FC2ブログ

ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[新刊レビュー]女王様な生徒会長が下僕にされちゃって…!? 『BOYS JAM!』vol.11より、夏葉ヤシ『女王で下僕で××××で』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  特徴-年下攻め  特徴-SM的  ●ナ行-夏葉ヤシ  
BOYS JAM 11 (11) (ディアプラスコミックス)BOYS JAM 11 (11) (ディアプラスコミックス)
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


 『BOYS JAM!』からの“優等生受け”3発目は、夏葉ヤシ先生の短編マンガ『女王で下僕で××××で』です~。
 以前から一度、夏葉ヤシ先生のマンガはご紹介したいと思っていたんですが、なかなかその機会がなく…。
 新書館系の雑誌、『Dear+』とか『BOYS JAM!』にしか描かれてないようですね。
 じつは『Dear+』はあんまり熱心に読んでいないんで、だいぶこの先生のマンガは読みのがしてる気がしますが(超残念!)、早くコミックスにまとまらないかなぁと熱望して待ってます。
 もし、『Dear+』のあの号でこんな“優等生受け”を夏葉ヤシ先生が描いてたよ!、という情報があれば、速攻アマゾンで買って読みたいので、どなたか教えてください(笑)。

 で、今回の『BOYS JAM!』では、美人生徒会長サマ受マンガを描いてくださってます。
 美人といっても、背が高くて儚げで…というタイプの美人さんではなく、小柄で可愛くて元気があってという、BLでいうところの“姫タイプ”な生徒会長サマが主人公。
 でも、外見は“姫”な生徒会長・深海唯(ふかみ・ゆい)ですが、性格はとっても女王様。
 つーか、ちょっと変態な域に入ってるくらいです(笑)。

 

スポンサーサイト



[新刊レビュー]コミックス1冊になんと“優等生受け”が4本も!? しかも“ぶっかけ”がテーマのキワモノBLも…(笑) 加東セツコ『トロンプルイユの指先』より、『われなべ、とじぶた』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-美人の優等生  特徴-大学生  ●カ行-加東セツコ  
トロンプルイユの指先 (MARBLE COMICS)トロンプルイユの指先 (MARBLE COMICS)
(2008/02)
加東 セツコ

商品詳細を見る


 以前、東京漫画社のBLアンソロジー『不良カタログ』に掲載された“優等生受け”マンガ『木ノ下闇』を本ブログでもご紹介したことのある若手(?)マンガ家、加東セツコ先生の初コミックスがついに発売になりました!

 もちろん、『木ノ下闇』も収められていますので、コミックスを買おうか迷われてる方は、こんなマンガも収められているというのがわかりますので、お時間に余裕があれば、こちらで本ブログのレビューを読んでみてください~。

 で、今回の初コミックス『トロンプルイユの指先』は、表題作がかなり長い書き下ろし作品という、初子ミックスにしてはなかなか珍しい構成。
 この表題作でもある書き下ろし『トロンプルイユの指先』自体も、彼女と別れて、彼女に選んでもらったネクタイも全部捨ててしまった若いサラリーマンが、偶然訪れた洋品店で美しい男の店員と出会い――というお話しで、この「美しい男の店員」である受けキャラ・大谷が、なかなかツンと澄ました優等生キャラで、こちらをご紹介しようかとも思ったのですが、たぶん表題作ということもあって、他のブログなどにレビューはあふれているだろうし、つねにマイナー、マイナーへと潜っていく本ブログの特性として(笑)、他のブログでは取り上げられないフィルアップ作品をご紹介しようと思い立ち、今回はコミックス所収の短編の中から、『われなべ、とじぶた』をご紹介しようと思います。

 この短編『われなべ、とじぶた』は、けっこうキワモノなお話(笑)。
 ギャグマンガというわけではないのですが、設定自体に何ともいえないユーモアがあって、ちょっとフランス映画とかにありそうな、ちょっと洒落ていて、思わずクスリと笑ってしまうストーリーになってます。

 何がキワモノかというと…。
 最初から最後まで、物語の根底を流れるテーマがぶっ飛んでるんです。
 顔射、です(笑)。

 

[新刊レビュー]絶望に満ちたうつろな目で抱かれる潔癖少年…暗っ! 『BOYS JAM!』vol.11より、谷村カヲリ『Drive』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-いじめられっ子  ●タ行-谷村カヲリ  
BOYS JAM 11 (11) (ディアプラスコミックス)BOYS JAM 11 (11) (ディアプラスコミックス)
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


 それでは、『BOYS JAM!』vol.11より、“優等生受け”2作目をご紹介いたしましょう~。

 前号では、テツオタ(鉄道オタク)受というBL界前人未踏の一作を描いていた(←本ブログにレビューあります)谷村カヲリ先生の最新作『Drive』です。

 谷村カヲリ先生は現在、野球マンガ『おおきく振りかぶって』ジャンルで活動しておいでですが、同人誌を読むとビックリすることがあります。
 ストーリーが両極端だったりするので。
 水谷×栄口メインに活動されていますが、このミズサカ本、ものすごくコメディタッチで明るい話のときがあるかと思えば、すんごく暗い人間の情念を描いた、例えば水谷が栄口を好きすぎて人としてどうよ的な行動に走っちゃうみたいな重い話のこともあり、その落差に驚かされるのです。

 で、前号の明るくバカバカしくて楽しかったテツオタ受マンガと、今回の短編『Drive』の対照的な作風がまさにそれ。
 今回の新作は、すんごく暗くて重い雰囲気に満ちてます!

 

03 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

02

04


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電