ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[レビュー]歴史もの、坊主受け、兄弟BL…読み手を選ぶ三拍子だけど、思いもよらぬ快感に惑乱する美貌の優等生がかわゆす… いとう由貴『凍える月影』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-美人の優等生  受け-坊主  特徴-歴史もの  特徴-兄弟もの  ●ア行-いとう由貴  
凍える月影 (プラチナ文庫)凍える月影 (プラチナ文庫)
(2010/05/10)
いとう由貴

商品詳細を見る


 先月末より1週間、東南アジア出張してたことはブログでもご報告したとおりですが、旅行中、一冊もBL読めないのは寂しいなと思い、スーツケースの底にじつは4冊ほど文庫本を忍ばせていきました。
 その一冊がこちら。
 いとう由貴先生の最新刊『凍える月影」です。
 ページをめくったら一番エロそうだったので、4冊の中で最初にこれから読みました(笑)。
 そうしたらエロもストーリーも大当たり。
 大変充実した海外出張を過ごさせていただきましたですよ。
 いとう由貴先生の作品って、これまでじつはあまりハマれなかったんですが、本作はよかった…。
 昨年出た、悪人皇帝×純真農民っ子なBL『愛よ、灰にかえれ』も傑作でしたし、なんだか最近(勝手に)いとう由貴先生と波長が合ってきた気分です…。

 本作は、日本の戦国時代っぽい雰囲気の歴史ものBLです。
 東国の有力大名・中江義康のもとに、京から使者が訪れるところからストーリーは始まります。

 

[新刊レビュー]以前、当ブログでもご紹介したネクラ受けBLが収録された桃月はるか先生のコミックスが新発売! さらにダサダサ眼鏡のガリ勉クン受けなマンガまで入ってるよ! 桃月はるか『快感 スイーツBODY』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  特徴-高校生  特徴-兄弟もの  ●マ行-桃月はるか  
快感・スイーツBODY (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)快感・スイーツBODY (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)
(2009/06/30)
桃月 はるか

商品詳細を見る


 出ました!
 『コミックJUNE』08年12月号に掲載された、桃月はるか先生の素晴らしい“文化系男子受けマンガ”が収録されたコミックスが発売されたのです~。
 超ざっくり言うと、パティシエを目指して専門学校に通う美人だけどネクラ系な主人公(受)が、初めて迎えたクリスマスイブに、付き合い始めたばかりの恋人とクリームまみれでエロいことになってしまうお話しです(笑)。
 詳しくは、当時のレビュー記事(こちら)をご参照くださいませ。

 今日はですね、その新発売のコミックス『快感 スイーツBODY』に同時収録されているもう一つの“優等生受け”マンガをご紹介させていただこうと思います。

 タイトルは『ただ愛されたい』。
 このマンガはすごいです。
 ブレがない。
 とにかくこのマンガで描かれていることは一つだけ。
 今じゃ誰もかけてないようなダサい大きな眼鏡をかけている、いかにも運動神経なんかなさそうなガリ勉くんルックスな受けキャラ・俊彦が、初めてエロいことをされて、恥ずかしさに混乱しながらも身体はイヤらしく感じちゃって…ということだけです(超ヨダレ)。

 他の余計な要素は一切出てきません(笑)。

 

[新刊レビュー]受けキャラの●●を描いちゃった初めてのマンガ家さんだっ! BL史上に残る新手の描写に注目です! ぢゅん子『暴れん坊彼氏』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-兄弟もの  特徴-年下攻め  特徴-大学生  受け-不細工・ダサい  ●タ行-ぢゅん子  
暴れん坊・彼氏 (バーズコミックス リンクスコレクション)暴れん坊・彼氏 (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2009/03/24)
ぢゅん子

商品詳細を見る


 いやー、このマンガ家さんの初コミックス、本当に本当に待望でした。
 エライよ、コミックリンクス!
 これから間違いなく大人気作家になっていくであろう、ぢゅん子先生の初コミックス『暴れん坊彼氏』を今日はご紹介させていただこうと思います~。

 ご存じの方も多いとは思いますが、このマンガ家さんは、テニプリなどの同人界では押しも押されぬ人気作家のお一人です。
 ブログ主も、一昨年ぐらいだったかなぁ、中古のテニプリ同人誌を手当たり次第に買い漁ったなかに、ぢゅん子先生の鳳×宍戸本がありまして、出会った瞬間からこのマンガ家さんの魅力の虜になってしまいました。
 で、ちょうど時を同じくして、コミックリンクスなどの商業誌で描かれていることを知り、それ以来、首を長くしてコミックスが出るのを待ちわびていたというわけです。

 

[新刊レビュー]明るい兄弟ものBLと見せかけて超シリアス! 幼いころの異常事件にとらわれた2人が大きくなり… 篠崎一夜『ブラザー×ファッカー』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-成績優秀  受け-真面目・カタブツ    特徴-中学生  特徴-年下攻め  攻め-不良  特徴-兄弟もの  ●サ行-篠崎一夜  
ブラザー×ファッカー (リンクスロマンス)ブラザー×ファッカー (リンクスロマンス)
(2007/12)
篠崎 一夜

商品詳細を見る


 もともと普通のエロマンガの分野で兄妹ものが好きだった影響か、BLでも兄弟もの大好きなブログ主。
 しかし、こっちでは兄×弟ではなく弟×兄が好きだというのが人間心理の不思議なところです(笑)。
 やっぱり弟×兄ってのは、屈服感がお兄ちゃんのほうにあるからですかね~。
 優等生受けと一脈通じるところがあるなーと感じ入る(何に?)次第です。

 で、年末のBL新刊まとめ買いの中で、そんな弟×兄、しかもお兄ちゃんは優等生設定というのを発見しました。
 大人気作家、篠崎一夜先生の新刊『ブラザー×ファッカー』(リンクスロマンス)です。

 初めは買う予定じゃなかったんですが、本屋で見たら弟×兄だったのでつい購入。
 読んでみたら、それに優等生オプションまでついていたというわけですよ。

 

[新刊レビュー]自尊心を捨て懇願させられる優等生…村治夜明『囚われの蜘蛛』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-ガリ勉  特徴-兄弟もの  ●マ行-村治夜明  
囚われの蜘蛛囚われの蜘蛛
(2007/09/28)
村治 夜明

商品詳細を見る
 本屋で新刊を買うとき、今はみんなビニールカバーをしてあるので、中身がわからなくて困ります。
 だいたい表紙のイラストで買うのですが(小心者な腐男子には、店頭で本の裏表紙のあらすじをじっくり読むなんてことは恥ずかしくて無理!)、見分けにくいのが、“優等生受け”と“無気力天才受け”ですよ。

“無気力天才受け”とはですね、能力、才能、成績抜群で何不自由なく育てられた主人公が「こんな世の中つまらねぇ…」と表では優等生の顔をして親や教師を騙しながら、裏では遊びまくったりじつは裏の世界のヘッドだったりして…というキャラ設定のBLのことです。
 困ったことに、キャラ設定の外見上は、優等生受けと見分けがつかないんですよ。
 なので、表紙イラストで「あ、優等生受けっぽい!」と思って買ってみても、中身は“無気力天才受け”だったりして、がっかりすることがあります。

“優等生受け”に興味がない人からすれば、「どっちだって似たようなもんだろ!」と怒られそうなのですが(笑)、“優等生受け”好きにとっては、全然違うんですよ!
 いつも必死に頑張っていて、その築き上げた自分の世界(成績だったり、生徒会長という地位だったり、親から褒められるという日常だったり…)を崩されたくなくてビクビクと毎日を過ごしているのが本当の優等生くんであって、「所詮オトナどもなんてこの程度なんだ…。こんな腐った社会、ぶっ壊れればいいんだ!」とか、一歩間違うと盗んだバイクで走り出しそうな、世間をナメた態度で毎日を過ごしてる“無気力な天才”ってのは、本物の“優等生”とはまったく別物なのです。
 いやまあ、そんな世間をナメた生意気な天才くんが、「お前、オトナを舐めるなよ」とか言われて犯されちゃうのもそれはそれですごく読みたいですが(ヨダレ)、でもそれは決して“優等生受け”ではありません。

 本作『囚われの蜘蛛』(ラピスモア文庫・イラスト=霜月かいり)は、ちゃんとした“優等生受け”ですが、表面的なキャラクター設定などは、限りなく“無気力天才受け”に近いものがあります。

 

[新刊レビュー]というより一行情報・深瀬紅音『恋はすぐ隣。』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-兄弟もの  特徴-年下攻め  ●ハ行-深瀬紅音  
恋はすぐ隣 (GUSH COMICS)恋はすぐ隣 (GUSH COMICS)
(2007/08/10)
深瀬 紅音

商品詳細を見る
 GUSHコミックスの07年8月新刊です。
 実の兄弟もの。親の離婚-再婚でしばらく離ればなれになっていた兄弟2人が再会。実の兄弟なのに強く惹かれあい…というストーリーです。

 年下攻め、つまり弟が攻めです。
 受けのお兄ちゃんが、はっきり優等生という描写があるわけではないですが、弟のことを「君は…」と呼んだり、自分のことを「僕」って呼んでたり、弟に対しては思いっきりしっかり者の“お兄ちゃん”をしてたりで、かなり強い“優等生臭”が漂っています(笑)。
 深瀬先生のあの可愛い絵柄が、これまたお兄ちゃんのほうを優等生っぽく見せてくれるんですよね!
 そんな優等生お兄ちゃんが弟から顔射されちゃったりしてますので(笑)、買おうかどうか迷っている方は、今すぐ書店へGO!

[新刊レビュー]『不良カタログ』より、加東セツコ『木ノ下闇』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-兄弟もの  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  特徴-高校生  特徴-年下攻め  ●カ行-加東セツコ  
不良カタログ (MARBLE COMICS カタログシリーズ VOL. 9)不良カタログ (MARBLE COMICS カタログシリーズ VOL. 9)
(2007/08)
不明

商品詳細を見る
 加東セツコさんの『木ノ下闇』という作品です。
 東京漫画社のBLアンソロジー『不良カタログ』所収です。
 ストーリーは超シリアスです。

 主人公はちょっとグレかかった高校生・拓真。中一の冬、父が再婚してできた義兄と父と3人で暮らしています。
 そんな家庭環境が拓真の日常に暗い影を落としているわけです。

 再婚後すぐに義母は事故で亡くなっています。
 そしてその直後、美しい義兄が父に押し倒されているのを拓真は目にします。
 拓真に気づかれたことによって、その場は何事もなく終わったはずでしたが、それから数年、高校生になった拓真は、再び義兄と父の秘められた場面を目にしてしまいます。
 それも今度は最悪の形で。

 かつて拓真がやめさせたはずの2人は、義兄のベッドでセックスしていたのでした。
「嫌だったんじゃなかったのか」「俺に助けられてよかったはずじゃなかったのか」――そんな思いが拓真の胸に去来し、その夜、何事もなかったかのように振る舞う義兄を見て、拓真は「あんた、男好きなの?」と冷たく言い放ち陵辱してしまうのです。

 

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01

03


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電