ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]腐男子はつらいよ(1)・男子専用BL書店を作ってほしいな


Category: 腐男子はつらいよ   Tags: ---

 すでに腐男子歴はウン年の長きにわたるti-kenですが、初めてBL本を買ったその日から、ずーっっと苦労してきたのが、“どこでBL本を買うか”でした。

 初めてBL本を新刊書店で買ったのは、たしか五百香ノエルさんの『神様はイジワルじゃない』だったと思うんですが、当時行っていた学校の近くだった関係もあり、東京・神保町の某書店で買いました。

 もう買う時はドキドキでした。
 生まれて初めて(普通の)エロ本を買ったのは(ちなみに『ペンギンクラブ』)、初BL本購入よりもっと前、ti-kenが高校1年生のときでしたが、どっちが緊張したかといえば、BL本を買ったときのほうが100倍緊張しました
 まわりの女性客に変に思われてないかなとか、レジのおばちゃんにも「変な客」と思われてないかなとか、ぐるんぐるん考えて。

 そう、男がBL本を買う時は、とにかく人目が気になるのです。

 まわりの客が男ばっかりだったら気は楽ですが(そもそもBL本自体を知らない男のほうが多いから)、女性客だと大変です。BL本にこちらが手を伸ばそうものなら、キッと視線を向けられますし。
 気のせいでしょうか(笑)。
 でも、男がBL本の棚の前にいると、女性客の5割くらいはどっか行っちゃったりして、「ああ、変なヤツが来たと思われてる~」とこちらは内心ブルーになってます。

 しかも困ったことに、この本屋の店頭での状況は、年々悪化の一途をたどっているようです。
 BL本が出始めたばかりのころは、BL本を買おうと東京・神保町の書泉ブックマート4階をうろついている腐男子のことは、まだ女性客も見て見ぬふりと言うか、どちらかというと“触らぬ神に祟りなし”的な感じの対応が多かったのですが、BLが出版界で市民権を得はじめた最近は、友だちと2人連れ、3人連れでBL本を買いに来ているような腐女子のみなさまも多く、こういうみなさまは結構露骨に攻撃してくるんですよ~。

腐女子A「この前さ~、○○さんの新刊買いに行ったら、先に男が立ち読みしててさ~、邪魔だから後ろからぶつかってどけてやったよ(笑)。男が読むなよなぁって感じ」
腐女子B(横のいるti-kenを気遣ってくれたのか)「あ、あ、そうなんだ。でも、あの本、ストーリーが……」(と話題を変えてくれた感じ)

 これは某大手新刊書店で実際にti-kenが聞こえよがしにカマされた腐女子同士の会話の一コマですが、最近はこういう感じのことがホントに増えました。
 いま必死で思い出しましたが、BL本関係の書店で、やさしくされたのは1度きりです。
 新宿にある女性向け新刊同人誌専門店ア●ンに勇気を振り絞ってオリジナルBL同人誌を買いに行った時のこと。
 店のオジサンは「またぜひ来てください」と声をかけてくれました…。
 あのご恩は一生忘れません…(感涙)。
 じつはその後はやっぱり行きにくくて伺ってないので、本当に申し訳ないんですが。

 どこかに我々にやさしい腐女子はいないのでしょうか。
 きっと、さっきの腐女子Bさんはti-kenを助けてくれた功徳で、死んだ時にお迎えが来て天界へと迎えられ、そこでなんとどんなヤオイでも見せてやるから、生きてる時に見たいと思って叶わなかったカップリングを言えと言われて、亀梨×赤西の“J禁ヤオイ”を見せてもらえるという恩恵に預かって、嬉し泣きできると思います。

 でも、Aさんは地獄に落ちて、動けなくされて目も閉じられないようにされたうえで、目の前で、三途の川の渡し守の爺さん(76歳)×血の池地獄の番人の赤鬼(58歳)の超生々しいヤオイというか熟男プレイを見続けさせられるという罰を与えられればいいと思います。
 ……Aさんが親父受け好きだったら、困りますが。

 でも、こんな話をみんなで広めれば、腐男子にやさしいBL本書店の女性客もどしどし生まれてくるのではないでしょうか!
 だめですか。

 でもそりゃ腐女子のみなさまの気持ちもわかります。
 誰がつけたか知りませんが、BL本=女性向けということになっていて、その女性向けのはずのBL本を買いに来たら、男が棚の前に陣取っているんですから。
 たしかにBL本を買う男性客の中には、マナーが悪いのも多いのです。
 でも、ほとんどは善良なBL好き(のはず)。
 そんなに邪険にしなくても…。
 何も女性客に悪いことはしてないじゃん…。
 てゆーか、あなたが買うその本の中で組んずほぐれつしてるのは俺たちの仲間なんですよ…。
 そんな思いが去来します。

 突き詰めるとこういうことでしょうか。
“男×男”は大好き。
 でも、“男×男を好きな男”は嫌い。なんか不合理な気がするんですが…。

 まあいくらこんなことを言いましても、女性客のみなさまが生理的に腐男子客のことを嫌であるのならば、永久に和解の日は来ないでありましょう。
 そうすると、もうこれはパレスチナのガザ地区のように両者を分離するしかありません。

 で、提案なんですが、新宿か池袋あたりに「男性向け“女性向けBL本”専門店」(ややこしい)を誰か作っていただけないものでしょうか。
 けっこう流行ると思うんですが(笑)。

 昔、『マネーの虎』という番組がまだあったころ、誰か上のプランを持ってテレビに出て見事資金をゲットしてくれないかなと思ってました。
 当然そんな人はいませんでしたけれど。
 ホントにそうなるといいなぁと思うのは、神保町の高岡書店などのように、「女性専用時間帯」とか設ける書店が出てきたからです。
 嫌な時代です。

 ti-kenは、ふつうのエロ本(とくにロリ)も好きで、たまに買いに行きますが、最近はいわゆる男性向けエロ本売り場を闊歩する女性客も増えました。いいことです。
 もっと相互交流しないといけません。
 男性向けと女性向けは。

 男性専用BL新刊書店が無理ならば、月に一度、いや年に一度でもいいから、まんだらけやK-BOOKSやまんがの森やとらのあなや書泉ブックマートが、「男性専用デー」を作って、女性客の目を気にせずにBL本を買える環境を作ってほしいものです。
 夢というか妄想ですけれど(笑)。
関連記事


Comments

 
はじめまして、こんばんは。通りすがりの腐女子です。ある本のレビューを求めてこちらに辿り着きました。

私個人はBL本売場に男性がいても気になりません。
どうしても男性の目が気になってしまう人の気持ちは分かりますが(レジの人が男性だとやはり気が引けます)、腐女子Aさんみたいに攻撃的になる人の気持ちは分かりかねます。
好きな同士仲良くすりゃいーじゃん、なんて思ってます。

お店の方も「男性向け」「女性向け」という呼称をなるべく使わないでくれると、少しは買いやすくなると思うのですが・・

男性専用時間帯、あるいはそういうお店ができたら面白いですね。売れている本の傾向が微妙に違ってたりして(笑)なんにせよ気兼ねなく買える場所が増えるといいですね。

長文失礼いたしました。
 
 
 コメントありがとうございます。ブログを初めて1週間、初めていただいたコメントなので嬉しいですw

 最近は、amazonなんかもあるので、無理に書店に行かなくても買おうと思えば買えるんですが、やっぱり実際に見て買わないと中身もわからないし、ついつい書店まで足を伸ばしてしまいます。

>私個人はBL本売場に男性がいても気になりません。

 そう言われると、こっちが気にしすぎてるせいなのかなと思うんですけれど、実際どうなのかなぁ。他の腐男子はどうしてるんだろ…。

>男性専用時間帯、あるいはそういうお店ができたら面白いですね。売れている本の傾向が微妙に違ってたりして(笑)

 その視点は気づきませんでした! たしかに腐女子のみなさまと腐男子とで、売れ筋って違うのかもしれないですね。意外に、そんなには違わないのかなぁ。とらのあなとかまんがの森のPOSデータをぜひ見てみたいですね。知りたい~。

 
 
はじめまして
高永さんの「きみ恋」シリーズのレビューを求めて彷徨っていて、ここを読みました。
何か、お気の毒・・・と思ってしまって・・・
私は男性がBL好きでも偏見ありません。
なぜって、その昔・・・
初心な乙女だった私にBLの存在を教えてくれたのが、男性でした。
ノンケのくせに自らもBLマンガを描くような人でした。彼が描くのはプラトニックなものでしたが。
BL本は女でも買い難い本です。
私「オバサン」なので、高校生の女の子がたむろする中、BLに手を伸ばすのは躊躇われます。
好きなものなら、もっと堂々としていたいですよね。

 
 
わーい、コメントありがとうございます!
本当は僕も堂々と買いたいんですけれど、不思議ですよね、そうできないんですよね…。
自分がBLを大好きなだけに、それを買おうとして他者から「あの人何なの~?」という目で見られると、それだけ深い傷を心に負ってしまうんでしょうか(^^;
でも、女性でも買いにくいことなんてあるとは、コメントを拝見して初めて気付きました。
たしかに自分のことで考えても、服買うときでも、10代の子がいっぱいの若者向けの店は入りにくいです(笑)。
昔はオタクの世界は、その中に入ってしまえば「みんな仲間!」とゆーぬるま湯的な世界でしたが、最近はその中でも格差があるんですよねー。

BLを男性から教えられる、なんてことがあるとは、これも初めて知りました!
そーゆー人が描かれるBLマンガって、ちょっと見てみたい気がします(笑)。
どーゆーマンガを描かれてたんでしょう…。

もしまたお気が向かれた際には、こんな弱小ブログですが、ぜひぜひお寄りください。
楽しみにお待ちしてまーす(^^)
 
ひどいですね 
なにもそんな態度をとることないですよね。たとえ気に障ることがあったんだとしても、それを態度にだすのは失礼だし、何よりこっちは傷つきますよ。 同じ趣味をもってる男の人がいたら、私は単純にうれしいなと思うので男のくせにとか非難したりはしないです。 特殊なジャンルなので男の人には敬遠されがちだから余計にそう思います。 BL好きな男の人、全然嫌いじゃないですよ。 ひけめを感じることないです。私はちーけんさんみたいにBL好きな人と結婚したら、夫婦でいろいろ語り合えて毎日楽しく暮らせ るかも、と密かに思ってたりします。
 
 
沙来さん、こんにちは~。

そう言われると、たしかにエロマンガ好きの女子とだったら結婚して楽しく暮らせるかもとゆー気がしてきました!←なんか違う

書店では、いちおうこちらも気を遣って、女性がBL本を立ち読みしてるところとかは、お邪魔にならないようにそっと近づいてるんですけどね~(笑)。
人によっては、やっぱり腐男子がBL本コーナーに近づくだけで、ささっと消えていく方も本当に多いので、こちらも申し訳ないなぁと思ってるんですが…。

沙来さんの高校でも、探せば絶対に腐男子は1人くらいいると思うんですけれど、いかがでしょうかw
といっても、自分の学生時代を振り返っても、絶対に見分ける方法とかないからなぁw
でも、夫婦でBL好きだったりすると、どちらも家に帰って来るなり、もくもくとその日の”戦利品”を読みあさるだけの会話のない夫婦になりそうな気もします。
世の中に、夫婦でBL好きって人はいるんですかねぇ?
あんまり聞いたこと無いなぁ。
いたらマンガのネタになりそうですねw
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。