FC2ブログ

ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[新刊レビュー]無言…無表情…ブサイクじゃないけど美形でもない眼鏡優等生にイケメンがハマっちゃった! 『LYNXアンソロジー雅』vol.3より、斑目ヒロ『ある日突然 保健室で』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-地味・ダサい  受け-ネクラ    ●マ行-斑目ヒロ  
Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)
(2007/11/24)
不明

商品詳細を見る


 斑目ヒロ先生が、ますます良い方向へ成長されてます――もちろん“優等生受け”的な意味で!
 8月発売のコミックス『scarlet』が評判となった斑目先生。
 表題作の『scarlet』自体は、人気モデルたちの恋模様的な華やかな世界を描いたものでした。
 ところが、コミックスの後ろのほうにひっそりと収録されていたネクラ眼鏡受けBLマンガ『ワンナイト スタンド』『俺の恋人』の2作(レビューはこちら)が言語を絶するほどの素晴らしい優等生受けマンガの傑作でして、ちーけんは一読してもうまいってしまいました。
 でも、あまりに対照的なこの2つのマンガの作風に、うーむ、このマンガ家さんの本質はどっちにあるのだろうと思っていたんですが、10月の『コミック リンクス』では再び優等生受けマンガを描かれており、今回ご紹介する『LYNXアンソロジー雅』所収の新作マンガでも、ハッキリと根暗な地味優等生受けストーリーを打ち出して来られました。
 そろそろ断言してもよいのではないでしょうか!
 斑目ヒロ先生は、“優等生受け”設定が大好きな作家さんだと!

 

スポンサーサイト



[新刊レビュー]眼鏡の生徒会長が下半身を脱がされ、縛られ、虐められ… 『LYNXアンソロジー雅』vol.3よりホームラン・拳先生のピンナップ


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  ●ハ行-ホームラン・拳  
Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)
(2007/11/24)
不明

商品詳細を見る


 雑誌とかアンソロジーとかの、表紙をめくった最初のページとかに入ってるカラーイラストとかってよくあるじゃないですか。
 今まで、あんなの誰が喜ぶんだろって、思ってました。
 切り取って貼るほどの紙や印刷を使ってるわけでもないし。

 …今回、認識をあらためましたよ!
 『LYNXアンソロジー雅』vol.3眼鏡特集についてた、ホームラン・拳先生のイラストがあまりに素晴らしすぎて!

 

[新刊レビュー]さかもと麻乃先生が新連載! 石田育絵先生の優等生受けマンガは急展開! 明治カナ子先生の『三村家の息子』シリーズも絶好調! 『HertZ』vol.23その他のマンガレビュー


Category: レビュー 雑誌   Tags: ●サ行-さかもと麻乃  ●ア行-石田育絵  ●マ行-明治カナ子  
HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)
(2007/12/01)
新田 祐克西村 しゅうこ

商品詳細を見る


 さてさて、前記事にてご紹介した松本ミーコハウス先生の優等生受けBL『恋のまんなか』以外の『HertZ』vol.23掲載作について、さらっとお知らせしておきましょー。
 あ、もちろん優等生受けBLしかご紹介しませんので、あしからず。

 まず嬉しいことに、さかもと麻乃先生の新連載が始まってます!
 ぴーひゃらら~。←嬉しさの表現です
 全寮制っぽいミッション系の高校を舞台にした学園もの+ちょっとミステリーちっくな謎が絡んだストーリー・。
 今回は第一回ということで、キャラの紹介程度で終了してますが、主人公・真白楓(ましろ・かえで)が何とも危うく、受けキャラとして魅力的なこと!

 

[新刊レビュー]つまんないと思った俺がバカだった… 『HertZ』連載中、松本ミーコハウス『恋のまんなか』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-ガリ勉  特徴-高校生  攻め-不良  受け-真面目・カタブツ  ●マ行-松本ミーコハウス  
HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)
(2007/12/01)
新田 祐克西村 しゅうこ

商品詳細を見る


 あー、俺の目は節穴でした!
 懺悔!
 隔月刊誌『HertZ』vol.23を読んで、つくづく思い知らされましたよ!
 松本ミーコハウス先生が連載形式で描かれているマンガ『恋のまんなか』が、4回目にしてものすごい盛り上がりです。
 『HertZ』vol.19から始まったこの作品、超一流進学高を落ちて公立校に通うガリ勉くんの一之瀬が、父子家庭育ちで荒んだ生活を送るタラシの不良・松原にオモチャにされるような恋に堕ちていくストーリーでして、もちろんちーけんもチェックはしておりました。
 でも、よくいるじゃないですか。
 BLマンガに限らず、なんか暗い話を描くことで、それがストーリーに深みを出すんだ的な勘違いをしてるとしか思えないマンガ家さんが。
 この作品、そして松本ミーコハウス先生も、ちーけんが嫌うそういう類のマンガ家さんだと勝手に思いこんでました。
 本当にスイマセン!
 完っ全な思い違いでしたよ…。

 というわけで、本作の全体的な雰囲気はすごく暗めです。
 主人公(攻)の松原は、父親と安アパートで二人暮らし。
 でも、父親はほとんど家に帰って来ず、大家のババアからは「このままだと、出て行ってもらうよ!」と言い渡される生活を送っています。
 荒んだ空気を漂わせつつ、学校の内外で女の子と遊び歩いている高校生という設定のキャラになってます。
 そんな松原のことを、密かに見つめていたのが主人公(受)の一之瀬です。

 

12 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電