ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]いつもは可愛くない真面目カタブツ眼鏡が、好きな相手の腕の中では恥ずかしい顔を見せて甘えちゃうよ! 桜遼『弟に恋したら』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  特徴-社会人  ●サ行-桜遼  
弟に恋したら (オークラコミックス)弟に恋したら (オークラコミックス)
(2009/03/12)
桜 遼

商品詳細を見る


 もっとBL小説のレビューを書きたいんですが、どうも最近グッとくるのがないんです。
 単にブログ主が読み逃してるだけでしょうか、イカした“優等生受け”BL小説を。

 そのかわりといってはなんですが、BLマンガのほうは“優等生受け”が花盛りです。
 前にも書きましたが、どの雑誌を見ても必ず1、2本はそれっぽいマンガが載ってるし、コミックスでも毎月何冊も“優等生受け”な感じのものが出てきます。
 いやー、いい時代。
 …来年の反動が怖いけど(笑)。

 というわけで、そんな最近の“優等生受け”BLマンガの中から、桜遼先生の『弟に恋したら』をご紹介しようと思います。
 これは短編集なんですが、収録作はすべて“優等生受け”テイストを備えてます。
 じつはこれまでこの作家さんはあまり興味がありませんでした。
 雑誌に掲載されたときには作品を拝見したことは何度かあったんですが、うーん、好みに合わないというか。
 なんか必ず“舞台”があるんですよ、ストーリーに。
 たとえばお医者さんものだったり、芸能界だったり。
 ブログ主は、そーゆー特殊な世界にお話作りを依存したタイプのマンガってどうも好きになれなくて…。
 ほら、そっちの世界を描くのに力が入り過ぎちゃって、肝心の“ラブ”がおざなりになっちゃう作家さんっているじゃないですか。
 桜遼先生のことは、大変申し訳ありませんが、そーゆー作家さんの一人だという認識で見ておりました。
 ちーけんはもっと普通の暗~いヤツがねちねちと悩んだり落ち込んだりしながら恋愛にはまっちゃうというお話が大好きなので(笑)、どうも進んで読んでみようという気にならなかったわけです。


 なのに今回は、なぜか本屋で見たときに「読んでみようかな~」という気になり、コミックスを初めて買わせていただきました。
 結果は…。
 なかなかよかったです~(笑)。
 もっともっと、登場人物のねちねちした心理描写が欲しいなぁとは思いましたが、素直に楽しめました。
 かなり胸もキュンキュンさせられたし。←これ重要
 載ってる作品全部が“優等生受け”テイストということもあり、大変満足してます。
 う~ん、これまで買ってこなかった桜遼先生の今までのコミックス、全部揃えてみるかなぁ(迷い中)。

 では、お話の紹介にまいりましょう!
 どのマンガをご紹介するか大いに迷うところですが、ここはやはり表題作ということで、『弟に恋したら』のストーリーをご紹介していこうと思います。

 さてそもそも、ブログ主がこのコミックスに惹かれた最大の理由は、いま考えてみると、この点に尽きます。

 普段は真面目で融通がきかないタイプの優等生が、好きな人の腕の中だけでは恥ずかしがりながら甘えちゃったりして、すげー可愛くなってるというお話しばかりなんです、このコミックスは。

 『弟に恋してる』も、その典型的なストーリーになってます。

 主人公(受)・山口雅人(やまぐち・まさと)は、眼鏡をかけていかにも真面目という風貌をしたしっかり者のサラリーマン。
 会社では、同僚や後輩のミスをさりげなくカバーしてあげたりする優しい先輩として通ってます。

 雅人には、両親の再婚でできた義弟がいました。
 モデルから活動範囲を広げ、今では超人気俳優へと登りつめた山口彰弘(やまぐち・あきひろ)です。
 10代のころ兄弟になった2人ですが、雅人がサラリーマンに、彰弘が芸能人になって独立した今でも、ちゃんと仲のいい兄弟として交流しています。

 ある日、仕事を終えて自宅に戻った雅人は、アパートのドアを開けると彰弘が部屋でくつろいでいるのを見て驚きます。
 人気俳優として分刻みのスケジュールで動いているはずの義弟がなぜ自分の部屋にいるのかと。
 話を聞くと、ドラマで共演したアイドルの売名行為にスキャンダルをでっち上げられ、実家にまでマスコミが殺到したせいで、雅人の部屋に避難してきたというのでした。
 困惑しつつ、実家の義母からも「少しの間でいいからかくまってあげてね」と頼まれた雅人はむげに断れず、彰弘を泊めてやることにします。

 ふう。
 こうしてストーリーをご紹介していても、マスコミに追われて逃げてきた芸能人が攻めキャラとか、ブログ主がもっとも嫌う設定なんですが(笑)、本作ではあまり鼻につきません。
 というのは、兄であり本作の受けキャラである雅人は、このカッコよすぎる義弟のことを、密かに好きなんです。
 自分の部屋に彰弘が泊まっていくことになったりしたら、雅人はとても平静でいられる自信がないので何とか義弟を追い返そうとするわけですが、その態度があくまでも「お兄ちゃん」ぶってる感じでとっても可愛く、あまり彰弘の芸能人設定とかが気にならないんですね(笑)。
 でも、

「お前! ハダカでウロウロするなよ!」

 とか、

「なんでマスコミに追いかけられたりしてるんだ!」

 とか、お小言っぽいことを彰弘にお兄ちゃんの顔をして言ったりしても、体格は違いすぎるし、そもそも超人気俳優である義弟のオーラに雅人は負けっ放しで、全部逆にやりこめられちゃうんです。
 お兄ちゃんぽく振る舞おうと頑張るけど、全部論破されちゃう優等生。
 えへへ、なかなかそそる設定だと思いませんか?(笑)

 ところが…。

 その夜、ようやく床に就いた雅人は、夢を見るんです。
 本当は好きで好きでたまらない義弟・彰弘が、同じベッドに潜り込んできて、自分のことを「好きだ」という都合のいい夢を――。

「俺はあんたのこと好きなのに、あんた、俺のこと避けてるだろ」

「だって。一緒にいると…意識するんだ。お前見てるとドキドキして…」

「――それ、俺にホレてるんだよ」

「――なんだ、そうなんだ…」


 そして、夢の中の義弟はそのまま自分を優しく抱きしめキスしてきたあげく、もっと激しいことまで試してきて――。

「あっ」

「気持ちい?」

「んっ…いい」

「ここ?」

「んっ、そこっ、彰弘っ」


 そこで「はっ!!」とした雅人は、ビックリして布団の中で目を覚まします。

(夢か――)

 あくまで彰弘は弟。
 兄弟でそんなことになってはいけないと強く思っているカタブツの雅人は、彰弘に抱きしめられたことが夢の中のことだったとわかって、ホッとします。

 いや、ホッとしたはずだったのですが――。

 なんだか雅人は布団の中で身動きができないことに気がつきます。

(――って、この腕はなんだ? う、うわっ!)

 そうなのです。
 雅人は、彰弘に同じ布団の中で抱きしめられて眠っていたのです。
 弟と同衾していたことを知り、パニックになる雅人。

「な、な、なんで! なんでここにいるんだ!」

「昨日泊まるって言ったろ?」

「――じゃなくて、なんでベッドの中にいるんだ!」

「ソファーで寝ようとしたら、毛布だけでやっぱ寒くてさ――」


 で、じつはこの押し問答、まだ布団の中で、雅人が彰弘に後ろからぎゅーぎゅー抱きしめられた形で続けられてます(笑)。
 体格のいい彰弘に全身で抱きしめられ、雅人は身体の向きを変えることもできずに、義弟の腕の中で真っ赤になっちゃってるんです。

 先ほども書きましたが…。
 この場面の雅人が超可愛い(笑)。
 ずっとお兄ちゃん顔してたのに、体格で負けてる義弟に抱っこされちゃって、身動きすらできずギューギューされちゃってるという。
 で、雅人は恥ずかしくて何とか抜け出そうとするんですがまったく許してもらえず、焦って焦って真っ赤になっちゃってるわけですよ。
 いやー、こーゆーのにブログ主は萌えるんです~(笑)。

 さーて、夢の中の出来事は、本当にあったのか?
 それとも、単に一緒のベッドで寝ていただけ?
 謎は深まるばかりですが、彰弘は一体何があったのか教えてくれなくて、雅人は焦って焦って会社でも仕事が手に着かず…。
 真面目なカタブツお兄ちゃんと超人気芸能人の義弟の関係は、いったいここからどっちに転がっていくのか! ――というところで、はい、あとはご自分でコミックスを買って結末をご覧くださいませ(笑)。

 …って、まあぶっちゃけ、もちろんハッピーエンドにこの2人まとまって終わるわけですが、初めて気持ちが通じたあとの最初のエッチ場面でも、カタブツお兄ちゃん・雅人の魅力(?)は大爆発してます。
 思いっきり恥ずかしい格好をさせられて義弟に喘がされながら、

「ゴメン…。好き…で、ゴメン…な」

 とか、必死で謝りながら彰弘にしがみついて可愛い声をあげちゃったりしてるんです(笑)。
 ま、真面目すぎだろ、雅人! という(笑)。
 本ブログ的にはかなりヨダレが垂れる場面です。

 また、続編として同時収録されている『兄には敵わない』というマンガでも、こんな場面が…。

「――ごめん、俺のほうが年上なのに、経験も少なくて…」

 義弟に“される”ばかりなことを気に病んだ雅人は、エッチの最中にこんなセリフで彰弘に謝るんです。
 どんだけウブなのかと(笑)。
 しかもこの後、そんな真面目でけなげな兄・雅人に我慢できなくなった彰弘が、超激しく雅人をベッドで抱いちゃうわけですが、そこではこんなセリフが飛び出します。

「ひゃっ…そこっ、やめっ…」

「ここだな」

「彰弘、やだっ、やっ…もう…出ちゃいそうだからっ…お願っ…」

「つらい?」

「平気っ …れより、お前はっ…気持ちいいっ…のかっ…?」


 こんな場面でも義弟を心配しちゃうお兄ちゃんLOVE(笑)。
 そりゃまあ、彰弘ならずとも雅人にはメロメロになってしまうだろうという!

 うん、やっぱりこうしてあらためて読み返してみても、大変キュンキュンするお話しになってますね~!
 とにかく義弟に抱かれると兄が可愛くなっちゃうというのが、ブログ主の超ツボです(笑)。
 巻末に収録されてるこの2人のおまけマンガもとってもその意味で可愛くて、大変満足させていただきましたよ!

 で、このコミックスには他にも“優等生受け”がたくさん詰まってるわけですが、最初に書いたとおり、どのお話しも、『弟に恋したら』の雅人のような、いつもはカタブツで真面目なのに、好きな相手の腕の中では可愛くなっちゃうという受けキャラが溢れてます。

 とくに、そのすぐ後に掲載されてる『寝ても覚めても』というマンガは、『弟に恋して』のサブキャラたちがカップルとして登場するストーリーでして、受けキャラがすんごく真面目でいっつも眉間にシワが寄ってるような敏腕マネージャーという設定なんです。
 そして、この受けキャラ・安藤とはずみで一夜を過ごしてしまった超女たらしのライバルマネージャー・高尾が主人公(攻)としてお話しが進んでいきます。

 安藤はいつでも眉間にシワが寄ってまして(笑)、担当するタレントにもいつもガミガミ怒ってます。
 もちろんそれはタレントのことを思ってのことで、タレントからもすごく好かれてる真面目なマネージャーなんですが、こーんないつもは可愛くないキャラが、高尾の腕の中ではまたまたまたまた可愛い顔を見せてくれるわけです。
 うーむ、桜遼先生、グッジョブ!(笑)

 ライバル同士で、しかもカタブツ真面目な安藤と女たらしの高尾という正反対の男2人がどうやってくっついてしまうのかは、これはご自分でコミックスを読んでいただきたいですが、2人がようやくまとまったあとに登場するエッチ場面での安藤の可愛さは、これもう異常ですから(笑)。

「じゃあ遠慮なく――」(と言ってエロそうな顔で腰を動かす高尾)

「ひゃっ…! 高尾さん、もうやめてくださいっ…! あんっ、たっ、高尾さんっ」

「んー?」

「実は前から…す…好き…です」(超赤面しながら)


 うは(笑)。
 エッチの最中に「本当は前から好きでした」なんて敬語で告白しちゃう優等生。
 なんでしょう、この破壊力は(笑)。

 し・か・も。

 このすぐ後の場面、エッチを終えてぐったりした安藤が、いつもの可愛げのなさはどこへやら、高尾のたくましい胸に甘えるように抱きついて、安心したような顔で寝てる場面が絵として描かれてるんですが…。
 この安藤が可愛すぎるんですぅぅうう(笑)。
 コミックス89ページの一番下のコマですよ!
 ブログ主は、ぐふっという効果音とともに、血を吐いて倒れて死ぬかと思いました。
 あんまり安藤が可愛すぎて(笑)。
 ぜひみなさんにも、この場面の安藤の可愛さをご堪能いただきたいところです…!

 他の収録作品も、同じような“優等生受け”の可愛さが爆発になってますが、ご紹介はこのへんにしておきましょう。
 うん、やっぱりいいですね、攻めキャラと受けキャラがラブラブしてるBLマンガは(笑)。
 今晩ももう一回、寝る前に読み返してから床に就こうと思います~。
関連記事


Comments

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。