ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]当ブログでもご紹介した“オタク少年受け”が収録されたコミックスが発売…くわえて、“優等生受け”っぽいマンガが2本入ってました 日向せいりょう『大嫌い!! でもホントはネ…」


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-年下攻め  ●ハ行-日向せいりょう  
大嫌い!!でもホントはネ… (花音コミックス) (花音コミックス)大嫌い!!でもホントはネ… (花音コミックス) (花音コミックス)
(2008/08/30)
日向 せいりょう

商品詳細を見る


 雑誌掲載時に内容を詳しくご紹介した、日向せいりょう先生のオタク少年受けマンガ『ただいまラブ進行中』が、早くもコミックスに収録されました(当時の記事はこちら)。
 花音コミックス最新刊『大嫌い!! でもホントはネ…』です!
 最近では珍しくなった、最初から最後まで学園もの満載のコミックスですが、『ただいまラブ進行中』以外のマンガは、カップリングもいろいろでバラエティに富んだ一冊になってます。

 その中で、ちょっと“優等生受け”っぽいのが2作ありました。
 コミックスの購入を考えておられる方の参考になればと、ささっとご紹介しておこうと思います~。

 “優等生受け”っぽいマンガその1は、2番目に掲載されてる『ぎゅっとしてもいいですか?』です。
 主人公(攻)の高校生・武則(たけのり)は、ちょっと派手目なイケメンくん。
 昼間はテキトーに高校に通い、放課後は居酒屋でバイトをしてます。
 武則には、忘れられない人がいました。
 遠い親戚で、幼いころに仕事で遅いたけの母親に代わっていつも一緒に遊んでくれた3つ年上の近所のお兄ちゃん「ゆき兄」です。
 ゆき兄は、5年前に高校を出ると都会の専門学校に先生になるための勉強に行ったきり、地元に戻ってきていませんでした。
 幼いころ、ゆき兄にべったりだった武則は、それをずっと寂しく思っていたのでした。

 ところがある日、母親からゆき兄がこちらに帰ってきたことを知らされます。

「そうそう、雪弥くんね! 学校出て4月から地元の保育園で先生やってるって言ってたわ。あんたに放すの忘れてたわね。久しぶりに会えて嬉しいでしょう?」

 自分の面倒を見てくれたゆき兄が保育園の先生になったと聞き、思わず納得する武則でしたが、母親からその話を聞いた後は、ずっとゆき兄のことが気になってしまい、バイトも手につきません。
 客にビールをぶっかけてしまう失敗までやらかし、クサりながら夜道を家に帰っていく武則でしたが、公園を通っていくと、ベンチに座っている男から、いきなり声を掛けられるのでした。

「たけ!」

「…? …ゆ…っ ゆき兄…!」

「久しぶりだな、たけ」


 そう言って微笑んできたのは、ゆき兄その人だったのです。
 思い出話に花が咲く2人。
 昔どおりに優しくて、ふわりと花が咲いたように笑いかけてくれるゆき兄に、5年ぶりの再会にもかかわらず武則は舞い上がってしまいます。
 でも、武則は何事もなかったかのように話しかけてきたゆき兄の姿に、じつはちょっとだけショックも受けていました。
 そう、幼いころ、お互いのことが好きでたまらなかった2人は、家で2人きりで留守番をしていたとき、引きよせられるようにキスしてしまったことが何度もあったのです。
 そんなことも忘れてしまったかのように、自分に微笑みかけてきたゆき兄の態度に、武則は少しショックを受けていたというわけなのでした。
 ゆき兄と何度も会うにつれ、幼いころのそんな思い出が武則の心の中で頭をもたげてきます。
 でも、何も気にしていないように見える雪弥…。
 さあ、再会した幼馴染み2人はどうなってしまうのか…!

 というのが基本ストーリーですが、お読みいただいてわかるとおり、ゆき兄こと雪弥という“お兄ちゃんキャラ”が、まるで聖母のように優しくて、いつも武則に微笑んでくれる優等生キャラになってます。
 とてもいい子キャラというか、お母さんキャラというか、純潔っぽいキャラというか、雪弥は幼いころの武則とのキスのことなんか、全然覚えてなさそうなんですね!
 というか、なんか性的なことなんか一切興味なさそうなキレイな“保育園の先生”に見えるんです(笑)。

 だから、雪弥は本当に武則との幼い日々の出来事を忘れているかのように見えます。
 そこに読者はヤキモキしてしまうわけですが、もちろん雪弥は武則とのキスを忘れていたわけではありません。
 年下の幼馴染みを“悪い道”に引きずり込むわけにはいかないと、頑張って昔みたいな「親代わりのお兄ちゃん」を演じていたんです。
 好きという気持ちを封じ込めて。
 でも、紆余曲折を経て素直になったあとは、年下の武則にとっても「あんあん」喘がされてます(笑)。
 そのギャップが…!
 武則の前で、“先生チック”なキレイな面しか見せなかった雪弥が、最後のエッチ場面では、昔は親代わりとして面倒を見ていた“年下の弟”である武則に可愛くしがみついちゃって、いやーエロ~(笑)。
 “優等生受け”スキーとしては、なかなか満足できるお話しでありました(笑)。

 で、その2は『お世話しちゃいます!』というタイトルのマンガ。
 扉絵で、眼鏡をかけたいかにも真面目そうな男子が、イケメンにキスされる寸前のイラストが描かれていて、読む前からいやがうえにも期待が高まります(笑)。

 主人公(受)の高城(たかぎ)は、レストランの店員。
 ある日、後輩の教育係に任命され、新人の辻内(つじうち)に付くことになります。
 とっつきにくそうなイケメンに見えた辻内ですが、皿の運び方から何から指導してやると、まるで犬のようになついてきて、その笑顔に高城はクラクラしてしまいます。
 そう、高城はゲイ。
 前の職場では、彼氏と思っていた相手から「お前の気持ちは重すぎる」と言われて別れてしまい、心機一転今の職場に移ってきていたところだったのでした。

 とにかくこの高城は、マジメくんなんです。
 ところがそんなところに辻内のほうも惚れてしまい、店員同士の飲み会の席で、辻内は高城に告白してしまいます。

 ところが…。

 辻内の笑顔にクラクラしているはずの高城は、後輩からのそんな気持ちを素直に受け入れることができません。

「俺、マジですよ?」

 と辻内から迫られた高城は、絞り出すような声でこう答えるのででした。

「俺は…人とどうつきあっていいのか、よくわからない…」
「よかれと思って尽くしても相手にとっては重荷だったり…」

 だから、辻内の恋人になることはできないという高城でしたが、そんなマジメっ子を後ろから抱きしめ、辻内は「俺でよかったら、そんな高城さんを委ねてください」と囁くのでした――。

 すいません、かなり早足でストーリーを紹介してしまいましたが、マジメで人付き合いが下手な眼鏡っ子を、そんな暗い性格(?)も含めて、イケメン君がぜんぶ可愛がってあげるというのが本作のお話しです。
 “優等生受け”の匂いを感じ取っていただけましたでしょうか。

 というわけで、以上のように“優等生受け”っぽいマンガもたくさん入ってる日向せいりょう先生の最新刊、学園ものが大好きな人ならそれだけで買いだと思いますし、“優等生受け”“オタクっ子受け”が好きな人なら、ぜひコレクションの一角に収めておくべきと思います(笑)。
 駆け足になってしまいましたが、最新コミックスのレビュー紹介でありました!
関連記事


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。