FC2ブログ

ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[新刊レビュー]委員長が着衣のまま…『BOYS JAM!』vol.9より、みろくことこ『そーゆーことにしておきました』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-眼鏡  特徴-高校生  ●マ行-みろくことこ  
BOYS JAM 9 (9) (ディアプラスコミックス)BOYS JAM 9 (9) (ディアプラスコミックス)
(2007/08/30)
不明

商品詳細を見る


『BOYS JAM!』から3本目の優等生受けマンガは、みろくことこ先生の『そーゆーことにしておきました』です。
 もう5回目くらいのはずのシリーズもので、色男ワンコ攻め×眼鏡っ子委員長受けです!

 続き物ですが、本作だけで独立して読めます。

 このシリーズは、基本コンセプトとして、クラスでも格好良くて人気の色男・芳野くんが、可愛い眼鏡っ子なクラス委員長の貴弥にべた惚れしちゃったために起こる、ラブくてドタバタな騒動を描くという感じなのですが、みろくことこ先生の可愛い絵に、眼鏡っ子委員長の貴弥がハマリまくりなのです。
 対して、攻めの芳野くんのほうも、色男という設定通りのいい男。
 そんなクラスの人気者に、なぜか好き好き言われて困っちゃう――でも本当は嬉しくてたまらない眼鏡っ子委員長の気持ちのグラグラが堪能できるマンガというわけです!

 

スポンサーサイト



[新刊レビュー]え、え、えろすぎます!…『BOYS JAM!』vol.9より、山田酉子『ふたりのいえ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-地味系優等生  特徴-高校生  特徴-幼馴染み  ●ヤ行-山田酉子  
BOYS JAM 9 (9) (ディアプラスコミックス)BOYS JAM 9 (9) (ディアプラスコミックス)
(2007/08/30)
不明

商品詳細を見る


 やったー!
 大好きな山田酉子先生のマンガです!

 最近は商業誌でもよく名前をお見かけする山田酉子さんですが、同人誌ではずーっと人気作家です。
 ちーけんは、ヤフオクでこの方の同人誌を見かけて、面白そうなので購入したのが、テニプリ同人誌を知ったきっかけでした~。
 ちなみに、桃リョでした(笑)
 この同人誌はですね、もう超絶エロくてですね(女性向けのBLマンガで、受けが×××から×××を××ッと噴出するシーンはこの本で初めて見ましたw)、今でもちーけんの本棚の一番いいところに置いてあるのですが(笑)、でも男性向けのエロマンガと違って、エロいだけじゃなくて読み終わったら「はぁ~、いいもの読んだ!」って元気が出るのが、BL同人誌のいいところですよね。
 とくに、山田酉子さんのマンガは、ちーけん好みの細かい心理描写なども多く、大のお気に入りです。

 さて、『BOYS JAM!』vol.9に掲載されている山田さんのマンガも最高でした!

 家が隣同士の高校生、コータ(攻)と章(受)は、じつは秘密で付き合っている男同士のカップル。
 両親が仕事の都合で出張してしまうことが多い章の家では、そんなときにはコータを読んで一緒に泊まらせて章の面倒を見るように頼んでいくのですが、じつは付き合っている2人ですから、そうなるとほとんど同棲ライフのような状態です。

 

[新刊レビュー]いま一番お気に入りのBLアンソロジーです…『BOYS JAM!』vol.9より、阿久津柑子『ヨロコビノウタ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-天才  特徴-高校生  特徴-幼馴染み  ●ア行-阿久津柑子  
BOYS JAM 9 (9) (ディアプラスコミックス)BOYS JAM 9 (9) (ディアプラスコミックス)
(2007/08/30)
不明

商品詳細を見る


 久しぶりの休日でしたが、寝ていたらあっというまに深夜ですよ~。
 あー、明日からまた仕事だ~。
 しかも、この後は2週間休みなし…。
 よく新聞記事でみかける「ムシャクシャしてやった」という犯人の動機コメントがよく理解できる心境です(笑)。

 さて、せっかくの休日ですから、一本でも多く記事の更新をば…。

 新書館から出ているBLマンガのアンソロジー『BOYS JAM!』vol.9です。
 ちーけんがいま一番好きなアンソロジーのシリーズですよ~。
 なぜかといえば、ラブくてエロいから。
 だいたいBLアンソロジーのシリーズとかは、1号目は強力な作家をそろえて華々しくスタート、2号目はその勢いを維持してなかなかの内容だったりするのですが、3号目あたりになると、早くも編集方針にブレが見え始め、4号目になるとアンソロジーのテーマが「あれ、それって創刊号と同じじゃね?」というデジャブ(既視感)に襲われ、5号目になると、編集サイドが何をやればウケるのかわからなくなってるのか、とにかくいま流行の作家やネタを詰め込むだけになり統一感がなくなって客が離れ、6号目あたりで編集後記に「編集部みんなで頑張ったんですか、残念な結果になりました。すぐに他のシリーズでお会いできるように頑張ります!」なんてコメントが躍るというのが一般的な展開ですが(笑)、『BOYS JAM!』は安定してますよね。
 創刊号から描かれていた星野リリィ先生が4号目あたりでいなくなってしまったのは残念でしたが…。
 今や超人気作家ですから、しょうがないですね。

 で、今号はvol.9号。テーマは『着衣でH』だそうです。
 ちょっと細かいところに入ってきてしまっている気がしますが(そうなるとだいたいのアンソロジーは廃刊への道に…)、大丈夫でしょうか。
 次号vol.10のテーマも予告を見ると『のりものでH』だそうですし。
 ちーけんも大好きなアンソロジーだけに、何とか頑張っていただきたいものです!

 さて、今号の『BOYS JAM!』にも、嬉しい“優等生受け”がたくさん載ってます。

 まずは、阿久津柑子さんのクラシック音楽少年もの『ヨロコビノウタ』です~。
 最初に書いてしまうと、読み終わった今でも、登場人物の“気持ち”が掴めなくて、うーんと悩んでいます。

 

09 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08

10


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電