ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]元遊び人教師×何から何まで処女っぽい潔癖真面目な男子眼鏡高校生! 依田沙江美『愛の深さは膝くらい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  ●ヤ行-依田沙江美  特徴-年齢差  
愛の深さは膝くらい (花音コミックス)愛の深さは膝くらい (花音コミックス)
(2008/03/29)
依田 沙江美

商品詳細を見る


 今でこそ『花音』といえば『Hertz』と並ぶイケてるBL雑誌の代名詞的存在(…と、ちーけんは勝手に思いこんでますがw)ですが、いやー、創刊当時の『花音』といえば(96年くらいでしたっけ…?)箸にも棒にもかからないつまらねー雑誌でありました。
 なので、ずーっと読んでなかったんですよ、この雑誌。
 一度染みついたブランドイメージって怖いもので、どうにも手に取る気にならなかったんですなー。
 でも、コミックスで気になるBLマンガが次々と『花音』から出るようになって、たまには買ってみるかーということで久しぶりに新刊で『花音』を買ってみたのが、ちょうど1年前ぐらいのこと。
 そしたらちょうどこのマンガが載ってたのであります。
 しかも連載で。
 依田沙江美先生のマンガはもともと大好きで、『シャレード』に旧名の「Beth」名義で描かれていたころからずーっと愛読しているブログ主は、眼鏡っ子高校生を主人公に依田先生がBLマンガを描いているというだけで、捕鯨船を前にした「シー・シェパード」のような気持ちになってしまいます…。
 なので、速攻で『花音』の毎月購入が決定し、現在に至るわけです(笑)。

 

スポンサーサイト

[新刊レビュー]天文部を舞台に…ダッフルコートを着こんだマジメな優等生が寒空の下、組んずほぐれつ… 十文字アリノ『イジワルナ個人授業』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  特徴-年齢差  ●サ行-十文字アリノ  
イジワルナ個人授業 (ビーズラビーコミックス)イジワルナ個人授業 (ビーズラビーコミックス)
(2008/03/24)
十文字 アリノ

商品詳細を見る


 ダッフルコートですよ、ダッフルダッフル!
 すっかり春めいてきたのに、何を冬物衣料の名前を連呼してるんだとお思いでしょうが、今回ご紹介する十文字アリノ先生の初コミックス『イジワルナ個人授業』は、ちーけん的にはそれに尽きます(笑)。

 なんかですね、ちーけんの頭の中では、ダッフルコートというと優等生が着るものという変換が自動的になされてしまうのですよ!
 なんでだろう…。

 

[レビュー]生意気なお坊ちゃん優等生がはまった罠… 十泉鷲矢『レンアイ処方箋』より、『GAME』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-中学生  特徴-年齢差  受け-成績優秀  特徴-SM的  ●タ行-十泉鷲矢  
レンアイ処方箋レンアイ処方箋
(2003/01/17)
十泉 鷲矢

商品詳細を見る


 今月(=08年1月)発売の『BE×BOY』『GUSH』は、まったく“優等生受け”的には不作でした…。
 というわけで今日は、過去の名作“優等生受け”をご紹介する「珠玉の一冊」をお届けしようと思います~。

 最近、あまり商業誌でお見かけしなくなってしまった気がする十泉鷲矢(といずみ・しゅうや)先生のコミックス『レンアイ処方箋』に入っている短編『GAME』をご紹介します。
 もっともっと活躍されてよい作家さんだと思うんですが、BL以外で描かれてたりするのかな?
 ご存じの方いらっしゃったら、教えてください~。

 さてさて、十泉鷲矢先生といえば、名探偵コナンのパロでは相当な数の本を出されており、人気サークルとして活躍されていました。
 これまでに出されている3冊のコミックスは、どれもその影響を見て取れますが、中身もみんな基本的にはショタものになってます。

 

[レビュー]“優等生受け”な名ゼリフの競艶…剛しいら『御足(あし)をお舐め」


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-美人の優等生  特徴-高校生  特徴-年齢差  ●カ行-剛しいら  
御足をお舐め御足をお舐め
剛 しいら (2003/07)
笠倉出版社

この商品の詳細を見る

「いい子は辛いだろう」

 太股を優しく舐めてくれながら、松本は優しく囁く。

「お前は、みんながこんなことして遊んでいるのを知りながら、自分だけは絶対にそこまで堕ちないと思ってたんだろうから。だけど体はもう大人になってて…したくて、したくてたまらないから…わざとあんなおかしな真似ばかりしたんだな」

「ち、違うっ、そんなの違うっ」

 この僕がしたがってたなんて。
 松本としたがってたなんて。
 本当だとしても、絶対に言わないからなっ。

「安心しろ。これは二人だけの秘密だ。誰にも言わないから」

 手がむきだしになった松本のそこに導かれていた。
 これを僕に握れっていうのか。
 この僕に…そんなものを。
 ああっ、無理やり触らされちゃう。松本の…大きくて…熱い。


(中略)

 

[レビュー]えー、とにかく嫌らしいです(笑)…でも、それだけじゃない名作! 神崎春子『四季無情』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-美人の優等生  特徴-SM的  特徴-年齢差  特徴-大学生  ●カ行-神崎春子  
四季無情四季無情
神崎 春子 (1995/09)
ミリオン出版

この商品の詳細を見る
 じつは本ブログに来られる方は、ほとんどが新刊のレビューを見に来られる方ばかりで、アクセスを見ると、過去の“優等生受け”の名作を紹介する「珠玉の一冊」コーナーは、まっったく人気がないんですが、これこそ本ブログの存在意義と信じて! 本日は次々と過去の名作をご紹介していきます~。
 いいもん! お客さんなんか来なくていいもん!(グスン…)

 で、本作もまた古いです(笑)。
 95年の秋に発行された単行本で、DEEPコレクション『四季無情』です。

 昔、『DEEP』という季刊誌があったんですよ~。
 すごいお耽美系のBL(?)雑誌でしたが、たしか5号で休刊しました。
 いま中身を見ると、いやはやオカタイこと。
 やおいとはかくあるべき! みたいな座談会や評論がたくさん載ってます(笑)。
 その中では、当時出たばかりだった『ビーボーイ』や『エクリプス』、『シャレード』、『イマージュ』、『小説花丸』といったBL雑誌が軒並み「低レベル」「リアリティゼロ」「売ることしか考えてない」と酷評されまくってますが、『DEEP』自身については、「このレベルはすごいな」「目配りがいい」とべた褒めです(笑)。
 …残念ながら、その中ではもっとも早く5号でなくなってしまったのですが。

 で、『四季無情』は、その『DEEP』で創刊号から休刊号まで全5回連載された作品です。
 作者は神崎春子先生。
 昔はJUNE系、とくに『ロマンJUNE』などでは必ず描かれていた作家さんですよね。
 この方は、マンガも小説も書かれる作家さんです。
 決して小説もマンガも「うまい」タイプではないと思いますが、他の人にない迫力があって、ちーけんは好きでした。

 本作『四季無情』も、神崎先生ならではの妙な怨念というか迫力に充ち満ちた作品です。

 

[レビュー]誰かラストシーンの意味を教えて! 藤崎隆宏『ルードなKISSをルーズにしたい』より『月下美人』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-ガリ勉  特徴-高校生  特徴-年齢差  ●ハ行-藤崎隆宏  
ルードなKISSをルーズにしたいルードなKISSをルーズにしたい
藤崎 隆宏 (1995/11)
青磁ビブロス

この商品の詳細を見る

 この本は古いでっす。
 95年11月発行と奥付にあります。
 ちーけん的には、すごく歴史的価値があると思ってます。この本。
 とゆーのは、ビーボーイコミックスで登場した最初の“優等生受け”のような気がするんです。
 本当にそうかは、よく確認しないとアレですが、初期のビーボーイコミックスで“優等生受け”というとパッと思いつく、美杉果林さんの『スイートエモーション』(これも早めにレビュー書きます!)が97年なんですね。
 というわけで、暫定ですがビーボーイコミックスで登場した最初の“優等生受け”コミックスということで、藤崎隆宏さんの『ルードなKISSをルーズにしたい』をご紹介します~。

 でも、この藤崎先生なんですが、その後の活動はまったく不明です。
 もしご存じの方がいたら、ぜひ教えていただきたいくらいです。
 コミックスを見ると、杉本卓也、麻生かんなというお二人のユニットでのペンネームだそうで、なんとコミックスカバーの見返しには、お二人の写真も載っていますが(珍しいですよね)、このコミックスが最初で最後の一冊になっており、その後は雑誌などでも名前を見なくなってしまいました。
 解散されて別々に活動されたとかなのかなぁ。

 

[新刊レビュー]池玲文『ひんやり廊下、万華鏡』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  特徴-高校生  特徴-年齢差  ●ア行-池玲文  
ひんやり廊下、万華鏡 (スーパービーボーイコミックス)ひんやり廊下、万華鏡 (スーパービーボーイコミックス)
(2007/08/10)
池 玲文

商品詳細を見る


 昨日はなぜだか本ブログへのアクセスが急増しまして、俄然やる気が出てきたti-kenです(笑)。
 お読みいただいている方は、本当にありがとうございます。
 頑張って記事を書こうと、お盆前に出た新刊BLの中から、“優等生受け”な作品をどんどん紹介していきます!

 まずはスーパー・ビーボーイ・コミックスの最新刊、池玲文先生の『ひんやり廊下、万華鏡』です。
 事前にリブレのHPであらすじをチェックしていた時から、気になってました。

「夕日が万華鏡のように乱反射する西館廊下で。奨学生の稿左(こうさ)は、教師の永井に立ったままで犯された。怖かった筈なのに、嫌だった筈なのに。彼を見るとカタクなる。そんな稿左を縛り上げ淫具(エネマグラ)を駆使し何度も何度も射精へと誘う。だけど勃起は止まらない。だって…先生あなたが好きだから!」(
あらすじより)

 うーむ。「犯された」「淫具」「カタクなる」「勃起は止まらない」って、まるでフランス書院文庫の裏表紙に書かれたあらすじのような…(笑)。
 ti-kenはエロいBLが大好きなので、嬉しいかぎりですが、かつてボーイズラブとは名ばかりで、単行本1冊でキスの1回もあればよかったころから考えると隔世の感がありますね。

 で、「奨学生」ですよ!
「優等生」に貧乏と苦労を掛け合わせるとできあがるアレですよ!
 そ、そんな主人公を夕日があたる学校の廊下で立ったまま犯すなんて、とても許されることじゃないですよっ!!(ヨダレ垂らしながら棒読み口調で)
 主人公・稿左は、奨学金を受けるかたわら、唯一認められたバイトである“教師の手伝い”に出向いたところを、教師の永井に着衣のままで犯されてしまいます。
 またこの制服がいかにも“金持ちおぼっちゃん校”という感じのブレザーで、それを来たまま立ちバックで永井に犯される稿左の姿は、もう可哀想で見ていられません!(さらに棒読み)

 

[新刊レビュー]牛乳リンダ『恋敵スキンシップ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-ガリ勉  特徴-小学生  特徴-年齢差  ●カ行-牛乳リンダ  
恋敵スキンシップ (ダイヤモンドコミックス)恋敵スキンシップ (ダイヤモンドコミックス)
(2007/07/28)
牛乳 リンダ

商品詳細を見る

 ショタです。
 ショタ受けです。
 小学生の男の子が受けな一品です。

 攻めは、高校生の少年・澤田。
 美人でやさしい春日先輩(もちろん男)を狙って自宅までついに招かれることに成功したのはいいものの、隙を見て手を出そうとすると、超ブラコンな弟・伊純に邪魔されまくってうまくいきません。
 ドタバタしているうちに、澤田×伊純がデキあがってしまうという可愛いお話です(笑)。

 伊純は小学生ですが、ものすごく頭がよいという設定。
 そのIQの高さを活かして、兄を狙ってヒマさえあれば家に来る澤田を撃退しようとしているのです。
 たとえば策を弄して兄に居留守を使わせたり、睡眠薬(どっから入手したんでしょう・笑)で澤田を眠らせては道端に捨ててきたり。
 要は、生意気でこまっしゃくれた小学生の優等生クンが、伊純というわけです。

 

[レビュー]ダメ大学生×生意気な優等生…さとうかずこ『秘密色の空』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-ガリ勉  特徴-小学生  特徴-年齢差  受け-眼鏡  ●サ行-さとうかずこ  
秘密色の空秘密色の空
(1995/09)
さとう かずこ

商品詳細を見る

 紹介してきた本が、気が付いたらみんな高校生の話ばかりになってました。
 せっかくなので、そろそろ中学生ものをご紹介したいと思います。

 さとうかずこ先生の『秘密色の空』(GUSTコミックス)です。
 出版元の桜桃書房も今はなくなってしまいました。
 よく考えたら、草創期のBL界の二大名門企業(?)、ビブロスと桜桃書房のどちらも倒産してしまったんですね。
 ビブロスの『BE×BOY』はリブレ出版がそのまま引き継ぎましたが、桜桃書房が出していた『GUST』や『エクリプス』は、倒産時にブランドも消滅してしまいました。
 現在は、他社から『GUSH』『リンクス』と名前を変えて出ていますね。

 そんな初期のBL商業誌界の雄『GUST』(当時は隔月刊)に掲載されたのが、『秘密色の空』です。
 コミックスの奥付を見ると、95年の1月号と3月号に前後編として掲載されたようです。
 毎月買っていた『GUST』でこのマンガを初めて読んだ時には、ほんっっっっっとにあのころは優等生受けや眼鏡受けなんてものがほとんどなかった時代でしたので、そりゃもう嬉しかったものです。
 ドキドキしたなぁ。

 

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。