ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]優等生受けが半分以上収められたお得な1冊…表題作は、“デキる先輩サラリーマン”を押し倒しちゃうワンコ後輩! いさか十五郎『アメトムチ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-エリート  特徴-年下攻め  特徴-社会人  ●ア行-いさか十五郎  
アメトムチ (ダイヤモンドコミックス)アメトムチ (ダイヤモンドコミックス)
(2008/09/24)
いさか 十五郎

商品詳細を見る


 やばい、眠い…。
 仕事が押し押しで休みがないぃ。
 あと2週間くらいこの調子が続くので、更新も滞ると思いますが、いつもながら見捨てないでいただけると嬉しいです…。

 …で、そんな仕事のことなんてすべて忘れたい気分の時に何なんですが、いさか十五郎先生の最新刊から、サラリーマンBL『アメトムチ』をご紹介いたしましょう(笑)。

 今月末のBL新刊ラッシュでは、“優等生受け”BLが比較的豊作で、まだまだ紹介せねばならない本が山積みなんですが、これもその一冊。
 中には短編BLマンガが7本ほど入ってます。
 そのうち4本はかなりの“優等生受け”設定です。
 それ以外のマンガも受けがツンデレなのが多いので、“優等生スキー”なみなさまとの親和性は非常に高い一冊と言えましょう。
 買って損しませんよ、この本!

 では、どの“優等生受け”をご紹介するか迷ったのですが、表題作の『アメトムチ』を詳しく見ていきましょう~。

 表紙に描かれてる2人が、本作の主人公カップルです…って、amazonでまだ表紙の登録がないでやんの。
 お見せできなくて残念ですが、表紙には、主人公(受)の“デキる先輩サラリーマン”成瀬(なるせ)が、眼鏡をかけていかにも頭の良さそうな目つきで描かれてます。
 なので、本屋でこの本を見かけた優等生スキーのみなさまは、すでに表紙買いしてるかもしれないですね!
 まあ、それほどに表紙に描かれた成瀬の姿は、優等生臭というか、頭の良さそうオーラをプンプン匂わせています!

 ストーリーは、そんな“デキる先輩”成瀬に憧れている主人公(攻)・香坂ひろむ(こうさか・ひろむ)の視点で進んでいきます。
 香坂は入社してまだ2、3年といった感じの若手サラリーマン。
 仕事で取引先を失うという重大なミスを犯してしまい、夏休み返上で会社の保養所に押し込まれ、草むしり&再研修を受けさせられているところです。
 でも、犯したミスがあまりに重大だったので、香坂は「どうせ俺なんかクビになるんだろ」と思いこんでます。
 草むしりも研修も、一応言われたことはちゃんとこなしていますが、ほんのちょっぴりとはいえヤケのヤンパチな気持ちになっているところです。

 でも、香坂にはそんな先の見えない“罰”研修の中で、唯一の楽しみがありました。
 入社以来憧れている先輩社員の成瀬が、別の研修のために同じ保養所に来ていたのです。
 成瀬は将来の会社を背負って立つとみんなが思っているエース的存在です。
 いかにも怜悧そうな目つきで、頭の良い人間独特のちょっと人を寄せ付けない感じはありますが、それは見かけだけで、人格も抜群。
 毎日草むしりと反省文書きに明け暮れる香坂のことも気にかけてくれ、何かと声を掛けてくれてます。

「そこ、漢字間違えてるぞ」

「成瀬さん!」

「ほら夕飯だ。作文くらいさっさと書け」

「ボキャブラリーのなさに追いつめられてるんです。助けてください!」

「甘えるな。俺は自分の研修でここに来てるんだぞ。これ以上働けるか。俺は明日のプレゼンの資料見直さないといけないから、お前は明日に備えて早く寝ろよ」

 うん、この会話を読むと、成瀬がどーゆーキャラかイメージが掴めますね(笑)。
 言葉遣いはちょっと悪ぶってて、いかにも頭良さそうだけど、本当は優しいという。

(面倒見よくて、優しくて)

 香坂は、そんな成瀬に憧れまくり、こうして構ってもらえるのも嬉しくてしょうがないのでした。
 絵をお見せできないのが残念ですが、香坂は結構カラダでかいです。
 成瀬とは身長差も10センチ以上ある感じ?
 で、ちょっとお馬鹿で、今は「どうせ俺なんかクビになるんだ」とヘタレてて、でも成瀬のことは大好きなんで声をかけられるとメチャクチャ尻尾を振っちゃうという。
 そうです、いわゆるワンコ攻めというヤツです(笑)。
 このカップルのイメージ、掴んでいただけましたでしょーか。

 で、1週間堪え忍んだ“罰”研修も明日で終わりという夜。
 保養所にいる会社の人間が集まって飲み会をやることになります。
 もちろん、香坂も成瀬も参加です。
 そこでヤケ酒のようにがんがん飲んでしまった香坂は、アルコールのためにタガが外れたようになって、成瀬になつきまくります(笑)。

「成瀬さんのヒザ枕~~~!」(といって成瀬に抱きつく香坂)

「わはははは! すごいなつかれようだな、成瀬」

「やめて下さいよ、部長!」

「成瀬さん、顔赤~い、可愛~い」

「成瀬、俺にも甘えさせろ~。わはははは」(と部長)

「らめっす! 俺以外らめ!」(むぎゅーと成瀬を抱きしめる香坂)

 あまりに酔っぱらっている香坂を持て余して、ここで成瀬は香坂を連れて宴会場を抜け出します。

「ほら、もう寝るぞ、香坂!」

 ところが!
 ふだんはヘタレのくせに、肝心なところでは急に男の顔を取り戻すのが“ワンコ攻め”の醍醐味ですよね。
 この場面でも、2人きりになった瞬間、香坂は急に酔いが覚めたように、成瀬に真面目な顔で迫るのです。
 もちろん酒の勢いもありますが、「どうせ自分はもうクビだ」と思いこんでる香坂は、どうせ最後なら…と、成瀬に気持ちを告白しちゃおうと決心したのですよ!

「成瀬さん! 俺のこと嫌いですか!」(といってギューとまた抱きつく香坂)

「嫌いじゃないから離せ!」

「離しません」

「香坂っ」

「さっきからずっと成瀬さんが可愛いんです」

「っ…! 何言ってる、香坂!」

「俺のこと心配してくれて最初はいい上司だなと思ったけど、そうじゃなくて…俺、成瀬さんが好きなんだ」

「!!」

 そう言うと、ヘタレわんこのくせに、香坂は成瀬を押し倒してディープなキスをするのです。
 なぜかそんな後輩の乱暴を許しているように見える成瀬。
 じつは成瀬も香坂のことを憎からず思っていたのでありました。
 そのまま、わんこ香坂が夢中になって成瀬を抱いちゃうところで、ストーリーはハッピーエンドに向けてどどどっと雪崩れ込んでいきます。
 めでたしめでたし――。

 …と、なぜこんなラストシーンまで詳しくストーリーをご紹介してしまったかといえば、じつは本作『アメトムチ』の本ブログ的読みどころは、続編の『従順なコンクエスト』にあるからなんです。
 第一作めの『アメトムチ』は、いわば2人が気持ちを確かめ合うまで編でして、もちろん成瀬はいい優等生っぷりを醸しだしているのですが、本ブログ的にはまだまだです。

 それが…!

 続編の『従順なコンクエスト』では、どかーんと爆発するのです、エリート成瀬の可愛い魅力が(笑)。
 社内では“仕事がデキる男”で通っていて、ルックスもそれに見合って怜悧で美人で眼鏡をかけたちょっとインテリっぽい感じの成瀬が、その本性というか、「本当は誰かに甘えたい」「可愛がってほしい」という優等生の隠された性質を大爆発させるのですな!
 た、たまらんちん…(ヨダレ)。

 第一話で気持ちを確かめ合った2人ですが、続編『従順なコンクエスト』では、いきなり冒頭から香坂が悩んでます。
 なんだかあれ以来、成瀬に避けられてる気がしてならないのです。
 せっかく一緒の現場に出ても、「先に上がってていいぞ」なんて言われる始末。
 エッチするどころか、全然2人きりになれるチャンスすらありません。

 気持ちを確かめ合ったあの日のことは幻だったのか…。
 暗~い気持ちに落ち込んでしまう香坂でしたが…。

 さあ、今回も2人の進展にはアルコールの力が必要です(笑)。

 部署の飲み会に参加した2人でしたが、今回は、ふだん醜態をさらすことなど滅多にない成瀬が先に潰れてしまいます。
 しょうがなく、香坂は成瀬を背負うと自分の家へ成瀬を連れて行くのでした。

「ん…」

「ほら、香坂さん、眼鏡くらい外してください」

「…うん…」

 完全に正体を失っているように見える成瀬を自分のベッドに寝かしつけた香坂は、寝てしまった成瀬に向かって呟きます。

「もう、ずるいですよ、成瀬さん。あんな酔っぱらったらハラハラするじゃないですか」

 ところがその瞬間!
 香坂の口は成瀬のキスで塞がれてました。
 成瀬は寝たふりをしていたのです。
 ずっと2人きりになること自体なかったのに、いきなり成瀬からキスされて驚く香坂。

「ど、どうしたんですか?」

「どうって…キスしたくなったら駄目か」


 さあ、会社ではエリートそのもので、わんこな香坂をビシビシ鍛える上司でもある成瀬が、ここから超甘えんぼな受けキャラに変身しますよ!(笑)

「香坂は他のヤツと飲みに行ったり、部長たちにはにこにこするくせに、私には何もしないじゃないか」

「っ!」

「好きになればなるほど避けられる。夏の事はやっぱり酔った上でのことで、お前、本当は私のことなんか――」

「なっ、何言ってるんですか! ギュンギュンです。ずっと成瀬さんとのこと、やらしい気持ちでいっぱいです」


 細かいところですが、こうなっても自分のことを「私」と呼びながら後輩に甘えちゃう成瀬の言葉遣い、かなり萌えますなぁ~(笑)。

「嘘だ…。2人きりになっても手を出さなかった」

「え」

「忘れてくれ。もういいから…。私のことふってくれ」


 そう言って泣きそうになってる成瀬。
 こんな台詞を聞かされた香坂は、たまらなくなって成瀬を抱きしめるとベッドに押し倒します。
 まあ、しょせん痴話喧嘩ですからね(笑)。
 ここからは若い2人が“愛を確かめ合う作業”に没頭するわけですよ(笑)。

 で、ここからのエッチシーン、かなり萌えポイントがいくつもあるのですが…。
 まず最初。
 押し倒された成瀬が、自分にのしかかる香坂に睦言を囁きながら、ぎゅっと抱きつくのですな!

「香坂、不安なんだ――もっと、もっと香坂を感じさせてくれ」

 仕事も人生も完璧そうに見える成瀬が、後輩にこんな台詞を言いながら甘えてしがみついちゃうこの場面。
 甘い~(笑)。
 この場面、まだ2人ともワイシャツ着たままというのがそそるポイントです。
 なのに、成瀬はぎゅーぎゅーと香坂に甘えてしがみついちゃってるという。
 も、萌えるわ~。

 で、ここから成瀬はかなりお乱れになるのですよ(笑)。
 あんまり素直に「あんあん」言ってくれるので、香坂は「やばい、成瀬さん超可愛い…もっと良くさせたい…」とか言いながら、夢中で攻めてます。
 で、ここで顔を真っ赤にした成瀬から殺し文句が出るんですな!

「恥ずかしい…こんな私はいやか」

 どどーん!(笑)
 エリートサラリーマンが頬染めてこんなこと言うとは!
 しかもそれで吹っ切れたのか、成瀬は「香坂ぁ」なんて語尾伸ばしちゃったりして、思いっきりわんこにしがみついてます。
 いやー、なんて萌える関係性(笑)。
 ちなみにこのエッチ場面、ふだんは男性向けショタっぽいのもお描きになるいさか十五郎先生だけあって、絵的にも大変充実してますよ。
 どうですか、本作のストーリー、優等生好きな方ならだいぶそそられるんじゃないでしょーか。

 で、このコミックスには他にも“優等生受け”が収められてます。
 手短ではありますが、ささっとご紹介しておきましょう。

 『プールサイド・キス』は、高校生同士の学生ものです。
 ともに水泳部に所属する湊(みなと=受けキャラ)とイツキ(攻)は親友同士。
 でも、いつしか2人は親友の一線を越え、恋人同士になっていました。
 2人は受験生です。
 で、受けキャラの湊は成績優秀な優等生でもあるんですよ。

 ところが。

 湊は、自分たちの将来がはっきり見えなくて、焦燥を感じて毎日を過ごしているのでした。
 何に焦るのかといえば、自分は大学受験をして進学するつもりなのに、イツキからは進路について何の相談もなく、進学するのか就職するのかすら知らされていないからです。
 自分はイツキのことが大好きで、卒業後も恋人でいたいと思ってるのに、アイツはそう思ってないのか――。
 それが湊の焦燥の原因なのでした。

 で、本作の“優等生受け”要素の何が優秀かと言いますと…。

 将来が見えない中で、それでも若い2人はカラダを重ねてお互いに抱きしめあっちゃうわけですが、真面目で優等生な湊が、こんな独白を心の中でしてるんです。

(俺はすごく変わった)
(イツキに変えられてばかりいる)
(こんなに感じやすくなんかなかった)
(こんなに欲しがるカラダになるなんて思わなかった)


 そして、イツキに抱かれると物凄く湊が感じちゃってほとんど泣き出しちゃうような感じの場面が、いさか十五郎先生の素晴らしい絵で描かれてるんですな!
 優等生が「俺、こんなにエロくなっちゃって…」と悩むこのエピソード、ブログ主的には最高なんですが!(笑)

 それから、もう一作入ってる“優等生受け”が、『アイリス』という短編。
 まあ、これを“優等生受け”と言い切っていいのかしら…という来はしますが(笑)。
 いさか十五郎先生お得意の人外物でもあります。
 受けキャラは、カキツバタが描かれた由緒あるお皿の精霊なんです。
 ひょんなことから、その皿を手に入れた主人公(攻)・橋本は、皿から出てきた受けキャラを見てびっくりしますが…。
 で、精霊だけに“御主人様”にずっと敬語なんですなー(笑)。

「やらしい声なんか…出してま…せん…」

 みたいな(笑)。
 優等生スキーにはちょっとそそられる設定だと思います(笑)。

 以上、駆け足でご紹介してしまいましたが、本ブログ的には買っていただいて絶対に損しないコミックスということで超オススメです!

 …このレビュー、ほぼ1時間で書き上げましたが、やっぱり駆け足で書いただけあって、いま読み返すと相当に文章も流れもヨレててスイマセン。
 当分、ゆっくりブログを書く時間がないのでこんな急造記事が続きますが、何とぞご容赦を…!(><)
関連記事


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。