ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]まるまる一冊、エリートサラリーマンの可愛い恋物語が読める本 藤谷陽子『愛してる』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  特徴-社会人  受け-真面目・カタブツ  特徴-年下攻め  ●ハ行-藤谷陽子  
愛してる (ドラコミックス 160)愛してる (ドラコミックス 160)
(2008/03/25)
藤谷陽子

商品詳細を見る


 藤谷陽子先生の2冊目のBLコミックスだそうです。
 …って、白状しますがこの作家さんのマンガ、今まで全然記憶にありませんでした。
 表紙だけ見ると、いかにもdrapコミックス~という感じの、なんかサラッとしてそうな(?)マンガに見えて、この本も買おうかどうか相当迷ったんですが、ええいままよと衝動買い。
 そうしたら、これが一冊丸ごと"優等生受け”で、なかなか楽しめたというわけです!

 では、1冊目のコミックスはどんなのだったのでしょう?
 自分の蔵書リストを見てみたら、まったく覚えはないものの、ちゃんと買ってました。
 我ながら、ちゃんとチェックしてるなぁと感心してしまったわけですが(笑)、本棚から引っ張り出したら、こちらもかなりの“優等生受け”な作品集になってました。
 うーん、この作家さん、基本的に“優等生受け”大好き属性の人なんですかね!
 これからは要チェック対象にしてきたいと思います。

 では、本当はもっと早くご紹介したかったんですが、ブログ主の仕事多忙のためのびのびになっていた藤谷陽子先生の最新刊『愛してる』をご紹介いたしましょう!

 このコミックスは、6本のマンガが掲載されてますが、全部同じ話です。
 シリーズ物。

 まず主人公2人の登場シーンで、ブログ主は萌えました。

 受けキャラは、大手商社の社長の御曹司でエリートサラリーマンとして頑張る市瀬和志(いちせ・かずし)。
 表紙では眼鏡をかけていませんが、仕事中はリムレス眼鏡を着用し、スーツをビシッと着こなす仕事のできる商社マンという出で立ちをしています。
 攻めキャラは、その商社で清掃員として働いていた相葉晴友(あいば・はるとも)です。
 料理の道を志しつつ、生活費稼ぎで清掃員のバイトをしていて、和志と出会ったという設定です。


 この2人、身長差が相当あるんですよ。
 晴友が186センチで、和志が167センチ。
 第一話では、クリスマスイブも関係なく全員総出で働く和志の所属部署に、晴友が「お疲れさま~! 差し入れでーす!」と、ケン●ッキーフライドチキン的なもの(笑)を持ってくるところから、話が始まります。
 晴友は一介の清掃員でありながら、その明るさで会社の誰からも可愛がられてます。
 なので、社員たちも晴友の差し入れを歓迎して受け取るんですね。
 でも、単に晴友は社員の慰労のために差し入れに来たわけではありません。
 じつは、晴友と和志はみんなに秘密で付き合っているのです。
 クリスマスに恋人である自分と夜を過ごすこともできない和志のために、晴友は“差し入れ”のフリをして会社までやってきたというわけなのでした。

 この場面、エリートサラリーマンの和志は、いくらクリスマスイブの夜とはいえ、差し入れを装ってまで自分に会いに晴友が会社まで来たことに不満げな顔をしています。

「みんなの前で和志くんとか俺を呼ぶな! 部下にしめしがつかん!」

 そんなことを言ってプリプリ怒っている和志ですが、みんながフライドチキンに齧り付いている一瞬の隙(?)をついて、晴友は和志を人気のない夜の廊下に連れ出すのです。

「和志くんに会いたくてきちゃった。ごめんなさい」

 そう言って申し訳なさそうな顔で和志に謝る晴友。
 で、この場面が萌えるんです(笑)。
 ビシッとスーツを着て髪も商社マンらしくきっちり分けた和志は、謝る晴友にまだ怒っているような顔をしているんですが、なんせ晴友は身長187センチ。
 ツンツンしているエリートサラリーマンが、ぬぼーっと大きいバイト清掃員の晴友を見上げてプリプリしているんですが、この絵がなんとも可愛いのです(笑)。
 とにかく絵で見るとこの身長差が超ラブリー。
 しかも、最初は怒っている和志が、晴友に謝られ、しかも「会いたかった…」とか何とか言われながら“ちゅっ”とキスされたりすると顔が真っ赤になっちゃって、だんだん可愛く可愛くなっていくという…。
 スーツを着こんだエリートサラリーマンがそんなことになっちゃうシーン、みなさん想像してみてください(笑)。
 で、さらに恥ずかしがって下を向いちゃう和志なんですが、晴友は「ホラ、和志くん、前見て! 悪いクセだよ、下向くの」なんて言って、真っ赤になってる和志の顔を両手で包むと上を向かせ、またキスしちゃったりするんですよ~。
 あ~、萌える~(笑)。

 さて、こうしてみると、いかにも和志はツンツンばかりのエリートサラリーマンという感じですが、じつはそうでもないのです。
 かなりデレ要素も豊富な、恋人・晴友に対して甘えちゃったりもする優等生クンなんですな!
 ブログ主は、素直に甘えちゃう優等生という設定が大好きなので、本作はかなり心にグサッと来たわけです(笑)。

 この日の夜。
 ようやく仕事を終えた和志は、そのまま晴友の家に直行しますが、出迎えた晴友と少し言葉を交わしただけで、激務の疲れが出たのか、そのまま寝入ってしまいます。

「疲れてるのに来てくれたんだ。仕事ばっかりの君が俺を見てくれて、たまらなく嬉しかったんだよ?」

 晴友はそんなことを言いながら、和志の寝顔にまたもや“ちゅっ”とキスをし、そのまま毛布をかけて寝させてあげるのですが、収まらないのは和志のほうでした。

(2人きりになったのが3週間ぶりなのに、何もせず爆睡してしまった…!!)

 翌朝、パチッと眼を覚ました和志は、せっかく恋人の家に泊まったのにな~んにもなく寝入ってしまったことを大後悔します。
 …エリートサラリーマンなのに、このへんがすでにして可愛いでしょ?(笑)
 でも、もちろん今日も朝から仕事です。
 もうこのまま何もできないのか――。
 ここで冷静に時計を見て残り時間を判断した和志は、大きな決断をしたのでした。
 ――家を出るまでの残り30分を最大限に活用し、大好きな年下の恋人と甘い時間を過ごすために。

(ごそごそ)「ん…? おわーーーーーーー、和志くーーーん!?」

 股間に異様な感触を覚え、眼を覚ました晴友が見たのは、いつもは絶対に自分の恥ずかしい姿など見せない和志が、顔を真っ赤にしながら晴友の股間に顔を埋めている光景でした!

「!! おとなしくしてろ…」

 そう言うと、恥ずかしそうに再び晴友の股間に口を近づける和志。
 あのエリートサラリーマンの和志が…!
 そう思うだけで晴友の股間は最大限に大きくなっちゃったりしてるんですが(笑)、本ブログ的にもこの場面はとってもエロすぎ(笑)。
 恥ずかしそうに、でも何もしてあげられなかった年下の恋人のために、いつものプライドを捨てて頑張っちゃう優等生クンのお姿は、あまりにも神々しすぎます…!

 で、第一話の後半は、そんな「忙しすぎて晴友のために何もしてあげられない和志の苦悩」というのが、お話しのテーマになっていくんですね~。
 せめてもの罪滅ぼしに…と、和志は2人で一緒に住めるマンションを用意したりしちゃうんですが、それを聞かされた晴友は、もちろん喜びつつ、そんな無理をしなくていいよ…とでも言うように、和志を抱きしめてこう言うんです。

「仕事熱心で不器用で可愛い君に愛されて幸せだなって思ってるよ」

 それだけで十分だよ、という晴友の気持ち。
 抱きしめられた和志は、それが嬉しくてぽろっと涙をこぼしちゃったり。
 盛り上がった2人は、もちろんそのままエッチシーンに突入していくわけですが、ここではその詳細は記しません(笑)。
 というのは、ブログ主がまたもや萌えたシーンはそのエッチシーンの後の場面にあるからです。

 無事(?)激しいエッチを終えた2人は、ベッドの中で横になってくつろいでいます。
 晴友は、ぐったりしている和志に話しかけます。

「――明日、マンション見に行こうか」

 一生懸命働いたお金で、2人一緒に住むために和志が用意したマンション。
 それを明日の朝、いっしょに見に行こうかと晴友は誘ってるわけです。
 で、これに和志が応えるシーンが、もう最高に萌えました…!

「うん、一緒にね」

 こう言うと、和志は晴友の大きな胸に、真っ赤にした顔を埋め、恥ずかしそうにしがみつくのです…!
 うぎゃー、可愛いすぎ!
 エリートサラリーマンのくせに、眼鏡の優等生のくせに、可愛いすぎ!!!!
 本作はこーゆー可愛い場面がたくさんありすぎて、本当に目のやり場に困りますばい!!

 というわけで、『愛してる』の第一話をざーっとご紹介しましたが、こんな可愛いお話があと5話も読めますですよ!
 第2話以後は、2人の出会い編や、はたまた和志に海外異動の辞令が出て悩んじゃったり編など、波瀾万丈の展開が読者を待ってくれています。
 話が進んでいくと、エリートサラリーマンの和志は、さらに外見上はツンツンした感じの、いかにも切れ者といった商社マンになっていくんですが、これが晴友と会ってラブい場面になると、途端に可愛くなっちゃうのが困りものですよ!!!(何が困るんだ)
 とにかくこの落差が見物。
 だって、会社では部下に厳しく命令して、上司にもバンバン意見しちゃうような切れ者優等生な和志が、遠くニューヨークから電話の向こうの晴友のことが恋しくて、●●●●しちゃったりするんですよ!(笑)
 エロすぎ…じゃないや、可愛いすぎでしょう!!
 で、晴友は晴友で、料理人への自分の道をしっかり歩いて成長していきます。

 いやー、ほっこりした気分になりたい時に最適の一冊です。
 もう発売されてから3ヶ月が経とうとしていますが、もしまだチェックされてない方がいましたら、ぜひお手にとってみてくださいませ!
関連記事


Comments

 
こんばんはー。
あれれーこの本、紹介されてなかったんですねっ。
ちょっと意外だ(;´∀`)
だって書いてられるように「一冊丸ごと"優等生受け”」ですからね。ムフ

チビで気がキツくて、しかもマンションを用意できるエリートサラリーマン・・・私だってそんなヨメ、あいやダンナが欲しいぞ!
でも私にとっては少し薄味なお話でした。
いやん、いつものことですが分かち合えなくてスマンです(゚ω゚;A)
 
 
乱菊さん、お久しぶりです~!
いやいや、薄味なお話しというのもわかる気がします。
ストーリーとしては、すんごく素直なマンガですからねぇ。
その中から萌える要素を見つけられるかというところで、個人差が出るんでしょうねー(笑)。

でも、

>いやん、いつものことですが分かち合えなくてスマンです(゚ω゚;A)

とおっしゃるわりには、ブログを見ると、『憧れ男性ちぇっく』で、「生徒会長に飛びつくタイプ」とか出てるじゃないですかー(笑)。
ささ、こっちの世界においでませ(笑)。
 

Leave a Comment



07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。