ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]腐男子はつらいよ!?(その6) 蔵書リストを作ってみたら…お、おそるべき数字がっ!(鬱)


Category: 腐男子はつらいよ   Tags: ---
 みなさん、こんにちは…(暗)。
 自分の人生は、これで良かったのかと自問自答し、とても気分の鬱鬱しいちーけんです…。

 じつはブログを始めたころ(07年夏)ぐらいから、自分の持っているBL本の蔵書リストを作ろうと思って、せこせこと作業を進めておりました。
 ほら、なんかちょっと憧れるじゃないですか…。
 蔵書リストって…。
 ううう…。

 で、とても手入力なんかできませんから、いろいろ調べました。
 その結果、ノートパソコンにバーコードリーダー(コンビニのレジにくっついてるピッっていうやつ)を接続し、BL本の裏表紙のISDNコードを読み取ってネット上の書籍データ(amazonなど)と照合することで、作者名やタイトル、出版社名などのリスト作成作業をすべて自動化しちゃうのが一番楽ちんであるという結論に達しました。
 で、来る日も来る日も本棚の本を下ろしては、夜な夜なピッ…ピッ…ピッ…ピッ…とバーコードの読み取り作業に励み、着々と蔵書リストを作り上げていったわけです。

 作業がほぼ終わったのが先週くらい。
 といっても、雑誌についてはまだネット上から書名などのデータを引っ張ってこれないので、書籍だけです。
 じつは、我が家ではBL本の一部を段ボールに詰めて物置に積んであります。
 本棚に出しているのは、学園ものを中心にした全所蔵本の8割ほど。
 残りの「これはもうあんまり読み返さないだろうなぁ」というサラリーマンものや、正直そんなに面白くなかったけど売るほどつまらなくもなかった…という微妙なBL本は、物置でひっそりと余生を過ごしてもらう仕組みになっているのです。
 で、今回バーコードで読み取って蔵書リスト化に成功したのは、本棚に出してある分だけなんです。
 物置組は今後の課題ということになってます(箱から出すの大変なんです…)。

 で、ですよ。

 「私本管理」という、蔵書管理のフリーソフトを使わせていただいてリストを作成したのですが、その結果、本棚に出してある書籍だけで、

 総冊数            5千926冊

 という数字が出てきました。
 まあ、ここまでは予想の範囲内で、もっとあるかなと思っていたくらいなのですが…。
 このソフトは、ネットから書籍の定価データなども引っ張ってこれるんですよ。
 その結果、全5926冊の購入に充てられた合計金額も判明してしまったのです。

 なんと合計金額 445万2千358円!!!!!

 ノォォオォォオオオオオオオオオオオオオ!!!!
 BL本の、しかも商業誌だけでこの金額ぅ!!??
 今までずーっと目を背けてきた事実がついに眼前にさらされたのです…。
 もちろん、BL本の中には古本屋で買ったのもあります。
 多少は割り引いて考えないといけませんが、たぶん所有本の95%以上は新刊で買ってるはず。
 すると…。
 やはり…。
 しかも、まだ物置にあと2割くらい眠ってますからね。
 するとどう考えても、BL本の商業誌の書籍だけで500万円オーバー…。
 あと雑誌もあるぜオイ…。
 つーか、同人誌はどうなのよ…。
 あんな薄っぺらい本が500円とか平気でする同人誌サマはさ…。

 どうりで社会人になって以来、生活が苦しかったと思いました…。
 なんかマンション一戸くらい買えてたんじゃ…。
 全部貯金してたら、もっと楽しい人生が送れたんじゃ…。
 いま、ちーけんの頭の中には、そんな想いが走馬燈のように去来しています…。

 でもいいんだ…。
 人生、お金じゃないですよね。
 ね? お金じゃないですよね?
 お金じゃないって言ってくださいよぉぉおおおおお!!!(涙)
 とらのあなとまんがの森と神保町のマンガ書店に消えていったお金たちは、今ちーけんの頭の中で素晴らしい思い出に変わってくれています…。
 いいんだ…。
 あのお金で、BL本の主人公たちが幸せになってくれたと思えばいいんだ…。
 ふふふ…。
 おかげでこちとら結婚しないまま30代をずんずん進んでるけどね…(鬱)。
 あははうふふえへへおほほ。
 ……。
 ……。
 ……。
 我が人生に悔いなーーーーーーしっ!(どどーん)

 いや、悔いありますけどね(笑)。
 いやー、ずっと金銭面には目をつぶってきたんですよ。
 家計簿つけたら絶対BL本にお金つぎ込めなくなると思って(笑)。
 でもなぁ。
 これほどとはなぁ。
 いやたぶん世の中にはもっと凄い方がいらっしゃるんでしょうが、正直なかなか半端じゃない額でねぇ…。
 
 はっ!
 ずっと結婚できないのは、BL本に人生つぎこんでお金も吸い取られてたからだと思ったけど、済んだことを、しかも金のことをこうやってグチグチ言う男らしくないところこそが原因だったと今気付いた!!!

 って、じつをいうと楽しいからいいんですけどね(笑)。
 正直びっくりはしましたが、イッツマイライフ!
 一昨日も『さにーべーる』のひなたさんにお声をかけていただき、スーパーコミックシティに初めて行って来ましたが、えみくりさんとか渡海奈穂先生とかいくしまみつぐ先生とか安寿先生とか、昔から大好きな作家さんの本が、しかも持ってない既刊ふくめて大量に並んでいるのを見て、あっというまに●万円消費!
 悔いなし!!
 まったく悔いなし!!!
 明日もショタケットだけど悔いなし!!!!

 というわけで、ここにブログ主の生きてきた証として、商業誌のみ&書籍のみ&本棚に出してある分のみという条件つきではありますが、やっとできあがった蔵書リスト(暫定版)を公開してみたく思います。
 ここに出てるのは、すべて一回は通読したものばかりです。
 こうして見返しても懐かしいなぁ…。
 見やすいように、作者名順、出版社名順、発行年代順の3タイプをご用意いたしました(笑)。
 これじつは、なんでこうして公開の場所にアップするかというと、ブックオフとかで「お、この本持ってないっぽい…」というBL本に出会ったときに、家にすでにあるかどうかを出先からネットで確認するためという意味もあります。
 便利でしょー(笑)。

 あ、もしここをご覧の方の中で、蔵書リスト作りに興味がある方がいらっしゃれば、今回学んだ楽なやり方を伝授しますので、お気軽にどーぞー。
 できたリストをやっぱりこうやってアップしておけば、古本屋で迷わなくて済むようになりますからね!(笑)

・ちーけんBL蔵書リスト・その1“作者名順”編 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ytsuk/list-aut.htm

・ちーけんBL蔵書リスト・その2“出版社名順”編
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ytsuk/list-pub.htm

・ちーけんBL蔵書リスト・その3“発行年代順”編
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ytsuk/list-year.htm

 アホがどんなBL本を買ってきたか、ご興味のある方はどうぞご覧ください(笑)。
 ひとつのページが約3メガあります。
 電話回線でネットに接続されてる方は、ちょっと重いかもです。
 ご注意を!

関連記事


Comments

 
みたー!
やっぱりすごぉぉぉぉぉい~!!
ここに優等生受けがたんまりとあるんですね・・・。
しかし木原さんが入っていたことは意外でした( ゚Д゚)
私は彼女がBL作家で一番好きなので★
あと昨日松本花さんの「苺王子」読んでたんですけど、とってもステキなメガネ受けでしたよ(笑)
オレ様×ツンデレ眼鏡でおもしろかったー。
カワイイとカッコイイがごちゃまぜなんで、私的にはヒットでした。
リストに確かなかったので、もし機会があればどぞー。

そして。
うわあスパコミ行ってきたんですね!
オメデトウゴザイマス。
もうひとりでどこにでも行けますね(笑)
これからもサラリーの多くをBLにつぎ込む、男前なちーけんさんでいてください。フフフ
私も歴史は浅いですが、やってることあまり変わりませんから。
やー、こんな30代でいいのかなあって、ホント思いますよねー。
でも結局、まいいか。で終わっちゃうんですけどもね。
 
 
そ、そ、そうだったのかああああああ
大変興味深い数値でした。
おそらく日本で初めて明確な数字を出してくださったことかと。
 
 
金額に驚愕したんですが、あえて言わせていただきます!
ちーけんさん、あなたは間違っていないッ!
すごく…爽やかです…!その生き様。
私はこちらのレビューがとてもおもしろくて商業BLもいいもんだったかもしれないなぁと改めて思えたので(しばらく遠ざかっていたんですが)、そうか、これがこのすばらしいレビューが書かれるために掛かった費用か、と数字にはとても感慨深いものがありました。
でも飲んでいた水を吹き出しそうになったことは白状しておきます。
ちょっとした図書館が作れますよこの蔵書数!!作業おつかれさまでした~!
 
うらやましいです。 
びっくりしました。ちーけんさんはきっとたくさんのBL本をもっているんだろうなと思っていたんですが、まさかこんなにも………。 けど自分で稼いだお金ならどう使ってもいいと思います。 金の無駄とか時間の浪費だなんてぜんぜん思いません。 そういうことを考えるひまがあるなら、優等生受けのBL本を一冊でも多く買って楽しく毎日を過ごしたほうがずっとましですよ。 私なんか住んでる場所が九州のN県のひっこんだところだから、行き帰り合わせて3000円以上かけて大きなデパートの中の本屋でBL本を買うか、たまに古本屋に連れていってもらった時BL本を探すかしか、購入する手段がありません。 学校の近くにある本屋は人の目がある上、品揃えがわるくてあてにできないんです。 それに比べたらち-けんさんは恵まれてますよ。 買いすぎかも……なんて弱気になるのは贅沢です 死ぬときになって『もっと買っておけばよかった』と後悔しないよう自分の欲望の赴くまま、買い続けて下さい。
 
 
 おおお、本ブログ始まって以来の数のコメントが一日で…!(笑)

>乱菊さん
木原音瀬先生は、大好きな作家さんですよ!
ぶっちゃけちゃいますと、ちょっと最近の作風はあまり好きではなかったりしますがw、『B.L.T.』とか『牛泥棒』とか『WEED』とか『Don't worry Mama』とかのころの作品はどれもめちゃくちゃ大好きです(><)
前にも書きましたが、まだ単行本になってない作品で、素晴らしい“優等生受け”作品もありますしね!
あ、次の記事はこのレビュー書こうかなw

いまamazonで『苺王子』の表紙見てきましたよ!
……なんでこれ買ってないんだろ。
明らかに買ってるべき眼鏡受けバリバリな表紙なのに…。
というわけで、たったいまamazonで発注してきました、てへw
年会費払ってプレミアム会員なので、もう明日の夕方には我が家に宅配ですよ!
ぶらぼーamazon!w
……って、このあたりに金のない原因があるような…w

>もうひとりでどこにでも行けますね(笑)

まだまだでちゅー(笑)。
いやさすがにJ庭とか無理っす…。
それが出来たら、国会議事堂にガソリン撒きながら突入できるぐらい、人間として成長できたような気がしますYO!

それにしても、サラリー注ぎ込むのはもう諦めるとして、乱菊さんもご自分のブログで書かれていたとおり、とにかく困るのは、本の置き場所ですよ!
どう考えても、今の勢いで買ってたら、乱菊さんがすぐに緊急事態に見舞われることは疑いないですからねw
てか、あれだけ雑誌も細大漏らさず買ってる乱菊さん、今は先輩の(?)私の目から見ても驚異すぎます…。
たぶん、来年の今頃はこちらが「乱菊先輩!」(さわやかな学園BL風に)と呼んでいる気が…(笑)←意味不明
 
 
>ひなたさん

でも、冷静な目で見ると、10ウン年脇目もふらず(?)BL本を買い続けてこの金額なら、趣味としてはまあ妥当かなという気もだんだんしてきました。
いえ、みなさんに励まされたおかげなんですけどw

とにかく今はこれからも同じ勢いで行けるよう、仕事を首にならないように頑張るだけでありますw
 
 
>鴨さん

毎度コメントありがとうございます~(^^)
いやー、友達にもよく言われるんです。
会社リストラされたら、マンガ喫茶開けって。
…友達はみんなウチにあるのが普通の少女マンガだと思ってるんですがw
図書館はさすがに無理だと思いますが、うーん、脱サラして“BLマンガ喫茶”ねぇ………無理です(笑)。

商業BLから遠ざかっておられたとのことですが、それはBL自体から離れていたということでしょうか?
それとも商業からだけ??
よく「BLから数年離れていたんですが…」というコメントを、BL雑誌の読者投稿欄で見かけて気になってたんですが、鴨さんもそうだったとは~。
ちょっとそのあたりの心理に興味がありまして(すいません^^;)、もしよろしければ教えてくださいませ…。

でも、「すごく…爽やかです…」なんて“やらないか”的な褒め方をしていただいてありがとうございますw(全然関係なかったらすいません)。
そのお言葉を励みに、命じゃないや、給料の続く限り頑張っていこうと思いま~すw
 
 
>沙来さん

こんばんは!
N県にお住まいだったのですか~。
九州のN県というと…。
ぬくおか県? にやざき県? にが県?
どうもしっくりいかない…。うーむ…。

などというどうでもいいボケは放っておきましてw、N県は一度仕事で行ったことありますよ~。
いやー、帰りの飛行機の時間間違えてて、しかも市内から空港までタクシーで1万円かかる距離だったので、もう泣きそうになりながら空港に滑り込んだ嫌な思い出が…。
初めて、空港で職員の方に付き添われて、無線で「いま最後のお客様そちらに向かってます~。ゲート閉鎖待ってください~」とか言われながら搭乗する体験をした思い出の地です。N県。
でも、N県は広いですからねぇ。
島部もありますし…。
大きな書店が往復3千円とは、幸せな自分の環境をあらためて噛みしめました…!

>死ぬときになって『もっと買っておけばよかった』と後悔しないよう自分の欲望の赴くまま、買い続けて下さい。

なんという名言…!
ですよねぇ。
今買わなかったら、絶対あとで「読んどきゃよかったー!」って後悔しますよね。
ホリエモンとか、村上ファンドの村上氏とか、ビル・ゲイツとか、みんな億万長者になっても働きつづけたり、悪いことして捕まっちゃったりしてますが、いっつもあれを見て思うんです…。
俺なら、あんなにお金たくさんいっぱい儲けたら、即刻引退してBL本読んで一生生きるのに…と!
そう思って、今も毎回ロト6を買う毎日です…って、何か人生の方向性が間違ってるな、自分w

たしか沙来さんは受験生ですよね?
進学されたら、きっと一人暮らしなどもされるんでしょうし、楽しいBL生活が待ってるはず!
今はブックオフなんかも発達してますから、遅れ(?)は充分取り戻せますw
その日に向けて頑張ってください~w
 
 
“BLマンガ喫茶”か~。いいですなぁソレ。あったらほぼ日通っちゃいそうだ…。

>そのあたりの心理

 私の場合、初めの頃(笑)は商業BLを読んでいたんですが、そのうち自分の好みというものが薄っすらと固まってくると、あ~こういうのが読みたいんだけどなー、惜しい!ということが増えてきたんです。
 「優等生受け(重要)」で「年下攻め」とか、社会人ものなら「上司受け」とかそのあたりでした。
 当時インターネット上での二次創作同人サイトなどがぽつぽつ出始めていたので、探しやすかったということもあり、私も学習しました。そうか、特定のカップリングなら読みたいものがピンポイントじゃないか!と。
 キャラAが優等生かつ受けのカップリングの場合、もれなくそれは優等生受けだということに気付き、私は真のハンターではなく、釣り堀で満足するアングラーとなったのです。
 しかしそんなウホッな環境にも10年くらいいると飽食時代のダメな人丸出しで、もっと…何かねぇか!こう、もっと…!という具合。
 現在はその「何か」を探して歩いています。(二次創作同人も読みつつ商業BL4割くらいです。)
 いろいろ読んでみて、こんな感じもいいなあと新たな突破口を探すというか、いろいろな萌えの形のカタログのような商業BLで新しい萌えを探しているというか。
 心理の自己洞察というより「ピンポイントへたどり着くまでの効率の良さ」⇔「それだけではないはずなんだ萌えってのは」を行ったり来たりしている感じですみません。しかし概ねこんな感じでした。

 ちーけんさんなら“やらないか”にOKくれると思っていました!(すごく誤解を招きそうな表現)
 これからも探訪の良き羅針盤としてレビューを読ませていただきたいと思いますw
 しかし見れば見るほどすごい数字だ…!!
 
 
初めまして。以前からちょくちょくレビューを参考にさせて頂いてました。雑誌掲載まで網羅されていて、初めて買う作家さんの場合、ちーけんさんの意見を見てから買ったり…。ありがとうございます。
5千926冊…素敵な数字ですね。地震がきたら圧死できますねw きっと眩暈がするほど幸せですねw ところで、その、ちーけんさんの汗と給料の結晶である蔵書リストが見れないんです…私だけでしょうか? 何度やっても見れないんです。見たいんです。2台のパソコンでやって、どっちも見れないんです。何か…暗号とかあるんでしょうか。
 
 
>鴨さん

なるほどー!
たしかに二次創作なら、“優等生受け”な特定のカップリングさえ見つけちゃえば、あとはそのジャンルに深入りしていけば、作品を探す手間が省けますもんね。
今だと、雲雀受けとか四月一日受けとか新八受けとか手塚受けとか柳生受けとかティエリア受けとか三成受けとか、そんなあたりですかねーw
僕は完全に商業から入ったクチなので、そのためもあるかもしれませんが、基本的には二次創作ってそんな好きじゃないんです。
いえ、もちろん好きは好きで本も買ってますがw、オリジナルほどにはのめりこめないというか…。
だから、ネットで同人サイトを探すときも、オリジナルの優等生受けサイトを探してばっかりですw
なんで二次創作がそんなに好きじゃないかを考えると…。
あれって読む前に、原作でのキャラ設定とか全部知らないとダメじゃないですかー。
僕は、そういう“前提条件”が必要なのってどうもダメなんですよねぇ…。
とにかくその一作さえ読めば、ちゃんと完結してるってのが好きなのです。
というか、ほら、原作って読んでみたら、たしかに雲雀とか手塚とかティエリアとか個々の優等生キャラには萌え萌えしちゃうんですが、ストーリー自体はどうにも受け付けなかったりすることもあるじゃないですかーw
どうも、あれが面倒くさくて…。
と言いつつ、今はティエリア受けとか結構探して買ってはいるんですけどもw

しかも鴨さんがおっしゃるとおり、二次創作は作品ごとの差が激しいですからね!
なかなかイイ作品にぶつかるまでの時間と手間が必要で、それならば商業で一定レベルの作品を渉猟しているほうが、効率よく感じたりしますw

しかし、釣り堀を深く漁るアングラーですか…(笑)。
ぜひ、その成果を教えてくださいw
なかなか釣り堀は勝手を知らない素人には入っていきづらいところですので、その成果をぜひ!(笑)

じつは、ずーっと悩んでるんですけど、このブログで二次創作の“優等生受け”な同人誌を紹介しようか迷ってるんですよね。
そこまで手広げると収拾つかないだろうという。
でも、中にはとんでもない本があるわけじゃないですか!
先日も、古街キッカさんの手塚受けの素晴らしい素晴らしい同人誌を読みましてねぇ…w
いやもうこれを同志のみなさんに紹介したい! とw

たしかに、商業と二次創作の行ったり来たりは、自分の新しい萌えポイントを探す旅でもあるような気がします。
二次創作を読んで、あっ、こんなBLが…! と気づかされることも多いですよね。
それにしてもBLとは広く大きな海ですなー!
航海するのが疲れる疲れるw
 
 
>梅ヶ丘さん

はじめましてですー!
こんなBL界の辺境にあるブログにおいでいただいてありがとうございますw

蔵書については、前の家に住んでいたときに、本棚のある部屋で寝ていたので、地震が来たらマジに圧死すると思い、たしかにそれはそれで本望で幸福かもしれませんが、やっぱりイヤなのでw、今の家に引っ越して本は本だけの専用の部屋に押し込めてしまいました。
近日中に、書庫の写真を公開するつもりですので、どうぞお楽しみに(?)

さてさて、蔵書リストの件、僕も今確認してビックリしました。
み、見れない…!
慌てて調べたら、データを置いているFC2ホームページ(無料版)は、500KB以上の大きなファイルはアップできないそうで、どうも運営側から削除されてしまったようです。
しょうがないので、有料版にアップグレードしてすぐに修正する予定です~。
記事にも書きましたが、外出先で「この本はもう家にあったっけ…?」を確認するために作った蔵書リストなので、ネットで見られないと意味がないのでw

2、3日中に手続きしますので、すいませんが、しばしお待ちくださいませ~。

今後ともお時間とお暇がありましたら、ぜひまたお立ち寄りください!
また、良い本があったら教えてください~。
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。