ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]戦国時代の小姓、それもけなげで真面目で優等生な小姓の恋… 時逆拾壱『愛のかけ橋』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-歴史もの  受け-真面目・カタブツ  受け-コンプレックス持ち  ●タ行-時逆拾壱  
愛のかけ橋 (ジュネットコミックス) (ジュネットコミックス 総天然色シリーズ)愛のかけ橋 (ジュネットコミックス) (ジュネットコミックス 総天然色シリーズ)
(2010/06/21)
時逆拾壱

商品詳細を見る


 ジュネットから「オールカラーコミックス」なるものが創刊(?)されました。
 表紙や口絵だけでなく、中のマンガまで一冊まるまるフルカラーです。
 こーゆー外面的に(?)派手なタイプのものって、昔なつかしいバブル景気のころ、さまざまな分野で発売されていた気がしますが、いやー、世界同時不況真っ只中の平成日本で、こんなものが出てくるとは…。
 お値段は税込み770円。
 やっぱり微妙にお高いんですが、さてこのシリーズは以後も続いていくのでしょうか。
 全ページフルカラーということで、マンガ家さんの負担は並大抵ではないような気がするんですが…。

 さて、この「オールカラーコミックス」の第一号として発売されたのが、時逆拾壱先生の最新刊『時代耽美 愛のかけ橋』です。
 上に載せたのが、amazonでの表紙画像。
 さかもと麻乃先生だ、古街キッカ先生だと「ニューウェーブ系BL」が席巻する今のBL界で、ともすると「古くさい」と言われてしまうような雰囲気の一冊ですが、こーゆー「BLの基本形」はやっぱりいいですよね(しみじみ)。
 構えずにゆったり読めますよ(笑)。
 時逆拾壱先生の描かれるマンガは、絵柄によく似合うレディコミとか昼メロとかの味が色濃く漂っていまして、感覚としてはやっぱり昭和です――と思ってカバー裏の「作者コメント」を拝見したら、「1970年代、80年代の歌謡曲にはまってます」と自ら書いてらっしゃいました。
 わかるなぁ~(笑)。
 まずセリフが大仰で、いちいち時代がかってます。
 善悪の区別がはっきりしていて、基本はわかりやすい勧善懲悪。
 悪役たちもとってもわかりやすく悪役で、真面目で素直な主人公を妬んだり逆恨みしては、害をなそうと襲いかかってきます。
 もちろん絵もごらんのとおりの昭和的な「濃い」絵柄。
 でも、これが魅力だと思うんですよね。
 ぐじぐじした現代っ子の細やかな心情を描く「ニューウェーブ系BL」とは違った、ストレートでプリミティブなBL。
 かつてのレディコミや、90年代の秋田書店系少女マンガと近接する、こーゆー古典的メロドラマなBLをもっと読みたいなーとブログ主などはいつも思っていますが、古くは矢萩貴子先生以来、あまり活躍される作家さんが出てきません。
 時逆拾壱先生はこの分野の期待の星!
 そんなわけで、最新刊『愛のかけ橋』をさらっとご紹介させていただこうと思います。

 

スポンサーサイト

07 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

06

08


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。