ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[新刊レビュー]かわんちゃ先生改名後第一作(?) おかっぱ系のお坊ちゃん優等生が学年一位を取り戻すべくライバルに色仕掛け… 『砂糖菓子な男のコ』より、小林ユズル『Body Trap』


Category: レビュー コミックス   Tags: 攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  受け-成績優秀  ●カ行-小林ユズル  
砂糖菓子な男のコ Vol.2 (2) (光彩コミックス 34)砂糖菓子な男のコ Vol.2 (2) (光彩コミックス 34)
(2008/04/25)
宮下 キツネ

商品詳細を見る


 光彩書房系のBLアンソロジーで活躍されてきたマンガ家・かわんちゃ先生が、なぜか今回の号から「小林ユズル」と改名されてます。
 巻末の“作者コメント”欄を見ても、それについては何も触れられていないので、読者としては何だか不思議な感じですが…。
 はっ!!!
 もしかして絵は完全にソックリだけど、じつは別人!!??
 ……んなわけねーな(笑)。
 そんな、かわんちゃ改め小林ユズル先生の改名後第一作(?)と思われる短編マンガが、思いもよらず素晴らしい“優等生受け”だったので、本ブログにてご紹介しようと思います~。

 もともとブログ主は、かわんちゃ先生のマンガが好きで、それ目当てに光彩書房系のBLアンソロジーを買ってきました。
 光彩のBLアンソロというと、『恋せよ男子!』とか『花少年』とか『僕らの恋』とか、2~3号出るとすぐタイトルが変わっちゃう戦後のカストリ雑誌のような身替わりの早さが身上です(笑)。
 現在は『砂糖菓子な男の子』というタイトルで刊行されてます。
 これが2号目。
 ということは、もう一回出たらまた名前変わっちゃうんだろうなぁ。

 

[雑記]思いついたぁぁああ!!! こんな新ジャンルはどうですか!!! 「BL出版社擬人化ボーイズラブ」←ややこしい!


Category: 雑記   Tags: ---
 辺境に位置する本ブログとしては珍しく、先日書いた記事(こちら)を、他のブログさんでいくつかご紹介いただいたりしました。
 ありがたや~。

 

[新刊レビュー]荒削りだけど不思議な魅力漂うデビューコミックス 千代古レイト『今宵焦がれる胸の棘』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-社会人  ●タ行-千代古レイト  
今宵焦がれる胸の棘 (ニチブンコミックス)今宵焦がれる胸の棘 (ニチブンコミックス)
(2008/04/28)
千代古 レイト

商品詳細を見る


 なんでしょう、この荒削りな魅力は…。
 正直、絵は今風じゃないし、古くさい絵柄なら古くさいなりに上手いかというと、そうでもない。
 ストーリーだって、目が覚めるように斬新かというと、そうでもない。
 でも、コマとコマの間からほとばしるこの魅力…!
 一作読み終えると、何だかまたこの作家さんのマンガを読みたくなってしまうのです。
 評価に迷ったブログ主でしたが、次にコミックスが出たらやっぱり買ってしまうでしょう(絶対)。
 そんな不思議な魅力にあふれる新人マンガ家・千代古レイト先生のデビューコミックス『今宵焦がれる胸の棘』をご紹介しようと思います~。

 KARENコミックスからの最新刊なのですが、KARENといえば、新しめのBLレーベルとして頑張ってますよね。

 

[雑記]お名前は出しませんが…拍手コメントや匿名コメントいただいたみなさん、本当にありがとうございます


Category: 雑記   Tags: ---
 いつもお立ち寄りいただいているみなさんには、本当に毎回お礼を申し上げたいくらいの気持ちなブログ主ですが、そういうわけにもいきません。
 あらためてですが、本当にありがとうございます。 

 

[新刊レビュー]「20歳で童貞なんてふつうでショ?」な家庭教師が年下生徒と… 吉野ルカ『こんな恋も悪くない』より、『花はまだつぼみの季節』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-年下攻め  ●ヤ行-吉野ルカ  
こんな恋も悪くない (ダイヤモンドコミックス)こんな恋も悪くない (ダイヤモンドコミックス)
(2008/04/17)
吉野 ルカ

商品詳細を見る


 もうルンルン♪
 ルンルンすぎて花の子ルンルン♪(古)
 GWですなー!
 昨日まで馬車馬のごとく資本家どもにこき使われていたブログ主ですが、晴れて自由の身!
 
 なのに…。
 なーのーにー。
 4月下旬のBL新刊は“優等生受け”的には超不作で、レビューを書きたい新刊があんまりないんですなー!
 なんという巡り合わせの悪さ…。
 なので、GW中は“珠玉の一冊”中心に更新していこうと思うブログ主でありますが、まずは新刊の中から、もっともちーけんの心が引きよせられた一作をご紹介いたしましょう~。
 吉野ルカ先生の最新刊『こんな恋も悪くない』より、『花はまだつぼみの季節』です!

 じつはこのコミックス、合計8本の短編マンガが収められていて、そのほぼ全編に“優等生受け”の心が流れてます。
 吉野ルカ先生がそう意識されているかどうかはまったく別問題として、もうどのページを開けても優等生の匂いがふわっと漂ってくるのです~(笑)。
 仕事や勉強に一生懸命頑張っているけれど、自分に自信がなく、「僕なんか…えへへへ」と一歩引いてしまうような主人公がこの本には満載!
 吉野ルカ先生の別の本のレビューにも書きましたが、ちーけんは本っっっ当にこの作家さんが好きなのですよ。
 正直、バリバリの人気作家さんではないと思いますし、コミックスの後書きで先生ご自身が「地味作家」なんて自称されているくらいですが(!)、ちーけんには不当な評価としか思えませ~ん!

 

[新刊レビュー]生徒会副会長×会長――嫌いあう2人がいつしか… 鈴木あみ『礼拝堂の淫らな遊び』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  ●サ行-鈴木あみ  
礼拝堂の淫らな遊び (プリズム文庫 sa- 1)礼拝堂の淫らな遊び (プリズム文庫 sa- 1)
(2008/03/22)
鈴木あみ

商品詳細を見る


 最近は昔のBL作品が復刻され、新装版として出版されることがとても多く、ちょっとしたブームのようになってますが、じつは鈴木あみ先生の作品が一番多く復刊されてるんじゃないでしょーか?
 べつにちゃんと数えたわけじゃないんですが、毎月1冊ぐらいのペースで、鈴木あみ先生の昔の作品が復活しているような気がします。

 でも、昔ある程度売れた実績のあるBL本を「出し直せば一定の売り上げが見込めるから」という安易な理由でどしどし新装版にしている現状は、確実にBL業界の足腰を弱めますよね!
 だって、この数ヶ月のコミックスやノベルズのラインナップを見ればわかりますけど、新装版以外でも新刊として発売されるのは、実績のあるビッグネームばかり…。
 「あ、こんな作家さんの本がが出たんだ!」と驚かされることがほとんどありません。
 大洋図書の『Hertz』レーベルぐらいでしょー、新人作家さんの本でもバシバシ出してくれるのは。
 過去の売れた本の再刊なんて縮小再生産を繰り返していると、ファンはあっという間にBL本から離れていくような気がします。
 うわーん、心配だよー。

 ――などと思いっきり、最近の“新装版ブーム”を批判しておきながら、やっぱり鈴木あみ先生の本が復刊するとブログ主は嬉しかったりします。
 掛け値なく質の高い作品が多いから…。

 

[雑記]アンケート結果などいろいろご報告! あわせて新アンケート実施のお願いm(_ _)m


Category: 雑記   Tags: ---
 GWが近づいてきて、仕事が佳境に入ってきましたちーけんです~。
 あと1週間、休みなく毎日会社に行く予定です(今日もこれから出社!)。
 なので、ブログの更新も滞りがちになると思います。
 休みに入りましたら、頑張って更新しようと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 さて、いくつかご報告をば~。

 

[新刊レビュー]超名作が新装版で登場! 高潔で美貌な生徒会副会長が“秘密”をネタに陵辱され… 遠野春日『無器用なのは愛のせい』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-美人の優等生  特徴-高校生  受け-成績優秀  ●タ行-遠野春日  
無器用なのは愛のせい (角川ルビー文庫 113-3)無器用なのは愛のせい (角川ルビー文庫 113-3)
(2008/04/01)
遠野 春日

商品詳細を見る


 うぐぐぐ。
 レビューを書きたい本がどんどん溜まっていくぅ~。
 時間がほしいよー。
 くそー。
 この本だって、本当はもっと早く“珠玉の一冊”コーナーでご紹介するはずだったんです。
 なのに、新刊レビューに追われてついつい後回しにしているうちに、なんと今月のルビー文庫で新装版として発売されてしまいました。
 む、無念…。

 というわけで、もともとは7年前に遠野春日先生がリーフノベルズで出された小説本で、今回あらためてルビー文庫で復刊された“優等生受け”の超名作、『無器用なのは愛のせい』をご紹介しようと思います!

 

[新刊レビュー]眼鏡づくしの一作…高校生同士のさわやかBLかと思いきや! 深瀬紅音『僕・メガネ・メガネ・君』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-美人の優等生  ●ハ行-深瀬紅音  
僕・メガネ・メガネ・君 (GUSH COMICS)僕・メガネ・メガネ・君 (GUSH COMICS)
(2008/04/10)
深瀬 紅音

商品詳細を見る


 うーむ。なんだか寝付けない…。
 こんなときはブログでも書くにかぎるというわけで、昨日買ったばかりの最新“優等生受け”BLをご紹介してから寝るといたしましょう~。
 深瀬紅音先生の最新コミックス『僕・メガネ・メガネ・君』でございます~。

 この本は短編集で、7本のマンガが収められています。
 じつは本全体としても、マンガの一本一本を見ても、メチャクチャに“優等生受け”というわけではないのですが、そのかわりにどれもそこはかとなく“優等生受け”の匂いが漂っています。
 その中で、“優等生受け度”ナンバーワンになってるのが、表題作の『僕・メガネ・メガネ・君』です。

 本作の“優等生受け”な感じが一番現れているのは、受けキャラの高校3年生、河合郁(かわい・いく)が喋るこんなセリフでありましょう。
 夏も近いというのに長袖を着て登校する郁が、袖の下に隠していたアザのような縄目跡を主人公(攻)の三宅貴秋(みやけ・たかあき)に見つかってしまい、自嘲するように独りごちる場面です。

 

[新刊レビュー]ともに40代目前という“おじさんBL”…真面目だけが取り柄の小学校教師・十喜が「俺のどこがよくて付き合ってくれてるんだろ…」とぐじぐじ悩んで… あきばじろぉ『幸福論』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  特徴-社会人  ●ア行-あきばじろぉ  
幸福論 (花音コミックス)幸福論 (花音コミックス)
(2008/03/29)
あきば じろぉ

商品詳細を見る


 この方ももう大ベテランですよねー。
 あきばじろぉ先生の最新刊コミックス『幸福論』が出たので、ご紹介させていただこうと思います~。
 『モーリス』とか『カノン』とか、エロ系BL雑誌のハシリのころから活躍されてる大先生です。
 当時はあきばじろぉ先生の作品が楽しみで、毎号むさぼるように読んだものですよ…。
 あのころとしては珍しく、眼鏡の生徒会長とかが受けの“優等生受け”なマンガも多く描かれてましたし…。
 そのあたりの作品は、いつか本ブログでも“珠玉の一冊”としてご紹介していく予定です。
 ふと、いま気付いたんですが、これほどの人気作家にしてベテランさんなのに、ビーボーイ系からはコミックスを一冊も出されてないんじゃないですかねー?
 不思議だなぁ。

 で、あきばじろぉ先生がBL界に残した数々の足跡から、ちーけん的にあえて順位を付ければ、第一位は、直野儚羅先生と並んでかなり早い段階から分野としての“おじさん受け”を開拓してきたことかなぁと思います。

 

[新刊レビュー]以前ご紹介したハードなショタエロ“優等生受け”がコミックスになったよ~! 中ノ尾恵『僕と君のコンデンスミルク』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  ●ナ行-中ノ尾恵  
僕と君のコンデンスミルク (MDコミックス)僕と君のコンデンスミルク (MDコミックス)
(2008/03/22)
中ノ尾 恵

商品詳細を見る


 以前、本ブログで内容を詳しくご紹介した、エロマンガ界のビッグネーム・中ノ尾恵先生の“優等生受け”女装ショタマンガ『Trans愛の課外活動』が、コミックスになって発売されました(前回のレビュー記事はこちら)。
 最新刊『僕と君のコンデンスミルク』に収められているのですがちょっと残念なことに、このコミックスの収録11作品中、“優等生受け”なマンガは本作品ともうひとつだけ。
 あとは普通の(?)男性向けショタマンガになっています(女装ネタ多し)。

 なので、本記事では、まずは『Trans愛の課外活動』がコミックスになって発売されたということをお知らせすることを第一の目的としつつ、同時収録されたもう1本の“優等生受け”マンガ、『Trans愛の訪問者』について、簡単に内容をご紹介させていただくといたしましょう。

 

[新刊レビュー]元遊び人教師×何から何まで処女っぽい潔癖真面目な男子眼鏡高校生! 依田沙江美『愛の深さは膝くらい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  ●ヤ行-依田沙江美  特徴-年齢差  
愛の深さは膝くらい (花音コミックス)愛の深さは膝くらい (花音コミックス)
(2008/03/29)
依田 沙江美

商品詳細を見る


 今でこそ『花音』といえば『Hertz』と並ぶイケてるBL雑誌の代名詞的存在(…と、ちーけんは勝手に思いこんでますがw)ですが、いやー、創刊当時の『花音』といえば(96年くらいでしたっけ…?)箸にも棒にもかからないつまらねー雑誌でありました。
 なので、ずーっと読んでなかったんですよ、この雑誌。
 一度染みついたブランドイメージって怖いもので、どうにも手に取る気にならなかったんですなー。
 でも、コミックスで気になるBLマンガが次々と『花音』から出るようになって、たまには買ってみるかーということで久しぶりに新刊で『花音』を買ってみたのが、ちょうど1年前ぐらいのこと。
 そしたらちょうどこのマンガが載ってたのであります。
 しかも連載で。
 依田沙江美先生のマンガはもともと大好きで、『シャレード』に旧名の「Beth」名義で描かれていたころからずーっと愛読しているブログ主は、眼鏡っ子高校生を主人公に依田先生がBLマンガを描いているというだけで、捕鯨船を前にした「シー・シェパード」のような気持ちになってしまいます…。
 なので、速攻で『花音』の毎月購入が決定し、現在に至るわけです(笑)。

 

[新刊レビュー]必ずや人類史上に残る不滅の傑作! ポルノにして純愛小説…五百香ノエル『彼と彼氏の秘密』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  攻め-クラスの人気者  受け-いじめられっ子  ●ア行-五百香ノエル  受け-平凡っ子  
彼と彼氏の秘密 (プラチナ文庫)彼と彼氏の秘密 (プラチナ文庫)
(2008/04/10)
五百香 ノエル

商品詳細を見る


 いやもう言葉がありません…。
 このレビュー記事も、どう書けば本書の素晴らしさがみなさんに伝わるかがわからず、出だしを何度も書いては消し、書いては消しを繰り返している有様。
 とんでもない傑作です。
 ちーけんはここにみなさんを証人として遺言を残そうと思います。
 もし、私がぽっくり逝ってしまいましたら、何とかこの一冊だけは一緒に棺桶に納めてください。
 死後の永劫の時でさえ、この本、『彼と彼氏の秘密』があれば耽溺して時を忘れることができるでしょう。

 ブログ主は痛切に思います。
 十ウン年前。
 同じ五百香ノエル先生が書かれたデビュー作『神様はイジワルじゃない』と出会ったことから始まったブログ主の腐男子人生は、決して間違っていなかったと…。
 すべては今日、この一冊に出会うために神が仕組まれた崇高な罠だったのです!!
 嗚呼!!
 地球に生まれて…良かったぁぁぁあああああっっっ!!!(織田裕二ばりに絶叫)

 

[コラム]リブレ出版が『編集プロダクション・リブレ』になる日?


Category: 主張   Tags: ---
 いえ、べつに大した話じゃないんですが、気になったので書いてみよっかなーと。
 事実誤認等もあるかもしれませんが、平にご容赦を~。
 
 下の記事でご紹介した南原兼先生の新作『誘って シャノワール』は、ビーボーイブランドの新レーベルとして創刊された『B-PRINCE文庫』の一冊です。
 ビーボーイといえば、もともとビブロス社が作り上げたBL界のトップブランドなわけですが、同社の倒産により、現在はビブロスの元社員たちが独立して起ち上げたリブレ出版から発行されています。
 それが、今回の『B-PRINCE文庫』では、さらに変動があり、リブレ出版単独での発行ではなく、アスキー・メディアワークス社の発行、角川グループ・パブリッシングの発売となっており、リブレ出版は奥付を見る限りでは単なる「出版企画・編集」としてクレジットされるだけになってます。

 ……大丈夫なんですかね、リブレ出版?

 

[新刊レビュー]寄宿舎制音楽学校を舞台に、お堅い潔癖性の黒髪美少年が初めての恋を知り… 南原兼『誘って シャノワール』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-美人の優等生  特徴-ファンタジー  ●ナ行-南原兼  
誘って・シャノワール (B-PRINCE文庫 な 1-1)誘って・シャノワール (B-PRINCE文庫 な 1-1)
(2008/04)
南原 兼

商品詳細を見る


 さ~て、本作は“優等生受け”としてご紹介するのが正しいのかどうか。
 でも、読み終わってみればやっぱり“優等生受け”だったなぁと感じ入るようなお話しです。

 物語の舞台は、イギリスのパブリックスクール、はたまた『ハリー・ポッター』のホグワーツ魔法学校のような雰囲気を漂わせる、架空世界の寄宿舎制音楽学校『ウィンダミア音楽院』。
 寄宿舎で同室になった美少年・ティモシーと、ちょっと悪い雰囲気の先輩・オスカーの2人が、最初は反目しあっていたのに、いつしか恋に落ち…というのが超大まかなあらすじです。
 こう書くと、BL王道中の王道というお話しに見えますよね。
 いったいどこが“優等生受け”なんじゃらほいと。

 

[新刊レビュー]楽しみな新人マンガ家さんが登場! 『花音DX』vol.2より、内田つち『ナミダの筋をつくるのは』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  特徴-大学生  受け-地味・ダサい  ●ア行-内田つち  
花音DX VOL.2 (2) (花音コミックス)花音DX VOL.2 (2) (花音コミックス)
(2008/03/10)
不明

商品詳細を見る


 これがデビュー作だそうです!
 …同人誌とか出されてないのかなぁ。
 一作読んですっかりファンになってしまったちーけんに、どなたかご存じの方いらっしゃったら、ぜひぜひ教えてくださいましー!
 というわけで、今後が楽しみな新人(?)マンガ家さん、内田つち先生の短編マンガ『ナミダの筋をつくるのは』(『花音DX』第2号掲載)をご紹介しましょう!

 

[新刊レビュー]大学の美人講師が年下学生に…みなみ恵夢先生がまたまたやってくれました! 『ボーイズピアス』08年5月号より、みなみ恵夢『花丸つけてね』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  特徴-年下攻め  ●マ行-みなみ恵夢  
BOY'S ピアス (ボーイズピアス) 2008年 05月号 [雑誌]BOY'S ピアス (ボーイズピアス) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/03/24)
不明

商品詳細を見る


 前記事でも『ボーイズピアス』08年5月号を取り上げましたが、じつはもう一作、この号に“優等生受け”が載っているのです。
 ぶらぼー!
 本ブログが熱烈推奨させていただいている、“優等生受け”といえば外せないこの作家さん、みなみ恵夢先生の短編マンガ『花丸つけてね』です!

 なんだかみなみ恵夢先生、最近絵が変わってこられたような印象がありましたが、今回の『花丸つけてね』を読むと、ますますそれがハッキリしてきたような気がします。
 ちーけんは自分ではまったく絵とかイラストとか描けないので、どこがどう変わったのかと言われると説明する能力がないのですが、描線のタッチが昔と違っているような…。

 あと唇の描き方も、昔のみなみ先生のマンガとずいぶん違う気がします。
 今の描き方は、なんだか唇がぷっくりしていて、受けキャラがすごく色っぽく見えますね!

 

[新刊レビュー]期末試験で負けたら言うこと聞けよ…! 『ボーイズピアス』08年5月号より、池田ソウコ『恋愛一次試験』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-ガリ勉  受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  ●ア行-池田ソウコ  攻め-クラスの人気者  
BOY'S ピアス (ボーイズピアス) 2008年 05月号 [雑誌]BOY'S ピアス (ボーイズピアス) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/03/24)
不明

商品詳細を見る


 ううう、海外出張に行ってたおかげで、レビューを書きたいBL本が10冊以上も溜まってる…。
 賽の河原に石を積むように、コツコツやっていくしかないよね…。
 というわけで気を取り直して、まずは発売されたばかりの隔月刊誌『ボーイズピアス』08年5月号より、正統派の“優等生受け”マンガをご紹介しましょう!
 池田ソウコ先生の短編『恋愛一次試験』です~。
 何が正統派って、もうこんな要素が満載なのです。

・主人公(受)は勉強だけが取り柄の優等生

・そこに転校生がやってきて、あっというまに学年1位の座を奪ってしまう

・「次の期末試験で1位を取ったら言うことを聞け!」勝負が勃発

・勝つつもりだった主人公(受)は哀れ相手の言うがままに~

 

[新刊レビュー]ぼさぼさ頭に垢抜けない眼鏡…のび太クンにしか見えないダサっ子受けBL! 『Baby』VOL.5より、家町くみこ『kissies strawberry』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-不細工・ダサい  特徴-大学生  ●ア行-家町くみこ  
Baby Vol.5 傷特集 (5) (POE BACKS)Baby Vol.5 傷特集 (5) (POE BACKS)
(2008/03/25)
不明

商品詳細を見る


 あんまりしょうもない日常のことばかり書いていると、ここを読んでいただいている方に見放されそうなので、出張から帰国後初めてとなるレビューをとっとと公開することにいたしましょう(笑)。

 日本にいなかった間に発売されていた大量のBL本の山の中から、この数字は毎日こればっかり読み返してます…。
 BLアンソロジー『Baby』VOL.5に掲載されている、家町くみこ先生の短編マンガ『kissies strawberry』です!

 いやもうほんとにこの3日間で10回以上読み返してます。
 何がいいって、本ブログではいっつも同じことを言っている気がしますが(笑)、受けキャラくんがネクラで眼鏡というこの設定です!
 まずは本作の主人公(攻)である大学生・洋の口を借りて、幼なじみ&同級生でもある受けキャラ・裕のことを紹介してみましょう。

 

[コラム]腐男子はつらいよ!?(その5) カンボジア第2の都市・シェムリアップで出会った妖しいお店


Category: 腐男子はつらいよ   Tags: ---
 さーて、早速今日も絶賛残業中のちーけんですが、部下の仕事待ちのこの時間を利用して、カンボジアでの出来事などを簡単にご報告しておこうと思います~。
 いつもどおり、どうでもいい内容なので、お暇な方だけお付き合いください!(笑)

 

[身辺雑記]帰国しました~!


Category: 身辺雑記   Tags: ---
 昨日月曜日の朝8時に無事成田空港に到着、そのまま出社して仕事してました~(笑)。
 我ながらよく働くな!
 もちろん夕方には会社を抜け出して、1週間分溜まっていたBL新刊を大量に買いましたよ!
 2万円も買っちゃった~。
 あははうふふえへへおほほ。
 おかげで金がないー!!!

 

04 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電