ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[新刊レビュー]「もっと可愛い顔してみろよ」――堕とされる生徒会長 ヤマダサクラコ『思い過ごしも恋の内』より『隙間』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  ●ヤ行-ヤマダサクラコ  
思い過ごしも恋の内 (花音コミックス)思い過ごしも恋の内 (花音コミックス)
(2007/10/29)
ヤマダ サクラコ

商品詳細を見る


 毎月恒例、月末の新刊ラッシュ第二波到来です~。
 当然大量に買い込んで来ましたので、レビューを書きたい新刊は山のようにあるんですが、じ、時間が…!
 本ブログ筆者は、明日からまた怒濤の仕事ラッシュに入るので、次はいつ更新できるかまったくわかりません。
 どうしてもこの本だけは…! という新刊のレビューを、何とか今日中に記事であげていこうと思います。

 まず1冊め~!
 本日発売されたばかりの花音コミックス最新刊、ヤマダサクラコ『思い過ごしも恋の内』に収録されている“優等生受け”な短編が、なかなかのデキです!
 『隙間』というタイトルの短いマンガですが、もとは04年発行の花音ゴージャスvol.04『学園特集』号に掲載されていたものだとのこと。
 コミックスの後書きを見ると、今回の収録にあたり、 初出時よりかなりの加筆修正をほどこしたと書いてあります。
 花音ゴージャスの該当号は我が家の本棚にもちろん保存してあります。
 早速、見比べてみたら――かなり内容が違ってました!
 コミックス収録分のほうが、ページが書き足されて長くなっており、また細かいセリフやコマ割りもかなり異なってます。
 そのあたりの違いはあとで解説するとして、まずはあらすじをご紹介しましょう。

 

[新刊レビュー]男性向けショタ本もたまにはいかがですか~? 『少年嗜好・女装フレグランス』より、中ノ尾恵『Trans愛の課外活動』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-女装  ●ナ行-中ノ尾恵  
少年嗜好女装フレグランス (MMコミックス)少年嗜好女装フレグランス (MMコミックス)
(2007/10/27)
不明

商品詳細を見る


 いやー、前から思ってたんです。
“優等生受け”と女装ものは相性がいいんじゃないかって――もちろんBLというファンタジー世界の中での話ですが。
 BLにおける“女装少年”ってのは、あくまでも“本人の意思に反して嫌々やらされてる”とゆーのが主流ですよね。
 家のしきたりでとか、文化祭でお姫様役をやらされてとか。
 それが「すごく似合って」たり、「絶世の美女にしか見え」なかったりして、攻めキャラが思わず「う…、可愛い…」とか呟ちゃうのが、女装ものBLの醍醐味なわけですが(笑)、その時に受けキャラは「俺は男なのに…」って、とんでもない屈辱感を味わされるわけです!
 それって、プライドの高い優等生のみなさんを堕としてさしあげる場所として打って付けだと思うんですが、みなさんいかがでしょうか(笑)。

 

[新刊レビュー]ガリ勉大学生が罠に落ちて…コミックJUNE07年12月号より天城れの『恋奴!-こいやつ-』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-ガリ勉  特徴-大学生  受け-眼鏡  ●ア行-天城れの  
コミック June (ジュネ) 2007年 12月号 [雑誌]コミック June (ジュネ) 2007年 12月号 [雑誌]
(2007/10/27)
不明

商品詳細を見る


 眼鏡っ子を描かせたら右に出るものがないほどの作家さんでありながら、そこになかなか“優等生受け”の要素が絡んでこなかった(本ブログ的には)不思議なマンガ家、天城れの先生がついにやってくれました…。
 完っ璧なガリ勉優等生受けマンガの登場です。
 今月号のコミックJUNEからシリーズ連載が始まった『恋奴!-こいやつ-』が、その一作。
 扉には「マジメ優等生の悶々奴隷ライフ!」というこの雑誌らしいお下品なアオリが入ってます。
 いつもはエロい言葉をひねくりすぎていったい何が言いたいんだか、はたまた全然内容と関係ないアオリが入ってることで有名な(?)コミックJUNEですが、今回ばかりはドンピシャのコピーを考えてくれたというべきでありましょう。

 主人公・壱村寛和(いちむら・かんな)は、一言で言えばガリ勉としか言いようのない大学生。
「幼稚園から高校まで首席で卒業し、大学ではカリスマ秀才として一目置かれている」優等生で、「学問こそ我が人生の喜び! 恋だの遊びだの言ってる連中とは格が違うのだ」と自負する、ちょっと嫌みなタイプです。
 このへん、いかにも天城れの先生っぽい、マンガ的というか、非常にわざとらしい感じ(笑)のキャラ設定ですね。
 ところが父親の会社が不渡りを出して倒産の危機に瀕したことから、寛和の運命は急転回していきます。

 

[新刊レビュー]和服美人な茶道部顧問教師が…生徒×教師 GUSHマニアックス『先生特集』より、すずはら篠『ひかがみに熱いキス』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-年下攻め  受け-美人の優等生  ●サ行-すずはら篠  
GUSH maniaEX 先生 (GUSH mania COMICS)GUSH maniaEX 先生 (GUSH mania COMICS)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る


 最近の数号は好きな作家さんが載ってなかったのでスルーしていたGUSHマニアックスですが、今回は『先生特集』ということで、久しぶりに買ってみました。
 先生ものとゆーと、だいたい優等生っぽい堅物教師が受けキャラで出てきたりしますからね(笑)。

 で、狙い通りに、しかもかなりの上物が釣れました。
 すずはら篠先生の『ひかがみに熱いキス』です~!
 実力作家さんだけあって、短いページですごく内容の濃いストーリーを展開してくれてます。

 描かれるべきものがブレずにきちっと描かれているんですよ~。

 それが何かといえば、何よりも主人公(受)の茶道部顧問・遠野先生の美人ぶり!
 このマンガの読みどころは、これに尽きます。

 お坊ちゃん学校である光陽高校のOBにして茶道の家元、その縁で現在は母校の茶道部の顧問を務める遠野は、生徒たちには人気があるものの、ガードが堅くて、プライベートは一切話さないことで有名な美人先生。
 いつも和服で、笑顔が優しくて、でも困った顔がこれまた美人で庇護欲をそそらせるという色っぽさなんですね、これが…。

 

[新刊レビュー]コスプレしたら美少年に!? オタクっ子優等生受けBL 井波はじめ『灼熱×インモラル』より『君が俺を惑わせたいなら』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-大学生  受け-キモオタ  受け-地味・ダサい  攻め-クラスの人気者  受け-眼鏡  ●ア行-井波はじめ  
灼熱×インモラル (光彩コミックス Boys Lコミック)灼熱×インモラル (光彩コミックス Boys Lコミック)
(2007/10/27)
井波 はじめ

商品詳細を見る


 コスプレネタありのオタク優等生受けマンガの登場です~。
 井波はじめ先生のコミックス『灼熱×インモラル』(光彩書房)所収の短編マンガ『君が俺を惑わせたいなら』です!

 なかなか自分でもコスプレをしちゃうようなオタ少年受けのBLってないんですよね。
 パッと思いつかないですもんねぇ…。
 何冊かはあったと思うんですが。
 そういう意味で本作は非常に貴重ですよ!
 ちょっと残念なのは、そのコスプレが主人公自らの意思じゃなくて妹に頼まれてしょうがなく…という点ですが、そのくらいはよしとしましょう。

 物語の舞台は大学です。
 主人公(攻)の河島は、背が高くてイケメンで女の子にもてて、でも講義はサボりがちという絵に描いたようにBLにありがちな攻めキャラです(笑)。
 そんな河島が、どうやってテスト前を切り抜けているかといえば、クラスでも目立たない眼鏡っ子・永田の講義ノートを借りてコピーさせてもらうことで、試験前の一夜漬けを何とかやっていたのでした。

 

[新刊レビュー]コンプレックスを隠していてこそ優等生!「僕なんか釣り合うわけない…」に萌える一作 緑山ヨウコ『情熱革命』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-社会人  受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  ●マ行-緑山ヨウコ  
情熱革命 (ドラコミックス 146)情熱革命 (ドラコミックス 146)
(2007/10/25)
緑山ヨウコ

商品詳細を見る


 というわけで、出張からの帰り道(前記事参照)、東京に着いた途端に速攻で書店を周り、月末の新刊ラッシュのBL本を買いあさったちーけんです。
 意外に“優等生受け”多かったです~。
 どれから紹介しようか迷いますが、読み終わった順にいきましょう!

 今までまったく読んだことのない作家さんでしたが、表紙買いしてみました。
 緑山ヨウコ先生の初コミックス『情熱革命』(drapコミックス)です。
 表紙買いした理由は、上の画像を見ていただければわかると思います~(笑)。
 見た瞬間、優等生!
 版元のサイトで表紙を見たときから、もう買おうと決めていたんですよね。
 ただどう見てもサラリーマンものなので、「ああ~、これで学園ものだったら~!」と残念でしかたありませんでしたが…。

 で、もちろんこの表紙の2人が表題作『情熱革命』の主人公カップルです。
 コミックスを買って中を読んでみるまでは、絵の感じから、鬼の経理担当とか呼ばれちゃってるような、お高くとまった女王様タイプの受けキャラかなぁと思っていましたが、全然違いました!
 もっと天然系で、笑顔が優しくて、みんなから好かれるタイプの“いい子ちゃん”な優等生受けキャラでしたよ~。
 もちろん眼鏡&七三にきっちりスーツの見かけどおり、ちょっとお堅い雰囲気もある受けキャラで、そのあたりはちーけんの好みにもドンピシャでした(嬉)。

 

[身辺雑記]出張といいつつ結構楽しんじゃった…恐ろしい天罰下るの巻


Category: 身辺雑記   Tags: ---

 和歌山出張より戻りました~。
 出張といいつつ、温泉宿に泊まったりしてなかなかエンジョイした出張でした。

 

[身辺雑記]じ、時間が… 3日ほど更新止まります


Category: 身辺雑記   Tags: ---
 仕事で明日から関西に出張することになり、超バタバタしてます~。
 最近、仕事が忙しくて更新できていなかったので、何とか!と思って、下にある日高ショーコさんの記事だけは書いたんですが、もうタイムアップだ~。
 木曜夜に東京に戻りますので、それまで更新まったくありません…。
 戻ってきたら、週末にかけて4連休になりそうなので、死ぬ気で記事をたくさんアップします~。
 いろいろ私信もいただいているんですが、お返しする時間がなく、メールをいただいている方には大変申し訳ありません。
 そちらも戻り次第…。
 明日は4時起きだー!
 アクセス解析を見ると、3日に1度くらい当ブログを訪れてくださる方が、なんと20人くらいはいらっしゃるようです~。
 いつもありがとうございます~。
 戻ってきたら頑張りますので、見捨てないでください~(懇願

[レビュー]学年トップ×万年2位のツンデレLOVE with あふれる若さ! 日高ショーコ『感情サイン&『言葉より強く』


Category: レビュー コミックス   Tags: 攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  受け-ガリ勉  受け-真面目・カタブツ  ●ハ行-日高ショーコ  
足りない時間 (花音コミックス)足りない時間 (花音コミックス)
(2005/10/28)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


シグナル (花音コミックス)シグナル (花音コミックス)
(2007/05/29)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


♪盗んだバイクで走り出す~、というのはあまりに有名な尾崎豊の歌の一節ですが、青春なんてものは曰く言いがたいもので、走り出した本人もなんでそんなことやってるかは実際よくわかってないんですよね。
 だからこそ青春時代なわけですが、高校生たちがそんな“自分でもわからない衝動に駆られる”姿を甘酸っぱく描いてくれた傑作が、日高ショーコ先生の連作『感情サイン』と『言葉より強く』です!

 前者の『感情サイン』は、日高ショーコ先生の商業誌デビュー作。04年の花音12月号に掲載されたものですが、それから1年半も経って描かれた続編が、ラブテク01『ツンデレ特集号』に掲載された『言葉より強く』ということになります。
 ちーけんは、『感情サイン』を読まないまま、続編である『言葉より強く』から先に読んだクチです。
 その際、あまりにストーリーが“優等生受け”で素晴らしく、こんなマンガ家さんがいたのかと驚愕し、あわてて日高ショーコ先生のデビューコミックス『足りない時間』を買い求めました。
 そうしたら、その中に“前編”である『感情サイン』が入っており、思わず「おおう!」と叫んでしまった覚えがあります。

 主人公は、定期試験でつねに1位と2位を争うライバルである渋谷と三上の2人。
 たいして勉強もしていないのに、常にトップをとる渋谷は、女にもてて成績もよく顔もいい、いわゆる“何でもできる”高校生。
 ちょっと大人びていて、周りのクラスメイトとは表面上はうまく付き合っていますが、どこか心の底ではそんな日常をつまらなく思っている無気力天才くんというやつです。
 渋谷が高校で編入してくるまで、つねに学年トップをとっていたのが、黒髪マジメっ子な優等生・三上。
 といっても、日常生活はいたって普通の高校生。
 いわゆるビン底眼鏡で対人関係は苦手とかいうキモオタくんタイプではありません。

 真面目で頭が良くて
 出来のいい子だと
 ずっと言われてきたし
 そのぶん努力だってしてきた
 順風満帆
 後ろ暗いところなんて何一つない生活だった

 これは三上が自分のことを評した言葉ですが、これだけで彼がどういう高校生かよくわかります(笑)。
 そこに登場して、あっというまに三上を乗り越えて行ってしまった存在が、渋谷というわけです。

 

[身辺雑記]え!? シャレード休刊!? あの“事件”の真相が知りたかった~


Category: 身辺雑記   Tags: ---
 すいません、いま知りました!

 

[身辺雑記]今月残りのBL新刊は期待できなさそうですね――もちろん“優等生受け”的な意味で! と思ったら、BL界の新ビッグウェーブを見つけちゃった


Category: 身辺雑記   Tags: ---
 先ほどヒマだったのでずーっと新刊予定表をチェックしてたんですが、“優等生受け”どころか学園もの自体がほっとんどないですね!
 どっかの政治家も、アキバで演説してるヒマがあったら、「学園ものBL振興法案」(正式名称・高校生等未成年男子生徒を主人公とする特殊型恋愛小説の振興と育成に関する法律)でも作って国会を通しやがれってんだ。
 そうしたら、本物のオタクと認めてやるけどな!

 

[身辺雑記]すいません、BL以外のこともちょこちょこ書こうかと…第1回『伝説のメカニックに会っ…た…?』


Category: 身辺雑記   Tags: ---
 現在、朝の5時前ですが、まだ会社で働いているちーけんです。
 他人の仕事の上がり待ちとゆーやつですね~。

 

[新刊レビュー]BL版『水戸黄門』!? 初めて人生で負けを食らった優等生がさまよって…渡海奈穂『夢は廃墟をかけめぐる』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-社会人  特徴-年下攻め  受け-ガリ勉  ●ワ行-渡海奈穂  
夢は廃墟をかけめぐる☆ (新書館ディアプラス文庫 171)夢は廃墟をかけめぐる☆ (新書館ディアプラス文庫 171)
(2007/10)
渡海 奈穂

商品詳細を見る


 あえてこじつけてしまうと、渡海奈穂先生の最新刊『夢は廃墟をかけめぐる』は、BL版『水戸黄門』だなぁと、読了したばかりのちーけんは感じております(笑)。
 いつもは、紹介している本を読んでない方にもわかるようにというスタンスで記事を書いている本ブログですが、今回は原作を読んでいないとちょっとわかりにくいかもしれません。
 申し訳ないのですが、たまにはいいかなぁと。
 ただ、今回はかなり強いネタバレがありますので(いつもはこれから買う人の興を削がないようにギリギリで控えてます)、その点も未読の方はご注意ください。

 さて、いったい何が『水戸黄門』なのかといえば、本書は一種の“貴種流離譚”なんですね。
 王位継承に破れて“故郷”を放逐された“尊い人”が、苦労しながら各地を放浪するけれど、最後には元の身分に戻れてめでたしめでたし、というのが“貴種流離譚”の典型的なストーリーパターンですが、日本人はこれが大好きです(笑)。
 童話の『みにくいアヒルの子』や、日本書紀の『ヤマトタケル』、『かぐや姫』、森鴎外の『山椒大夫』などが代表例。
 で、すごい人だというのを知らずに、苦労している“尊い人”を助けた善人が、最後にはご褒美をもらえたり…なんてのも、“貴種流離譚”には多いです。
 もちろん『水戸黄門』の黄門さま(徳川光圀)は、別に将軍位争いに敗れてさまよっているわけではなく、暇な元お殿さまが勝手に越後のちりめん問屋の隠居を名乗って日本中を放浪しているだけですが、基本的には“貴種流離譚”の一種です。

 じつは本書の主人公・三島要(みしま・かなめ)は、そういう境遇にあるキャラとして設定されているんですね。

 

[新刊レビュー]クールな図書委員がバカな同級生を好きになっちゃって…東京漫画社『青春カタログ』より、ヤマシタトモコ『その火をこえてこい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  ●ヤ行-ヤマシタトモコ  
青春カタログ (MARBLE COMICS カタログシリーズ VOL. 10)青春カタログ (MARBLE COMICS カタログシリーズ VOL. 10)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る


 この東京漫画社発行のBLアンソロジー『カタログ』シリーズは、ホントに毎回外しません。
 ここでしか読めない作家さんが多いというのが、まずいいところその1。
 でも気取って(?)いるわけではなくて、お約束エロなど商業性もちゃんと確保されたうえで、作家さんのオリジナリティあふれるストーリーが読めるというのが、いいところその2。
 そして何よりも本ブログ的には、必ず“優等生受け”マンガを入れてくれているというのが、いいところその3にして最大のおすすめポイントです(笑)。

 今回は青春をテーマにしたvol.10『青春カタログ』。
 表紙をめくると出てくる古街キッカ先生の超美しいイラスト(高校生男子2人がふざけてるような恋の駆け引きをしているようなシーン)だけでも、「ええもん見たわ~」となぜかエセ関西弁でほうとため息をついてしまいそうになりますが、さらにページをめくると巻頭に掲載されているのが、ヤマシタトモコ先生の優等生受けマンガ『その火をこえてこい』です。

 本好きの図書委員・六条は、他の同級生よりもほんの少し大人びた雰囲気を漂わす高校生。
 でも引っ込み思案などではなく、ちょっと斜に構えてあえて周囲から一歩引いているような少年です。
 夏休みのあいだも、クーラーもついていない暑い図書室に毎日詰めて、一人でもくもくと図書委員の仕事をこなしています。
 六条にまとわりついて、「俺とセックスしよう!」と毎日叫んでくるのが、クラスメイトでもあるおちゃらけ少年・鹿目です。
 本なんかまったく読まないバカだけど、運動が得意で明るくて友達も多い鹿目は、六条とは対照的な少年ですが、クラス替えのときに席が隣り合った六条に欲情したと言って、春以来どころかこの夏休みになっても、図書室に押しかけては六条に付きまとっています。

 

[レビュー]これを読まずに死ねるか! イベントで出会った超名作“優等生受け”…SUNNYVALE『こいのしずく』


Category: レビュー 同人誌   Tags: 受け-地味・ダサい  受け-眼鏡  特徴-高校生  ●ハ行-ひなた  
 じつは先週の日曜日(10月7日)に、ショタスクラッチに行ってきました~。
 ショタスクラッチというのは、東京で年に2~3回開催されているショタ系の同人誌即売会です。
 とても人が多すぎてコミケは行く気にならないのですが、初夏のショタケットと、ショタスクラッチだけは行くのが習慣になってます。
 もちろんショタ系が好きだというのもあるのですが、意外にショタ系イベントには、女性の作家さんがBLっぽい本を携えて参加されているんですよね。
 今回のショタスクラッチのプログラムには、参加サークルの男女比についての調査結果が出ていました。
 なんと男女比はほぼ半々なんですね~!
 たしかに会場を歩いても、女性のサークルさんが多いです。
 女性作家さんの出されている本を見ると、バリバリの男性向けショタを描かれてる方もいますが、ショタでもやはりちょっとBLよりのものが多いように思います。
 しかも、お客の大半は男ということもあってか、みなさん内容はちょっとエロ寄りだったり。
 なので、こうしたショタ系イベントは、ホントはJ庭やコミティアに参加して思いっきりBL系同人誌を漁りたいけど、男1人で行く勇気がないので一度も行ったことがないちーけんにとっては、BL系同人誌の重要な供給源にもなってます(笑)。
 ショタもBLも好きなちーけんにとっては、大変ありがたいイベントというわけです。
 今回もかなり充実した“戦果”をあげて大満足だったのですが、夕方から仕事だったので、そのまま大量のショタ同人誌をリュックで背負って会社に出社したことは、もちろん同僚たちには秘密です(笑)。

 というわけで、今回は本ブログ史上初めて(ってもまだ3ヶ月ですが…)、同人誌をご紹介しちゃいます。

 この本を買えただけでも、ショタスクラッチに行った甲斐があったと、1週間経った今でも感動冷めやらぬ優等生受けマンガ、サークル・SUNNYVALE(サニーベール)さん発行の『こいのしずく』です~!

 

[雑誌レビュー]優等生受けが豪華2本立て!? 『コミックリンクス』vol.16より、斑目ヒロ『かわいい悪魔-接触-』、九重シャム『ストロベリーサウンド』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-地味・ダサい  受け-キモオタ  攻め-クラスの人気者  ●マ行-斑目ヒロ  ●カ行-九重シャム  
Comic Magazine LYNX (コミックマガジン リンクス) 2007年 11月号 [雑誌]Comic Magazine LYNX (コミックマガジン リンクス) 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/09)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
 ブログもやってみるものですね。
 記事のネタ探しになればと、このブログのために1年ぶりくらいで買ったコミックリンクスが、今月はプチ優等生受け祭りでしたよ!
 もちろん、ちーけんが勝手に認定してるだけですが…。
 その中でも刮目すべき2作品をご紹介しておきます~。

 まずひとつめ。
 8月発売のコミックス『scarlet』の中で、素晴らしい優等生受けマンガを描いてくださった斑目ヒロ先生。(前作のレビューはこちら
 唯一、それが学園ものではなかった点だけが残念だったんですが(サラリーマンものと大学生ものでした)、ついに今回やってくれましたですよ。
 今月号のリンクスで描かれている短編『かわいい悪魔-接触-』は、もう堂々の学ラン着用マンガ、しかも超“優等生受け”でした!(感涙)

 なんといってもまずキャラのビジュアル!
『scarlet』所収の短編で描かれていた優等生受けマンガでも、片や眼鏡のネクラくん、片や社交性ゼロのオタクくんという受けキャラを登場させていた斑目先生ですが、今回はもう優等生も優等生、学ランは一番上のホックまできっちり、眼鏡着用、髪型は七三or八二ぐらいのきっちり分け、クラスメイトと話すときの一人称は「僕」という典型的な優等生が登場です。

 しかも今回のお話しは、すごく短いんですが、読者がびっくりする大どんでん返しが仕掛けられています。

 

[レビュー]“優等生受け”な名ゼリフの競艶…剛しいら『御足(あし)をお舐め」


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-美人の優等生  特徴-高校生  特徴-年齢差  ●カ行-剛しいら  
御足をお舐め御足をお舐め
剛 しいら (2003/07)
笠倉出版社

この商品の詳細を見る

「いい子は辛いだろう」

 太股を優しく舐めてくれながら、松本は優しく囁く。

「お前は、みんながこんなことして遊んでいるのを知りながら、自分だけは絶対にそこまで堕ちないと思ってたんだろうから。だけど体はもう大人になってて…したくて、したくてたまらないから…わざとあんなおかしな真似ばかりしたんだな」

「ち、違うっ、そんなの違うっ」

 この僕がしたがってたなんて。
 松本としたがってたなんて。
 本当だとしても、絶対に言わないからなっ。

「安心しろ。これは二人だけの秘密だ。誰にも言わないから」

 手がむきだしになった松本のそこに導かれていた。
 これを僕に握れっていうのか。
 この僕に…そんなものを。
 ああっ、無理やり触らされちゃう。松本の…大きくて…熱い。


(中略)

 

[レビュー]えー、とにかく嫌らしいです(笑)…でも、それだけじゃない名作! 神崎春子『四季無情』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-美人の優等生  特徴-SM的  特徴-年齢差  特徴-大学生  ●カ行-神崎春子  
四季無情四季無情
神崎 春子 (1995/09)
ミリオン出版

この商品の詳細を見る
 じつは本ブログに来られる方は、ほとんどが新刊のレビューを見に来られる方ばかりで、アクセスを見ると、過去の“優等生受け”の名作を紹介する「珠玉の一冊」コーナーは、まっったく人気がないんですが、これこそ本ブログの存在意義と信じて! 本日は次々と過去の名作をご紹介していきます~。
 いいもん! お客さんなんか来なくていいもん!(グスン…)

 で、本作もまた古いです(笑)。
 95年の秋に発行された単行本で、DEEPコレクション『四季無情』です。

 昔、『DEEP』という季刊誌があったんですよ~。
 すごいお耽美系のBL(?)雑誌でしたが、たしか5号で休刊しました。
 いま中身を見ると、いやはやオカタイこと。
 やおいとはかくあるべき! みたいな座談会や評論がたくさん載ってます(笑)。
 その中では、当時出たばかりだった『ビーボーイ』や『エクリプス』、『シャレード』、『イマージュ』、『小説花丸』といったBL雑誌が軒並み「低レベル」「リアリティゼロ」「売ることしか考えてない」と酷評されまくってますが、『DEEP』自身については、「このレベルはすごいな」「目配りがいい」とべた褒めです(笑)。
 …残念ながら、その中ではもっとも早く5号でなくなってしまったのですが。

 で、『四季無情』は、その『DEEP』で創刊号から休刊号まで全5回連載された作品です。
 作者は神崎春子先生。
 昔はJUNE系、とくに『ロマンJUNE』などでは必ず描かれていた作家さんですよね。
 この方は、マンガも小説も書かれる作家さんです。
 決して小説もマンガも「うまい」タイプではないと思いますが、他の人にない迫力があって、ちーけんは好きでした。

 本作『四季無情』も、神崎先生ならではの妙な怨念というか迫力に充ち満ちた作品です。

 

[レビュー]誰かラストシーンの意味を教えて! 藤崎隆宏『ルードなKISSをルーズにしたい』より『月下美人』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-ガリ勉  特徴-高校生  特徴-年齢差  ●ハ行-藤崎隆宏  
ルードなKISSをルーズにしたいルードなKISSをルーズにしたい
藤崎 隆宏 (1995/11)
青磁ビブロス

この商品の詳細を見る

 この本は古いでっす。
 95年11月発行と奥付にあります。
 ちーけん的には、すごく歴史的価値があると思ってます。この本。
 とゆーのは、ビーボーイコミックスで登場した最初の“優等生受け”のような気がするんです。
 本当にそうかは、よく確認しないとアレですが、初期のビーボーイコミックスで“優等生受け”というとパッと思いつく、美杉果林さんの『スイートエモーション』(これも早めにレビュー書きます!)が97年なんですね。
 というわけで、暫定ですがビーボーイコミックスで登場した最初の“優等生受け”コミックスということで、藤崎隆宏さんの『ルードなKISSをルーズにしたい』をご紹介します~。

 でも、この藤崎先生なんですが、その後の活動はまったく不明です。
 もしご存じの方がいたら、ぜひ教えていただきたいくらいです。
 コミックスを見ると、杉本卓也、麻生かんなというお二人のユニットでのペンネームだそうで、なんとコミックスカバーの見返しには、お二人の写真も載っていますが(珍しいですよね)、このコミックスが最初で最後の一冊になっており、その後は雑誌などでも名前を見なくなってしまいました。
 解散されて別々に活動されたとかなのかなぁ。

 

[新刊レビュー]「恋なんて…」と無関心だった優等生が嵐のような恋愛に…高永ひなこ『きみが恋に溺れる』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-社会人  受け-美人の優等生  ●タ行-高永ひなこ  
きみが恋に溺れる (あすかコミックスCL-DX)きみが恋に溺れる (あすかコミックスCL-DX)
(2007/10/01)
高永 ひなこ

商品詳細を見る


 今やどこの雑誌で書いても、メインを張る大人気作家の高永ひなこ先生の新刊が出ました~。
 いろんなブログでレビューは溢れると思いますが、この『きみが恋に溺れる』(あすかコミックスCL-DX)は素晴らしい“優等生受け”なんだぞっということを、世の優等生スキーのみなさまにお伝えしたく、その視点から一筆。

 このマンガは、同じあすかコミックスCL-DXから出ている『きみが恋に墜ちる』のスピンオフ作品です。
 でも、前作を知らなくてもまっったく問題なく読めます。
 もちろん、知っていればもっと面白く読めますが。
 先にこちらから読んで、その後で前作を読んでも面白いですよ~。

 じつはこの本、もう1週間以上前に手に入れていたんですが、あらすじを読むと社会人もの、それも社員×社長の息子なんて書いてあるんで、“優等生受け”好き=学園もの命のちーけんとしてはあまり手が伸びず、布団の横に積んであったんです。

 ……見る目がなさすぎた!!!

 思いっきり“優等生受け”でしたよ!

 そんな悔しさを込めて、以下、ストーリーをご紹介します~。

 主人公(攻)は、老舗の呉服屋に勤める副店長の陣内和史。
 長年仕えてきた店長が引退することになり、「よっしゃ、きたコレ! ついに俺も店長かぁ!」などとウキウキしていたら、本社の社長の息子がコネ入社してきたあげく、そのまま後任の店長に収まってしまい、憤懣やるかたない30代前半です。

 

[新刊レビュー]“自己否定”のデフレスパイラルに落ちる地味っ子受け…永住香乃『大好き★大好き』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-地味・ダサい  受け-平凡っ子  攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  ●ナ行-永住香乃  
大好き大好き (花音コミックス)大好き大好き (花音コミックス)
(2007/09/29)
永住 香乃

商品詳細を見る


 ぬあー、ツボに来た~。
 花音コミックスの若手作家、永住香乃さんの初コミックス『大好き★大好き』が登場です。
 最初から最後まで学園ものオンリーのすばらしい一冊。
 短編集ということは、事前に調べてあったのですが、中を読んだら、“優等生受け”マニアの心をグッと捉えるマンガを2本発見!
 1本は、ちーけんが最高に好むシチュエーションのマンガで、貪るように読んでしまいました(恥)。

 そちらの作品を重点的にご紹介しましょう~。

 103ページから掲載されている短編『溺れさせてネ マイ・ハニー』が、それです。
 ジャンルで言うと、“優等生受け”というよりも、“地味っ子受け”が正しいかも。
 主人公(受)の小池がどんな地味っ子かというと、同じクラスの超美少年・川崎くんを密かに好きになり、クラスでも派手なグループに属する川崎くんに近づこうと、無理して会話に入ろうとするけどまったく成功せず、しょうがなく、(オレはこっち側でしたね…)と心の中で呟きながら、

「ねー昨日コナン見た?」
「DSでさー」

 なんて会話を文化系なクラスメイトと交わしてしまう日々を送ってます。

 

10 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電