ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新刊を読んで感じました!――「BLってこういうもんだよね!」っていう“決まりごと”が変化しつつあるような?


Category: BL研究   Tags: ---
*** 以下の記事には、水渡ひとみ先生の最新刊「可憐彼氏」について、
*** ややネタバレがあります。といっても、背表紙の「あらすじ」と
*** 実際のコミックスにかかっている帯のコピーと同程度のネタバレ
*** だけなのですが、気になる方はご注意くださいです。


 BLというのはその誕生から現在に至るまで、「読者が見たいものを見るためのメディア」でした。
 ブログ主はとくに“優等生受け”BLに萌える人間ですが、基本的にはそういった“好きなカプ”を見たいがために1冊600円ほども支払ってBL本を手に入れるわけです。
 夜、布団に転がってページをめくりながらニマニマするのは至福の時ですよね。
 見たかったものを見られた喜びで、ブログ主の孤独な魂は慰めを得て、餓えていた欲望も十分に満たされるわけです。

 しかし、BLがそのようなメディアであるためには、読者には事前に買おうとしている本がどういう内容なのかが明らかにされていなければなりません。
 少なくとも、登場する主人公の男子2人のどちらが攻めキャラでどちらが受けキャラなのか、この点だけははっきりさせておいてくれなければ困るわけです。
 ミステリー小説などは、読者に提示される世界がどんなものなのかは、事前にわからなければわからないほど読む楽しみが増えますから、物語世界の一定程度を読者に事前に把握させてあげないといけないというBLジャンルのこの特異性は、ある意味でBLというものを特徴づけているとも言えます。
 歴史的な背景をたどれば、既存の人気マンガのキャラクターを掛け算して楽しむという女性向け二次創作というジャンルを母体にしてBLが生まれたということが、その理由として挙げられましょう。

 ところがこの数年、このような“枠”におさまりきらないBLが増えています。

 

スポンサーサイト

09 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08

10


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。