ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[BL研究]BL作家はツラい世界なのか? 2012年デビュー「新人BL作家」129人“その後”をグラフにしてみた


Category: BL研究   Tags: ---
 ブログ主が抱いたさまざまな“BLの謎”を調べてきた当ブログ。
 今回は、「毎年大量に生まれる“新人BL作家”は、どれだけ生き残ってきたのか」を調べてみようと思います。
 ちょっと刺激的(?)なテーマですね(マジにドキドキ

 いまブログ主の手元に、2012年に単行本デビューしたBLマンガ家さんとBL小説家さんの名前を書き出したリストがあります。
 5年前に、ブログ主が手作業で集計したものです。

 2012年に単行本デビューした“新人BL作家”さんは、総勢129人いました。
 内訳はBLマンガ家が108人、BL小説家が21人です。

 この、5年前の“新人BL作家”のみなさんは、いまも活躍されているのでしょうか。
 いや、いったい何人が今もBL作家を続けることができているのでしょうか。

 そこで今回は、この手元のリストをもとに、2012年にデビューした、マンガ&小説あわせて129人のBL作家さんたちが、その後どんな道のりを歩んだのかを、徹底的に調べてみたいと思います。
 端的に言えば、その後もBL作家を続けられているのかを知りたいということです。

 

スポンサーサイト

[BL研究]BL業界は活況? 停滞? 2016年デビュー「新人BL作家」の数と割合を調べてみた!


Category: BL研究   Tags: ---
 昨日の記事では、2016年に発売されたBLマンガとBL小説の「年間発行点数」を数えてみました。
 2003年からの推移も含めて、こちらの記事で、調査結果をもう一度貼ってみますね。

★2003年 BLマンガ=327冊      BL小説=729冊
★2009年 BLマンガ=625冊      BL小説=818冊
★2012年 BLマンガ=717冊      BL小説=742冊
     ↓             ↓            ↓
★2016年 BLマンガ=919冊      BL小説=529冊


 ご覧のとおり、BLマンガの発行点数が、この13年間増え続けてきた一方、かつてはBLマンガの2倍以上の発行点数があったBL小説は、大きく年間発行点数を減らしてきたことがわかります。

 では、拡大を続けるBLマンガ市場は、本当に「絶好調」なのでしょうか。
 縮小し始めたBL小説市場は――?

 じつは、当ブログではこれまで、BL本の「年間発行点数」を調べるだけでなく、同時にその中で“新人作家さんの本”がどれぐらいの割合で出ているかを調べてきました。
 これまでの数字は次のとおりです。

 

[BL研究]予想外(?)の拡大と縮小――2016年の「BLマンガ」「BL小説」の年間発行点数を数えて見たら、面白い数字が出てきたよ


Category: BL研究   Tags: ---
 あけましておめでとうございます(遅
 このブログでは、4~5年に1回のペースで、年間のBL本の発行点数を数えるというヒマなことをやってきました。
 これまで、2003年、2009年、2012年の3回にわたってやってきたのですが、今回、4年ぶりに数えてみました。
 すると!
 これまでになく数字に変化が!!!!!!(鼻息

 ちなみに、これまで3回の調査結果は以下の通りです。

★2003年 BLマンガ=327冊      BL小説=729冊
★2009年 BLマンガ=625冊      BL小説=818冊
★2012年 BLマンガ=717冊      BL小説=742冊


 それぞれの年間発行点数を数えるにあたっては、通販サイト「まんが王倶楽部」さんの新刊発売リストを利用させていただいてます。
 また、BLコミックスでもBL小説本でも、昔出た作品の「新装版」「完全版」や、同人サークルさんの再録本などは数えていません。
 純粋に(?)、商業BL新作のコミックス、単行本として発売されたものを対象に、「年間発行点数」としてカウントしています。
 また当然ながら、電子書籍は対象にしておらず、紙の本として売られたものだけが対象です。

 自分で言うのもなんですが、これまで3回の調査結果を見るだけで、なかなか面白いと思います。

 まず、わずか(?)14年前である2003年の時点では、BLマンガよりもBL小説のほうが2倍以上も新刊が発売されていたんですね。
 いまや「ボーイズラブ」というとマンガのイメージのほうが強いんじゃないかと個人的には思っていますが、かつてはBLといえばまずは「小説」だったんですね。

 そして、もう一度上の数字を見ていただきたいですが、その後はすごい勢いでBLマンガ本の発行点数が増えていき、2012年にはBLマンガとBL小説の発行点数が700冊台でほぼ並びました。
 これを見る限り、BL本の「市場」はこれまでずっと拡大し続けてきていたということは言えると思います。

 ただ、この2012年という年は、「BL市場は停滞中」という論評が一般週刊誌(朝日新聞発行『AERA』)に掲載された年でもあります。
 ブログ主は90年代からずっとBLを読み続けてきましたが、個人的な感覚としても、この当時はそれまでのBL本にあふれていたパワーというか、“新しい何か”を感じることが減り、「ボーイズラブはこのあとどこへ行こうとしているんだろう……」と心配していた時期でもありました(そんなブログも何度か書きました)。

 あれから5年――。
 昨年2016年に発行されたBL本の発行点数はどのように変化したのでしょうか。

 結論から書いてしまいましょう。

★2003年 BLマンガ=327冊      BL小説=729冊
★2009年 BLマンガ=625冊      BL小説=818冊
★2012年 BLマンガ=717冊      BL小説=742冊
     ↓             ↓            ↓
★2016年 BLマンガ=919冊      BL小説=529冊


 なななんと!  一目瞭然の変化が!
 まず、BLマンガの”市場拡大”の勢いは、失われていませんでした。
 この4年間で200冊超も発行点数が増えています。

 正直なところ、「BL出版社のみなさん……そんなに出して本当に大丈夫なの……」と思ってしまうレベルです。

 そして、BL小説の市場は大きく縮小していました。
 哀しい……。
 なんと、4年前にくらべると28%も発行点数が減っています。
 BL勃興期の2003年にはBLマンガの2倍あった発行点数が、このままいくと完全に逆転して半分以下になってしまいそうな勢いです。
 かねてから、BL小説雑誌は次々と休刊してきたわけですが、数字にもその苦境ははっきりと現れていました。
 ブログ主は、BL本は東京・神保町のマンガ書店「コミック高岡」でよく購入しますが、いまや地下1階のBL本売り場でも、BLマンガの棚はいくつもありますが、BL小説の棚はレジ横だけですもんね。
 また、BL草創期、勃興期には、いわゆる新書版サイズのBLノベルスがもっとも多い判型でしたが、現在発行されているほとんどのBL小説レーベルは文庫版サイズになっていますし……。
 縮小につぐ縮小……まったくため息が出てきますね。

 拡大し続けるBLマンガ市場と、大きく縮小し始めたBL小説市場。
 ブログ主はまったくBL本業界の中のことを知らないので、いったいどういうメカニズムが働いてこういう数字が出ているのかはまったくわかりませんが、じつは当ブログでは、これまでBL本の年間発行点数を数えるに当たっては、その中で“新人作家さんの本”がどれだけの割合を占めているかも同時に数えてきました。
 非常に単純化して言うので誤解されるかもしれませんが、個人的には「ボーイズラブ」というジャンルの“命”は、つねに“新しい何か”を生み出してきたことだと思っています。
 これまた単純化すると、年間に発行されるBL本の中で、新人作家さんの本がどれだけ出ているかは、そのBL本というジャンルが持つ“新しい何か”の爆発力の大きさを知る手がかりの一つになると思っています。

 そこで、近日更新の次回記事では、2016年に発行されたBL本の中で、新人作家さんがどれだけ多かったか少なかったか、その割合はこれまでと比べてどう変わってきたのかを見てみたいと思います。
 3日間かけて数え上げただけあって(わりと大変な手作業)、こちらも今回以上に面白い数字が出ました。
 乞うご期待!

 

[BL研究]タイ・バンコクで開店した「アニメイト」でBL本は売っているのか! 8年前、バンコクの本屋巡りをしたときはBL本売ってなかったけど…


Category: BL研究   Tags: ---
 最近、ピクシブでタイ人の絵描きさんを見かけるなあと思っていたんですが。
 今年2月に、首都バンコクで「アニメイト」がオープンしていました。
 このGWにたまたま旅行でバンコクを訪れたちーけんは、アニメイト・バンコク店がどれほどのものか、実際に見てきましたよ。


 P4300967_201605050124527b2.jpg

 店舗は、バンコクで有名なショッピングセンター「マーブンクロン・センター」の7階にありました。
 とにかく広大なこのショッピングセンターのどこにあるのか最初わからず……。
 案内所のおねえさんに「ホウェア イズ アニメイト!?」と聞いたら、にっこり笑って「7階」と教えてくれました。

 

ボーイズラブの…長き歴史で初めて…揃ったのじゃ…BL界でついに惑星直列が完成したのじゃぁああ!!!(写真あり)


Category: BL研究   Tags: ---
 ボーイズラブのコミックスや小説単行本がコンスタントに書店に並び始めてから四半世紀。
 ついにこの時がやってきました……!(くわっ

 みなさん、「惑星直列」って聞いたことありませんか…。
 太陽系の惑星、水星金星地球火星木星土星天王星海王星がほぼ一直線に並んでしまうという天文現象のことです。
 古来、これは天変地異を引き起こすとして、権威ある雑誌などで大きく騒がれてきました……(主に『ムー』で)。
 そして、BL界が勃興してほぼ25年……。
 そうです……ついにBL界でも「惑星直列」が起きたのです……。

 写真はこちら!!!!!!(ばっ

P7205690s-.jpg 

 

<大発見>“出産BL”スキーの同志のみんな……どうもちんこの先の穴から子供産めるらしいぞ! ついに男子出産ものが市民権を得る日が来たぞ!!!


Category: BL研究   Tags: ---
 誰だよ、男の子は子供産めないとか言ったの!!!

 えー、このたびですね、ちーけんはある重要な知見を得ることができました。
 というのも今、『ヴァギナ 女性器の文化史』(河出文庫)という本を読み進んでいるんですが、こんな一文にぶち当たったのです。

 ブチハイエナの雌雄を見定めるのは簡単ではない。
 生殖器、大きさ、社会的地位といった通常の手がかりから簡単な答えが出てこないからだ。
 (略)
 オスはメスの支配に従っている。
 序列がいちばん下のメスでさえ、最高位のオスを追い払うことができる。
 そして、メスのブチハイエナにとって、役割の逆転はそこで終わらない。
 というのは、この攻撃的なメスにはペニスがあるからだ。


 えっ、メスにちんこがある――?
 まず、その点だけでもびっくりなわけですが、ちーけんが驚いたのはそこではありません。

 

2012年のBLマンガ&小説について「新人デビュー率」を調べてみた! 最近元気がないといわれるBLだけど、あれれ、意外(?)な数字が!


Category: BL研究   Tags: ---
 2012年も残り1ヶ月を切りました。
 当ブログでは以前から、BLマンガやBL小説における「新人デビュー率」というものに注目しています。
 以前もこちらの記事などで、その調査結果をまとめたことがありました。

 「新人デビュー率」というのは、ある年に発売されたBL本の中で、それが初コミックス、初単行本だという「新人作家さんの本」がどれくらいの割合で存在しているのかを数値化したものです(当ブログでの造語です・笑)。
 上記の記事では、03年と09年に発売されたBLマンガについて「新人デビュー率」を調べてみました。
 その意図するところは簡単で、「BL業界に活気があるなら、どんどん新人さんがデビューするはずだ」という仮説に基づいています。
 ええ、あくまで仮説です。
 「活気があるなら、新人がどんどんデビューするはず」というと、何やらもっともらしく聞こえますが、このような因果関係が本当に成り立つのか、いまだ誰も証明してないですからね!(笑)
 とりあえず実際に数えてみるべ~ということでまとめたのが上記の記事ということです。

 そして今回は、前回の調査から3年ぶりに、2012年のBL界における「新人デビュー率」を調べてみました。
 なかなか興味深い結果が出たので、早速ご報告したいと思います。

 

最新刊を読んで感じました!――「BLってこういうもんだよね!」っていう“決まりごと”が変化しつつあるような?


Category: BL研究   Tags: ---
*** 以下の記事には、水渡ひとみ先生の最新刊「可憐彼氏」について、
*** ややネタバレがあります。といっても、背表紙の「あらすじ」と
*** 実際のコミックスにかかっている帯のコピーと同程度のネタバレ
*** だけなのですが、気になる方はご注意くださいです。


 BLというのはその誕生から現在に至るまで、「読者が見たいものを見るためのメディア」でした。
 ブログ主はとくに“優等生受け”BLに萌える人間ですが、基本的にはそういった“好きなカプ”を見たいがために1冊600円ほども支払ってBL本を手に入れるわけです。
 夜、布団に転がってページをめくりながらニマニマするのは至福の時ですよね。
 見たかったものを見られた喜びで、ブログ主の孤独な魂は慰めを得て、餓えていた欲望も十分に満たされるわけです。

 しかし、BLがそのようなメディアであるためには、読者には事前に買おうとしている本がどういう内容なのかが明らかにされていなければなりません。
 少なくとも、登場する主人公の男子2人のどちらが攻めキャラでどちらが受けキャラなのか、この点だけははっきりさせておいてくれなければ困るわけです。
 ミステリー小説などは、読者に提示される世界がどんなものなのかは、事前にわからなければわからないほど読む楽しみが増えますから、物語世界の一定程度を読者に事前に把握させてあげないといけないというBLジャンルのこの特異性は、ある意味でBLというものを特徴づけているとも言えます。
 歴史的な背景をたどれば、既存の人気マンガのキャラクターを掛け算して楽しむという女性向け二次創作というジャンルを母体にしてBLが生まれたということが、その理由として挙げられましょう。

 ところがこの数年、このような“枠”におさまりきらないBLが増えています。

 

フロンティアを失ったBL界から新人作家は消えてゆく――「男の娘」と「クラシック音楽」から見るボーイズラブ史


Category: BL研究   Tags: ---
 コミックマーケット82に参加されたみなさま、お疲れさまでした!
 今年の夏コミは全般的にはかなりラクでした。
 3日間とも午前中は雲が多く、3日目は雨が降った時間もありましたが、気温がほどほどしか上がらず、しかも風があるという恵まれた天候でした。
 2年前の地獄のような夏コミ――東西ホールをつなぐ渡り廊下(密閉空間)の中で人の流れが渋滞して参加者の人波の中で一歩も動けなくなり、高温で蒸し殺されるかと思った――に比べて、場内も移動しやすかったです。

 ブログ主は3日間すべてに一般参加しました。
 今年はオリジナルBLサークル(3日目配置)の参加が少なく、例年の3分の2程度だったように思います。
 そのかわりでもないでしょうが、「増えたな~!」と感じたのが、「女装少年」いわゆる男の娘(おとこのこ)本を発行するサークルです。
 それも、女性向けのBLとしての女装少年ものではなくて、男性向けショタとしての男の娘本サークルが目立って増えていました。

 

BL作家さまのお名前の「読み方」クイズを作ってみたよ! 全問正解したらネ申だと思う(笑)


Category: BL研究   Tags: ---
 やり方は簡単なので、とくに説明なしでもわかると思います~。
 下の「開始」ボタンを押して開始してください。
 右上に残り時間が出ます~。
 音が出ますので、ご注意くださいです。
 一応、PCだけでなく、スマホでもできると思いますが、多少デザインが乱れて見にくいと思います(すいません)。



 ……いかがでしたか?
 もしよかったら、コメント欄にでも点数や、挑戦してみての感想を書いていってください(笑)。
 俺も私もこんな読み間違いしてたというのもあったら、知りたいです!!!
 万一、問題に間違いがあったら、教えてくださいね。

 BL作家さんのお名前は、本当に読み方が難しいですね。
 ずーっと間違えたまま覚えてしまってるケースもあったり。
 ブログ主などは、自分で作った問題なのに、いまだにチョイチョイ間違えます(あほ
 もし、全160問をぶっ続けてやって真の実力を計ってみたい! という方がいたら、教えてください~。
 そのバージョンも作ってみようと思いますので(笑)。

「BL雑誌・眼鏡オブザイヤー」眼鏡受け部門を発表! もっとも眼鏡受けBLが掲載されていたのは、どの雑誌!?


Category: BL研究   Tags: ---
「眼鏡男子」――。
 数年前の大ブームを経て、BL雑誌でもすっかり当たり前の存在になりました。
 優等生受け大好きなブログ主には嬉しい時代です。
 90年代半ば~のBL草創期には、優等生受けBLどころか、眼鏡受けなBLに出会うことさえ難しかったですから…。

 

縮小しつづけるボーイズラブ…このままでは数年内にBL本は消滅してしまう! 今回はそんな危険なBLの現状を、写真でひもとき、歴史から学びます!


Category: BL研究   Tags: ---
 襲い来る非実在青少年都条例の嵐…。
 大阪ではBL雑誌が「有害図書」に指定され、一般書店の店頭から『drap』が消えるという事態も発生しました。
 いまBLは重大な岐路に立たされているといっても過言ではありません。

 90年代中盤にジャンルとして確立してから十数年…。
 だが、BLは年々縮小傾向にあります。
 えっ?
 雑誌数も増えてるし、情報誌「ダビンチ」でも再三BL特集組まれてるし、コミケだって女性向けは大賑わい?
 甘い、甘い、甘~い!!!
 みなさん、見かけの繁栄に騙されてませんか!!!

 じつは、この15年ほどというもの、BLは縮小につぐ縮小を重ねているのです…。
 みなさんがご存じないだけなのです。
 今日は、その証拠をたっぷりとお見せしようではありませんか。
 これを見れば、どんな楽観主義者でも、BLがどんどん小さくなっている現状と、数年内には消滅してしまう危険性さえあることを確信せずにはいられないはずです。

 そう!
 ブログ主は断言します。
 このままいくと、BLは数年内に小さく小さくなって、ついにはなくなってしまうだろうということを!(どどーん)

 では、いよいよ実例をもって、BLがいかに縮小を重ねてきたかをご覧にいれましょう。
 はい、まずは証拠写真その1…!!!

 

BLなんでも調査隊――「最近のBL界は新人発掘を手抜きしてないか」を調べるべく、03年と09年のBLコミックスで、新人作家さんの割合を数えてみた


Category: BL研究   Tags: ---

 ブタもおだてりゃ木に登る~! なんて名文句がありますが、前回の“BLなんでも調査隊”記事が好評だったので、またやってしまいました…。
 だって、おだてられると弱いんですもの…。
 今回は、ブログ主のこんな疑問を解消すべく調査をしてみました。

「最近のBL業界は、売り上げを確保するためにベテランの単行本ばっかり出してない!? 新人作家の発掘に手を抜いてない!?」

 です(笑)。

 ほら、とくにリ●レとかで目立ちますが、ビッグネームの作家さんの昔のコミックスを、ろくに手も加えずに「新装版」にして再販したり、一部の人気作家さんのコミックスや小説単行本ばっかり出したり、そのぶん新人作家さんのフレッシュな単行本が出る数が減ってるんじゃないのか! という気がしてたまらないんです~。
 いかがでしょーか(笑)。
 そんなことないですかね~?
 誤解しないでいただきたいですが、もちろん人気作家の先生方にどんどん作品を生んでいただくのは大歓迎なんですよ!
 でも、この出版不況の中で、一定の見込める売り上げ確保のためなのか、あまりにそれに頼りすぎじゃないの? ということです。
 もっと新人作家さんを発掘して、ビックリするような作品を生み出してくれよ! という。

 そこで今回は、BL界全体および各出版社毎に、2009年と2003年の「新人作家さんの初単行本の冊数」を調べて、比較してみるという調査をやってみました。
 どうも人気作家さんの過去作品の「新装版」の発売ばかりが目立った2009年と、BLが右肩上がりで成長していた(?)7年前、2003年で、新人作家さんの出現ぶりを数で比較してみようという企画です。

 さあ、ブログ主の不満どおり、今のBL業界は新人作家さんの発掘を止め、既存の人気作家さんの安定した売り上げに頼る構造になってしまっているのでしょうか?

 

BLなんでも調査隊――前回記事のデータを活用して、BL出版社各社の「市場占有率(シェア)」を出してみました!


Category: BL研究   Tags: ---
 前記事「一番『コミックスにしてくれる率』が高いBL雑誌はどこか調べてみよう!」は幸い好評だったようで、あんな長文記事を読んでいただいたみなさまにはありがとうございました。
 せっかくあれだけ苦労して調べたんで、あのデータを使ってもういくつか記事を書けないかと考えてるんですが←貧乏性(笑)、今日はですね、いろいろ考えた中から、史上初(!?)となるBL出版社の「市場占有率(シェア)」を算出してみようと思います。
 …ちょっとみなさんも興味あるでしょー?(笑)

 

BLなんでも調査隊――08年に出たBL雑誌は合計約9万2千ページ! その中からコミックスにされた作品の割合は? コミックス化に熱心な出版社は?


Category: BL研究   Tags: ---
 みなさん、こんばんは!
 今日はですね、ふと思いついたもので、ちょっとした調査などやってみたいと思ってます~。
 さて、今回のテーマは何かというと…。

「描いた原稿の枚数に対して、一番効率的にコミックスを出してくれるのは、どこのBL雑誌なの? BLマンガ家の先生方に教えちゃおう~」

 です(笑)。
 なんかエラそうなテーマで申し訳ないんですが、すいません、今回の調査結果をどう表現すればいいか、他にうまい言い方がないんです~。
 その意味はおいおいわかっていただけると思いますので、ヒマと時間のある方には、以下長文ですがお付き合いいただけると嬉しいです!

 

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。