ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[雑記]思いついたぁぁああ!!! こんな新ジャンルはどうですか!!! 「BL出版社擬人化ボーイズラブ」←ややこしい!


Category: 雑記   Tags: ---
 辺境に位置する本ブログとしては珍しく、先日書いた記事(こちら)を、他のブログさんでいくつかご紹介いただいたりしました。
 ありがたや~。


 どんな記事だったかというと、最近創刊された『B・PRINCE文庫』が、ビーボーイブランドの文庫なのに、角川&アスキー・メディアワークスの発行、販売になっていて、リブレ出版は単なる「企画・編集」としてしかクレジットされておらず、このままではリブレ出版の将来は危ういのでは…ということを、思いつきで書いただけの記事だったのですが、これが意外な反響だったわけです。

 で、一昨日には、普段から本ブログによくコメントをいただいている乱菊さんのブログ『モエガタリ』でもご紹介いただき恐縮していたのですが、そのことを乱菊さんはわざわざコメントの形でお知らせくださいました。

 そのコメントの抜粋部分がこちら。

(リブレ出版は)絶対に角川とアニメイトにいいようにされるような気がしますよ。
・・・・・・ハッ!3P!?
どんなに汚されても心の純白は守ってほしいです、リブレ(笑)
いつかひとり立ちが出来るその日まで。
健気受けだなあ・・・


 このコメントを読んで、ブログ主は乱菊さんの妄想力に感服していたのですが(笑)、今度はこちらもよく本ブログにコメントをいただく、ともじさんからコメントをいただきました。

リブレのこの先も気になるけど、乱菊さんの

「健気受けだなあ・・・」

っていう一言に、ズキュんとさせられてしまいました・・・
健気受けなリブレ、超そそられるんですけど!!


 で、恥ずかしながら、ちーけんは、ともじさんのコメントを見て、思いついてしまいました(笑)。
 ほら、最近『ヘタリア』(←国を擬人化したBL?マンガ)とか、山手線の駅の擬人化とかが、BL界で流行ってるじゃないですか。
 ならば…。

 BL出版社擬人化ボーイズラブ、という新ジャンルはどうでしょうかぁああ!!! と(笑)。

 とりあえずはこんな感じでしょうかね…。

 両親の会社の倒産で一度は路頭に迷ってしまった健気な少年・青磁リブレ。

 かつては裕福な家庭の少年たちが多かった名門校『BL学園』だったが、出版不況の波に洗われ、リブレ少年の同級生だった桜桃瓦斯人(おうとう・がすと)、双葉洒落人(ふたば・しゃれーど)、白夜淫麻樹(びゃくや・いまーじゅ)など、錚錚たる美少年たちもみな、ある者は新興財閥のカリスマ当主・海キング(うみ・きんぐ)に買われ、ある者は謎の耽美オヤジ・幻冬輪姦寿(げんとう・りんくす)にカラダを売り、ある者はいずこともなく消えていき、それぞれ哀れな運命を辿っていたのだった。

 そんな中、突然現れた正体不明の“あしながおじさん”ムー・ビックの援助で何とかBL学園に残ることができたリブレ少年だったが、ようやく庇護者を見つけ安楽な生活を送れると思ったのも束の間、強欲な金貸しが2人も青磁家に乗り込んできたのだ…!

 道楽で映画業まで手を出し、着々と会社を巨大化させていく老舗の金貸し・角川と、角川の援助を受けつつその下を抜け出そうと画策する新興金貸し・明日来メディ夫(あすき・めでぃお)。
 2人は、対抗するかのように青磁家を乗っ取ろうと画策するが、リブレ少年は汚れを知らないような瞳で、「BL学園を辞めたくない!」と健気に頑張りつづけるのだ。

 そんなリブレ少年に、自分たちの汚い欲望を見透かされたように思った角川とメディ夫は、ある日、思いあまってリブレ少年を陵辱してしまう!!!!

角川「フフフ…。この編集部が入ったビルじゃないや、家がどうなってもいいのかね、リブレ君。今ここで私たちにカラダを差し出すか、BL学園を退学するか…。どちらかを選びたまえ!」

メディ夫「僕たちには君をそうするだけの力があるんだよ。観念しなよ」

 そうして哀れ若いカラダを陵辱されるリブレ少年は、快感に喘ぐなかで、いつの間にか両親の残した会社を2人に譲る書類にハンコをつかされ…!

 ところがですよ!
 ここから物語は意外な展開に!

 気の向くときにカラダを思うままにされ、悔し涙を流していたリブレ少年でしたが、最初はヒドイだけの男と思っていた角川が、一緒に暮らし始めてみると、意外に優しい面もあると気付いてしまったのです。
 おお、なんたるご都合主義!!!!
 そこに若くてぴちぴちしたメディ夫まで絡んできて、リブレ少年の明日はどっちだ!!!


 なんじゃこりゃ(笑)。
 だいたい「メディ夫」って無理ありすぎだろという(笑)。
 やっぱりナイな、「BL出版社擬人化ボーイズラブ」(笑)。
 いいアイデアだと思ったんだけどなー!
 
 それにしてもリブレ少年の明日は本当にどっちにあるんでしょうねー(笑)。


関連記事


Comments

 
もーーーーーすげえ面白いんですけどっ!!!!(≧△≦*)/
ニヤニヤしながら読んでしまいましたよ。
しかも私・・・ちょっといま(隠れ)擬人化フリークなんで。
こないだは百貨店シリーズの妄想が楽しかったなあ・・・・・・←バカ

しかしこのお話はBL業界の栄枯盛衰をずっと見てきたちーけんさんにしか書けないシロモノです。
すごいすごい!

桜桃瓦斯人くんは私が読みだした頃にはすでに姿はなかったです。
ブクオフなどでしか見かけませんもんねえ・・・・・・
まるでそれは遊郭に売り飛ばされた子たちのようで(。´Д⊂)
ほとんどがその場限り(の立ち読み)で、身受けされてもいつまた売り飛ばされるか・・・。

そして海キングと幻冬輪姦寿!
輪姦寿の当て字が本当に胡散臭いたら(笑)
幻冬はエロヒゲオヤジだよ、間違い無い。
キングは名のごとくオレ様だなー。

でねでね・・・角川のふと見せる優しさに絆され、メディ夫の強引さにも惹かれつつあるリブレ少年なんだけど、そこで忘れちゃいけないのが後見人のアニメイトグループですよ!
リブレ少年の行く末はいかに・・・・・・。
次号を待て!

てな感じですΨ( ̄∀ ̄)Ψ
あー楽しいー☆
ちなみにこれらはCJ Michalskiさん作画でお届けいたします。
だって大映風ベタベタ展開と言えばCJさんですから(笑)

ところでリブレ少年、5/28に「クロフネZERO」を創刊らしいですが・・・これはビブロス時代の「マガジンZERO」の流れですかねー。
私この雑誌は読んだことがないのでターゲットがよく分からないんですが、クロフネはお嬢様に捧ぐオールジャンルコミック誌というキャッチでした。
え、それってけっこう中途半端・・・(-ω-;)

とにかく懸命に走っているリブレ少年からは目が離せないですね!
長々と失礼しました~ε=(ノ゚д゚)ノ
 
 
せっかくなので、ご自分のブログで研究(?)されていた成果を生かし、乱菊さんが“出版社擬人化BL”を小説にして、リブレの新人賞に応募してみるというのはどうでしょうかw
大賞とったら、きっとCJ先生が挿絵を…!w
それにしてもリブレ少年、健気受けでありつつ、優等生受けな感じにも持って行けそうな…w
そうすると、BL学園の中でリブレ少年に手を出してくる不良生徒が必要だなぁ…。
ちょっとアダルトな匂いを漂わす謎の外人、フランス=プランタンでも登場させますかーw

現実社会で何か展開があったら、本ブログでも「次号」を書こうと思いま~すw

百貨店シリーズで擬人化妄想に勤しまれていたとのこと、あれですか、伊勢丹×三越とかですかw
あそこも合従連衡が激しいですからね。
妄想のしがいがありますよねぇ!
ダリアでだったかなぁ、4、5年くらい前に、なると真樹先生がデパートの名前をキャラ名につけたBLマンガ描いてました!
ほぼ名前だけでしたけど。
あのころはデパートの合併とかなかったですしw

「クロフネ」は、ご推察のとおり、ZEROの流れみたいですね。
いやー、ZEROはハッキリ言ってどうにもならなかったですからねぇ…。
なんつーか、『ウィングス』と同じ読者層に行くしかないと思うんですが、『ウィングス』自体、長年苦戦してるわけですしねぇ。
BLでも普通の恋愛もの少女マンガでもない女の子向けマンガってのは、わざわざ独立させて一ジャンルにする理由に乏しいですよね。
というわけで、クロフネも前途多難じゃないでしょーか。
僕も買う予定ないですし~。
つーか、BLを描く才能のある人たちを、クロフネで浪費するくらいなら1号目で休刊してほしいくらいです…(笑)。

でも、創刊ってのは経営体力を大きく浪費しますからねぇ。
なんとなく、青磁家の屋台骨を揺るがしてしまうような気も…。
でも今回は家名回復に燃えるリブレ少年直々のお仕事ですからね!
きっとロマンスグレー角川に相談してると思いますが、はて…w
 
とうとうBL作家に?! 
こんばんは、ちーけんさん。
連休中にちょっと旅行に行っている間に、
なんという進展ですか!(笑)

妄想BL出版社擬人化小説、面白すぎです。
一人、部屋でPC眺めて「フフ」とか笑っている
いたたまれない独身女の身にもなってくださーい(^^;

優等生リブレ君の健気な受け加減を詳細に知りたいので、
是非、あらたに「創作」カテゴリーでも作ってしまって下さいv
あ、でも、寸止めにうち震える私の希望としては、
ロマンスグレー角川と若いメディ夫とは、
最後の一線は超えそうで超えていない設定で、
お願いしたいと・・・

濡れ場はリブレ君の学友達の方で、
さんざん堪能させてもらいつつ、
リブレ君の純潔はかろうじて守られている方向で。
って、書いていて鼻血が出そうです(笑)

妄想が止まらない~~

でも、現実ではリブレ少年には、
立派に青磁家をたて直してもらいたいですね。
とはいえ、私も「クロフネ」は買う気になれないし、
ちょっと心配です・・・

 
 
ともじさん、こんにちは~w

全くBLと関係ありませんが、ともじさんのメアド、黄身しぐれってあの和菓子の黄身しぐれですよね??
いやー、僕も大好きなんです、あれw
おいしいですよねぇ…。
でも、和菓子屋さんによっては、まったく売ってないところもあったり、人によってはそんなお菓子があることすら知らない人もいますからね…!
ネットで調べると、東京の青山に超おいしい黄身しぐれを売っている和菓子屋さんがあるそうで、いつか買いにいこうと虎視眈々と機会をうかがってます。
…って、違う黄身しぐれのことだったら、すいませんw

いえいえ、創作カテゴリは無理ですw
自分に文才がないのは、ブログ書いてて嫌というほどわかりますのでw
というわけで、ここはともじさんがぜひ…w
乱菊さんとともじさんが、この出版社擬人化BLの生みの親ですからねw
それにしてもGWにご旅行ですかー。
いいなー。うらやましいなー。

なるほど、リブレ君と悪役(?)2人は、最後の一線を越えずにいたぶられちゃってる関係なのですね…。
ふむふむ。
それはいい設定w
そうか、それで本命の学校の友達との間で、真実の愛に目覚めちゃうんですな!
…って、人によっては、リブレ君はロマンスグレー角川との間で真実の愛に目覚めてほしいという人もいそうだなぁw
あとは学校の友達を誰にするか…。
やっぱりかつて名門だったけど落ちぶれた同士ということで、桜桃瓦斯人くんあたりかなw
でもそうするとなんか弱い2人で百合っぽいから、やっぱりここはちょっとアダルトな雰囲気を漂わせる謎の外人不良少年、フランス=プランタンを持ってきますかw

本ブログは投稿歓迎ですので、ともじさんの執筆作を心よりお待ちしていますw
 
 
桜桃瓦斯人くんとリブレ少年のお花カプの間に割って入るのが、フランス=プランタン(笑)
でもこいつはただ寂しいだけなんです。
自分も友達になりたかった・・・・・・その歪んだ気持がエロスな方向に~( ´ー`)

瓦斯人くんとリブレ少年は友愛ですよ!
イチャイチャ百合カプ♪
でも素直じゃないそんなプランタンくんの本心を、瓦斯人くんだけは知ってしまうのれすー。
つことでプランタン×瓦斯人なの。
ケケケッ、楽しい★
 
 
おぉ、ちーけんさんも黄身しぐれ好きですか!
さすが優等生受けスキー同士、気が合いますね♪(笑)
そうそう、黄身しぐれというお菓子を知らない人もいるんですよねぇ。
青山の美味しい和菓子屋さん情報、是非教えて下さい!
銀座松屋のデパ地下にある日本茶カフェの黄身しぐれも美味しかったですよ(^^)

さて、創作カテゴリーは無しですかぁ。残念。

私の脳内妄想ではですね、プランタン×瓦斯人っていうのは乱菊さんと同じですよ!で、リブレ少年は、最初は憎みさえしたロマンスグレー角川にいつの間にか心を奪われちゃうんですよ!
強引に思えた角川が何故か最後の一線までは超えず、リブレ少年はそこに愛を感じると同時にもどかしさも感じるように・・・
角川との気持ちの交流までには、まだまだ長いすれ違いの日々が続くんです(私の趣味で)。そして濃厚なクライマックスへ・・・!!

あ・・・現実の世界からどんどん遠ざかっているような。
これ、該当出版社の関係者には読まれたくないですね(笑)。
 
 
>乱菊さん

いやー、遅レスですいません~。
風邪と多忙で死にそうで…。
と思ったら、乱菊さんのブログを見ると、乱菊さんも更新止まってますね…。
もしや風邪でも引かれましたか!?
僕のやられた風邪は、後輩が香港からもらってきたものでえらいタチの悪い風邪でしたが、どうぞカラダにはお気を付けて…。

で、瓦斯人くんとリブレ少年は友愛なイチャイチャ百合カプの件、完全に了解いたしましたw
わかる、わかるわー!!!
現在、第二弾執筆に向けて(?)、脳内構想中ですので、どうぞ楽しみにお待ちくださいw
しかしやっぱり乱菊さんは、目の付け所が鋭うおますなぁ。
あれだけ毎月読みあさっている成果がしっかり出てますねwww
 
 
>ともじさん

ほほー。
ともじさんはその書き方からされますと、東京在住ですか?
銀座松屋ですかー。
銀座なんて取引先接待するくらいしか行かない街ですがw、時間を見つけて松屋の日本茶カフェ、行ってみようと思います。
でもなー、だいたいああいうところって、男一人だと入りにくいんだよなぁw

で、ネットでみんなが勧めている日本一の黄身しぐれと評判が高いお店が、こちらです。
青山一丁目にあるという菊屋さんです。

http://home.h00.itscom.net/kikuya/index.html

ここのHPに商品が出てますが、いやーこりゃたしかにうまそうですw
明日、麹町に仕事で行くので、もし寄れたら帰りに買って帰ってみようと思いますw
じゅるじゅるw
ぜひ機会があれば、ともじさんも食べてみてくださいw
和菓子屋さんでも、けっこう黄身しぐれ扱ってないところ多いですからねー。
去年、京王百貨店とか西武、東武、そごうとかいろいろ回ったんですが、半分以上の店で置いてありませんでした。
とほー。

さて、個人的な好みでいえば、オッサン攻めは嫌いなのでw、ロマンスグレー角川は最後リブレ少年にしっぺ返しをくわされるといいと思ってますw
やっぱり少年同士がいいー!!!
みなさんのご意見を取り入れた第二弾をそのうちアップしますので、しばしお待ちくださいませw
 

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。