ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[レビュー]陥落する女王さま(生意気系)! 「女の子に…されちゃう…」系BLの新境地! 陸奥「妖精よ、そこへなおれ。」収録「パンツが好きなら他をあたれ」


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生    受け-女装  受け-女王さま  ●マ行-陸奥  
妖精よ、そこへなおれ。 (ビーボーイコミックス)妖精よ、そこへなおれ。 (ビーボーイコミックス)
(2012/03/10)
陸奥

商品詳細を見る


 これは掘り出し物の一冊でした!
 陸奥先生のデビューコミックスです。

 「あとがき」を読むと、リブレの編集者から声をかけられるまで、完成したオリジナル漫画を最後まで描いたことがなかったそうです。
 それが影響しているのか、コミックスを読むと、特異な感覚をお持ちの作家さんのようにお見受けします(もちろん褒め言葉)。
 BLにかぎらず、マンガを読んでいると、「こんなシーンを描けるなんて、このマンガ家さんの頭ってちょっとどうにかしちゃってるんじゃ…」と思うことがしばしばあります(くどいですが褒め言葉)。
 今回、コミックスの中に収められている短編『パンツが好きなら他をあたれ』を読んだとき、ブログ主はまさにその感覚に襲われました。
 新しく、そして他の作家さんには描けない世界がそこにあったからです!

 今回は、ブログ主が感じたそんな驚きをお伝えしたいと思います。

 

[インド旅行記]インドの上流階級向けショッピングセンターを巡ってみた! 書店に並ぶ手塚マンガ、そしてケーキを頼んだら衝撃の“インド流”に出会い…


Category: 旅行記   Tags: ---
  インド旅行記第2回です。

 よくインドというと、「行ってみたら人生が変わった…」と言う人がいますよね。
 貧しいけどたくましい庶民の生命力に感動した…とか、聖と俗が渾然一体となった不思議な日常に痺れた…とか、アジアそのもののゴミゴミした街並みがたまらなかった…とか。
 もちろんそうした面も「インド」です。
 世界第2位である12億人という人口を誇り、インドの街はどこへ行っても人であふれています。
 でも、今やインドは中国やブラジル、ロシアと並ぶ世界経済のエンジンとして、まさに高度経済成長の波に乗っている国でもあります。
 
 国内では、豊かな生活を享受できる中間層や高所得層が厚さを増しており、とくに都市部ではそうした「ニューリッチ」な人たちが、高度成長から取り残された庶民とはまったく違った生活を送り始めているのです。

 ちーけんは、まさに今後のインドで否応なく社会の中心となっていくであろう、そうした“新しいインド人”たちの暮らしにも、生命力あふれる庶民の暮らしぶりに対してと同じくらい、いやそれ以上の関心があります。

 というわけで、1週間のインド旅行の最終日は、泊まっていたホテルのすぐ隣に建つ真新しい上流階層向けのショッピングセンターをうろついて、“ニューリッチ”なインド人たちの生活のほんの一端に触れてきてみました。


PB171949.jpg
 ここがそのショッピングセンター「DLF PLACE」です。
 手前の高いビルはオフィス棟で、後ろに続く3階建ての部分に、商業テナントや映画館、フードコートが入っていました。
 このショッピングセンターがあることはガイドブックで知ってたんですけど、最終日まで一度も来ることがなく、入ってみたら本当に何でも揃ってたので、もっと早く遊びに来ればよかった…と思いました。

 

2012年のBLマンガ&小説について「新人デビュー率」を調べてみた! 最近元気がないといわれるBLだけど、あれれ、意外(?)な数字が!


Category: BL研究   Tags: ---
 2012年も残り1ヶ月を切りました。
 当ブログでは以前から、BLマンガやBL小説における「新人デビュー率」というものに注目しています。
 以前もこちらの記事などで、その調査結果をまとめたことがありました。

 「新人デビュー率」というのは、ある年に発売されたBL本の中で、それが初コミックス、初単行本だという「新人作家さんの本」がどれくらいの割合で存在しているのかを数値化したものです(当ブログでの造語です・笑)。
 上記の記事では、03年と09年に発売されたBLマンガについて「新人デビュー率」を調べてみました。
 その意図するところは簡単で、「BL業界に活気があるなら、どんどん新人さんがデビューするはずだ」という仮説に基づいています。
 ええ、あくまで仮説です。
 「活気があるなら、新人がどんどんデビューするはず」というと、何やらもっともらしく聞こえますが、このような因果関係が本当に成り立つのか、いまだ誰も証明してないですからね!(笑)
 とりあえず実際に数えてみるべ~ということでまとめたのが上記の記事ということです。

 そして今回は、前回の調査から3年ぶりに、2012年のBL界における「新人デビュー率」を調べてみました。
 なかなか興味深い結果が出たので、早速ご報告したいと思います。

 

[インド旅行記]インド人にとって「秩序」とは何なのか――地方都市アグラで目にした光景から


Category: 旅行記   Tags: ---
 11月中旬、会社の休暇を利用してインド旅行に行ってきました。
 スペイン・ポルトガル旅行記もタンザニア旅行記も完結していませんが(汗)、同時連載で(?)インド旅行のあれこれも綴っていこうと思っています。
 前2つの旅行記は時系列を追う記述スタイルをとっていますが、こちらインド旅行記は思いつくままに断片的な思い出を書くつもりです。

 さて、インドは無秩序の国でした。
 もちろん、ある国のすべてをひと言で言い表すことなどできませんが、およそ秩序というもののない国でした。
 初日に乗った首都ニューデリーの地下鉄では驚きました。
 日本ならば、「降りる人を優先して」という共通認識がありますね。
 日本人はルールに従うのが好きではありますが、それだけが理由ではなく、そのほうが乗る方にも降りる方にも合理的ゆえ、日本では普遍的に守られているルールだと言えましょう。
 降りる人を優先したほうが、そこにいるみんなが最大の利益を得られるということです。

 ニューデリーの地下鉄ではどうだったか。

 

12 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電