ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[レビュー]素っ気ない態度の優等生が可愛く見えてきちゃった女ったらしの同級生に、優等生が真っ赤な顔であることを… 日高あすま『スノーブロッサム』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-ガリ勉  受け-成績優秀  攻め-不良  ●ハ行-日高あすま  
スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2010/08/24)
日高 あすま

商品詳細を見る


 みなさん、こんばんは~。
 次の土日はどちらも仕事で、つまりは今日から2週間、休みナシのブログ主です。
 泣きたい。
 ブログ更新が今にもまして滞るかもしれませんが、その時はお許しください…。

 そんなわけで心の慰めを求めて(笑)、熱心にBLを読みあさっていますが、この1週間ほどに出た新刊が、でれもこれも“優等生受け”ばっかりで嬉しい悲鳴です。
 おいおいご紹介していければと思っていますが、今日はリンクスコレクションから出た日高あすま先生の新刊『スノーブロッサム』をご紹介させていただこうと思います!

 本作は、全寮制の男子高ものという、最近では古色蒼然といった趣きすらある設定の一作(笑)。
 日高あすま先生の描かれる受けキャラは、どの作品でも昭和初期の言葉でいえば「高踏的」な雰囲気を漂わせてるなーとブログ主は思ってます。
 ちょっと世の中を斜めに構えて見てて、容易に他人と交わらない感じの。
 本作『スノーブロッサム』の主人公(受)・雪村(ゆきむら)も、同室で暮らす素行不良&問題児なルームメイト・桜井に心を許さず、毎日ロクに口すらきかずに2人は過ごしてます。
 でも、そんな日高あすま先生お得意の高踏的なキャラが、全寮制の男子高なんていう設定だと輝いてくるんですな!(笑)
 攻めキャラ・桜井の目を通して、主人公(受)・雪村は、こんな風に描かれてますよ。

 

[レビュー]アホでへたれな幼馴染みをバカにしまくってた眼鏡優等生が……最後は乙女っぷり丸出しでぐずぐずに!!! 雲之助『ラブリートーク』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-女王さま  受け-自信家    ●カ行-雲之助  
ラブリートーク (IDコミックス GATEAUコミックス)ラブリートーク (IDコミックス GATEAUコミックス)
(2010/08/12)
雲之助

商品詳細を見る


 事件ですよ…この本の発売は事件ですよ…。
 本年度の“優等生受け”BL第一位を狙える凄いマンガが、何の前触れもなく発売されてしまいました。
 新創刊された「ガトーコミックス」より今月発売されたばかりの一冊、雲之助先生のデビューコミックス『ラブリートーク』です。

 ブログ主は、こーゆーレーベルが出来るらしいというのはもちろん知っていて、「創刊ラインナップはどんな感じなのかな~」と思ったら、3人ともまったく知らないお名前の作家さんだったので、全然期待もしてませんでした。
 同人誌傑作選みたいなコミックスなのかな~? と思ったくらいで。

 ところが!!!!!!

 買ってみたら腰が抜けました(笑)。
 どこにいたの、こんな作家さん!!!
 いやー、生きててよかったです。
 ハッキリ言って、優等生スキーならば、以下のレビューなんか読まずに、このままamazonでポチッたり、書店に走っても絶対に後悔しない一冊ですが、ブログ主個人の心の記念碑として、ざっくりレビューを残しておこうと思います。

 

縮小しつづけるボーイズラブ…このままでは数年内にBL本は消滅してしまう! 今回はそんな危険なBLの現状を、写真でひもとき、歴史から学びます!


Category: BL研究   Tags: ---
 襲い来る非実在青少年都条例の嵐…。
 大阪ではBL雑誌が「有害図書」に指定され、一般書店の店頭から『drap』が消えるという事態も発生しました。
 いまBLは重大な岐路に立たされているといっても過言ではありません。

 90年代中盤にジャンルとして確立してから十数年…。
 だが、BLは年々縮小傾向にあります。
 えっ?
 雑誌数も増えてるし、情報誌「ダビンチ」でも再三BL特集組まれてるし、コミケだって女性向けは大賑わい?
 甘い、甘い、甘~い!!!
 みなさん、見かけの繁栄に騙されてませんか!!!

 じつは、この15年ほどというもの、BLは縮小につぐ縮小を重ねているのです…。
 みなさんがご存じないだけなのです。
 今日は、その証拠をたっぷりとお見せしようではありませんか。
 これを見れば、どんな楽観主義者でも、BLがどんどん小さくなっている現状と、数年内には消滅してしまう危険性さえあることを確信せずにはいられないはずです。

 そう!
 ブログ主は断言します。
 このままいくと、BLは数年内に小さく小さくなって、ついにはなくなってしまうだろうということを!(どどーん)

 では、いよいよ実例をもって、BLがいかに縮小を重ねてきたかをご覧にいれましょう。
 はい、まずは証拠写真その1…!!!

 

夏コミ新刊通販で「とらのあな」が本気を出していた! でも、そこから見えた気がするBL界滅びの歌…


Category: BL時事ネタ コミケ・通販・書店   Tags: ---
 みなさん、こんばんは~。
 何度も書いてますとおり、時間さえあればブログ更新をしたいちーけんです。
 今日は奇跡的にまとまった時間が空いたので、ちょろっと記事でも書いちゃおうかなっと!

 こんなBLブログをご覧いただいてる皆さまならご存じのとおり、先週末は夏コミでありました。
 13日金曜日が初日で、ブログ主は忍たま(小平次×滝夜叉丸&文次郎×仙蔵)、ハルヒ(古キョン)、マクロスF(ミハエル×アルト)などのジャンルを回りました。
 翌日の2日目は、BLEACH(一護×雨竜)、テニプリ(仁王×柳生)などのジャンルをひとくさり。
 最終日の15日日曜日は、オリジナルBL&男性向けショタなどを回りました。
 三日間の戦利品は以下の通り!

2010summer

 最終日の戦利品だけはちゃんと数を数えたんですが、約90冊ありました。
 初日と2日目は、それよりも少なめの買い物でしたので各70冊くらいかなと。
 そうすると、70+70+90=約230冊を三日間のコミケで購入したという計算になります。
 それを全部並べたのが上の写真というわけです(実際には20冊ほど入れ忘れたんですが)。
 一冊500円とすると、11万5千円ほど…。
 貯金通帳もほぼそのとおりの額が減ってました(笑)。
 いいよね、これしか趣味ないしさ!

 さて、私の夏コミ参加のご報告はそれぐらいにして、本題はここからです(…というほど大したものではありませんが)。

 

[レビュー]一人で自慰をできないクラス委員長…毎晩手伝ってくれるのは、同級生の幼馴染みで かずきあつし『溺れるほど愛しくて』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-眼鏡  ●カ行-かずきあつし  
溺れるほど愛しくて (ディアプラス・コミックス)溺れるほど愛しくて (ディアプラス・コミックス)
(2010/07/30)
かずき あつし

商品詳細を見る


 昨日から夏風邪をひきまして、非常に体調が悪いのですが、ひさしぶりにブログを更新したら、たくさん拍手などいただいてしまい、あんまり嬉しかったので調子に乗って、無理やり今日も更新しちゃいます。
 えへへへ(笑)。

 本日ご紹介させていただくのは、かずきあつし先生のデビューコミックス『溺れるほど愛しくて』です!
 一冊に複数の作品が収められている中で、商業コミックスとしては珍しく、“優等生受け”な作品が表題作になってます。
 というわけで、表紙の2人がその“優等生受け”カプなのですが、こちらはよくあることに、受けキャラがせっかくの優等生&眼鏡キャラなのに、なぜか表紙では眼鏡を外された状態で描かれてますよ(涙)。
 よくあるんですよね、このパターン(笑)。
 なんだよ、眼鏡男子ブームとかじゃないのかよ!←古い

 では、まずは表題作である『溺れるほど愛しくて』をご紹介させていただくといたしましょう!

 ストーリーとしては、古くから“優等生受け”の一類型として存在している、“性的にウブなガリ勉くんが、幼馴染みに手ほどきされちゃう”という設定になってますよ。
 主人公(受)の高校生・山田直也(やまだ・なおや)は、学校ではクラス委員も務める優等生。
 でっかい眼鏡をかけて、勉強が得意なタイプの直也には、じつは悩んでることがありました。
 高校生にもなって、オナニーが一人ではできないのです…!(笑)

 

[レビュー]親しみを見せない天文部部長の態度に業を煮やした後輩部員がぶち切れて! 篠原栄『星に願ったりなんかしない』より、『僕の知らない宙がある』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  特徴-年下攻め  ●サ行-篠原栄  
星に願ったりなんかしない (花音コミックスCitaCitaシリーズ)星に願ったりなんかしない (花音コミックスCitaCitaシリーズ)
(2010/07/29)
篠原 栄

商品詳細を見る


 “優等生受け”といったら外せない、篠原栄先生の新刊が出ましたよ~。
 もちろん花音コミックスです(正確にはチタチタシリーズ)。
 正直なところ、最近は“優等生受け”と見なせるBLがとっても増えてきました。
 ありがたいことです。
 でも、ダサ眼鏡で他人の感情に鈍感で…という、昔ながらの“優等生受け”は決して増えてません。
 結構外見はかっこよかったりする新手の“優等生受け”が多いのですな。
 今回の篠原栄先生の新刊は、まさに昔ながらの“優等生受け”。
 もちろんブログ主にはヨダレだらだらの一冊です!

 さて、今回の新刊には2つのシリーズが収められており、どちらも同じ高校の天文部を舞台にした連作になってます。
 で、じつはどちらのシリーズも優等生受けなんです。
 ひとつが表題作になってる『星に願ったりなんかしない』。
 こちらは、天文部でプラネタリウム作りに命を懸ける、思いこんだら一本道タイプの高三男子×天文部に部費をあまり出してくれない生徒会の会計。
 これはこれでそそられるでしょ~、優等生スキーなら(笑)。
 コミックスの表紙の2人はこちらのカップルです。
 そして、この2人のお話も掛け値なしに素晴らしかったんですが、今回は収録されてるもう一つのシリーズ、『僕の知らない宙がある』のほうをご紹介させていただこうと思います。

 カプとしては、ぐうたら天文部員(下級生)×黒髪眼鏡天文部長という組み合わせなんですが、先程も書きましたとおり、受けキャラの部長が昔ながらの“優等生”でとっても美味しくて…(じゅるっ

 

[レビュー]美しい少女だと思っていたロックバンドのボーカルは、同じ高校のお堅い眼鏡優等生だった…? 立野真琴『ミューズの学園で逢おう』第8話


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  特徴-年下攻め  受け-生徒会長・委員長  受け-美人の優等生  ●タ行-立野真琴  
ミューズの学園で逢おう 3 (ビーボーイコミックス)ミューズの学園で逢おう 3 (ビーボーイコミックス)
(2009/06/10)
立野 真琴

商品詳細を見る


 前回更新した『ミューズの学園で逢おう』のレビュー記事に、2日で7件も(8月5日現在)拍手をいただいてありがとうございました!
 もう誰もこんなブログ見てないと思ってたので、めちゃくちゃ嬉しかったです(笑)。
 なんだかもりもりとやる気が出てきました…!

 というわけで、予告させていただいたとおり、同じく『ミューズの学園で逢おう』に収録されているもう1カップルのお話をご紹介させていただこうと思います。

 本作のメインカップルは、前回ご紹介したとおり、日本一のアイドル・大槻悠×ガチガチ優等生・花井忠史という2人です。
 全4巻で計12話&エピローグが収録されていて、ほとんどが悠×花井カプのお話になっているのですが、ちょいちょい他のカプのお話が入ってくるんですね。
 その中でも、ブログ主が読んだ瞬間にピカピカッと雷が落ちたような衝撃を受けた稀代の“優等生受け”カプが今日ご紹介する2人です。
 収録されているのは第3巻。
 『ミューズの学園で逢おう』第8話がその回です。

 もちろん物語の舞台は悠×花井カプと同じく、美園学園高校。
 悠×花井カプが、同じ高校の芸能科と普通科の対立の中で描かれていた優等生受けカップルであることは前回ご紹介したとおりですが、今回ご紹介する2人も、同じ構図の中にあるカップルです。

 主人公(攻)は、芸能科に通う葉月未来(はづき・みらい)。
 兄がリーダーを務める人気ロックバンド「vicious」(ビシャス)でベーシストをやっている芸能人です。

 

[レビュー]人気アイドルが成績低迷で高校退学寸前…成績優秀な優等生が面倒を見ることになっちゃった! 立野真琴『ミューズの学園で逢おう』第1巻


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-美人の優等生  ●タ行-立野真琴  
ミューズの学園で逢おう 1 (ビーボーイコミックス)ミューズの学園で逢おう 1 (ビーボーイコミックス)
(2008/01/10)
立野 真琴

商品詳細を見る


 一ヶ月ぶりのブログ更新です~。
 すいません、放置してて…。
 この一ヶ月、仕事が忙しかったせいもありますが、ようやく夏休みに入ったので、ブログ更新に燃えているブログ主です(笑)。
 …といいつつ、明日からは1泊2日で富士登山に行ってくるので、次の更新はまた土曜日になってしまうのですが。

 さて、当ブログのメインコンテンツといえば、相も変わらず“優等生受け”BLのご紹介なわけですが、今日は立野真琴先生の『ミューズの学園で逢おう』をご紹介させていただこうと思います。
 本作は全4巻。
 芸能科と普通科の生徒が対立する私立美園学園高校を舞台に、何組もの男子高校生がカップルとして登場する豪華絢爛なストーリーが人気だった作品ですが、これだけでも学園もの好きのブログ主には美味しいところ、なんと登場してくるカップルの受けキャラたちが、どれもこれも優等生ばかりなのでした(笑)。
 第1巻の冒頭で登場する、本作のメインカプの受けキャラである主人公・花井忠史(はない・ただふみ)もその一人。
 普通科に在籍する花井は、家庭の経済的な事情から、奨学金の世話になってこのゴージャスな美園学園高校に通っています。
 もちろん成績は超優秀。
 ところが本校には、先程も書いたとおり、普通科の他に芸能科が存在するのでした。
 そこは今をときめく若手芸能人が通う特別クラス。
 芸能活動している時間も登校扱いにされるという芸能科の在籍生徒たちは、最低限の点数さえテストでとれば、進級&卒業が認められます。
 ところが、日本一のアイドルグループ「STILL」の中心メンバー・大槻悠(おおつき・ゆう)は、その最低レベルの点さえとれず、進級が危うくなっています。
 そこで、成績優秀な普通科の優等生・花井が、大槻の“家庭教師”をやるよう、学園長から特別に頼まれることとなったのでした。

 ぐふふふ。
 どーですか、この設定。
 美味しいでしょう、そうでしょう(笑)。

 

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

07

09


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電