ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]無言…無表情…ブサイクじゃないけど美形でもない眼鏡優等生にイケメンがハマっちゃった! 『LYNXアンソロジー雅』vol.3より、斑目ヒロ『ある日突然 保健室で』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-地味・ダサい  受け-ネクラ    ●マ行-斑目ヒロ  
Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)
(2007/11/24)
不明

商品詳細を見る


 斑目ヒロ先生が、ますます良い方向へ成長されてます――もちろん“優等生受け”的な意味で!
 8月発売のコミックス『scarlet』が評判となった斑目先生。
 表題作の『scarlet』自体は、人気モデルたちの恋模様的な華やかな世界を描いたものでした。
 ところが、コミックスの後ろのほうにひっそりと収録されていたネクラ眼鏡受けBLマンガ『ワンナイト スタンド』『俺の恋人』の2作(レビューはこちら)が言語を絶するほどの素晴らしい優等生受けマンガの傑作でして、ちーけんは一読してもうまいってしまいました。
 でも、あまりに対照的なこの2つのマンガの作風に、うーむ、このマンガ家さんの本質はどっちにあるのだろうと思っていたんですが、10月の『コミック リンクス』では再び優等生受けマンガを描かれており、今回ご紹介する『LYNXアンソロジー雅』所収の新作マンガでも、ハッキリと根暗な地味優等生受けストーリーを打ち出して来られました。
 そろそろ断言してもよいのではないでしょうか!
 斑目ヒロ先生は、“優等生受け”設定が大好きな作家さんだと!

 コミックスの表題作になっているモデルたちの恋愛マンガ『scarlet』は、デビューしたてで編集者からの圧力に負けて嫌々描いてしまったマンガということに、ちーけんの心の中では思っておこうと思います(笑)。

 で、最新作のタイトルは『ある日突然 保健室で』という学園ものです。
 『ワンナイト スタンド』『俺の恋人』と同じく、攻めキャラは女にモテモテなイケメン、江島。
 今日も今日とて、保健室で女教師相手にチンコをフル回転させていた江島ですが、そのセックスの真っ最中、保健室に入ってきた眼鏡の優等生・佐藤に現場を見られてしまったのでした。
 じーっと無表情に江島のセックスを見ている佐藤は、江島の言葉を借りれば、こんな優等生くんです。

「地味! 無表情! ブサイクではないが、美形には程遠い!」

 でも、じつはこの佐藤は、江島にとってタダの同級生ではありませんでした。
 なんと先日、これまでの“美形大好き”のポリシーに反して、江島は「前はひっかけもしなかったタイプ」のはずの眼鏡優等生・佐藤くんと、セックスする仲になってしまっていたのです。

 つまり2人は現在進行形の恋人ということ。
 そんな恋人・佐藤クンに“浮気”の現場を押さえられてしまったはずの江島は、まったく悪びれることなく、佐藤に「ま、とりあえず(保健室の中に)入れば?」などと話しかけます。
 無表情にこちらを見つめてくる眼鏡の優等生くんに、「よく俺 こいつ相手に勃ったよな――。あいかわらずサエねーやつ。自分のバイタリティにキョーイすら覚えるね」なんて、妙な関心をする江島。

 でも、じつは江島の心の隅で、ちくりとトゲのように刺さっている出来事がありました。
 佐藤と初めてセックスをした翌日、あんなにも燃えた優等生・佐藤クンが、自分に甘えてでも来るかと思いきや、思いっきりシカトをかましてきてくれたのです。
 こんなにカッコイイ俺が、お前みたいな冴えない奴とセックスしてやったんだから感謝して当然、くらいに思っている江島には、すごく不満なことだったのです。

 保健室での浮気現場を押さえられてしまった江島は、さすがにこれなら佐藤も怒り出してしまうだろうと、ちょっと期待しつつ、佐藤の反応を見つめます。

 ところが…。

 ネクラ眼鏡優等生・佐藤は、そのまま「や…別に…」とだけ言い残すと、何も言わずにすすーっと保健室の外に後ずさりして消えていったのでした。
 思わず大声で呼び止めてしまう江島(笑)。

「こら こら こら こらーーっ!!」

「なに…?」

「いやいやいや違うだろ! おまえ なーんも思うところとかねーわけ? 俺がナニしてたか見たろー!? もっと驚け! キョドれっ! ナゼにヘーゼン? ム表情?」


 佐藤を引き留めて問い詰める江島は、心の中でこう呟きます。

(…あれ? 俺ナニゆってんだ? しかも追いかけちゃってるし! どーでもいいヤツだぜ、こいつ? でもナンカ反応が欲しいってゆうか――)

 そう、冴えないルックスの眼鏡優等生なんかどうでもよかったはずの江島は、いつしか必死で佐藤を引き留めていたのでした。

「…ねーの? 俺にナンか言うことねーの? シットとかぁー シットとかぁー シットとかぁー」

 むはは!
 完全に江島、佐藤にまいっちゃってるじゃないですか!(笑)
 これがこの3ヶ月ほど見てきてわかった斑目ヒロ先生お得意のパターンです!
 イケメンで女たらしの攻めキャラが、どこがいいのかわからないネクラ&眼鏡な優等生と付き合うことになっちゃって、しかも口では「こんなヤツどうでもいい」とか言いながら、じつは攻めキャラが冴えない受けキャラにメロメロになってしまってるという。
 本ブログ的には、もう最高のBLですよ!
 斑目先生、大好き!

 ストーリーのほうは、このあとずーっと無表情で何を考えているのかわからなかった優等生・佐藤クンが、ポロリと涙をこぼしてしまうことで、じつは佐藤のほうも江島のことを大好きなことがわかっちゃって、盛り上がった江島が女教師を追い出して佐藤と保健室のベッドに雪崩れ込む様子が描かれていきます。
 この泣いちゃう佐藤が、超絶可愛いんですが、どうしたらよいでしょうか。
 真っ赤になって、もう我慢できない…というふうにポロリと涙を流すんですよ! 優等生が!
 もうそんな佐藤を見た江島は爆発寸前。
 というか直後に大爆発を起こします(笑)。
 もう全身で佐藤を可愛がっちゃう江島。
 ぜひそのあたりのラブラブシーン(笑)は、ご自分で購入して読んでみていただきたいですが、最後に優等生・佐藤を抱きつぶしちゃった江島が、意識のない佐藤の上に乗っかりながらつぶやく名台詞!
 ここではご紹介しませんが、こっちの心が幸せでいっぱいになるような台詞がセックスを終えた江島の口から飛び出します。
 ぜひごらんあれ。

 今回のマンガは16ページという短編で、江島と佐藤の2人のお話しは、まだまだ読み足りない感じです。
 もっとこの2人がラブラブなところが読みたいわけですよ、本ブログ的には!
 江島にやさしくされちゃって嬉しくて真っ赤になっちゃう優等生・佐藤クンとかのようすを見たいわけですよ!
 というわけで続編熱望です。

 それにしても、斑目ヒロ先生のマンガは、本ブログ的にはどんな小さなものでもこれからはチェックしていかねばなりませんなぁ。
 今回の『ある日突然 保健室で』といい、コミックスに収められた『俺の恋人』といい、ホントにネクラで何考えてるかわからない、もうキモオタとまで言ってしまってもよいくらい“こいつのどこがいいの?”的な味を持った受けキャラというのは、07年冬現在、斑目ヒロ先生の独壇場になりつつあります。
 しかも攻めキャラが徹底的にカッコイイというかモテキャラなのが、またいいんですなぁ。
 今回の優等生・佐藤クンだって、いまだに「なんであんなカッコイイ江島くんがボクなんか…」って思ってるはず!
 そんな攻めキャラと受けキャラのギャップこそ、優等生受けBLを読む上での醍醐味のひとつであることは、本ブログでも再三主張してきたところです。
 いやー。
 斑目先生の次回作が猛烈気になりますなー。
 情報持ってる方いたら、お教えください!
関連記事


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。