ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ヨルダン旅行記・番外編]遙かヨルダンの地で出会ったオカルト現象――エンジンを切った車が、ゆっくりと坂を登り始めた!(動画あり)


Category: 旅行記   Tags: ---
 みなさん、こんにちは……。
 オカルトは大好きだけど、完全否定派のちーけんです。

 さて、このブログで連載中の「ヨルダン旅行記」。
 先日アップした、その第6章で、ちーけんはこう書きました。

******************

 ドライバーのジハードさんが、ちーけんをとんでもない(?)場所に連れていってくれました。
 たぶん、日本ではほとんど知られてない場所だと思います。
 不思議な不思議な場所で、いまだにちーけんは、そこで自分の眼で見たことについて合理的な説明をつけることができていません。
 ちーけんははるかヨルダンの地でいったい何を見たのか――。
 これは、長くなるので、別記事にて近日公開とさせていただきます(笑)。

******************

 本日は、この「不思議な不思議な場所」について、ご説明させていただこうと思います…(神妙な面持ち

 それは、預言者モーゼが亡くなったとされるネボ山から、ヨルダンの地方都市マダバに、車で移動してるときのことでした。
 ちーけんのヨルダン旅行を最初から最後までサポートしてくれた、ドライバーのジハードさんが、山の中の道路でいきなり車を止めて、こう言ったんです。

「ちーけん、いいかい、ちょっと外を見てくれ。いま車が止まっているこの道は、たしかに上り坂だよね?」

 そこは結構急な坂の途中でした。
 べつに確かめるまでもなく、上り坂だとわかる場所です。

「そうだけど……???」

「じゃあ、いいかい。いま車のギアはニュートラルに入っているね? そして、アクセルからもブレーキからも足を放すよ……」

 すると――。
 なんと、ちーけんの乗った車は、ゆっくりと前に、坂の上に向かって、動き始めたのです!
 上り坂の途中で、エンジンを切れば、車は坂をゆっくりと下り始めるはずですが、まったく逆。
 車は、ゆっくりゆっくりと坂を登り始めたのです!

「え……はあ?」

 ちーけんは、マジにびっくりしてしまいました。
 まさか、はるかヨルダンの地を旅していて、こんなオカルト現象に出会えるとは思っていなかったので(笑)。

 それでは、論より証拠、その場面の動画を見ていただきましょう。




 

スポンサーサイト

[ヨルダン旅行記・第6章]浮いた…浮いたよ! ちーけん少年、30年来の夢をかなえて「死海」にザブン! そしてヨルダンで大自然をトレイル!


Category: 旅行記   Tags: ---
 ヨルダン旅行4日目です!
 前回は、ペトラ遺跡で馬車引きの兄ちゃんとトラブルになるも、無事に死海ほとりの高級ホテルにたどりついたところまでをご報告しました。

 小学生のころに読んだ、学研の学習マンガで初めて知った“世界の神秘”死海。
 塩分濃度が世界一濃く、どんな人でも浮いてしまうという、不思議な湖。
 その存在を知ったちーけん小学生は、「本当にそんな湖が存在するのか!」と驚き、いつか自分で浮いてみたいと憧れてきました。
 あれから30ウン年――。
 ついにやってきました、憧れの“死海”です!

P9176905.jpg
 宿泊しているモーベンピック・デッドシーホテルは、世界有数の高級リゾートホテルチェーン。
 詳しくは前回の記事を参照いただきたいですが、ここ死海は世界有数のリゾート地になっており、欧米のセレブが集まる保養地です。
 広大なホテルの敷地を歩くこと10分、死海が見えてきました!
 モーベンピックホテルは、高級リゾートだけあって、死海にプライベートビーチを持っています。
 宿泊客用に、写真のようなビーチチェアやシャワー、ドリンクやバスタオルを頼めるフロントも完備しています。
 10キロほど隔てた対岸はイスラエルです。
 自分の眼で、死海を実際に目にしての感想は「見た目は普通だな……」でした(笑)。

 

[ヨルダン旅行記・第5章]ペトラ遺跡復路編…炎天下へろへろのちーけんに襲いかかるトラブル! そして「死海」のほとりに建つ5つ星リゾートホテルへ…


Category: 旅行記   Tags: ---
 前回、ロバ飼いの兄ちゃんの甘言(?)にまんまとノセられたちーけんさん。
 切り立った崖の上、崩れそうな山道でロバに乗るハメになり、転落死の恐怖に震えながらペトラ遺跡を観光しました。
 ようやくたどり着いた最奥部のエド・ディル(修道院)を堪能し、今回は、ペトラ遺跡の復路編になります。


P9166683.jpg
 山頂のエド・ディル(修道院)から30分ほどかけて山道を戻りました。
 山を下りきると、ペトラ遺跡内唯一のレストランなどもある賑わったエリアに出ます。
 ここから遺跡の出口まで、寄り道せずに歩けば1時間半ほど。
 往路、ロバに揺られて別ルートを進んでしまったちーけんさんは、このあたりにある遺跡を観光できていません。
 とりあえず、レストランで昼飯を取ることにしました。
 レストランは、お一人様20ディナール(3千円!)のビュッフェのみという観光地価格。
 ここしかご飯を食べるところがないので(軽食をとれるカフェもどきはありますが)、しかたなくここで食べました。
 ……レストランや料理の写真撮ったはずなのに、なぜか残ってないので、文字だけの報告ですいません(なぜだ)。
 さあ、お腹も満たしたところで、復路の観光に出発です。

 レストランの周りには、遺跡が集中してまして、上の写真はその一つ、カスル・アル・ビントと呼ばれる神殿です。
 紀元前1世紀に建築されました。
 写真だとわかりにくいですが、かなりでかいです(高さ23メートル=ビル6階分くらいある)。
 ペトラ遺跡についてはわかってないことが多いですが、この神殿も何の神を祀っていたのか、どの王が建てたのかなど、いまだ定説がないそうです。

 

[ヨルダン旅行記・第4章]世界の神秘「ペトラ遺跡」はすごかった…でも、死んだほうがマシという怖い目に遭って、自分の軽率さを後悔する!


Category: 旅行記   Tags: ---
 前回は、ヨルダン観光の目玉、「ワディ・ラム砂漠」での一夜をお伝えしました。
 いよいよ今回は、世界の神秘「ペトラ遺跡」を観光します!(半年ぶりのブログ更新であることはスルー!

 ペトラ遺跡のことは、ヨルダン観光に行くまで、まったく知りませんでした。
 ところが、ヨルダン観光といえばペトラ! というくらいに世界的に有名な遺跡なんですね。
 映画『インディ・ジョーンズ』撮影に使われたことでも知られているそう。
 よく見る「観光ガイドが選ぶ世界遺産ベスト10」などでも、カンボジアのアンコールワットと並ぶ常連です。

 しかし……ここでちーけんさんは、死んだ方がマシという目に遭うのでした……ロバ……ロバ怖い……(いったい何が!!!)。


P9166403.jpg  
 入場チケットは50ディナール(7千円くらい)。
 ゲートをくぐると、馬がたくさん並んでいます。
 ペトラ遺跡はものすごく広大。
 ほとんどの見どころは、ゲートから徒歩で30分程のところにある、シークとよばれる渓谷の細い路をくぐり抜けた奥に点在しています。
 『地球の歩き方』に、馬に乗ると、シークの入口まで歩かずに済むと書いてありました。
 料金は入場チケットに含まれているというので、ありがたくまたがらせてもらうことにしました。

 

[ヨルダン旅行記・第3章]「アラビアのロレンス」の舞台となった砂漠をジープで観光…だが、ちーけんの不自由な身体にさらなる試練が次々襲いかかる!


Category: 旅行記   Tags: ---
 前回、憧れのワディ・ラム砂漠のキャンプホテルに泊まって、朝を迎えたちーけんさん。
 起きてみたら、坐骨神経痛も腰痛もやわらいでいて、気持ちも明るく……。
 さあ、いよいよ砂漠のジープツアーに出発だ!!!!!(ほがらか
 「アラビアのロレンス」の舞台にもなった、奇岩&奇観が連なるワディ・ラムをたっぷり観光します。


P9156263.jpg 
 ヨルダン旅行2日目。
 今日はワディ・ラム砂漠をジープに乗って走り回ります!
 砂漠内は、ここまで旅をともにしてきた専用車&ジハードさん(ドライバー)とは一時お別れして、砂漠の民ベドウィンの運転するジープに乗ってのツアーになります。
 写真は、この日、ちーけんを乗せて砂漠内を駆け巡ってくれたベドウィンのムハンマドです。
 立派なひげ面ですが、なんとまだ23歳とのこと(びっくり)。

 

[ヨルダン旅行記・第2章]痛む腰をさすりながらアンマンの市内観光へ……そして、砂漠のど真ん中の「キャンプホテル」で夢のような一夜を…


Category: 旅行記   Tags: ---
 坐骨神経痛再発の恐怖と戦いながら、はるか中東の地ヨルダンを旅するちーけんさん。
 だが、28時間の長旅を終えて首都アンマンに着き、ホテルでしばしの眠りをむさぼった翌朝、腰には恐れていた激痛が!!!
 それでも市内観光に飛び出したちーけんさんは、無事に観光を続けられるのか――。


P9145852.jpg 
 というわけで、ヨルダン旅行記第2章です!
 前回、ヨルダン博物館を訪れて、あの「死海文書」の現物と感激のご対面をしたところまでご紹介しました。
 痛む腰をさすりながら、続いてこの「ローマ劇場」跡を見学に訪れました。
 アンマンの美しい町並みをバックに、どどーんと巨大な円形劇場跡が遺されています。

 

[ヨルダン旅行記]序章――首都アンマンに着くまでのゼイタク旅行と坐骨神経痛との戦い、そしてエヴァでも登場した「死海文書」の現物を見てきたヤッホー!


Category: 旅行記   Tags: ---
 中東のヨルダンに行ってきました!
 ヨルダンといっても、国名を知ってる人は多そうですが、「どこにあるんだ!」という人も多そうです。
 世界地図を広げた時に、左にはエジプトとイスラエルがあり、上にはシリア、右にイラク、下にサウジアラビアという場所にヨルダンはあります。
 中東といえばアラブ。
 ヨルダンももちろんアラブ人が主体の国ですが、他のアラブ諸国と違うことに、石油はまったく出ません。
 そのため、いわゆる「アラブ」という言葉から想像されやすい金満国家からはほど遠く、農業主体の穏やかなお国柄です。
 ブログ主は、半年前にヨルダン行きを決めて以来、ヒマを見つけては現地の旅行代理店とやりとりをして、こつこつと旅行計画を練ってきました。
 もう、本当にこの旅行が楽しみで楽しみで…。

 だが!!!

 驚くまいことか、なんと出発の一カ月ほど前の8月某日、ブログ主はいきなりぎっくり腰になってしまいました。
「そろそろ旅行も近いし、体力をつけておこう」と思って、家の中でステッパー(トレーニング用の階段上りマシーンみたいなやつ)を踏んでいたら、いきなり腰に違和感を感じ、翌朝まったく立てなくなってしまっていたのです。
 そのまま一週間、会社も休むハメになりました。
 しかも悲惨なことに、ぎっくり腰から椎間板ヘルニアにまでなってしまい、ブログ主は坐骨神経痛に苦しむことに……。

 みなさんは「坐骨神経痛」をご存じでしょうか。
 腰から左右の足に通っているぶっとい神経が坐骨神経でして、ブログ主は腰の椎間板がズレたことで、その坐骨神経が圧迫され、左足全体に激しい痛みを感じる身体になってしまったのです。

 坐骨神経痛は、足の「背中側」が痛む神経痛です。
 ブログ主の場合は、お尻の左半分全体と、左足のふくらはぎ、左足首にかなりの痛みが出ました。
 そして、お尻が痛いとどうなるかというと、椅子に座れないのです。
 立ってる方が痛みもなく、全然ラクチンという。
 会社で仕事のために机に向かっていても、お尻が痛くて座っていられないのです。
 これでは、長時間飛行機に乗るのも無理です。

 こんな身体で本当に海外旅行なんか行けるのか――。
 本当に楽しみにしていた旅行だけに、ブログ主はうつ病になりそうなくらい気持ちが落ち込みましたが、なってしまったものは嘆いてもしかたありません。
 そこから旅行まで一ヶ月、ブログ主は熱心に病院に通い、回復に努めました。
 その甲斐あってか、出発一週間前には、まだ左足に痛みは残るものの、普通に歩けて、椅子にも座れるくらいに回復し、整形外科の先生のお許しもいただくことができたのでした。

 こうしてブログ主は、「もし旅行中に激しい痛みがぶり返したらどうしよう……」という不安を抱えつつ、ついに出発当日を迎えて、羽田空港に向かうことになったのです――。


P9135701.jpg
P9135707.jpg 
 9月13日の早朝4時半。
 ブログ主は羽田空港に到着し、この日最初に乗るアシアナ航空177便(ソウル行き)にチェックインしました。

 

[台湾旅行記]土砂崩れでの運休から復活した台湾・烏來のトロッコ列車


Category: 旅行記   Tags: ---


 トロッコ列車というので、ゴトゴトゆっくり走る旅情あふれるやつかと思ったら、これが意外にスピード出して、しかもかなり揺れて脱線するんじゃ的な危機もあって、なかなかスリリングでした(笑)。
 烏來は、台北から地下鉄とバスで1時間ほどのところにある、日本でいうと箱根のようなひなびた温泉街です。
 トロッコ列車を降りると、今度はロープウェーもあり、その先には「雲仙楽園」というテーマパーク(?)があります。

 とりあえず動画撮ってきたので、さっさとアップロードまで…。

[台湾旅行記]BL本も二次本も…台北にある女性向け専門書店に行ってみました


Category: 旅行記   Tags: ---
s-P7081667.jpg

 現在、台湾の首都・台北に滞在中のちーけんです。一週間の休暇を取っての一人旅です。
 今日で滞在2日目、午前中から昼過ぎまで故宮博物院を見学した後で、前から気になっていたお店に行ってきました。
 台北の女性向けコミック専門店「可米購(コミックゴー」というお店です。

 

[インド旅行記]インドの上流階級向けショッピングセンターを巡ってみた! 書店に並ぶ手塚マンガ、そしてケーキを頼んだら衝撃の“インド流”に出会い…


Category: 旅行記   Tags: ---
  インド旅行記第2回です。

 よくインドというと、「行ってみたら人生が変わった…」と言う人がいますよね。
 貧しいけどたくましい庶民の生命力に感動した…とか、聖と俗が渾然一体となった不思議な日常に痺れた…とか、アジアそのもののゴミゴミした街並みがたまらなかった…とか。
 もちろんそうした面も「インド」です。
 世界第2位である12億人という人口を誇り、インドの街はどこへ行っても人であふれています。
 でも、今やインドは中国やブラジル、ロシアと並ぶ世界経済のエンジンとして、まさに高度経済成長の波に乗っている国でもあります。
 
 国内では、豊かな生活を享受できる中間層や高所得層が厚さを増しており、とくに都市部ではそうした「ニューリッチ」な人たちが、高度成長から取り残された庶民とはまったく違った生活を送り始めているのです。

 ちーけんは、まさに今後のインドで否応なく社会の中心となっていくであろう、そうした“新しいインド人”たちの暮らしにも、生命力あふれる庶民の暮らしぶりに対してと同じくらい、いやそれ以上の関心があります。

 というわけで、1週間のインド旅行の最終日は、泊まっていたホテルのすぐ隣に建つ真新しい上流階層向けのショッピングセンターをうろついて、“ニューリッチ”なインド人たちの生活のほんの一端に触れてきてみました。


PB171949.jpg
 ここがそのショッピングセンター「DLF PLACE」です。
 手前の高いビルはオフィス棟で、後ろに続く3階建ての部分に、商業テナントや映画館、フードコートが入っていました。
 このショッピングセンターがあることはガイドブックで知ってたんですけど、最終日まで一度も来ることがなく、入ってみたら本当に何でも揃ってたので、もっと早く遊びに来ればよかった…と思いました。

 

[インド旅行記]インド人にとって「秩序」とは何なのか――地方都市アグラで目にした光景から


Category: 旅行記   Tags: ---
 11月中旬、会社の休暇を利用してインド旅行に行ってきました。
 スペイン・ポルトガル旅行記もタンザニア旅行記も完結していませんが(汗)、同時連載で(?)インド旅行のあれこれも綴っていこうと思っています。
 前2つの旅行記は時系列を追う記述スタイルをとっていますが、こちらインド旅行記は思いつくままに断片的な思い出を書くつもりです。

 さて、インドは無秩序の国でした。
 もちろん、ある国のすべてをひと言で言い表すことなどできませんが、およそ秩序というもののない国でした。
 初日に乗った首都ニューデリーの地下鉄では驚きました。
 日本ならば、「降りる人を優先して」という共通認識がありますね。
 日本人はルールに従うのが好きではありますが、それだけが理由ではなく、そのほうが乗る方にも降りる方にも合理的ゆえ、日本では普遍的に守られているルールだと言えましょう。
 降りる人を優先したほうが、そこにいるみんなが最大の利益を得られるということです。

 ニューデリーの地下鉄ではどうだったか。

 

日本アルプス・穂高岳……の途中まで登ってきた!(写真多数、重いので閲覧注意) 花を愛する腐男子として高山植物の写真もいっぱいあるよ!


Category: 旅行記   Tags: ---
 今年もマイ「登山の季節」がやってきました。
 4年前の8月に地元の友達たちと富士山に登って以来、なんだか夏になると山に登るのが習慣になったのです。
 ちーけんは都内某区の生まれ育ちですが、小学校中学校の時に親しくなった友達7人ほどとは今もずっと付き合いがあり、山に登るのはそのメンバーです。
 言い出しっぺは、その中でも一番の人格者である友人M。
 今年も7月に、友人Mから「今年どうする?」というメールが来て話は動き始めたのでした。

 

東南アジア出張に行ってきまーす


Category: 旅行記   Tags: ---
 みなさま、こんばんは!
 かねて予告のとおり、明日24日土曜日朝より、1週間の東南アジア出張に行ってきます。
 タイとカンボジアの2国です。
 折しも、タイの首都バンコクでは、反政府デモの過激化と、軍との衝突、爆発事件なども相次ぎ、大変不穏な情勢ですが、仕事で行かざるをえないので行ってきまーす。
 昨日のバンコク市内での爆発事件、泊まるホテルから100メートルくらいのところでした(笑)。

 現地ではネットがつながるはずなので、ブログ&ツイッターも入る予定です。
 現地で写真とかアップできたらしてみます~。

 準備で慌ただしく、この数日のBL新刊は手も付けてないありさまですが、帰ってきてからのお楽しみということで。
 帰国翌々日にあるスーパーコミックシティ2日目のカタログチェックもやる暇なかったので、帰国後です。

 それでは気をつけて行ってきます~。

韓国出張の思ひ出… ソウル&板門店、写真付き旅行記


Category: 旅行記   Tags: ---
 今日は日曜ということで、久しぶりに近所のスポーツクラブ行って運動してきましたよ。
 会費の割に全然行ってないという(笑)。
 疲れたけど、いい汗かいた~。
 とみに体力減退を感じる今日この頃、それは韓国出張の際も痛感したのでした。
 というわけで、以下の記事は、冒頭に書いてあるとおり、韓国帰国前に時間を縫って書いていたものですが、結局帰国までに書き終わらず放置してあったものです。
 もったいないので(?)、写真も添付しつつ、先ほど終わりまで書き上げてみました~。
 お暇な方がいらっしゃったらお付き合い下されば嬉しいかぎりです!

 

ぬあーっ、あんなの勝てる気がしねーづら!!! ――人生初、韓国ソウルでカジノ体験記


Category: 旅行記   Tags: ---
 ふふっ(微笑)、ブログをやってるって素晴らしいことですねっ…。
 カジノで負けたこんな夜も、愚痴を吐ける場所があるんですもの…(涙)。

 ――そんなわけで、行ってきましたよ、人生初カジノ!
 あっという間…でもないか、3時間かけて1万5千円をお納めしてまいりました(笑)。

 

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。