、とっても“優等生受け”視点では萌えるエピソードになってますので、ご紹介いたしましょう。
 青年に名乗られた直樹は、こんな反応を返します。

「インキュ…バス…って! 夢を使って人間を誘惑し、精気を吸い取るっていう…!?」

「そのとおりです(微笑)。さすがガリ勉さん♪」


 深夜、いきなり目の前にあらわれた若い男の姿に腰を抜かしつつ、しっかり自分の知識を思い出して答えちゃう直樹と、そんな姿を「さすがガリ勉♪」と褒めるインキュバス。
 なかなかBLでは「ガリ勉」という言葉が出てくることが少ないので、ブログ主はこのインキュバスのセリフを読んだだけで、ちょっとキュンとしてしまいました(笑)。
 すいません、常人と萌えツボが全然違くて。
 でも、「ああ、作者さんの頭の中でも、この直樹という受けキャラはちゃんと“ガリ勉”設定なんだ…”という裏付けをいただいたようなものなので、安心して“優等生受け”大好き視点からこのマンガを読めるようになるので、ブログ主的には大変重要なんですよ(笑)。

 で、さすがインキュバス(淫魔)だけあって、この青年、すんごく手が早い。

「私の名はリリス」

 そう名乗ると、直樹の顎を引きよせて、あっという間の早業でキスしてくるのです。

「ん ふ んっ」(ぷはっ)

 舌まで絡ませる濃厚なキスを仕掛けられた直樹は、突然のことにリリスのなすがまま。
 そんな直樹を見て、ここでまたリリスが萌える一言を言ってくれます。

「おやおや、なんと甘酸っぱい。もしかしてファースト・キスでしたか?」

 うふふふふはははは!!!!!
 そりゃ優等生なガリ勉クンですもの、ファースト・キスに決まってるはずですが、そんな分かり切ったことをわざわざ口に出して本人に確認する意地悪リリス、GJ(グッジョブ)!(笑)
 で、聞かれた直樹は悔しそうに頬を染めて、こんな風に返してますよ。

「最悪…うるさい、黙れ! お前に関係ないだろ!」

 恋愛方面の経験が少ないことを笑われるのを嫌がるのは、世界中の優等生に共通の性質らしいですよ、奥さん(笑)。
 プライド高いから、他人に嘲笑されることにそもそも慣れてないのが優等生というものですが、それが特に自分でも不得手だとわかってる恋愛方面だと、悔しさが倍増するんですね、きっと!
 この場面の直樹も、すんごく悔しそうで、でもキスに上気しちゃって「はぁはぁ」してるサマが、ブログ主の胸をとっても高鳴らせてくれます(笑)。

 そして、ここからが本作のクライマックス場面。
 もちろんリリスは、直樹から精気をいただこうとして下界に下りてきたわけですよ。
 リリスがパチンと指を弾くと、どこからか触手が「にゅるん」「びゅびゅっ」と飛び出してきて、制服姿のままの直樹を拘束すると、「ぴと♪」なんて音を立てて、全身を這い回り始めるのです。
 うーむ、“触手攻め”と“優等生受け”ってお互いにマイナージャンルすぎて、BLの世界でもなかなか出会うことがないわけですが、本作ではそれが幸福な邂逅を果たしてますな!(鼻息)

「ひっ! 嫌だっ、気持ち悪い!」

 直樹は触手から顔を背けて抵抗してますが、全身を触手に這い回られて、言葉とは裏腹、なぜか顔は真っ赤になってますよ(笑)。

「ん ん ふぅ」

「どうです? 気持ちよくて仕方ないでしょう? ほら、ご自分で確認してください。」(と言って、直樹の股間を指でつつくリリス)

「あっ」

「こんなにとろとろですよ」

「うるさい、触るな!」

 事がここに至っても、自分が気持ちよくなっちゃってることを認めない直樹。
 うーん、優等生ですね(笑)。
 でも、リリスに指でつつかれたモノは、すごく硬くなって涙を流してます(笑)。
 そして、そんな反抗的な直樹の姿を見て、リリスはここから“本気”を出していくんですねー。

「ふふ、面白い。特別可愛がってあげましょう」

 そう言うと、リリスはとても文章だと生々しくて書けないようなことを直樹にやってあげるんですね(笑)。
 このへんの詳細をお知りになりたい方は、ぜひコミックスで…(笑)。
 で、リリスに本気で攻められた直樹は、ついに陥落して、

「あ! あ ぁ あ あ っ!!」

 なんて声を挙げると、「びくびくっ」という擬音とともに自分のものを弾けさせてしまうんです。

 で!

 この「びくびくっ」の場面の直樹が、さっきまで反抗的だったのについに快楽に溺れて我を忘れた顔になっちゃってて、口の端からヨダレとか垂らしちゃうほどになってて、とても可愛いのです(笑)。
 なんだろう、半開きになった口の中から、真っ赤な舌が飛び出して「あっ」と声を挙げてる瞬間が描かれてるんですが、この赤い舌が(いや、もちろんモノクロページなんですが)とても印象的で、すごくイヤらしい絵になってるんです、この場面…。
 優等生の粘膜って、なんかイヤらしいですよね(笑)――って、べつに優等生じゃなくてもイヤらしいわけですが(笑)、普段お堅い優等生クンだと、そーゆー生物として生々しいところを見せられると、いつもとあまりに印象が違いすぎて、思わずドキッとしちゃうというか。
 この場面も、リリスに本気で攻められてそんなしどけない顔を見せちゃった直樹がすんごくエロいんです~(笑)。

 しかも…。

 この後、快楽に落ちつつある直樹を、リリスはさらに責めたてるのですが、直樹は意識を失いそうになりつつも、

「嫌だっ こんなことに屈するもんか――あっ」

 なんて、なんとか自分のプライドを保とうとするんですよ。
 そんな直樹を見て、リリスはこんな感想を洩らします――直樹の後孔をたっぷり攻めてあげながら。

「マジメですねぇ」

「あっ ひっ」

「少しは楽しんだらどうです? 人間とはこんな快楽、経験できませんよ」

「やっ んんっ!」


 そして最後、直樹は体中の穴という穴を触手のみなさんに塞がれて、「んんーっ」なんて声しか出せずにイカされてしまうという…。
 いやー、エロいですねぇ(笑)。

 というわけで本作は、主人公(受)がガリ勉、優等生という設定がとっても活かされたマンガになってまして、喘ぎ方から感じ方まで「マジメな優等生が快楽に落ちちゃう」という一点を描くことにマンガのすべてのパワーが集中してくれています。
 コミックスの後書きでも、三尾じゅん太先生ご自身がこう言われてます。

「直樹はとにかく地味にしたかったのですが…どうでしたか…!」
「地味な子が乱れると色っぽいってゆう感じをちゃんと描けてるでしょうか?!」


 できれば、直樹がガリ勉っぽく生半可な悪魔退散の呪文とか唱えるけど全然リリスに効かなくて逆に手籠めにされちゃって悔しくて涙を流すみたいな、“プライドをずたずたにされる優等生”的な場面があればなおよかったと思うんですが(笑)、三尾じゅん太先生の目標はちゃんと達成されているとブログ主は思いました…!
 あ、直樹の外見はもっと地味でよかったとも思いますが…!(笑)
 眼鏡黒髪というのはグッドなんですが、もっと女の子にモテないような感じのほうが個人的に好みでして…。
 てへっ。

 さて、最初に書いたとおり、今回の三尾じゅん太先生の初コミックスは、本作以外はあまり“優等生受け”な感じではありません。
 表題作の『うわさの王子様』だけは、ちょっと“平凡受け”テイストがありますけど…。
 学校で話題の“王子様”である先輩・高村光(攻)の、本当は全然王子様じゃなくて気が弱くて甘党でクールでもないし大人っぽくもない素顔を知ってしまった普通の高校生・杉本由宇(受)が主人公のお話で、ストーリーの中で、高村にキスされてビックリした由宇が、ちょっと泣きそうな笑顔でこんなセリフを言うシーンがあります。

「だめですよ、王子様が俺なんかに手を出したら」

 どーです、この“平凡受け”の神髄のようなセリフ…!
 しかもこのセリフを口にする由宇は、すごく悲しそうなんです。
 高村のヘタレな素顔を知ってしまって以来、由宇は密かに高村というヘタレな先輩に惹かれていたのおですが、その相手から突然キスされてしまい、そこで出てきたセリフがこれなんです。
 つまり、由宇はモテモテの高村が「軽い気持ち」で自分にキスしてきたと思ってるんですな!
 だから、悲しそうな笑顔で「俺なんかに手を出したら…」なんてことを言っちゃってるわけです。
 こうしてネジくれちゃった2人の関係がいったいどうなってしまうのか…というのが、この『うわさの王子様』というマンガのストーリーでして、外見はカッコイイのにじつはヘタレな高村先輩×気っ風のいい普通の男の子・由宇というこの組み合わせは、由宇があくまでも「俺なんか…」という姿勢を貫いてくれていることで、“優等生受け”大好きなブログ主の視点からも、なかなか楽しく読める一作になってました。

 あ、あとは『2人の記念日』というマンガも、ちょっとブログ主的に萌えるものがありましたね…!
 これは付き合って1年になる後輩攻め×先輩受けのカップルのお話でして、受けキャラの先輩がとっても綺麗な美人さん受けなんです。
 ところが、じつはこの2人、恋人になって1年になるのに、まだ一度もエッチしたことがないという…。
 美人な先輩が、この1周年記念日になんとか後輩をその気にさせようと、普段は高いプライドをかなぐりすてて頑張っちゃうというお話しです。
 すごく女王さまな感じなんですよ、この受けキャラが…。
 なのに、手を出してきてくれない後輩の恋人に焦れて、自分から迫っちゃうという。
 そのプライドを捨てて迫っちゃうようすがとっても本ブログ的にも萌える一作になってます。

 もう一段、ストーリーに深みが出るとさらにいいなぁと思う、まだまだこれからの作家さんだと思うんですが、要所で読者を惹きつけるツボの押さえ方は、十分に僕らの胸をキュンキュンさせてくれる力量をお持ちです。
 例えば、さっきご紹介した優等生・直樹の感じちゃう場面とか、あとは『うわさの王子様』で、先輩・高村が普通っ子・由宇の着替えを見てドキッとする場面があるんですが、その一連のシーンとか…。
 『2人の記念日』の美人な女王さま先輩キャラなんか、ルックスだけでかなりそそられるうえに、性格設定とかも相当魅力的なキャラになってますし。
 機会があれば、ぜひ読んでみていただきたいなぁと思うブログ主でありました。
関連記事


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。