ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]年下チャラ男大学生×お堅い財閥御曹司! 年下に抱かれて、お坊ちゃん優等生が口にした一言に萌えすぎて!!! 天王寺ミオ『紳士と野良犬』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-年下攻め  特徴-社会人  受け-美人の優等生  受け-真面目・カタブツ  受け-御曹司  受け-エリート  ●タ行-天王寺ミオ  
紳士と野良犬 (GUSH COMICS)紳士と野良犬 (GUSH COMICS)
(2012/02/10)
天王寺 ミオ

商品詳細を見る


 じつはこの作品は、雑誌掲載時にはちゃんと読んでませんでした…。
 雑誌でパラパラッと読んだときには、全然“優等生受け”だと気付かなくて、読み飛ばしていたんです…。
 後悔!!!
 天王寺ミオ先生といえば、テニプリの仁王×柳生カプで同人誌を出されていたとおり、“優等生受け”BL界では重要な作家さんなのに、なんでちゃんと読まなかったんですかね…。

 というわけで、天王寺ミオ先生の最新刊『紳士と野良犬』をご紹介しようと思います。

 

スポンサーサイト

[レビュー]医師にもズバズバと物を言うしっかり者のMRが、本当はけなげでいじらしい性格を隠していて…桜遼『ドクターはご機嫌ナナメ』収録作


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-社会人  受け-真面目・カタブツ  受け-けなげ    特徴-年下攻め  特徴-医者もの  ●サ行-桜遼  
ドクターはご機嫌ナナメ (Dariaコミックス)ドクターはご機嫌ナナメ (Dariaコミックス)
(2011/10/22)
桜 遼

商品詳細を見る


 このコミックスには、病院を舞台にしたBLが4作収められています。
 どれも“優等生受け”の傑作ばかりで(誇張でない)、間違いなくオススメの一冊ですが、中でも短編「何度でも、やさしいキスをして」という作品がブログ主の脳裏に焼き付いて離れません。

 主人公(受)は、しっかり者でビシビシ物を言う製薬会社のMR(医療情報担当者・営業マン)・水瀬(みなせ)です。
 物語の冒頭で、医師になりたての研修医・相楽(さがら)が、あやふやな知識で看護師に指示を出し、薬の量を間違いそうになる場面が出てきます。
 水瀬は、

「まちがっていますよ、相楽先生。その量では致死量になる可能性があります。…気をつけてください(ビシッ)」

 と、看護師たちもいる前で相楽に恥をかかせる台詞を、ニコリともせず言っちゃうようなMRです。
 研修医とはいえ、製薬会社のMRと医師では、当然ながら医師のほうが立場が上なのに。
 相手が医師だろうと、間違いは間違いだと言う水瀬に、相楽は当然ながらムカつきます。

 ところが!!!

 

[レビュー]教え子に「あんた、こうされたかったんだろ?」とか言われて抱かれる真面目っ子教師が…うっ… 野火ノビタ『長い間きみを見ていた』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  特徴-年下攻め  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-教師  ●ナ行-野火ノビタ  
長い間きみを見ていた (ビーボーイコミックス)長い間きみを見ていた (ビーボーイコミックス)
(2011/09/10)
野火 ノビタ

商品詳細を見る


 2011年に発売された“優等生受けBL”で、ブログ主的に間違いなくトップ3に入る一冊です!
 野火ノビタ先生の『長い間きみを見ていた』です!

 主人公(受)・白井(しらい)は高校で現代国語を教える教師です。
 眼鏡で真面目、決して生徒から好かれてないわけではありませんが、フレンドリーなタイプではありません。

 

[レビュー]外見はティエリア似の素直じゃない生徒会長サマが、対立する応援団団長(年下)にぎゅーっと抱き締められちゃうよ あおいれびん『僕らの時間』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  特徴-年下攻め  ●ア行-あおいれびん  
僕らの時間 (ドラコミックス)僕らの時間 (ドラコミックス)
(2010/11/25)
あおいれびん

商品詳細を見る


 冬コミのカタログも発売になりましたが、もしかしたら今年は都条例改正が可決された重苦しい状況の中で冬コミを迎えないかもしれないと思うと、ちょっと鬱になりますね…。
 そうならないように、都議会審議最後の日まで、やれることをやるしかありません。

 くわえて、年末ということで、ちーけんの仕事も押し押しでかなり忙しくなってしまい、12月は地獄スケジュールになってます。
 年末年始の休暇まで、息する暇もないくらい(笑)。
 そんな最中でもというか、だからこそ息抜きに、家に帰ればBL本をよみまくっているんですが、今月は“当たり”が多すぎて嬉しい悲鳴です。
 今日ご紹介したいのは、その中でもとびっきり魂が震えた一冊。
 あおいれびん先生のdrapコミックス最新刊『僕らの時間』です!
 本作は、あおいれびん先生の前作『男の子だもの!』から続く“応援団シリーズ”の第2弾で、登場キャラも被ってますが、お話は独立してるので、『僕らの時間』だけ読んでもまったく問題ありません。

 正直にいうと、あおいれびん先生のマンガはこれまで苦手でした。
 ちょっと相性合わないなーなんて。

 

[レビュー]親しみを見せない天文部部長の態度に業を煮やした後輩部員がぶち切れて! 篠原栄『星に願ったりなんかしない』より、『僕の知らない宙がある』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  特徴-年下攻め  ●サ行-篠原栄  
星に願ったりなんかしない (花音コミックスCitaCitaシリーズ)星に願ったりなんかしない (花音コミックスCitaCitaシリーズ)
(2010/07/29)
篠原 栄

商品詳細を見る


 “優等生受け”といったら外せない、篠原栄先生の新刊が出ましたよ~。
 もちろん花音コミックスです(正確にはチタチタシリーズ)。
 正直なところ、最近は“優等生受け”と見なせるBLがとっても増えてきました。
 ありがたいことです。
 でも、ダサ眼鏡で他人の感情に鈍感で…という、昔ながらの“優等生受け”は決して増えてません。
 結構外見はかっこよかったりする新手の“優等生受け”が多いのですな。
 今回の篠原栄先生の新刊は、まさに昔ながらの“優等生受け”。
 もちろんブログ主にはヨダレだらだらの一冊です!

 さて、今回の新刊には2つのシリーズが収められており、どちらも同じ高校の天文部を舞台にした連作になってます。
 で、じつはどちらのシリーズも優等生受けなんです。
 ひとつが表題作になってる『星に願ったりなんかしない』。
 こちらは、天文部でプラネタリウム作りに命を懸ける、思いこんだら一本道タイプの高三男子×天文部に部費をあまり出してくれない生徒会の会計。
 これはこれでそそられるでしょ~、優等生スキーなら(笑)。
 コミックスの表紙の2人はこちらのカップルです。
 そして、この2人のお話も掛け値なしに素晴らしかったんですが、今回は収録されてるもう一つのシリーズ、『僕の知らない宙がある』のほうをご紹介させていただこうと思います。

 カプとしては、ぐうたら天文部員(下級生)×黒髪眼鏡天文部長という組み合わせなんですが、先程も書きましたとおり、受けキャラの部長が昔ながらの“優等生”でとっても美味しくて…(じゅるっ

 

[レビュー]美しい少女だと思っていたロックバンドのボーカルは、同じ高校のお堅い眼鏡優等生だった…? 立野真琴『ミューズの学園で逢おう』第8話


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  特徴-年下攻め  受け-生徒会長・委員長  受け-美人の優等生  ●タ行-立野真琴  
ミューズの学園で逢おう 3 (ビーボーイコミックス)ミューズの学園で逢おう 3 (ビーボーイコミックス)
(2009/06/10)
立野 真琴

商品詳細を見る


 前回更新した『ミューズの学園で逢おう』のレビュー記事に、2日で7件も(8月5日現在)拍手をいただいてありがとうございました!
 もう誰もこんなブログ見てないと思ってたので、めちゃくちゃ嬉しかったです(笑)。
 なんだかもりもりとやる気が出てきました…!

 というわけで、予告させていただいたとおり、同じく『ミューズの学園で逢おう』に収録されているもう1カップルのお話をご紹介させていただこうと思います。

 本作のメインカップルは、前回ご紹介したとおり、日本一のアイドル・大槻悠×ガチガチ優等生・花井忠史という2人です。
 全4巻で計12話&エピローグが収録されていて、ほとんどが悠×花井カプのお話になっているのですが、ちょいちょい他のカプのお話が入ってくるんですね。
 その中でも、ブログ主が読んだ瞬間にピカピカッと雷が落ちたような衝撃を受けた稀代の“優等生受け”カプが今日ご紹介する2人です。
 収録されているのは第3巻。
 『ミューズの学園で逢おう』第8話がその回です。

 もちろん物語の舞台は悠×花井カプと同じく、美園学園高校。
 悠×花井カプが、同じ高校の芸能科と普通科の対立の中で描かれていた優等生受けカップルであることは前回ご紹介したとおりですが、今回ご紹介する2人も、同じ構図の中にあるカップルです。

 主人公(攻)は、芸能科に通う葉月未来(はづき・みらい)。
 兄がリーダーを務める人気ロックバンド「vicious」(ビシャス)でベーシストをやっている芸能人です。

 

[レビュー]真面目な年上リーマンが年下ヤンキーにからかわれ、いじめられ、最後は快感に悶えさせられて涙ぽろぽろ! エンゾウ『かわいさ余って何かが百倍』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-年下攻め  受け-真面目・カタブツ  特徴-社会人  攻め-不良  受け-ネクラ  受け-コンプレックス持ち  ●ア行-エンゾウ  
かわいさ余って何かが百倍 (アクアコミックス)かわいさ余って何かが百倍 (アクアコミックス)
(2010/05/12)
エンゾウ

商品詳細を見る


 なんだか気づいたら最近BL小説のレビューばっかりでした…。
 というわけで、ということもないんですが、今日はBLマンガのレビューなどを。
 アクアコミックスの最新刊から、エンゾウ先生の初コミックス『かわいさ余って何かが百倍』です!

 いまこうやってまったくの新人さんのコミックスを精力的に出してくれるのは、アクアコミックスぐらいじゃないですかねぇ。
 このエンゾウ先生の初コミックスも、収録されているのは携帯BLマガジン『アクアBLキングダム』の掲載作ばかりなので、紙媒体の商業誌でエンゾウ先生のマンガが発表されるのは、このコミックスが初めてということになります。
 そーゆー思い切ったラインナップで勝負してくれるBLレーベルが本当に少なくなった昨今、アクアにはもっともっと頑張ってほしいと思うブログ主です。

 本作は収録されてるBLマンガがイケてるのはもちろん、後書きとして描かれた3ページのマンガが、マンガ表現として極めて滋味に溢れた仕上がりになってまして、ぶっちゃけこれだけでもエンゾウ先生の才能の豊かさを感じてしまうわけですが、すでにエンゾウ先生は同人界では活躍されていたところ、アクア編集部から「オリジナル描きませんか?」とお誘いを受けたというのがデビューのきっかけらしいです。

 

[レビュー]今月のベストBL! 「経済学部の王子さま」と呼ばれる高慢ちきな先輩が、「バカ」と嘲笑していた後輩にぐずぐずに! 凪良ゆう『全ての恋は病から』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-大学生  特徴-年下攻め  受け-女王さま  受け-成績優秀  ●ナ行-凪良ゆう  
全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)
(2010/03)
凪良 ゆう

商品詳細を見る


 よし。
 書けるときにレビュー書こう。
 今日2冊目!
 手短にまとめよう、手短に。
 ずるずる長くなるから時間もかかって、ついつい更新したくなくなっちゃうんだ。

 では、これはもうすぐにでもご紹介したかった一冊。
 凪良ゆう先生の最新刊『全ての恋は病から』です!

 いやもう素晴らしかった!
 ブログ主的に、今年の3月に読んだBL本で一番よかったです。
 しかもこの本、事前にはまっっっったく期待していなかったし、本屋で相当迷ったすえに「ハズレでもいいや」ぐらいの気持ちで買った一冊だっただけに、もし買わずに読まないママだったら…と思うと、相当震えます。
 生涯読んだBLの中でもかなり上位に来ます、これ。

 

[レビュー]珠玉の2連発! 黒髪眼鏡の風紀委員受け&「可愛い」と言われて本気にしちゃった優等生受け 今井ゆうみ『灰青色の四月』&同人誌『PLUM』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-ガリ勉  特徴-年下攻め  受け-美人の優等生  受け-成績優秀  ●ア行-今井ゆうみ  
コーラルマーチ (POE BACKS Babyコミックス)コーラルマーチ (POE BACKS Babyコミックス)
(2010/02/24)
今井 ゆうみ

商品詳細を見る


 ブログ自体書くのも久しぶりだし、レビューを書くのはもっとひさしぶりです。
 このブログは“優等生受け”BL本のレビューを書くためにそもそも設置してあるのに…。
 ううう、情けない…。
 そんな反省をこめつつ、よーし、今日は頑張ってレビュー書いちゃうぞー!

 今日ご紹介しようと思うのは、今年2月にBabyコミックスから初コミックスが出たばかりの今井ゆうみ先生のマンガです。
 コミックスのタイトルは『コーラルマーチ』。
 この中に、とても素晴らしい優等生受けマンガが載ってるんですよ。

 で、なぜ今日とくに今井ゆうみ先生のマンガをご紹介しようと思ったかといいますと、このブログの下のほうに記事がありますが、先日ブログ主が一般参加してきたJUNE系同人誌即売会『J.GARDEN』(3月14日開催)で、いろいろなサークルさんを回っていたなかで今井ゆうみ先生のサークルをたまたま発見し、同人誌を拝見してみたらこれがまた素晴らしい“優等生受け”の一作で、痺れてしまったんですな!
 というわけで、商業誌&同人誌のダブルパンチを与えられてしまった今井ゆうみ先生のマンガを今日はご紹介させていただこうと思います!

 ではまず、ブログ主のハートをぐぐぐいのぐいっと掴んでくれた、素晴らしき同人誌『PLUM』から。

 

[レビュー]“一人リバ”の傑作にして革新作! 攻めとして生きてきたエリート医師が、若い男に組み敷かれて… 西江彩夏『純情な人のように、さよなら』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-社会人  受け-エリート  受け-眼鏡  特徴-年下攻め  ●ナ行-西江彩夏  
純情な人のように、さよなら (ビーボーイノベルズ)純情な人のように、さよなら (ビーボーイノベルズ)
(2010/01/20)
西江 彩夏

商品詳細を見る


 まったく期待していなかった本でした。
 東京・神保町の高岡書店で平積みしてあるのを見たときも、最後の最後まで買おうか、買うのやめようか迷いましたし…。
 それがこんな大当たりだったとは…!
 BL本の購入というのは本当に難しいですよね。
 あー、あの時に買うのやめてたらと思うとゾッとするー。
 本書のいったいどこにそんなに心惹かれてしまったのか、そのあたりをレビューさせていただこうと思います!

 ただ!

 本作を読んで、ブログ主と同じような忘我の境地を誰もが味わえるかどうかは、保証できませんー(笑)。
 本作が万人に受ける本かどうかは、ぶっちゃけブログ主にはよくわかりません。
 本書は、“好きな人にはたまらない!”という類の一冊、読み手を選ぶ傑作だと思うんですよね。
 なので、どーゆーBLが好きな人なら本書に没頭没入できるか、そのあたりを丁寧にご紹介できればいいなーと思います。

 まずズバッと申しますれば…。

 

[レビュー]お馬鹿な後輩×成績優秀な先輩、でも先輩は素直になれず…ほかにも“優等生受け”がいっぱい! さかもと麻乃『ほんとの事、言っちゃって!』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-成績優秀  受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  特徴-年下攻め  ●サ行-さかもと麻乃  
ほんとの事、言っちゃって! (花音コミックス)ほんとの事、言っちゃって! (花音コミックス)
(2009/08/29)
さかもと 麻乃

商品詳細を見る


 すいません、もう寝ないと明日に差し支えるんですが、なんとかもう一冊…。
 さかもと麻乃先生の新刊『ほんとの事、言っちゃって!』が、すでに先月発売されていることは、みなさますでにご存じかと思います。
 今いちばん注目されている作家さんのコミックスなので、こんなブログのレビューを待たずともすでに手に入れているという方が多いかとは思いますが、もしやまだという人がいるかもしれないので! 簡単に内容などまとめさせていただこうかと思います~。

 というか、このコミックスの表題作になっている短編マンガ『ほんとの事、言っちゃって!』はですね、雑誌掲載時に当ブログでレビューを書かせていただいた、素晴らしき"優等生受け”な一作なんです。
 成績優秀で周囲からもチヤホヤされている高校3年生が主人公(受)で、2つ年下のアホな後輩が攻めというストーリーになってまして、そんな劣等生の後輩への恋心をなかなか認められない優等生のしょーもなさっぷり&ツンデレが描かれてまして、優等生スキーには必見のマンガです。
 詳しい内容は、こちらの記事でレビューさせていただいているので、ご興味のある方は参照してみてくださいませ~。

 というわけで、この記事ではですね、このコミックスに収められた他の作品について、さらっと内容をご紹介し、購入を迷われてる方の背中を押してみたいと思ってます(笑)。

 

[レビュー]思わぬ良作! コンプレックスまみれの強気優等生の心を甘く溶かしちゃったのは、意外なヘタレ後輩で!? 波奈海月『純情スイーツ妄想レシピ』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-美人の優等生  受け-眼鏡  受け-女装  特徴-年下攻め  特徴-高校生  ●ハ行-波奈海月  
純情スイーツ妄想レシピ (白泉社花丸文庫 は 4-2)純情スイーツ妄想レシピ (白泉社花丸文庫 は 4-2)
(2009/09/18)
波奈 海月

商品詳細を見る


 これまで何回か書いてきましたが、ブログ主は、“優等生受け”ではあっても、受けキャラが強気なタイプで、例えば年下後輩のワンコ攻めとか相手に、エッチの最中まで「ばかっ、やめろ!」とか叱りつけちゃうようなタイプは、あまり好きではありませんでした。
 だから、この本も買おうかどうか迷ったんです。
 本屋の店頭でパラパラと中身を見たときに。
 でも、女装少年ものだし…と思って買って正解でした(笑)。

 波奈海月先生のデビュー2作目となる最新刊『純情スイーツ妄想レシピ』をご紹介させていただこうと思います~。

 

[レビュー]最近珍しい真・優等生受け! 「僕なんか…」というネクラ優等生の恋の進展を楽しむ一作 『Guilty XX』17より、柘植まくみ『蒼空風景』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-ガリ勉  特徴-高校生  受け-成績優秀  特徴-年下攻め  受け-ネクラ  ●タ行-柘植まくみ  
Guilty XX (ギルティ クロス) Vol.17 特集「先輩・後輩」Guilty XX (ギルティ クロス) Vol.17 特集「先輩・後輩」
(2009/09/01)
不明

商品詳細を見る


 今日3つめのレビューじゃーい!
 明日からはまた会社ですからね…。
 書けるときに書いておかないと!

 続きましては、先月末に発売されたBLアンソロジー『Guilty XX』vol.17・先輩後輩特集に収められていた短編マンガ、柘植まくみ先生の『蒼空風景』をご紹介させていただこうと思います!

 

[新刊レビュー]いかにも文系でネクラな主人公が、新しくできた義弟に犯される妄想に耽って… 『ボーイズ キャピ!』09年9月号より、白桃ノリコ『壁越しの恋』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-ネクラ  受け-キモオタ  受け-眼鏡  特徴-年下攻め  ●ハ行-白桃ノリコ  
ボーイズ キャピ ! 2009年 09月号 [雑誌]ボーイズ キャピ ! 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/07/25)
不明

商品詳細を見る


 前記事に続き、『ボーイズ キャピ!』からもう一つの“優等生受け”をご紹介させていただこうと思います。
 白桃ノリコ先生の読み切り短編『壁越しの恋』です!

 このマンガですね、扉絵に入っている編集部がつけたコピーを見ると、

「止まらない片想い(はーと) えろラブ24P」

 なんて書いてあって、明るいポップなマンガみたいな顔をしてるんですが、実際に読むと、もちろんハッピーエンドにはなってるんですが、そこに至る過程はどことなく暗いです(笑)。
 というか、主人公(受)がネクラすぎるんです。
 「止まらない片想い」というより、「止まらない一方的な執着」といったほうがいいような…(笑)。
 というわけで、まずは主人公(受)からご紹介しましょう~。

 

[新刊レビュー]何度も何度も勝手な勘違いで恋人のもとを去ろうとするネクラ優等生…でもそれが可愛い! 洸『恋―La saison d’amour』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-エリート  特徴-年下攻め  特徴-社会人  ●ア行-洸  
恋―La saison d’amour (ガッシュ文庫)恋―La saison d’amour (ガッシュ文庫)
(2009/06/27)


商品詳細を見る


 夏休み、あと1日しかないです…。
 やろうと思っていたこと、ほとんどできなかった…。
 くぅっ…!

 そんな中、溜まりに溜まっていたBL本をかなり読み進めました。
 この3日間で100冊以上は読んだ気が…(笑)。
 まず雑誌を全部読み返して、見落とした“優等生受け”がないか再チェックしました。
 ビーボーイ、ガッシュ、花音、ダリア、ディアプラス、花音DX、オペラ、ハーツ、コミックJUNE、ボーイズピアス、ルチル、リンクス…。
 だいたい一つの雑誌について4ヶ月分くらい遡ったので、これだけで50~60冊は読みました(笑)。
 いつかレビューを書こうと思った作品に付箋を貼りつつ読了。
 それから、マンガ&小説の単行本もガシガシ読みました。
 これも相当な数を読みましたが、じつはまだ30冊くらい未読のものが残ってます(笑)。
 やっぱり単行本は、とくに小説は一冊読むのにどうしても30分はかかりますからねぇ。
 自慢じゃありませんがブログ主は、それがどんなにクソつまらないBLであっても、読むのが嫌とか疲れるということはいっさいありません(笑)。
 どんなBLでも、何冊でもいくらでも喜々として読めます。
 でも、物理的にですね、目がしょぼしょぼしてきたり、腰が痛くなってきたりして、やっぱり集中して読み続けるのは3時間が限度ですよ(笑)。
 そこで一度メシ食ったり、外出したりして気分を変えないと、そうはBL本ばっかり読めません。
 この休み中は、時間さえあれば布団に横になって(←ブログ主の読書スタイル)BL本を読みましたが、それでもまだ30冊ほどは未読のものが残っているというわけです。
 いやー、これ年内には処理したいなぁ。
 つーか、買う量が多すぎるんだろうなぁ。
 月に少なくても50冊は買ってるもんなぁ…。
 しかしそれでも飽きないのがBLの不思議なところでありましょう(笑)。

 そんなわけでですね、以上、溜まってた本の中から「レビューを書きたい!」というBL本を可能なかぎりチェックした結果、いやー、もの凄い数がピックアップされてしまったんですが、とても書ききれそうにありません。
 今日明日の夏休み最後の2日で、できるだけレビューを書いてみようと思っていますが、はてさてどこまでいけるものやら(笑)。

 というわけで、まずは1冊目。
 発売前にチェックしていた段階では、まったくブログ主の関心を呼んでいなかった一冊が、いざ手にとってみたらあまりに素晴らしかったのでご紹介させていただこうと思います。

 洸(あきら)先生の最新刊「恋 La saison d'amour」です~。

 

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。