ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]勉強だけはよくできる優等生が、「保健の成績をアップさせてやるよ」と悪ガキから性教育を受けちゃって…!? 井ノ本リカ子&BENNY'S『おとこのこ×おとこのこ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-ガリ勉  受け-真面目・カタブツ  特徴-小学生  ●ハ行-BENNY'S  ●ア行-井ノ本リカ子  
おとこのこ×おとこのこ (ダイヤモンドコミックス)おとこのこ×おとこのこ (ダイヤモンドコミックス)
(2008/07)
井ノ本 リカ子BENNY’S

商品詳細を見る


 男性向けショタと女性向けBLのまさに境界線上に位置するのが、このお二人のマンガでありましょう!
 とてつもない一冊が出ました~!
 井ノ本リカ子先生とBENNY'S先生が合同で出された最新刊『おとこのこ×おとこのこ』です!

 今回はコミックス一冊の前半がBENNY'S先生、後半が井ノ本リカ子先生のマンガが載っている形になっています。
 で、これがどちらも素晴らしい“優等生受け”満載の一冊なんですなー!
 成績優秀、委員長といった、正真正銘の“優等生”が詰まってまして、これほどの作品群は最近ちょっと記憶にありません。
 あ、残念ながら(?)、短編集という形式上、もちろん“優等生受け”以外の作品も少し入ってますが、それすらもそこはかとない優等生臭(←どんなニオイだ…)が漂ってます。
 優等生スキーのみなさまには、安心して買っていただける一冊と言えましょう!

 さて、全部のマンガを紹介したいくらいなんですが…。
 そういうわけにもいかないので、まずはBENNY'S先生の本当に素晴らしい短編BL『没収!!』からご紹介していきましょう。

 まずタイトルからしてそそるでしょう!
 主人公(受)・南野は小学6年生の男の子。
 クラスでは班長を務めていて、勉強もできて先生の言いつけも必ず守るいい子です。
 でも、気が強くてちょっと女王さまタイプ。
 今日も、自分の班のバカどもが学校に持ってきた「持込違反物」をビシビシ取り上げて、校舎裏に埋めるために段ボール箱を抱えて来ています。

「なーなー、返してくれよー」

「ダメだ! こんなに持込違反物を持ってきて…。取り上げられるのも当たり前だろ!」

「そうだけど…。でも没収したのを校舎裏に埋めるってひどくね?」

「クラス会で決まったことだ!」


 南野に違反物を見つかって没収されてしまったのが、クラスきっての悪ガキ・北沢です。
 校舎裏についてきて、没収したものを返すようにと南野に頼みますが、南野は聞く耳を持っていません。

「違反物を持ってくるほうが悪いんだ。取られて困るような物、持ってくんなよ」

 うふふふふ。
 気持ちいいほどの“規則は絶対”な班長さまが南野なんですね!
 なんという“優等生”でありましょう。
 この冒頭部分を読んでるだけでも、ブログ主はヨダレが出っぱなしでありました(笑)。
 またこの南野が「違反する方が悪いんだ!」なんて言うときのちょっと偉そうな態度が、女王さまチックで偉そうでとってもそそるのですよ…!

 じつは、北沢が持ってきた違反物の中身は、埋められてもしょーがないような物ばかりでした。
 いったい何に使うのかわからない変な形をした履き物の『駝鳥サンダル』、女のコのスカートの中をのぞくのに使う『S字鏡』…。
 北沢に「返してくれよ~」と拝まれて、ちょっと心が揺らいだ班長様・南野ですが、そんな品々を見て呆れかえったのでしょう。

「…くだらん」

 と言うと、決心したように校舎裏にゴミを埋める穴を掘り始めるのでした(笑)。

 ところが…!

 段ボール箱をひっくり返して違反物を穴にぶちまけようとした南野の目の前に、とんでもない“違反物”が飛び出してきたのです。

「ん?(赤面) エロ本…こんなものまで学校に…」

「それは東野と西田に借りて…」

「俺はお前らの班の班長なんだぞ! お前らが変なもんばかり持ってくるせいで、俺が怒られるんだからな!」

「だ、だからワルイって…」(汗)


 真面目な優等生・南野は、ふだん見たこともないエロ本が目の前に出てきたことでとっても動揺してしまったのでした。
 もちろん顔は真っ赤っか。
 そんな照れを隠すように、北沢を怒鳴りつけたのが今の場面なのですが…。
 それを見た悪ガキ・北沢は、南野より優位に立てることを見つけた! とばかりに、南野に顔を近づけてこんなことを言い出します。

「でもな、この本だって勉強と関係あるんだぜ」

 勉強と聞いて、それは聞き捨てならないとばかりに南野は身を乗り出します。
 調子に乗って続ける北沢は…。

「南野って俺より保健体育の成績ワリーだろ?」

「そ、それがどうした?」

「じつはこれは保体の勉強になるんだよ!」

「え…ま、まさか…たしかに僕はこんなの読んだことないけど…これが参考書になるなんて」

「それがなるんだよー! こーゆーのは体で覚えるんだぜ♪」

「?」


 キター!
 「保健体育の勉強になるから」と言って、成績優秀な同級生をエロ本ワールドに引きずり込む悪ガキ!(笑)
 これ、“優等生受け”の定番中の定番ストーリーですが、最近はなかなかお目にかかれないんですよ…。
 素晴らしい!
 本当に素晴らしい!
 よくぞこーゆーお話しを作ってくださいました、BENNY'S先生!

 さあ、全国3億6千万の優等生スキーの願いをかなえるべく、悪ガキ・北沢にも頑張ってもらいましょう(笑)。
 「保健体育の参考書になる」と聞いて、思わずエロ本を手にとって眺めはじめた優等生・南野ですが、その後ろからそーっと北沢が近づき、「がばっ」と抱きつくとエロ本に読みふける南野の股間をグッと触っちゃうんですな!

 でも!

 普通ならここで「うわ、勃起してるじゃん!」とかいう展開になるわけですが、ここからがBENNY'S先生の一味違うところです。
 この時点で、南野の股間は全然反応してないんですな!

 いったいなぜ…?

 ところが、あることをされて南野は興奮してしまい、一気に股間もカタくしてしまうのです!
 ああ、ここからは神セリフの連続!
 たっぷりご堪能ください…!
 南野の股間がまったく反応していないことを知った北沢は、ガチガチになった自分の股間を南野に見せつけるべく、ズボンを下ろし始めるのです――。

「俺なんかすぐ勃起すんのになー」

「え? ボ ボッキ?」

「そう」

「こーゆーふうになること、南野だって知ってんだろ?」

「!!! し…知ってるけど…その…なったこと…は…」(ごにょごにょ)


 むふふふふふ!
 すいません、今回はもうブログ主は自分の変態的興奮を押し隠したりしませんので、どーぞみなさま付いてきてください!
 まず今の場面!
 自分はボッキなんかしたことないなんて、ありえない嘘をつく南野が可愛すぎ!
 これ、優等生のよく言いそうなことですよね!
 僕はそんな変なことなんかなったことない! という(笑)。
 身体機能に異常がなきゃ、そんなことがあるはずもないのに、自分の処女性というか潔癖性を強調して、自分はそんなエロいことなんか知らない、興味もないというフリをするんですな!
 うわー、可愛い~(笑)。
 優等生スキーをなんと萌えさせてくれる場面でありましょうか。
 もちろんこの場面、「自分はそんなことになったことはない…」と否定する南野の顔は真っ赤っか。
 「なったことないなんて嘘です。僕だって股間がカタくなることは本当はあるんです」とでも、真実を告白してしまっているような顔になってます!
 ううううう、萌える…。

 で、そんな南野に、悪ガキ・北沢は自分が得意なエロ分野だとばかりに、どしどし追い打ちをかけるわけですよ。
 北沢、GJ!

「もっと近くで見ていいんだぜ」(グイッ)

「きゃっ!」

 ハイ、ここも萌える!!!
 さっきまで偉そうな口をきいていた優等生が、グロテスクな北沢の股間を目の前で見せられた途端、「きゃっ!」なんて可愛く驚いちゃうという(笑)。
 このセリフの選択は絶妙すぎますよ、BENNY'S先生!
 さあ、目の前に北沢のペニスを突きつけられ、「もっと見ていいよ」と言われた南野は、顔を真っ赤にして、口だけはこう反抗するんです。

「や…っ やめろよ!」

「へへ…どお~~、南野ちゃん?」

「ど…どおって…大きくなって…びくびくしてる…これがぼっきって言うんだろ?」

 あーヤバイ。
 萌えすぎて心不全起こしそう(笑)。
 この場面、うぶなところをさらけだした南野のセリフも萌えますが、さらに萌えるのが実際の絵なんです。
 超絶レベルまで真っ赤になった南野は、口では「やめろっ」とか言いつつ、目の前につきつけられた北沢の性器から絶対に目を逸らさないんです。
 これがイイ…!
 優等生くんの内面のイヤらしさを見せつける、この素晴らしい表現!
 これがマンガというものですよ!

 さあそしてお話前半のクライマックス。
 そのまま北沢は南野の顔にめがけて、自分の性器をこすりたてるのです。

「もっとよーく見てろよ♪」(シコシコ)

「あ…」

「このままこすると精液出るんだぜ! それを射精ってんだ!」

「しゃ…しゃせー?」

「そう…そろそろ出る…っ で、出るから受け止めろよ…射精!」

「え…どうやって…?」

「いい…から…出すぞ…出る…!」

「あっ…」(びちゃびちゃ)「あ…で…出てる…」


 あああああ、南野が可哀想すぎ!(大嘘)
 北沢に思いっきり顔にかけられてしまってるではないですか!
 こ、こんな酷いシーン、もう見てられません!!!!!(大大嘘)

 ところがですよ!

 さっき、普通のエロ本を見て全然反応していなかった優等生・南野の股間は、同級生に顔射されたこの瞬間、思いっきり反応を見せていたのでした。

「おい、ちょっと見せろよ!」

「な、なんだよ…」

「ふーん…エロ本じゃたたなかったのに俺の射精見て立つんだあ、南野ちゃん♪」

「な…なんで…?」(赤面)

「だからお前はエロ本よりもこうされたほうがイイってことだよ♪」


 なんでしょう、この感覚は…。
 夢にまで見た“優等生受け”の素晴らしいシーンの数々を実際に見せていただいて、ブログ主はここが現世なのか来世なのか、それすらよくわからなくなり始めてます…。
 ここがもしかして噂に聞く桃源郷…。

 さあ、ここからさらにヒートアップしていく悪ガキ・北沢と優等生・南野の2人だけの性教育は、あとは実際にみなさんが本を買ってごらんいただきたいと思いますが、もうね、このすぐ後にもね、もんのすごい“優等生受け”的名セリフが載ってます。
 数学や理科、国語ならとっても頭がいいのに、性教育では劣等生な南野くんが、思わず口にしちゃったその一言は、あまりにも南野の優等生っぽいウブさをさらけ出してまして、ブログ主はこの場面を読んだとき、本当にソファの上でごろごろ転がりまわってしまいましたよ…!

 それにしても、こうやってセリフ中心でご紹介してくると、とっても男性向けショタな感じの本作ですが、読んでいただければわかるとおり、そしていつもBENNY'S先生のマンガを読まれている方ならご存じのとおり、ここにしっかりラブが存在することが、この作家さんの凄いところなわけです。
 今回の北沢と南野だって、セリフを追うと単なる男性向けショタ的な“やってるだけ”感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、途中2人がかわす目と目の感じや、北沢にいろいろされちゃう南野の反応の可愛さとか、逆に南野のそんなウブいところに夢中になっちゃう北沢の反応とか、ページの至る所にラブが埋め込まれているわけです。
 そこが素晴らしい…。
 どうか腐女子のみなさまには、ショタ専門レーベルから出た本という偏見(?)はもたずに、この稀有な“優等生受け”マンガの数々をご堪能いただきたいものです…。

 というわけで、今回は『没収!!』のみを詳しくご紹介しましたが、残りの掲載作の中で“優等生受け”なものをササッとご紹介しておきましょう。

・『看板息子』
 これは“優等生受け”というよりも“いい子受け”という感じです。
 家業の定食屋を手伝う受けキャラ・純は、とっても働き者で頑張り屋。
 ところが、最近急にその定食屋に客が増えたと聞き、純のクラスメイトでもある主人公(攻)・健太は、不思議がります。
 そこで純に秘密で、純が手伝っている定食屋を偵察に行ってみると、純がとんでもない格好で働いていて…!
 ぶっちゃけ女装少年ものです(笑)。
 しかもエロさはMAX突破!

・『猫ラヴァーズ』
 獣耳ものな一作。
 猫耳がついた少年たちが通う猫学園。
 少年たちは最近落ち着きません。
 というのも、大人になる印の“発情期”が近くなってきてるから。
 昼休みの屋上で、そんな話をしていた猫少年たちでしたが、休みの間も教科書を手放さない優等生だけは、エッチに憧れる同級生たちをバカにします。
 ところが、優等生クンは放課後、1人だけ誰もいない教室に入っていき…。

・『ツチノコ物語』
 中学受験のために毎日勉強している優等生のウラベ。
 親友のタクヤは段違いにおバカなクラスメイトですが、毎日勉強ばかりして疲れているようにみえたウラベのことを心配して、「ツチノコが裏山に出たらしい!」と嘘をついて裏山探検にウラベを連れ出します。
 そんなタクヤの心配をわかっていつつ、表面上はツンツンした態度をとる女王さま優等生のウラベ。
 ところが本当に2人の前にツチノコが出てきて…。
 ウラベは超進学校、タクヤはバカ私立中に進学する予定なんですが、ストーリーの途中、優等生のウラベが「お、お前が来いって言うんなら…、そっちの学校に行ってやってもいい…ぞ」とタクヤに頬を赤らめて言うツンデレ場面が超絶可愛いです。

・『悪魔退治!!』
 カラー4Pの短いマンガ。
 夢の世界で、親友を悪魔に捕らえられてしまった優等生・直樹に、悪魔は「親友を助けたければ、ワシへの服従の証にその場で放尿してみろ…。プライドの高いお前にそれが出来るかな? 出来るかな…?」ととんでもないことを言い出し…。

・『レース鳩あつし』
 レース鳩たちが主人公の鳩BL(笑)。
 レースに向けて特訓を続ける主人公(攻)のドバト・あつし。
 ところが同じ鳩舎に、クジャクバトのジャックが入ってきたから一悶着。
 「黙ってたらキレイで可愛い」ジャックは、美人なのにとっても口が悪くて…。
 以上の作品はすべてBENNY'S先生作です。

・『ぼくの王様』
 で、ここからは井ノ本リカ子先生分。
 キレイなクラスメイトに、「おい、転校生! お前、俺のけらいにしてやるよ!」と言われて子分にされちゃった主人公(攻)。
 ところが子分の仕事にはエッチなことも…!?

・『ヒマつぶし。』
 学校の屋上に授業をサボリにきた主人公(攻)。
 そこにいたのは、勉強はできるけど独特の雰囲気を持つ同級生・栗田で…。
 毎日、そこで自然と落ち合う2人はいつしか体を寄せ合い…。

 ショタレーベルからの発売ということで、基本的に小学生が主人公なものが多いですが、やっぱりショタというよりはどれもBLな感じの作品群です。
関連記事


Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。