ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[主張]地球温暖化防止の決め手? 脱「白熱電球」は、オタには困る


Category: 主張   Tags: ---
 この「主張」ってカテゴリで記事書くのも久しぶり~。
 で、いったい何を主張するかといえば、一昨日の朝日新聞でも大きく特集していたのですが、脱“白熱電球”が地球温暖化防止の重要な対策のひとつとしてクローズアップされてきています。
 代わりをどうするかというと、最近流行の「電球型蛍光灯」を使おうということなんですね。
 蛍光灯は、従来の白熱灯にくらべ、消費電力で5分の1、寿命は10倍。
 切り替えが進めば、家庭ごとの年間消費電力は大きく低下しますから、必然的に電力会社が発電所より排出する二酸化炭素の量も少なくなるということなのです。
 昨年末には、政府が正式に脱“白熱灯”を進め、白熱電球の製造を中止するようメーカーを指導していく方針を決定する旨、報道が相次ぎました。

 しかし!

 いいことずくめに見える電球型蛍光灯への転換ですが、腐女子腐男子はじめ、オタのみなさまには困ったことがあります。

 てか、オタのみんなが何で声を上げないんだろうと思うんですが、蛍光灯からは微弱な紫外線が常に放射されており、この紫外線の効果で、BL本(だけじゃないけど…)の買ったときは鮮やかな表紙のカラー印刷が、徐々に退色していくのです。
 直射日光が当たるところに、新聞紙や本を置いておくと、あっというまに紙が黄ばんだり、印刷が退色したりしますよね。
 あれは日光に含まれる紫外線の影響によるものです。
 蛍光灯に含まれる紫外線の量は、日光にくらべれば微々たるものですが、決してバカには出来ない量が入っています。

 なんでこんなことを言うかというと、今の家に引っ越すまで、ちーけんは10年間ほど普通の蛍光灯の下にBL本を保管していたのですが、気がついたら背表紙は汚く色あせ、何ともみすぼらしい見てくれになってしまったのです~(悲)。
 徐々に進む退色というのは、毎日ほんのちょびっとだけ進んでいくので、普通に暮らしているとわからないのですが、気がついたら、あんなに大事に直射日光を当てないように遮光カーテンを張った部屋の中で保管していたBL本やエロ本や少女マンガの数々は、室内の蛍光灯の紫外線によって、取り返しのつかない退色を起こしていたのでした。

 ショック!!!(笑)

 ずぼらな性格なもので、会社に行ってる間も家の蛍光灯を付けっぱなしだったりした自分の行動が悪いといえば悪いのですが、10年経って引っ越すときに気づいたら、買ったときはあんなに瑞々しい色だったBL本の表紙が、ものすごく白っぽいくすんだモノになっていました。
 ちーけんは、本棚の棚に、本を二重に並べるのですが(手前&奥に二重配置。前の本をどけないと奥の本が取れない)、お気に入りのBL本ばっかり前にならべておいたおかげで、蛍光灯の紫外線にさらされたそれらの本の背表紙は真っ白け!
 つまんないからと奥に入れていたBL本ばかりが美しいままという悔やんでも悔やみきれない状態!

 ほんと今でも悔やんでます。
 なぜもっと早く気づかなかったのかと。
 それにしてもまざまざと蛍光灯から出る紫外線の恐ろしさを味わされたのでした…。

 いまwebで調べてみても、あまり蛍光灯から出る紫外線についてのデータは転がっていないのですが、あるページによれば、直射日光に含まれる紫外線の1~2%程度が蛍光灯には含まれているそうです。
 これを少ないと思ってはいけません。
 直射日光にさらせば、1週間もあれば本なんか退色しちゃいますからね。
 蛍光灯なら、その100倍の時間がかかるとしても、100週間=2年。
 実際には夜寝るときには蛍光灯を消すでしょうから、そんあことを考えても、やはり5~6年あれば大事にしてる本の数々が退色してしまう結果になる計算になります。
 実際、美術館用の商品として、蛍光灯を覆う紫外線カットのフィルムなども売ってますし。
 「そうは言うけどたいしたことないんだろ」という思いこみは厳禁です。

 さて、冒頭の話に戻りますが、報道どおり2010年を以て白熱電球の製造が停止されるとしたら、ちーけん的には大問題です。
 以前の教訓を生かして、今の家ではちーけんはすべての蛍光灯を松下電器の「紫外線カット覆い」のついたものにしているほど神経質になってるのに、そんな「ノー紫外線ハウス」たる我が家に、「電球型蛍光灯」なんて野蛮なものを使えとは!
 もう大事にしてるBL本の数々が、ある日気がついたら退色してたなんて思いをしたくないのです~。
 頼むからこのまま白熱灯を使わせてください~。

 これって腐男子のワガママでしょうか(苦笑)。
 いやもちろん環境問題の重要さはわかってるんですよ。
 でも…という(笑)。
 BL本に限らず、マンガとか本とか紫外線で退色するものを集めている人間には、かなり切実な問題だと思います。
 ホントに白熱灯が生産停止になったら、マジで電球を300個くらい買いだめするつもりのちーけんですが、いまけっこう本気で悩んでます(笑)。
関連記事


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。