ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[身辺雑記]本ブログについての情報公開その1――amazonアフィリエイトプログラムからの「紹介料」について


Category: BL雑記   Tags: ---
 せっかくの休日なのに、なんでこんなに時間がないのでしょうか(笑)。
 昨日の記事にも書きましたが、ちょっと友達に頼まれたことがあり、一日潰してました。
 しかもまだ終わってません。
 とほー(笑)。

 さて、そんな次第で、本のレビューは明日に回させていただいて、今日は何を書こうか迷ったんですが、あまり他のブログさんで見たことがない、こんな記事を書いてみようと思います。

 当ブログもそうなんですが、BL本を紹介するブログとかで、よくamazonにリンクを貼ってますよね。
 このブログの中のBL本紹介記事を見てみてください。
 BL本の表紙画像が出てますよね。
 例えばこんな感じ(本の意味はとくにありません・笑)

マルクス・エンゲルス 共産党宣言 (岩波文庫)マルクス・エンゲルス 共産党宣言 (岩波文庫)
(1971/01)
マルクスエンゲルス

商品詳細を見る


 これは別にブログ主が自分で撮影して載っけているわけではなく、世界最大の書籍販売サイトであるamazonの該当商品のページにリンクを貼って、そこに登録されている表紙画像を使わせてもらっているわけです。
 だから、本の画像をクリックしていただくと、amazonの販売ページに飛ばされてしまいます。

 そうすると、当然ながら疑問が湧いてきます。
 画像をタダで使わせて、amazonには一体何の得があるのかと――。

 じつは、ご存じの方も多いかとは思いますが、あれはただリンクを貼ってるだけじゃないんですね。
 ネットでよく聞く言葉ですが「アフィリエイト」と言いまして、例えばブログ主の運営してますこのブログ経由でamazonにたどり着いた人が本を買ってくれることを、amazonは狙ってるわけです。
 そのかわり、本の表紙画像なんかいくらでも貼ってちょうだいよ、ということになってるわけですよ(笑)。

 ブログ主は、紹介したい本の表紙の画像を合法的に、しかも自分で撮影する手間などをかけずに使わせてもらえると。
 amazonは、そのブログなどから飛んできたお客を捕まえることができると。
 お互いに利益が一致して、こういうことになってるわけです。

 で!

 「アフィリエイト」というのは、話はそこで終わりません。

 じつは、ブログ主の書いた記事からamazonに飛んだ人が本を購入すると、なんとブログ主に「紹介料」と称する現金が支払われる仕組みになっているのです。

 !!!!!

 なんという資本主義(笑)。

 というかですね、ブログ主の場合は正直なところ(そして多くのBL本紹介サイトのみなさんも同じだと思いますが)、本の表紙画像を現状で合法的に使えるのがこの方法しかないので、このamazonのアフィリエイトプログラムを利用しているのですが、じつは、みなさんこの紹介料を稼ぐのを目当てに、amazonのアフィリエイトプログラムを利用されている場合がほとんどです(笑)。

 ほら、例えばですね、ある芸能人のことを知りたいと思って、ヤフーとかで検索すると、たしかにその芸能人のことを書いてあるけど、何だか要領をえない、いったいこのページ何のために誰が作ったのかなというブログやサイトに行き着くことがあるじゃないですか。
 でもまあ読んでみるかと思って記事を読んでみると、たとえばその芸能人の人が出ているDVDや、歌ってるCDなんかの広告が出てて、「あ、これちょうど欲しかったんだ。買っちゃおう」とか思って、そのページ経由で商品を購入するときってありますよね。
 そうすると、「はい、毎度あり~!」ってなもんで、そのサイトの運営者には、DVDやCDの販売サイトから、先ほどのamazonの場合と同じように「紹介料」が支払われることになります。
 世の中の多くの人は、このバックマージン狙いで、アフィリエイトの契約をamazonや他の企業と結び、自分のブログやサイトで商品紹介にこれ務めるわけです。

 で、結局今回のこの記事の最終目的が何かといいますと…。

 もちろんブログ主にも、この1年間、amazonから「紹介料」が支払われてきました。
 それは、ここを訪れていただいたみなさんが、このブログ経由でamazonで買い物をしていただくことがあるようで、気がついたらご紹介した本が売れて、チャリーン♪とばかりにオゼゼをいただけることになってたものです。

 ぶっちゃけ…。

 ありがたや~(笑)。

 みなさんもご存じのとおり、このブログはホントに通っていただいている方の数が少ないので、(ブログ主がインタビューされた同人誌『腐男子にきく』の著者・吉本たいまつさんにも、インタビュー中に「え、それは少ないですね!」と驚かれました・笑)、もともとアフィリエイトでの紹介料なんかもらえるとも思っていませんでしたし、当たり前ですが別にそれ狙いでやってるわけではありませんが、BL本を買う助けになりますので、もちろんいただけるものは大変ありがたいわけです(笑)。

 世の中のブログやサイトを見渡すと、けっこうこうしてamazonのアフィリエイトプログラムを利用してるところは多いと思うのですが、ブログ主もこうして自分でブログを運営するようになるまでは、「あれってどのくらい儲かるものなのかしらん?」という興味を持って、サイトを眺めることがありました。
 で、実際に自分でやってみて、初めて実感として「ほほー、こんぐらいなんだ」というのがわかったわけです。

 なので今回は、本ブログのamazonからの「紹介料」について、ここを訪れていただいているみなさんにきっちり情報公開ならびにご報告をさせていただこうと思います!(笑)

 いやー、なんか嫌じゃないですか、こーゆーのを秘密にしとくの。
 思いがけずとはいえ、こんな「紹介料」なんかいただいちゃっているわけですし。
 せめて、きっちりと情報公開だけはさせていただこうというのが今回の趣旨です。

 で、まずですが、昨年2008年の第一四半期、1~3月についてですが…。

 本ブログを経由して売れた商品は、合計58点で総計46,590円でありました。
 これが「ちーけん書店」の売り上げということでして、「紹介料」として、ブログ主にはこの売り上げの約3.7%に当たる1,719円が支払われました。
 このパーセンテージについては、多く売れば売るほど高くなる仕組みになってまして、当たり前ですがブログ主の場合は最低ランクです。

 続けて08年の第二四半期、4~6月は…。

 合計79点で総計60,338円の売り上げがありました。
 前期より、点数は増えているのに、金額が落ちていることに気づかれている方もいらっしゃるかもしれませんが、前期はですね、売れたのは当然ながらほとんどがBL本だったのですが、なぜかその後にキッチン用の家電製品を買った方がいらっしゃるらしく、その一点だけどーんと金額が大きい売り上げがあり、こういうことになりました。
 この期は、ほぼ全部がBL本だったので、点数の割には前期より金額で下回ったわけです。
 で、ブログ主がいただいた「紹介料」は、2,459円でした。
 点数が増えたからでしょうか、それとも前期からの累積なのでしょうか、「紹介料」のパーセンテージが少しアップして、この期は売り上げの約4%ほどをいただけることになってました。

 さらに続けて08年第三四半期となる7~9月は…。

 この頃から忙しくてブログの更新が滞りがちになったころでしたが、それを反映してか、売り上げ点数はやや減りまして合計58点、金額は総計で49,928円となりました。
 ブログ主がいただいた「紹介料」は、2,014円となりました。

 そして直近となります08年第四四半期、10~12月は…。

 点数は前期と同じく合計58点で金額は総計52,924円となりました。
 「紹介料」は、1,985円となります。

 ということはですよ…。
 昨年一年間で、ブログ主がいただいた「紹介料」の合計は、8,177円ということになりますね!

 えー、この具体的な数字を見て、みなさま感想いかがでしょうか。
 たぶんブログ主だったら、自分が通ってるサイトやブログの人が、こんなアフィリエイトなんてプログラムで年間数千円も稼いでやがったら、ちょっと腹が立つと思います(笑)。
 なんかブログを訪れる人を利用してるみたいで…てか、その通りなんですけれどね(苦笑)。

 さてこのamazonからの「紹介料」は、現金で銀行口座に振り込んでもらうか、もしくはそのままamazonでのお買い物に使うかを二者択一で選べるのですが、もちろんブログ主はすべてBL本の購入に使わせていただきました(笑)。
 ありがとうございます~。
 BL小説やコミックスに換算すると11冊くらいですかね?
 当ブログのレビュー素材購入にありがたく役立たせていただいてます。

 さて、以上の非常に赤裸々なリポートを見ていただいて、みなさん高いと思うか安いと思うかいくらでしょうか。
 ぶっちゃけ、これはすごくamazonが得をする契約になってまして、なぜかといえば、普通の街の本屋さんや、それから雑誌を販売しているコンビニ、ああいうところは、本を一冊売ると、だいたい2割強程度が本屋さんの収入になるように、今の出版界はなってるそうです。
 ブログ主の「紹介料」は、約4%程度。
 つまり、amazonから見ると、ブログ主は“すっごく安く使えるネット書店”になるわけですね。
 リアル書店で売られたら、その5倍以上の2割強が本屋さんの取り分になるのにくらべ、ブログ主のようなネットのアフィリエイターには、4%程度しか払わないでいいわけですから。
 しかも、実際の本の流通には、出版社と書店のあいだに、日販やトーハンといった「出版取次」といわれる問屋が入ってきて、そこの取り分も発生するわけですが、たぶんamazonは出版社と直接取引になっていると思います。
 その分も丸儲けですね。
 しかも、知り合いが出版社を作って、amazonに「ウチの本を売ってもらうにはどうしたら…」と聞きに行ったら、出版社の取り分は●●%で…とすごい数字を言われたそうです。
 もちろん、「え、それしかくれないの?」的な意味で(笑)。
 なので、amazonは相当丸儲けだと思います!
 別に悪いとは言いませんけど、悪いとは(笑)。

 というわけで、ブログ主はブログ主で、なんだかamazonを丸儲けさせるためにこのレビュー記事を書いているような感じにもなってまして、もしこんな仕組みを使わないでいいのなら、使わないほうがよっぽど気が楽です。
 でも、本の表紙画像を合法的に、かつこれほど自分の手間をかけずに利用する方法が、現状では他にないんですよね。
 歯がゆいなぁ。
 というわけで、せめてもの罪滅ぼし(?)に、以上、昨年の本ブログでのamazonアフィリエイトの実績を赤裸々に告白させていただきました。

 この記事読んで、「そんな仕組み知らなかった! お前のブログ経由で本買うとそんなことになるのか!」とお怒りの方もいらっしゃるかと思いますが、そうでない方も含めて、本ブログでは全然このブログ経由で本を買っていただくことを推奨してませんので、どうぞお気遣いなくご自由に…。
 …って、こんなこと書くと、amazonから注意されたりするのかな(笑)。
関連記事


Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。