ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]第2回は優等生・秋吉の喘ぐシーンたっぷり!(笑) 『コミックリンクス』vol.17より、斑目ヒロ『かわいい悪魔-逃避』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-美人の優等生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  特徴-高校生  ●マ行-斑目ヒロ  
Comic Magazine LYNX (コミックマガジン リンクス) 2008年 01月号 [雑誌]Comic Magazine LYNX (コミックマガジン リンクス) 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/08)
不明

商品詳細を見る


 前号の『コミックリンクス』からシリーズ連載として始まった、斑目ヒロ先生の“優等生受け”マンガ『かわいい悪魔』。
 今月(07年12月)発売の最新号で、第2回が掲載されました!
 しかも今回はコミックリンクスの表紙を、主人公の2人が飾ってます!

 第1回のお話しが知りたい方は、まずはこちらの記事へどうぞ。

 このお話しの主人公は、密かに自分の「キレイ」と言われる外見をコンプレックスにしてきた眼鏡優等生・秋吉です。
 決して可愛い美少年キャラではなく、きっちり制服を着こんでいるような、お堅い委員長タイプの美人優等生。
 表紙の左側に立ってる眼鏡の高校生が秋吉です。

 そんな女性的な自分の外見が嫌いでたまらない秋吉が、唯一「こいつにだけは男として負けてない」と思ってるのが、校内一の美少年「ふうちゃん」こと成瀬楓太でした。
 表紙で言うと、右側が楓太ですね。
 美少年でしょ?(笑)

 ある日、秋吉が楓太から突然、愛の告白をされたのが前回までのお話し。
 自分の外見へのコンプレックスから、男なのに華奢で可愛い“校内のアイドル”なんてクソ食らえと思ってる秋吉は、当然ながらそれをお断りしたのですが、その途端、楓太は悪魔の本性をむき出しにして、秋吉に襲いかかってきたのでした。
 じつは外見だけは儚げな楓太は、喧嘩で誰にも負けたことがない超極悪高校生という本当の顔を隠していたのです(笑)。
 前回は、恐ろしい目つきの楓太が「初めは誰だって痛いだろうけど 何回もしてやっから すぐ慣れるって。少しでもましなよーに いっぱいなめてやっから。さっ 始めよっか(はーと)」と言いながら、秋吉を押し倒すところでお話しが終わってました。

 さて今回!

 いきなり秋吉の回想シーンから始まりますよ!
 そうです。
 前回のラストシーンで描かれなかった“手ごめシーンその後”が、秋吉の記憶の形で再現されてるのです!
 うひゃー(笑)。

(あの日… いきなり豹変した成瀬は 狂暴で 口も悪く)
(普段見せてるかわいさなんて欠けらもなかった)

 そんな秋吉の心のつぶやきとともに、自分より小さい身体の楓太に押さえ込まれてまったく抵抗できずに犯されちゃう秋吉のHシーンが描かれてます。
 いやー、“優等生受け”好きにはたまらない絵なんですわ、これが!

「ん… ふ…ん あ… や… いやだ…」

「くくく… うそつけ」

「ああ こっちのほうがいいか?」

「あっ! ああ… ひぁ…」


 眼鏡でYシャツ着たままの優等生・秋吉が、超美少年のふうちゃんに優しくキスされたり、前をはだけられていろんなところを舐められたりして、最後には涙を浮かべながら「ビクビク!」と身体を震わせるシーンです。
 ああ、素晴らしい…。
 いろいろされちゃって、顔を真っ赤にしながら我慢してる秋吉が可愛いこと!
 世の中に著作権法なんてものがなかったら、即刻スキャンして載せてるところですよ!

(何よりショックなのは 感じてしまった自分)

 はい、そしてきました!
 優等生の味わった屈辱感!
 自分よりか弱くて力もないはずの美少年から、手籠めにされて感じさせられちゃった秋吉の悔しさ!
 でも、身体は完全にいいようにされちゃって、気持ちよくなっちゃってるところが可愛いんですなー(笑)。

「あーあ。いっちゃった。――秋吉ってさ ちょっと痛いくらいが好きなのな」

「あ…」

「それに 意外と快感に弱い」

「はああ…ん」


 Hシーンの回想場面の最後は、イヤらしい喘ぎ声をあげてる秋吉の大ゴマで終わってます。
 もう目をつぶっちゃって、完全に快感に溺れてる優等生の図になってるんですが、これがまたやらしーんですなー(笑)。

 その後も毎日、みんなの前ではか弱い美少年のふりをしながら「秋吉くん…いっしょに帰ろ?」なんて可愛く誘ってくる楓太から、何とか逃げだそうと秋吉は万策尽くします。

 楓太が来る前にダッシュで学校から逃げてみたり、調子が悪いふりをして保健室に逃げたり。
 でも、そんな甘いことを許す楓太ではありません。
 ことごとく見破られ、秋吉は楓太の好きにされてしまうのです。

 斑目ヒロ先生のお話作りが素晴らしいのは、これまでも散々ご紹介してきたとおりですが、また今回、絵がいいんですなぁ。
 いや、先ほどのエロシーンではなくて、楓太がか弱い美少年のフリをしてみんなの前で秋吉を誘うところです。
 秋吉と目が合った一瞬、超凶悪な顔を見せる楓太なのですが、すぐに超デカイきらきら瞳で小柄な美少年に戻って、「秋吉くんといっしょに…帰りたい…な」なんてブリっ子するのですが、そのブリっ子楓太の絵がギャグタッチでめちゃくちゃ笑えるのです。
 この落差の激しいギャグタッチの絵は、いいマンガの必須条件ですよねー。

 さて第2回の今回、最後はついに秋吉が犯されまくったあげく楓太へブチ切れるところで終わります。
 今日も今日とて立ったままバックで挿入されそうになった秋吉は、楓太を渾身の力で突き飛ばし、啖呵を切るのです。

「いい加減にしろ! 僕は男なんだ。なんでおまえみたいな奴に組み敷かれなきゃいけないんだよ。てめーなんか嫌いだ。近寄るんじゃねぇ! わかったか、バカヤロウ!」

 そんな激高する秋吉を、平然と見据える楓太。
 秋吉は「なんだよ。なんか言えよ!」と怒鳴ります。
 さあ、そこで楓太が洩らした言葉とは!

 ここ書いちゃうと、みなさんが読む楽しみがなくなっちゃうので、本作の山場のこのセリフは秘密ということで(笑)。
 でも、言われた秋吉が、それでまた可愛い反応を示してますよ。
 まあ一つ言えることは、“かわいい悪魔”の楓太は、ちょっとやそっとじゃめげないってことですね(笑)。

 今回は、そんなオレ様・楓太の過去なども少し明らかになっており、いよいよ話に深みが出てきました。
 次回は、秋吉の過去なんかも知りたいですねー。
 なんでそんなに自分の外見にコンプレックスを持つようになったのかという。
 それにしても今回は、きっちり眼鏡の優等生・秋吉が可愛く喘ぐ姿を見れて、大満足の回でした。
 嬉しいことに、次号予告を見ると、次回も『かわいい悪魔』は掲載があるようです。
 むふふふ。
 楽しみすぎる! けど、08年2月発売とは、また待たせやがるぜ…。
関連記事


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。