ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]「相手してやろっか?」元同級生に馬鹿にしたように誘われ、自分の気持ちもわからず身体を重ねる優等生 くるりんるみこ『もっと君の味を知りたい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-成績優秀  攻め-不良  受け-ガリ勉  ●カ行-くるりんるみこ  
もっと君の味を知りたい (K-BOOK ORIGINAL COMICS)もっと君の味を知りたい (K-BOOK ORIGINAL COMICS)
(2011/04/21)
くるりん るみこ

商品詳細を見る


 商業誌の単行本のレビューを書くのが久しぶりすぎて、文章の書き方がうまく思い出せない…。
 ずっとブログを更新したい気だけは満々だったんですが、休みの日はついダラダラと過ごしてしまいがちだったところ、今日は「いいかげんにヤバイだろ…」ということで一念発起し、PCに向かってます(笑)。

 ご紹介するのはもちろん“優等生受け”な一冊。
 くるりんるみこ先生の最新刊『もっと君の味を知りたい』です!
 ブログ復帰(?)第一発目に取り上げるレビュー本として、いやもうこれ以上の“優等生受け”は考えられないだろ…ということで、この作品をご紹介させていただくことにしました。
 顔がにやけます、主人公2人のことを思い出すと…(笑)。

 主人公(受)の久須美(くすみ)は高3の受験生です。
 “優等生受け”BLにおいては、受けキャラ優等生クンの外見というのは非常に重要な要素ですから、まずはそこからご説明すると、久須美はいかにも育ちの良さそうな、顔も身体も線の細いタイプ。

 

スポンサーサイト

[レビュー]素っ気ない態度の優等生が可愛く見えてきちゃった女ったらしの同級生に、優等生が真っ赤な顔であることを… 日高あすま『スノーブロッサム』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-ガリ勉  受け-成績優秀  攻め-不良  ●ハ行-日高あすま  
スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2010/08/24)
日高 あすま

商品詳細を見る


 みなさん、こんばんは~。
 次の土日はどちらも仕事で、つまりは今日から2週間、休みナシのブログ主です。
 泣きたい。
 ブログ更新が今にもまして滞るかもしれませんが、その時はお許しください…。

 そんなわけで心の慰めを求めて(笑)、熱心にBLを読みあさっていますが、この1週間ほどに出た新刊が、でれもこれも“優等生受け”ばっかりで嬉しい悲鳴です。
 おいおいご紹介していければと思っていますが、今日はリンクスコレクションから出た日高あすま先生の新刊『スノーブロッサム』をご紹介させていただこうと思います!

 本作は、全寮制の男子高ものという、最近では古色蒼然といった趣きすらある設定の一作(笑)。
 日高あすま先生の描かれる受けキャラは、どの作品でも昭和初期の言葉でいえば「高踏的」な雰囲気を漂わせてるなーとブログ主は思ってます。
 ちょっと世の中を斜めに構えて見てて、容易に他人と交わらない感じの。
 本作『スノーブロッサム』の主人公(受)・雪村(ゆきむら)も、同室で暮らす素行不良&問題児なルームメイト・桜井に心を許さず、毎日ロクに口すらきかずに2人は過ごしてます。
 でも、そんな日高あすま先生お得意の高踏的なキャラが、全寮制の男子高なんていう設定だと輝いてくるんですな!(笑)
 攻めキャラ・桜井の目を通して、主人公(受)・雪村は、こんな風に描かれてますよ。

 

[レビュー]真面目な年上リーマンが年下ヤンキーにからかわれ、いじめられ、最後は快感に悶えさせられて涙ぽろぽろ! エンゾウ『かわいさ余って何かが百倍』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-年下攻め  受け-真面目・カタブツ  特徴-社会人  攻め-不良  受け-ネクラ  受け-コンプレックス持ち  ●ア行-エンゾウ  
かわいさ余って何かが百倍 (アクアコミックス)かわいさ余って何かが百倍 (アクアコミックス)
(2010/05/12)
エンゾウ

商品詳細を見る


 なんだか気づいたら最近BL小説のレビューばっかりでした…。
 というわけで、ということもないんですが、今日はBLマンガのレビューなどを。
 アクアコミックスの最新刊から、エンゾウ先生の初コミックス『かわいさ余って何かが百倍』です!

 いまこうやってまったくの新人さんのコミックスを精力的に出してくれるのは、アクアコミックスぐらいじゃないですかねぇ。
 このエンゾウ先生の初コミックスも、収録されているのは携帯BLマガジン『アクアBLキングダム』の掲載作ばかりなので、紙媒体の商業誌でエンゾウ先生のマンガが発表されるのは、このコミックスが初めてということになります。
 そーゆー思い切ったラインナップで勝負してくれるBLレーベルが本当に少なくなった昨今、アクアにはもっともっと頑張ってほしいと思うブログ主です。

 本作は収録されてるBLマンガがイケてるのはもちろん、後書きとして描かれた3ページのマンガが、マンガ表現として極めて滋味に溢れた仕上がりになってまして、ぶっちゃけこれだけでもエンゾウ先生の才能の豊かさを感じてしまうわけですが、すでにエンゾウ先生は同人界では活躍されていたところ、アクア編集部から「オリジナル描きませんか?」とお誘いを受けたというのがデビューのきっかけらしいです。

 

[レビュー]なぜか構ってくる優等生なクラス委員長に、ヤンキー主人公(攻)がブチ切れて…! 『ボーイズ キャピ!』09年秋号より、オオヒラヨウ『チューズ・ミー』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  攻め-不良  受け-成績優秀  ●ア行-オオヒラヨウ  
ボーイズキャピ! 2009年 11月号 [雑誌]ボーイズキャピ! 2009年 11月号 [雑誌]
(2009/09/25)
不明

商品詳細を見る


 みなさん、おはようございます。
 昨日会社で先輩社員と年末年始のことを話していたら、どうもとんでもない出勤日程になりそうなブログ主です。
 もしかしたら、年末年始の休みがものすごい変則になって、クリスマスから30日まで休んだあと、大晦日から出勤になるかも…!
 そのまま10日ぐらい休みナシという。

 いやじゃー。
 助けてー。
 うう…。

 ブログ主が4月に微妙に会社で昇進してしまったことはすでにみなさんにご報告したとおりなのですが、そのおかげで、毎年ヒラ社員としてぐうたら過ごしていたはずの年末年始がとんでもないことになりそうなのです~。
 くぅっ…。
 給料は年間で3万円ぐらい上がるだけだし、中間管理職って本当に何もいいことないな!!!
 mixiで「会社で中間管理職な腐男子コミュ」って作ってみたら、どんくらいの人が入ってくれるんでしょう(笑)。
 悩みを語り合いたい!

 それではブログ主のそんなささくれた心を癒やしてくれた一作をご紹介させていただきましょう。
 発売されたばかりの『ボーイズ キャピ!』09年秋号に掲載されていた、オオヒラヨウ先生の際しなく『チューズ・ミー』です!

 

[新刊レビュー]口うるさいクラス委員長と一匹狼の不良(現ヤクザ)が歌舞伎町で再会…徹底的に辱められちゃう真面目な高校教師に萌えます 秀香穂里『聖域の限界』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-生徒会長・委員長  特徴-社会人  攻め-不良  攻め-ヤクザ  受け-ガリ勉  受け-成績優秀  ●サ行-秀香穂里  
聖域の限界(竹書房ラヴァーズ文庫)聖域の限界(竹書房ラヴァーズ文庫)
(2009/07/25)
秀 香穂里、國沢智

商品詳細を見る


 ちくしょう、なんで俺の書くレビューはどれもこれも長いんだ…。
 というわけで、毎度書いてますが(笑)、今回こそは短くシュッとまとめてみようと思います!!!
 やるぞ!

 本日2冊目のご紹介は、秀香穂里先生の最新刊『聖域の限界』です~。
 本作は、設定はまごうかたなき“委員長受け”になってます。
 高校時代をお堅い委員長として過ごし、有名大学を出た今ではお嬢様女子校の教師になっている西澤誠司(にしざわ・せいじ)が主人公(受)です。

 

[新刊レビュー]全身これ生徒会長! な主人公(受)が、騙されて身体の自由を奪われ、恥ずかしい写真を撮られちゃって… 『コミックJUNE』09年6月号より、桃月はるか『Coolな君を溶かしたい』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  攻め-不良  ●マ行-桃月はるか  
コミック June (ジュネ) 2009年 06月号 [雑誌]コミック June (ジュネ) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/28)
不明

商品詳細を見る


 高校時代、「お前、本当に生徒か?」と聞きたくなる、教師よりも教師っぽい同級生っていましたよね(笑)。
 『コミックJUNE』09年6月号掲載の桃月はるか先生の読み切りマンガ『Coolな君を溶かしたい』の主人公(受)・氷室(ひむろ)は、まさにそんな生徒会長サマです。
 眼鏡にネクタイをきっちり締めて、四角四面で規則にうるさい。
 ああ…。
 桃月はるか先生の描かれた氷室のビジュアルをぜひみなさんにお目にかけたい…。
 まさに、「あー、こんなヤツ、いた、いた!」と言いたくなるような、高校生のくせにどこか大人びてるというか、おっさんくさいというか、公務員っぽいというか、そんな雰囲気の生徒会長クンなんですよ。

 

[新刊レビュー]眼鏡を壊しちゃった生徒会長サマ…弱りっぷりを嘲笑っていた不良(攻)の心に突然変化が訪れて! 香々『ロマンチック・フルセット』より、『メガネのせい?』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-真面目・カタブツ  攻め-不良  特徴-高校生  ●カ行-香々  
ロマンチック・フルセット!! (ビーボーイコミックス)ロマンチック・フルセット!! (ビーボーイコミックス)
(2009/04/10)
香々

商品詳細を見る


 ご紹介しないといけない“優等生受け”が文字どおり山積みになっていて、パニックに陥りそうなブログ主です…!
 やばいー、あと10冊近くあるー。
 このまま遅れを引きずりそうで悔しいのですが、GWまで解消は無理そう…。
 うう、あと単純に買ったまま読めてないBL本も40冊くらい溜まってます…。
 ブログを初めて以来、最大の遅れ発生です!
 これもGWで全部解消しないとなぁ。
 ゆっくりBL本読みに専念できる豊かな時間がほしい…。
 あー、親戚死んだって嘘ついて会社休みたいなぁ(笑)。

 さて、前記事に続いて、またもや新人作家さんの初コミックスからマンガをご紹介しようと思います。
 香々先生の新刊『ロマンチック・フルセット!!』に掲載されている短編マンガ『メガネのせい?』です!
 ――って、またもや表題作のご紹介じゃなくてすいません(笑)。
 表題作『ロマンチック・フルセット!!』の内容をお知りになりたい方は、どうぞ他のブログさんへ飛んでみてください…。←すいません
 いいんだよ、ここは“優等生受け”にこだわったブログなんだからさ!!!
 それ以外のものを求められても困るんだよ、こっちは!!!! ←逆ギレ(笑)

 

[新刊レビュー]朝の服装チェックで不良を指導する風紀委員長が好きな相手とは…? 『花音DX』vol.13より、内田つち『いつか、ぼくらも』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  攻め-不良  ●ア行-内田つち  受け-眼鏡  受け-ガリ勉  
花音DX VOL.13 (13) (花音コミックス)花音DX VOL.13 (13) (花音コミックス)
(2009/03/28)
不明

商品詳細を見る


 トルコより帰国し、あっというまにいつもの毎日に戻ってしまったブログ主です。
 本日より、当ブログもいつもどおりの一日一更新に復帰しまして、またBL本のレビューを中心に細々と運営させていただこうと思います~。
 イスタンブールでもらった風邪が悪化しまして、熱は出るわ、鼻水は垂れるわで散々な毎日を送っているのですが、今ではこの鼻水のぬめりだけがトルコを思い出すたったひとつのよすが…。←汚ねーな
 ウイルスたちと頑張って一緒に生きていこうと思います…。
 ザッツ・共存共栄(笑)。

 トルコでの出来事の数々につきましては、仕事が長引いて家に帰れずBL本のレビューが書けない日に少しずつアップしていこうと思ってます。
 当分更新のネタに困らないで済むという(笑)。
 たくさん写真も撮ってきたし、どーぞヒマネタとしてお見逃しいただければ幸いです。

 それでは、帰国一発目のBL本レビューは…。

 じつは、他の小説をと思っていたんですが、さっき帰宅途中に買った『花音DX』の最新号vol.13にあまりにも素晴らしい“優等生受け”マンガが載っていたので、急遽方針を変更しました。
 このブログでご紹介させていただくのは何度目でしょう、内田つち先生のBLマンガです!

 

[新刊レビュー]「淫乱童貞神父さまを描きたかった」という意欲作…神に許しを乞いながらエロいことされちゃってるよ! 夜光花『深紅の背徳』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  攻め-不良  ●ヤ行-夜光花  特徴-社会人  
深紅の背徳 [ラヴァーズ文庫] (ラヴァーズ文庫 57)深紅の背徳 [ラヴァーズ文庫] (ラヴァーズ文庫 57)
(2008/05/24)
著・夜光 花画・高階 佑

商品詳細を見る


 作家さんからしたら“初志貫徹!”な一冊かもしれません。
 もちろん読者としてもかなり満足させてもらえたんですが…。
 でも…。
 でも!
 欲を言えばあともうちょっと…! と言いたくなってしまう夜光花先生の最新刊『深紅の背徳』をご紹介しようと思います!

 あとがきで夜光花先生がこんなことを書かれています。

 今回はいつもと違い担当さんとあーでもない、こーでもないと話しながら内容を決めました。というのも私は神父を陵辱したい…! という一点しか浮かばなかったので…。

 いやまったくこの一点については、本作は素晴らしいデキに仕上がってると思います(笑)。
 主人公・葛木真人(かつらぎ・まさと)は、自分の“持病”に悩み聖職を志して、今では田舎の古い教会で司祭を務める若き神父さま。
 もちろん今まで誰とも性的なつながりを持ったことはなく、清らかな人生を送ってきました。
 教会では、寂れていた日曜のミサを復活させ、教区の人びとの相談に乗り、今ではすっかり信頼を得て、貧しいながらもしっかりと根を下ろした宣教活動を進めている真人ですが、表面上のそんな清らかさで包み隠すように、真人自身はさまざまな苦しみを抱えていたのでした。

 

[新刊レビュー]学校一の問題児が、いきなり演劇部に入部志願…優等生部員(眼鏡でネクラ)と大バトル! GUSH08年6月号より、柊のぞむ『カボチャ王子』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  攻め-不良  ●ハ行-柊のぞむ  
GUSH (ガッシュ) 2008年 06月号 [雑誌]GUSH (ガッシュ) 2008年 06月号 [雑誌]
(2008/05/07)
表紙:高永ひなこ

商品詳細を見る


 まるまる一週間更新しないでスイマセン。
 仕事が忙しく、ついでに風邪も引いてしまいまして、家ではほとんど寝てました~。
 これがBLですと、目を覚ましたときになぜか見知らぬ美少年が部屋にいて看病してくれてたりするはずなのですが、現実社会ではそんなことはまったく起こらず(当然だ)、一人寂しく暮らしておりました。
 …もちろん、月初めの新刊ラッシュは全部チェックしてたんですけれどね(笑)。

 もう枕元に10冊くらいレビュー書こうと思う本が積み上がってるのですが、さてどれからいったものか…。
 完全に好みの問題なのですが、これまで本ブログで取り上げたことのない柊のぞむ先生からいくといたしましょう!

 じつは昔から好きなんです。
 柊のぞむ先生のマンガ。
 不思議な味わいのある作家さんなのですよ~。
 ファンだからこそ言えるのですが、決してBL界のビッグネームというか、スター作家ではないですし、相当長く描かれてる作家さんですが、コミックスの数も多くない。
 なのに、ちーけん、心惹かれてたまらないのです。
 今回レビューを書くに当たって、いったい柊のぞむ先生のマンガのどこに一番ハートを捕まれてるのか、つらつら思い直してみましたよ。
 すると、読み始めた最初は、じつは嫌いなマンガ家さんだったことを思い出しました。
 描かれてる作品数に対してコミックスの数が少なすぎる作家さんなので(なんたる不当!)、いま実際の作品を手元に参照できないのが悲しいですが、90年代後半のかなり早い段階からBLアンソロジーなどでよく名前はお見かけしていたのですね。
 で、今でもそうですが、あの頃の柊のぞむ先生は、湘南爆走族もしくはBE-BOPハイスクールに出てくるようなリーゼント頭のツッパリ兄ちゃんをよくBLマンガに出されてたんですよ。
 あと、派手なアロハシャツにサングラスかけてるようなチンピラヤクザとか(笑)。
 これが受けだったり攻めだったり、たいていの場合は受けだったりで(笑)、“優等生受け”が読みたいブログ主には、どうにも鼻についてしょうがなかったんですなー。
 なので、ずっと敬遠してたんです。

 

[新刊レビュー]明るい兄弟ものBLと見せかけて超シリアス! 幼いころの異常事件にとらわれた2人が大きくなり… 篠崎一夜『ブラザー×ファッカー』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-成績優秀  受け-真面目・カタブツ    特徴-中学生  特徴-年下攻め  攻め-不良  特徴-兄弟もの  ●サ行-篠崎一夜  
ブラザー×ファッカー (リンクスロマンス)ブラザー×ファッカー (リンクスロマンス)
(2007/12)
篠崎 一夜

商品詳細を見る


 もともと普通のエロマンガの分野で兄妹ものが好きだった影響か、BLでも兄弟もの大好きなブログ主。
 しかし、こっちでは兄×弟ではなく弟×兄が好きだというのが人間心理の不思議なところです(笑)。
 やっぱり弟×兄ってのは、屈服感がお兄ちゃんのほうにあるからですかね~。
 優等生受けと一脈通じるところがあるなーと感じ入る(何に?)次第です。

 で、年末のBL新刊まとめ買いの中で、そんな弟×兄、しかもお兄ちゃんは優等生設定というのを発見しました。
 大人気作家、篠崎一夜先生の新刊『ブラザー×ファッカー』(リンクスロマンス)です。

 初めは買う予定じゃなかったんですが、本屋で見たら弟×兄だったのでつい購入。
 読んでみたら、それに優等生オプションまでついていたというわけですよ。

 

[新刊レビュー]クールな優等生がヤクザの息子に見そめられ… 美輝妖『月下美人』シリーズ


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  攻め-不良  特徴-年下攻め  ●ヤ行-美輝妖  
月下美人 (ダイトコミックス)月下美人 (ダイトコミックス)
(2007/10/22)
美輝 妖

商品詳細を見る

 前から気になってたシリーズなんですが、完結巻となるシリーズ3冊目が出たのを機に、一気買いして読んでみました。
 美輝妖先生の優等生受け三部作(?)、『月下美人』『月下天使』『月下征服』シリーズです。

 私立高校の風紀委員長として、また学年1位の秀才として名高い主人公(受)・神崎立(かんざき・りつ)。
 孤高のクール・ビューティとして学園では密かに高い人気を誇っていますが、本人はそんなものはどこ吹く風。
 両親を早くになくした事情から、特待生としてこの高校に入学したこともあり、本人は勉強一筋で友達も作らず、クラスでは近づきがたい存在と思われてます。
 そこにある日、ヤクザの息子である鳳修羅(おおとり・しゅら)が転入してきます。
 立を見そめて、自分のものにするべく学園に乗り込んできたのです。

 

[新刊レビュー]そばかすが可愛いダサ外見(←ここ重要)な暴力店長が受けキャラ! 『HertZ』vol.23より、鈴木ツタ『大人のマナー』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-不細工・ダサい  特徴-年下攻め  攻め-不良  ●サ行-鈴木ツタ  
HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)
(2007/12/01)
新田 祐克西村 しゅうこ

商品詳細を見る


 いや決して俺もリアルタイムで見ていたわけではないのですが、一世を風靡したドリフターズ・加トちゃんのギャグに、「あんたも好きねぇ」ってのがありました。
 ちーけんは今、この言葉を鈴木ツタ先生に贈りたい!

 今年8月に出たコミックス『あかないとびら』の中で、見た目がダサいガリ勉タイプの大学生を主人公(受)にした素晴らしいマンガを世に出してくれた鈴木ツタ先生。
 あれからわずか3ヶ月…。
 またもや“ダサい子受け”BLを世に問うてくれたんです!
 ……いや、“子”じゃないですね。
 今回の受けキャラは書店の店長という立派な大人なので。
 背はちっちゃくて可愛い(?)けれど、目つきが悪くて、腕っ節も強いという、そばかすが可愛い20代後半(推定)の書店店長が今回の受けキャラです。
 これにバイトの元不良・皆見(みなみ)が惚れちゃったところからストーリーが始まるのですが、皆見自身、店長のことをこんな風に言ってます。

(見るからにダサいこの人は バイト先の店長)
(オレはこの人を好きだと 一瞬思ってしまったのだった)


 

[新刊レビュー]つまんないと思った俺がバカだった… 『HertZ』連載中、松本ミーコハウス『恋のまんなか』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-ガリ勉  特徴-高校生  攻め-不良  受け-真面目・カタブツ  ●マ行-松本ミーコハウス  
HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)
(2007/12/01)
新田 祐克西村 しゅうこ

商品詳細を見る


 あー、俺の目は節穴でした!
 懺悔!
 隔月刊誌『HertZ』vol.23を読んで、つくづく思い知らされましたよ!
 松本ミーコハウス先生が連載形式で描かれているマンガ『恋のまんなか』が、4回目にしてものすごい盛り上がりです。
 『HertZ』vol.19から始まったこの作品、超一流進学高を落ちて公立校に通うガリ勉くんの一之瀬が、父子家庭育ちで荒んだ生活を送るタラシの不良・松原にオモチャにされるような恋に堕ちていくストーリーでして、もちろんちーけんもチェックはしておりました。
 でも、よくいるじゃないですか。
 BLマンガに限らず、なんか暗い話を描くことで、それがストーリーに深みを出すんだ的な勘違いをしてるとしか思えないマンガ家さんが。
 この作品、そして松本ミーコハウス先生も、ちーけんが嫌うそういう類のマンガ家さんだと勝手に思いこんでました。
 本当にスイマセン!
 完っ全な思い違いでしたよ…。

 というわけで、本作の全体的な雰囲気はすごく暗めです。
 主人公(攻)の松原は、父親と安アパートで二人暮らし。
 でも、父親はほとんど家に帰って来ず、大家のババアからは「このままだと、出て行ってもらうよ!」と言い渡される生活を送っています。
 荒んだ空気を漂わせつつ、学校の内外で女の子と遊び歩いている高校生という設定のキャラになってます。
 そんな松原のことを、密かに見つめていたのが主人公(受)の一之瀬です。

 

[レビュー]なげやりな瞳の優等生が心を開かされ…“優等生受け”の歴史的傑作! 高岡ミズミ『不器用な唇』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-ガリ勉  受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  攻め-不良  ●タ行-高岡ミズミ  
不器用な唇不器用な唇
(2002/03)
高岡 ミズミ

商品詳細を見る
 いやもうどう褒めれば、この本の良さが伝わるのか…。
 すべてが最高というしかない“優等生受け”BLの金字塔です。
 とにかく読んでみてください。
 以上。
 終わり。

 と言い切ってしまいたいぐらい、この本はくだくだとこんなブログで紹介するのもおこがましいほどに“凄い”一作です。

 カップリングとしては、不良×優等生という王道中の王道。
 不良といっても、チンピラとかじゃありません。
 走り屋集団のヘッドとして、すでに高校生にして伝説の存在となったものの、親友の事故死をきっかけに走るのをやめた男の中の男が、主人公(攻)・小田切洋治(おだぎり・ようじ)です。
 そのときのゴタゴタで、小田切は高校を2年ダブっています。
 もちろん校内でも異色の存在。
 周りには、走り屋時代から小田切を崇拝する後輩たちが集まり徒党を組んでいますが、小田切は「好きにしろ」という態度で、超然と学生生活を送っています。

 

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。