ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[BL雑記]店員さんの応対の気持ちよさから見た、東京“腐向け”書店ミシュラン(その2)


Category: BL雑記   Tags: ---
 昨日アップしました「“腐向け”書店ミシュラン」記事が、思いつきで書いたわりには、非常に拍手をたくさんいただき、好評(?)にびっくりしてます(笑)。
 というわけで、早速第二回。

 今日は、とらのあな池袋店を中心に、腐向け書店の接客態度について考えていきたいと思います!

 まず基本的に言えば、とらのあな池袋店は非常にオススメの書店です。
 池袋乙女ロード近くという好立地で、4階建ての広い売り場に、1階が雑誌&BL本、2階が商業コミックス、3階が男性向け同人誌、4階が男性向け商業誌という堂々の店構え。
 本ブログ的にいちばん重要である、腐向け商材についていえば、商業誌も同人誌も品揃えは大変充実しており、また高岡書店と同じく、商業誌については一般の書店より数日早く売り始める“早売り”がおこなわれているので、書店としての実用性もとても高いです。
 ブログ主も大変よく利用しています。

 なのに、なーのーに♪

 なぜかブログ主は「俺はとらのあなの大ファンです!」と言いたい気持ちになれないんですー(笑)。

 えー、それでは、ブログ主が実体験したとらのあなでの“しょぼーん”な体験談をいくつかご紹介していきましょう…。
 たぶん、またもや重箱の隅をつつくような細かい話が連続します。
 うーん、なんかこんなのばっか書いてると、ブログ主って嫌なヤツと思われそうで怖いんですが!(笑)
 ま、いっか!

・レジ前で順番待ち編
 ある日のこと…。
 ブログ主はBL本を抱えて、とらのあな池袋店1階レジのお客の列に並んでいました。
 利用している人はご存じかと思いますが、あそこのレジの前には、「この線の手前でお待ちください」みたいなラインが引いてあるんですよね。
 大人しくそこで順番を待っていたブログ主は、前の人のお会計が済んだので空いたレジに向けて一歩踏み出しました。
 ところが…!
 レジの中の店員さんからビシッと一言!

「すいません、そこでお待ちいただけますか!」

 なんだか前のお客さんの品物の伝票かなんかを処理していたみたいで、それが終わってないからレジに来るなということなのですが、まあ別にこれくらいでブログ主も怒りはしません。
 ちょっとムカついたのは、ようやく店員さんの作業が済んだのか、その後でブログ主に発せられた次の一言ですよ。

「お待ちでしたらどうぞー」

 見りゃわかるだろ、さっきから待ってるよ!!!!!!!!! という(笑)。
 なんでしょうねぇ、接客マニュアルで、待ってるお客にはそう言えってことになってるんですかね!
 これが昨日も書きましたが、機械的というか、心のこもってない接客例その1です(笑)。

 さあ、さらに重箱の隅をつつきまくりますよ!

・領収書の但し書き編
 これは仕事で使う雑誌をとらのあなで購入したときのこと。

「すいません、領収書お願いします」

「お宛名はどうしますか」

「○○○でお願いします」

「但し書きはどうされますか?」

「『本代』でお願いします」

「……『書籍代』でよろしいですか」

「え、いや、べつにいいですけど…」

 じゃあ最初から聞くなよという(笑)。
 このやり取りは何回か体験しましたが、なんでしょう、あの店には「本代」はダメ、「書籍代」じゃないとダメという規則でもあるんでしょうか。
 でも、客の答えを否定するくらいなら、最初から訊かないでほしいですよねぇ(笑)。
 ジョリジョリと神経を逆なでされた出来事でした!

・お札を数えよう編
 これも何度か体験したお話し。
 支払いに一万円札を出すと、どこのお店でも、お釣りを店員さんが「一千、二千、三千、四千…」とお客の目の前で数えてから渡すことがありますよね。
 とらのあなももちろんそうです。
 でも…。
 とらのあなでは、これも何かマニュアルがあるのか、なぜか2度お札を数えるんですよ~。
 店員さんが、レジからお札の千円札の束を取り出します。
 そしてまず自分のために(?)「一千、二千…」と数えるんですよ。
 そうすると、当然こちら客の立場としては、お札を数え終わったときに、お札を渡してもらえるもんだと思って、「ハイ!」とばかりに手を差し出すじゃないですか。

 すると…。

 なんと今度は、店員さんはお客さんのためにもう一度お札を数え始めるんです。
 「ご確認お願いします」と言って、「一千、二千…」と。
 当然、客が差し出した手は宙ぶらりんです(笑)。
 俺のこの差し出した手をどうしてくれるんだと(笑)。

 えー、このお話しはですね、べつに二度数えるのがダメだというお話しではないんですよ!
 客が「もうそれでいいよ~」ということで手を出してるんだから、もっと臨機応変に対応して、二度目のお札数えを省略してそのままお釣りを渡しちゃうなり、「あ、すいませんが念のためもう一度数えさせていただきますね」と断りを入れて数えるなりしてくれればいいのにという話です(笑)。
 客の手をぶらんぶらんさせるなと。
 もっと1人の人間として、自分の頭で考えて、相手のことを思って接客してくれよと。

 またですね、客の手が行き所をなくして宙をさまよっているのにもかかわらず、店員さんがやる二度目のお札数えが「俺は間違ってない!」オーラがビシビシというか、「これが規則ですから!」という雰囲気が充満してるというか、とてもとても慇懃無礼なんですね~(笑)。
 いやー、自分で書いててなんてイヤミなことばかり書いてるんだろうと嫌な気持ちになってきましたが、この木で鼻をくくったような対応というか、杓子定規というか、とらのあなの接客は大変申し訳ないのですが、いつもこんな感じです。
 たまーに、気持ちのいい人ももちろんいるんですけどね…。
 うーん、もうぶっちゃけ書いてしまいますが、とらのあなのレジの人の対応は、「そんなに俺の接客するのが嫌なのか!」と聞きたくなるくらい、なんだかこちらの神経が逆なでされます(笑)。
 なんでだろうなぁ。
 ほんとはもっと書きたい実例がいくらでもありますがこのへんで。

 ぜひ一度、みなさんも機会があれば体験してみていただきたいものです。

 さて、同じ池袋乙女ロード近辺の腐向け書店とはいえ、まんがの森池袋店の接客態度は、これよりはずっといい感じです。
 高岡書店にはかないませんが、人情味ある対応ぶりが出てくることもしばしば。
 
 …というところで今宵も更けてまいりました。
 続きは次回にさせていただきとう存じます…(古)。

 今日は仕事がいっぱいで帰宅がもっと遅いはずでしたが、出社してみたら予定変更の連続で、すべて明日に持ち越しになってしまいました。
 なので、こんな早い時間の更新となりました。
 金曜の更新はレビューを書きたいので、好評連載(笑)“腐向け”書店ミシュランの次回は、少し後に…。

 それではみなさまごきげんよう~。

 
関連記事


Comments

 
兄めいと吉祥寺は、以前よりかなり改善されましたが
「こいつにだけはあたりたくない」と思わせる男性店員さんがいてはります。
オタク書店なのに、あからさまに「何こんな本買ってんだよ」態度というか・・・。
ここでしか買えんから来とんじゃ!
といいそうになるときが・・・。
ものすごい棒読みですし。
こういう方に限って長期勤務。
でも女性店員さんはおおむね感じいい、かな?
ネット通販もいいのですが、やっぱり実物手にとりたいです~
 
大阪では・・・と言うか私の中では 
接客の点からいうと・・・東京にはありませんがリブレットがオススメです。
お店自体が手作り感一杯で、コミコミとかに近い雰囲気がありますね。
何冊か同人誌を手に持ってぼーっとしていたら、「こちらどうぞ」と買い物カゴを差し出してくれたのはあの店だけですから(笑)
最近は研修中の新人さんが多いので、多少棒読みのマニュアル化してきてますが、古参っぽいスタッフの方は非常に感じが良いです。

探しものに対しても、非常に素早く笑顔で対応してくれますヨ。
以前「窮鼠はチーズの夢を見る」のタイトルが出てこずに、「えーーっとチーズのなんとかーっていう漫画・・・」と私がアホの子のように悩んでいると、レジ内から売場のスタッフに「●●さーん、チーズ持ってきてー!」と非常に声高らかに指示されてました(;´∀`)

また腰乃さんのコミックスが品切れだった時も、「そーなんですよねえ、すごい人気でびっくりしました~」などと、結構普通に会話してしまう雰囲気なのです(笑)
なので先月に店舗移転された際も、いつもいらっしゃるスタッフさんに「見やすくなりましたね♪」と思わず話しかけてしまいました。
そういうお店なんで、私の中ではリブレットは別格なんです。
大阪にいらっしゃる方には必ず薦めてます♪

まあ、その他の店はどっこいどっこいと言った感じでしょうか。
 
Re: タイトルなし 
ひなたさん、こんにちは!
アニメイト吉祥寺店情報ありがとうございます(笑)。
もう何年も行ってないなぁ、吉祥寺店。

> 兄めいと吉祥寺は、以前よりかなり改善されましたが
> 「こいつにだけはあたりたくない」と思わせる男性店員さんがいてはります。
> オタク書店なのに、あからさまに「何こんな本買ってんだよ」態度というか・・・。
> ここでしか買えんから来とんじゃ!
> といいそうになるときが・・・。
> ものすごい棒読みですし。

でも、どんな店員さんなのか、目に浮かぶようです(笑
なぜかわかりませんが、腐書店の店員さんって、どこも似てますよね。
「ものすごい棒読み」って、いやー、わかりますよ(笑
ほんとになんでみんなあんなに棒読みなんだろといつも思ってます!
 
Re: 大阪では・・・と言うか私の中では 
乱菊アニキ、こんにちは!
いやいや、いつ何時大阪で腐向け本を漁る日が来るかわかりませんから、貴重な情報をありがとうございます(笑)。

でも、単なるイメージですが、大阪の書店のほうが、東京より暖かそうですよね。
お互いに気軽に声かけそうだし。
東京の書店だと、お客が店員に声をかけるって、ほとんど見たことないもんなぁ。
というわけで、結論としては、店員に積極的に話しかける乱菊アニキがエライということになりました(笑)。
前も書いたことがある気がしますが、一度大阪に出張にいったときに、とらのあなとかリブレット、行ってみようと思って近くまで行ったんですが、地図をちゃんと用意していなかったんで、発見できませんでした…。
一度は見てみたいぜ、大阪の腐向け書店!

あ、「腐男子にきく」もお読みいただいたそうでありがとうございますm(_ _)m
てか、アニキはそれをどこから入手されたんで??
明日はインテですね!
いい本に出会えるようにお祈りしております~。

> 接客の点からいうと・・・東京にはありませんがリブレットがオススメです。
> お店自体が手作り感一杯で、コミコミとかに近い雰囲気がありますね。
> 何冊か同人誌を手に持ってぼーっとしていたら、「こちらどうぞ」と買い物カゴを差し出してくれたのはあの店だけですから(笑)
> 最近は研修中の新人さんが多いので、多少棒読みのマニュアル化してきてますが、古参っぽいスタッフの方は非常に感じが良いです。
>
> 探しものに対しても、非常に素早く笑顔で対応してくれますヨ。
> 以前「窮鼠はチーズの夢を見る」のタイトルが出てこずに、「えーーっとチーズのなんとかーっていう漫画・・・」と私がアホの子のように悩んでいると、レジ内から売場のスタッフに「●●さーん、チーズ持ってきてー!」と非常に声高らかに指示されてました(;´∀`)
>
> また腰乃さんのコミックスが品切れだった時も、「そーなんですよねえ、すごい人気でびっくりしました~」などと、結構普通に会話してしまう雰囲気なのです(笑)
> なので先月に店舗移転された際も、いつもいらっしゃるスタッフさんに「見やすくなりましたね♪」と思わず話しかけてしまいました。
> そういうお店なんで、私の中ではリブレットは別格なんです。
> 大阪にいらっしゃる方には必ず薦めてます♪
>
> まあ、その他の店はどっこいどっこいと言った感じでしょうか。
 
 
腐男子本はヤフオクでゲットしましたー。
多分たいまつさんところで落札したんだと思います。
オクにも出すって書かれてましたもんね。
「あ、ホントだ。ちーけんさん同い年(笑)」などと思いつつ、履歴書拝見させていただきましたよ( ´ー`)

そうですね~、なんだか最近、声をかけることが多くなってきたような・・・気がしなくもないデス。
インテでは日の出ハイムさんともちょこっとお話させていただきました!
基本的にワタクシすぐに大告白してしまうので、相手さんは常に恐縮されてしまうのですが(;´∀`)ハハ
昔はこんなじゃなかったのですが、年齢とともに話しかける率が高まってくる今日この頃。

ハッ!
こ、これは大阪のオバチャンになりつつあるということ?!
 
Re: タイトルなし 
いやー、じつはコミケ当日にですね、吉本たいまつさんのところに本をいただきに伺ったのですが、美人の女性と吉本たいまつさんが話し込んでいらっしゃったので、遠慮して近くで少し待ってたんです。
女性が挨拶して他へ行かれたので、よし今だと思ってたいまつさんにご挨拶に行ったら、「いま古街キッカ先生がいらっしゃってて…」と!

ここで行動力のある人間なら、すぐに古街先生に声をおかけしてお話させていただくんでしょうが、もちろんブログ主はヘタレ中のヘタレなので、そんなことは一秒も考えませんでした(笑)。

いやー、なんか遠慮しちゃいますよねぇ…。

その点、乱菊アニキは素晴らしいパワーを発揮されているようで、めちゃくちゃうらやましいです(笑)。
よく考えれば、せっかくの御縁なんだから、声くらいおかけしないと損損って感じなんですけどね。
でも、コミケでスペースを回っていると、本で見た作者似顔絵そっくりな方が座っていて、びっくりすることがありますね(笑)。
今年も何人かいらっしゃいました。
女性男性ふくめて。
もう見た瞬間、「あ、ご本人がいらっしゃってる!」とわかってしまうという(笑)。
それだったらまだ声もかけやすいんですけどね~。

それでは年女年男同士、今年も頑張ってまいりましょう(笑)。
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。