ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]「僕の頭なでて…」 前代未聞のお願いをしちゃう無口優等生が登場! 『花音』08年2月号より、いつきまこと『ゼロまでの旋律』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-天才    特徴-高校生  ●ア行-いつきまこと  攻め-クラスの人気者  
花音 2008年 02月号 [雑誌]花音 2008年 02月号 [雑誌]
(2008/01/15)
不明

商品詳細を見る


 昨日の休みは一日かけてヤフオク出品に励んだちーけんです。
 頑張って70冊も同人誌を出品しました。
 なんて言ってると、ここのブログの読者さまに、お互いそうとは知らずにちーけんの出品したものを落札されちゃったりなんてこともありそうですが、ところがどっこい心配ご無用。
 “優等生受け”じゃなかった同人誌ばっかり出品してるので、ここの読者さまが買わないような本ばかりなのでした~。
 ちゃんちゃん。

 というわけで、世界同時不況に陥ろうとしている世界経済を見習ってでもいるのか、近年希に見る“優等生受け”不況に陥っている08年1月発売のBL新刊界ですが、やっとこさっとこ見つけましたよ~。

 花音08年2月号にて、いつきまこと先生が描かれている短編『ゼロまでの旋律』です!

 昨年8月にでたコミックス『恋愛事情』の中でも、ネクラなオタク優等生受けを描いてくださっていた、いつきまこと先生ですが、花音の読み切りでもこんな優等生受けを描いてきてくださるとは、やっぱり相当なスキモノと見ましたよ……“優等生受け”の。

 主人公(攻)は、学校中の誰からも好かれるほがらか高校生の日浦です。
 明るくて人情深くて太陽のような性格の日浦ですが、ある日、不得意の音楽の試験で大失敗、翌週の再試験を言い渡されます。

「学校…やめたい!」

 プクーッとふくれて、友だちに泣き言を洩らす日浦を、クラスメイトたちは超甘やかし。

「なんでさ、日浦っち!」

「日浦ちゃんいなくなったら泣く!」


 なんだかここまで読むと、学校中から可愛がられるアイドル少年的な、受け受けしい匂いを発する日浦ですが、ちゃんと攻めキャラですからご安心を(笑)。
 ここまで日浦が泣き言を言うのには、ワケがありました。
 音楽教師から、同級生で天才ピアニストの桐緒(きりお)に試験までの一週間の面倒を見て貰うように命令されたからです。
 桐緒は将来を嘱望されるピアニストとしてすでに全国的に有名な存在。
 高校生とは思えない落ち着いた物腰と、際だった無口で、同級生からも一目置かれる優等生でした。
 明るくていつも側に誰かいないとダメな日浦にとって、無口で何をしゃべったらいいのかわからない雰囲気の桐緒は、同じ高校生とはいえ、別の生き物と思えるくらい縁遠い存在。
 そんな桐緒と一週間過ごさねばならないなんて…。
 日浦はそのことを思うと、果てしなく気が重くなってしまうのでした――。

 で、ここで桐緒が登場してくるわけですが、その登場シーン、桐緒のまとっている雰囲気がいいんですなー。
 「ごめんくだ…さい?」と、恐る恐る音楽室の扉を開けて挨拶した日浦に、無口という評判どおり、ピアノの前に座ったまま、まったく声を出さずに会釈を返す桐緒が描かれてるんですが、きっちり制服を着こんで、頭の良さそうな眼鏡かけて、髪の毛はちょっと長めで耳が完全に隠れちゃうくらいで、もう見た瞬間、たたずまいが「優等生!」という感じです(笑)。
 一昨日花音を読んでいた時、「うおー、このキャラがあとで日浦にメロメロになっちゃうんだよね?」と早くもこの時点で妄想に励んだちーけんは、桐緒の醸しだすあまりに優等生的な色っぽさに思わずガッツポーズしちゃったほどでした(笑)。

 そんな無口な桐緒と、毎日の放課後、歌の練習に励む日浦は、何もしゃべらないけれど、日浦が歌いやすいように、そしてうまく歌えるようにと工夫してピアノを弾いてくれてる桐緒の心を感じて、当初わだかまっていた気持ちが嘘のように氷解していきます。
 うむ、このへんはBLの王道展開ですな。

「俺、お前の事、誤解してたかも! お前すごくいいヤツなんだな! あらためて一週間よろしく!」

「…うん」


 このシーン、桐緒の顔をよーく見ると、ちょっとだけ頬が赤らんでいて、「あ、日浦にこんなこと言われて嬉しいんだな」というのが読者にわかるようになってます。
 ほんのちょっと赤くなってるだけなので、よーく見ないとわからないんですけど(笑)。
 頬を染める優等生…。
 いいですなぁ(笑)。

 すっかり仲良くなった日浦と桐緒。
 練習のあとに、2人でお茶を飲みながら座り込んで、ぽつりぽつりと話をすることも多くなります。

 さあ、こっから神展開!

 練習5日目。
 練習後のおしゃべりの中で、桐緒が日浦にぽつりと言いました。

「日浦は…いつもまぶしい…」
「僕…話すの…苦手だから…」
「だから日浦がうらましかった…」
「みんなに頭撫でられる日浦…」


 そんな本音を語る桐緒にドキッとする日浦は、そんな自分の気持ちを誤魔化すように、桐緒の頭を慌てて撫でてあげるのでした。

「じゃあさ、俺いつも撫でられすぎてるから、その余計な分を桐緒にしてやるよ」

(なでっ)


 撫でられた桐緒は、とても嬉しそうな微笑みを見せながら、日浦に「…うん」と感謝の気持ちを伝えます。
 頭なでなでされてはにかむ優等生…。
 これだけでも相当萌えますが、神展開というからには、こんなもんじゃありません(笑)。

 翌日の練習が終わり、一緒に下校する日浦に、桐緒がこんな殺人的セリフを言っちゃうのですよ~!

「…日浦」

「ん?」

「…もう一度…。あたま…撫でて…?」


 優等生っぽい無表情でこんなお願いをする桐緒!
 ちなみにダッフルコートにチェックのマフラーという、いかにもダサイ優等生的格好をしてますよ、このときの桐緒は。
 そ、そんなダサダサ優等生な格好をして、「頭なでてほしい」と頼む桐緒…。
 ブハーッ!
 鼻血が、鼻血がとまびばぜぶー!!!

「いいよ」

 もちろん桐緒の願いを日浦が拒むはずもありません。
 ドキドキしながら日浦が桐緒の頭を撫でてやると、緊張が溶けたかのように、桐緒が頬を赤らめて微笑むのです!
 これぞ神展開!
 ぬあー!
 桐緒かわえぇぇええええ!!!!!!

 なんなんでしょうか、この可愛い生き物!

 しかもですよ…。
 この後、さらに桐緒の可愛い行動が飛び出すのですが、そこまでご紹介しちゃうと、みなさんがこれから読む楽しみがなくなってしまうので、ここでストップしておきましょう…。

 いやー、ちーけんも数多く“優等生受け”を読んできましたが、「僕の頭なでて…」とお願いしちゃう優等生は、初めて読んだ気がしますよ~。
 だいたい優等生キャラって、あんまり甘えるシーンが登場しないですからね!
 こんなに素直に甘える場面のあること自体、超レアなんですが!

 今回は、太陽のように明るい同級生・日浦に、天才優等生ピアニストの桐緒が甘えちゃって…というお話しでしたが、きっとこの2人、くっついたあとは、友だちが多いし、女の子にも好かれるしで落ち着かない日浦に、物静かで無口で、でも日浦のことが大好きな桐緒が、口にはださねどヤキモキしながら付き合っていくと思うんです。
 あー、続編が読みた~い。
 社交的な彼氏にヤキモキする優等生のストーリーが読みたい~~。

 コミックス化の暁には、その夢が願うことを祈りつつ、本稿の筆を置くことにいたしましょう…。
 たのむー!
関連記事


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。