ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[レビュー]マンガを描くのが趣味な、でっかい眼鏡のオタクっ子に、なぜかクラスの人気者が接近してきて!? 高将にぐん『放課後カタオモイ』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-オタク  受け-地味・ダサい  受け-コンプレックス持ち  攻め-クラスの人気者  ●タ行-高将にぐん  
放課後カタオモイ (ダリア文庫)放課後カタオモイ (ダリア文庫)
(2012/01/13)
高将 にぐん

商品詳細を見る


 仮にも“優等生受け”大好きブログとか銘打ってる以上、この作品を取り上げないわけにはいきますまい…!
 高将にぐん先生の最新刊『放課後カタオモイ』です!

 何が素晴らしいって、イケメンとオタクっ子という、主人公2人のあまりに対照的なキャラ設定と、そしてその2人が恋愛的な意味でどうにかなっちゃうという関係性が、まず“神”ですよ!
 早速ですが、本文からそれがよくわかる部分を引用してみましょう。

 

[レビュー]ガリ勉ダサ眼鏡男子とイケメンが隠れてお付き合い中…でもまだ気持ちを確かめ合ってなくて! 白桃ノリコ『お前でなきゃダメみたい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-大学生  受け-眼鏡  受け-ガリ勉  攻め-クラスの人気者  受け-地味・ダサイ  受け-ネクラ  ●サ行-白桃ノリコ  
お前でなきゃダメみたい (GUSH COMICS)お前でなきゃダメみたい (GUSH COMICS)
(2011/06/10)
白桃 ノリコ

商品詳細を見る


 この作家さんの作品は、優等生受けBLをテーマにするこのブログではもっともっとご紹介してないといけないはずなのに…うっ…。
 この2~3年で、急速に優等生受けBL界の新たなる神作家として台頭されている白桃ノリコ先生のコミックスを今日はご紹介させていただきます!
 最近のこの作家さんのコミックスは怖ろしいほどハズレがないのですが(数もたくさん出てます)、その中からブログ主が一番好きな作品が、6月に発売されたガッシュコミックス『お前でなきゃダメみたい』です。

 残念ながら、この作品でまるまるコミックス一冊というわけではなく、24ページの短編なんですが、嬉しいことにコミックスの表題作になってます。
 おかげで表紙のイラストが、この作品の主人公2人になってるよ!(きゃっきゃっ

 

[レビュー]「俺、あの委員長をやっちゃってる」――予備校教師(堅物な元クラス委員長)が元同級生から甘い責め苦を…! 藍生有『双つ星は抱擁に歪む』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  攻め-クラスの人気者  攻め-ホスト  ●ア行-藍生有  
双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK)双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK)
(2010/11/18)
藍生 有

商品詳細を見る


 まだ11月なのに、仕事が詰まってきて、すでに年の瀬の雰囲気を感じているブログ主です。
 こんにちは!
 とはいえ、相変わらずBL本はしっかり消化吸収をしているのですが、最近は“優等生受け”テイストなBL本が多くて、嬉しいような辛いような…。
 どれもこれもご紹介したいんですが、時間が足りません~。
 その中から、本日は書店の店頭で、帯に惹かれて購入を決めた一冊、藍生有(あいお・ゆう)先生の最新刊である花丸文庫『双つ星は抱擁に歪む』をご紹介しようと思います。

 じつはこの本、もともとは買うつもりなかったんですよ~。
 あらすじをサイトでチェックしたときには、「真面目な予備校教師の主人公は、目が覚めるとホストクラブのVIPルームにいて…」みたいな感じでした。
 堅物教師が主人公(受)ならば“優等生受け”に違いないだろうし…とは思いましたが、タイトルからもなんとなくわかるとおり、じつは本作は3Pものなんです。
 いやー、ブログ主はリバとか3P、4Pとか大っ嫌いでして…(汗)。
 というか、花丸文庫で藍生有先生は、ずっと「双子シリーズ」と呼ばれるこの3Pもののシリーズを出しておられまして、本作がその4作目に当たります。
 どれもお話はまったくつながってなくて、単に攻めが「双子」という設定だけが同じというシリーズなのですが、なんでしょうね、最近、GUSHマニアックスからも「複数プレイ」特集なBLアンソロが出たりしてますし、そーゆー波が来てるんですかね、今(笑)。
 残念ながら、多人数セックスにまったく興味がない、一棒一穴主義者のブログ主は、そういうわけで本作はとても敬遠したい気で満々だったのでした。

 ところが!

 都内の某腐向け書店の店頭で、今月の新刊をチェックしていたブログ主の目に飛び込んできたのは、本書の帯!

 「委員長、双子ホストに犯される」

 とでっかく書いてあったのです(笑)。

 

[レビュー]可愛い外見じゃなくて、委員長な優等生が「可愛い」と言われた時の恥ずかしそうな顔にイケメンが惚れるというのがイイ! 森悠『俺の委員長様』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  攻め-クラスの人気者  ●マ行-森悠  
俺の委員長様 (あすかコミックスCL-DX)俺の委員長様 (あすかコミックスCL-DX)
(2010/10/01)
森 悠

商品詳細を見る


 どうもご無沙汰をしてしまいまして…。
 相変わらず仕事が忙しく、あまり休みがありませんでした。
 その間も、レビューを書きたい本は積み上がっていくばかり。
 今週も、今日は休日でしたが、明日日曜日は休日出勤です。
 あと一週間我慢すれば、10日日曜日は、秋の大規模同人誌即売会であるコミックシティスパークがあり、月末にはオリジナルBL系同人誌の即売イベントであるJ.GARDENもあります。
 それだけを楽しみに、なんとか生きていこうと思う今日このごろです。

 さて、いくらツイッターでつぶやきまくっていようとも、ブログ主としてはこのブログが本拠地という気はさらさら変わっておりませんで、とにかく更新したくてしょうがありませんでした。
 やっと今日、時間を見つけて更新できます。

 本日ご紹介しようと思うのは、発売される数日前まで、まったくこんな本が出ると知らなかった一冊、森悠(もり・はるか)先生の初コミックス『俺の委員長様』です!
 本作は『シエルトレトレ』に掲載されたものですが、まさかシエル系のコミックスからこんな“優等生受け”が出るとは思ってませんでした。
 森悠先生のマンガは、このコミックスで初めて拝見しましたが、絵もストーリーもとても素直な作風とお見受けします。
 奇抜な設定で読ませるのではなく、オーソドックスなお話を、一コマ一コマのちょっとした風情で読者をじーんとさせるタイプかと!
 本作でも、読みどころは主人公(受)のクラス委員長・夏目たすくが顔を真っ赤にしながら、学年一の問題児・沢木康平に抱きついちゃうところにあるとブログ主は断言いたしましょう~。

 

[レビュー]チャラいイケメンが気になってしょうがない相手は、同じクラスの黒髪眼鏡なオタクっ子優等生! 栗城偲『恋をするには遠すぎて』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  攻め-クラスの人気者  受け-成績優秀  特徴-高校生  受け-オタク  ●カ行-栗城偲  
恋をするには遠すぎて (プラチナ文庫)恋をするには遠すぎて (プラチナ文庫)
(2010/06/10)
栗城 偲

商品詳細を見る


 うわー、久しぶりの更新だ…。
 すいませんすいませんすいません、もっと更新するつもりだったんですが、ついついサボって…。
 ぐへー。

 …なんて土下座していても罪が許されるわけではないので、早速、“優等生受け”BLのレビューを書かせていただきますー(平伏)。

 当ブログとして、外せない一冊です!
 栗城偲先生のプラチナ文庫最新刊『恋をするには遠すぎて』をご紹介いたしましょう!

 いやー、これは力が入ります。
 アニメオタクで優等生で眼鏡で細くて白くて黒髪で…という受けキャラ、いそうでいないのです。
 最近でこそ、昔にくらべれば多少はそーゆー作品に出会える率も高くなってきましたが、昔(=20世紀のころ)は年に一冊も出会えれば涙とヨダレで顔がべしょべしょになるくらい感激して読みふけったぐらいの希少なジャンルでありました。
 そんな希少な受けっ子が!
 文庫でまるまる一冊!
 こうしてキーボードを打っていても、あまりに嬉しくて思わず顔がにやけてきますよ(笑)。

 主人公(攻)は、年上の女性と遊びまくってるチャラい男子高校生、袖崎陣(そでさき・じん)です。

 

[レビュー]自称「学校一のモテ男」の前に現れた真・モテ男子! あっという間に陥落させられた主人公は、恋の苦しさを知り… 柚摩サトル『フィジカル・レッスン』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  攻め-クラスの人気者  受け-自信家  受け-コンプレックス持ち  ●ヤ行-柚摩サトル  
フィジカル・レッスン (GUSH COMICS)フィジカル・レッスン (GUSH COMICS)
(2010/01/09)
柚摩 サトル

商品詳細を見る


 いやもう本当にこの1冊は素晴らしかったです。
 きゅーんとしすぎて、胸が押しつぶされるかと思いました。
 今でも肋骨が2、3本折れている気が…(マジ)。
 BLはファンタジーというのは最近よくいわれる言葉ですが、現実では絶対に「ありえない」設定のお話の中で、これだけ読者の胸を引き絞ってくれる柚摩サトル先生の作家としての力量は、やっぱり脱帽せざるをえません!
 この1冊は、未来永劫ブログ主の本棚から消えることはないでせう…。

 …といっても、最近の主流ともいえる木原音瀬先生的な“リアリティ”をBLに求める向きには、たぶん本作は面白くもなんともないかと。
 いわゆる「マンガちっく」な、現実ではありえない、軽~い設定のお話ですから。
 でも、ブログ主にとっては、これこそがBL! であります。
 だって、もう胸が苦しくて死ぬかと思ったんだもん!!!

 そんな感動をちょっとでもお伝えできればいいのですが、以下、ストーリーをご紹介できれば…と思います!

 

[レビュー]“ブサイク受け”にまた傑作! 容姿に劣等感いっぱいのカワイコちゃん(?)が、トップモデルに愛されちゃう 森本あき『カリスマモデルと秘密の恋人』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-眼鏡  受け-不細工・ダサい  攻め-クラスの人気者  特徴-社会人  受け-コンプレックス持ち  ●マ行-森本あき  
カリスマモデルと秘密の恋人 (プリズム文庫 ma-)カリスマモデルと秘密の恋人 (プリズム文庫 ma-)
(2009/09/19)
森本 あき

商品詳細を見る


 ふい~。
 さっきまで地元の20年来の付き合いの悪友(?)7人でひっさしぶりに酒を飲んでおりました。
 バラバラではたまに会ってもいるんですが、全員で会うのは、ホントに久しぶり。
 てか、「悪友」という言葉自体がすでにおっさんぽいんでしょうか…(笑)。
 中学時代に出会って以来、よくもまあ付き合いが続いてるもんだと我ながら感心しますが、7人中結婚してるのはわずか3人。
 そりゃ少子化にもなるよなという(笑)。
 まったく気を遣わないでいいので、楽しい飲み会でありました。
 ぶっちゃけ、こういう友達がいることは、自分の人生でも最大の幸運のひとつだなぁと年を喰うにつれ強く思うようになりました。

 さて、ヤツらは明日から連休なのでグイグイ酒を飲んでましたが、ブログ主は仕事です。
 辛い~。
 また当分ブログの更新も滞りそうなんで、多少酔っぱらった状態ではありますが、レビューを書いておこうと思いまする~。

 とくに説明もいらないだろう人気作家、森本あき先生の最新刊『カリスマモデルと秘密の恋人』です!

 

[レビュー]小学校時代にいじめられた相手と高校で再会…嫌いなのに、なぜかアイツはまとわりついてきて!? 可南さらさ『no reason-恋に堕ちる-』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-ガリ勉  受け-成績優秀  攻め-クラスの人気者  特徴-幼馴染み  受け-いじめられっ子  ●カ行-可南さらさ  
no reason―恋に堕ちる (リンクスロマンス)no reason―恋に堕ちる (リンクスロマンス)
(2009/08)
可南 さらさ

商品詳細を見る


 ほんとにねぇ…。
 いつもながら、週に1本の更新がやっとで、好きな本のレビューを書くのもままならず醜態を晒すくらいなら、いっそブログなんか止めちまおうかとふと思ってしまうブログ主です(笑)。
 あ~、情けない。
 絶対に落とせない“優等生受け”BL本をご紹介する時間もないなんて、このブログの存在意義ってなんじゃらほいって思いますよねぇ。
 他に何にも売りがないのに。
 世の中の“優等生受け”BLは細大漏らさず全てフォローする心意気で始めたこのブログ。
 順調に更新を重ねている他のブログ様を見るにつけ、ますます気が重いんですが、暗いことを言っててもしょうがないので、明るくいきまっしょい!
 今日は、近刊の中でまさに「これだけは落とせない」という1冊、可南さらさ先生の最新作『no reason-恋に堕ちる-』をご紹介させていただこうと思います。

 

[新刊レビュー]成績優秀、カタブツ、人嫌いな学級委員が突然オトコの匂いに感じるようになっちゃって!? エロ場面充実してました(笑) 六堂葉月『最上の男。(プレシャス・ダーリン)』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-生徒会長・委員長  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  特徴-高校生  攻め-クラスの人気者  受け-成績優秀  ●ラ行-六堂葉月  
最上の男。 (B‐PRINCE文庫)最上の男。 (B‐PRINCE文庫)
(2009/08/07)
六堂 葉月

商品詳細を見る


 1週間ほど前の記事で、発売が超楽しみ! と書いた、六堂葉月先生の最新刊が発売になりました~(ぱちぱち)。
 B-PRINCE文庫から出た『最上の男(プレシャスダーリン)』です。
 なぜブログ主が「超楽しみ!」と書いたのかは、以下のあらすじをお読みいただければわかるかと…(当ブログは“優等生受け”大好きブログです・笑)。

  成績優秀でカタブツな学級委員の秀和は、ある夢を見た日を境になんと男の匂いに感じるようになってしまった!!
 中でも一番いい匂いと思ってしまうのは、学園一の色男で秀和が毛嫌いしている生徒会長の津元!
 津元の制服に顔をうずめてドキドキしてるだけに止まらず、触れられた肌は敏感に疼いちゃって…
 エロ生徒会長×純情メガネ高校生のヴァンパイア学園ラブ、濃密エッチをたっぷり詰め込んだ書き下ろし付きで登場!!


 このあらすじを読んだら期待しないわけにはいきませんが、実際に読んでみたらどうだったかといいますと…。

 

[新刊レビュー]クラス一の遊び人に脅迫されて身体を自由にされる学年トップの優等生…荒削りなストーリーながら、迫力ある“優等生受け”場面多数っ! 『ディアプラス』09年6月号より、かつきなおる『ヒミツ』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  ●カ行-かつきなおる  
Dear+ (ディアプラス) 2009年 06月号 [雑誌]Dear+ (ディアプラス) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/14)
不明

商品詳細を見る


 昨日の記事で、新人マンガ家さんの“優等生受け”マンガが『花音』と『ディアプラス』どっちに載ってたかわからなくなりました…と書きましたが、家に帰って確かめたら『ディアプラス』でした。
 かつきなおる先生のデビュー作だそうです。
 『ヒミツ』というタイトルのこのマンガを今日はご紹介させていただこうと思います~。

 この作家さん、今風のような今風ではないような不思議な感じの絵です(笑)。
 なんだろう、昔、『マイバースデイ』の系列BL誌として発行されてた『マイボーイ』によくこんな感じの絵が載ってたなぁという感じの絵。
 すいません、わかりにくい感想で(笑)。
 同じ意味で、ちょっと大和名瀬先生にも似た感じかしらん?

 本作は、これからご紹介するとおり、ストーリーはとっても“優等生受け”なBLになってまして、とってもワクワクするのですが、まだまだだいぶ荒削りな部分もあります。
 とりあえず、まずはストーリーからご紹介してまいりましょう!

 主人公(受)・坂野真央(さかの・まお)は学年トップの優等生。
 …と、こういう設定だとルックス的にもダサくて垢抜けない感じを当ブログ的としては希望してしまうところですが(笑)、残念ながら意外にこざっぱりした可愛い感じの設定になってます。
 眼鏡もしてないし。
 女の子にもそれなりにモテそうというか。

 

[新刊レビュー]BL史上初(たぶん)なすごいエロ描写山盛り! でもストーリーこそ注目してほしい“自己否定受け”の傑作! 和泉棒子『三度の揚げより君が好き』より、『毎週土曜のお気に入り』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-ネクラ  攻め-クラスの人気者  ●ア行-和泉棒子  
三度の揚げより君が好き (ビーボーイコミックス)三度の揚げより君が好き (ビーボーイコミックス)
(2009/05/09)
和泉 棒子

商品詳細を見る


 待ってました、和泉棒子先生のコミックス!
 ブログ主は、『ビーボーイ』09年1月号に載った『毎週土曜のお気に入り』という読み切りマンガで初めてこのマンガ家さんの作品に触れたんですが、一発でやられてしまったのでした。
 どうも調べると、リボーンの獄ツナで活動されてるマンガ家さんらしい…ということで、すぐに同人誌も入手。
 これがまた期待に違わぬ素晴らしいデキで、「ああ~ん、早く他のマンガも読みた~い!」とクネクネしながらお待ち申し上げていたところ(笑)、思ったよりも早くリブレから初コミックスが登場したというわけです(同人誌傑作選の形では他社からすでに本が出てます)。
 その前にも何度か『ビーボーイ』で執筆されていて、作品が貯まってたんですね。
 08年前半は『ビーボーイ』読むの止めてたんで気づきませんでした…。
 というわけで今日は、和泉棒子先生の初コミックス『三度の揚げより君が好き』から、ブログ主がやられてしまった件(くだん)の傑作『毎週土曜のお気に入り』を中心にご紹介させていただこうと思います。

 

[新刊レビュー]“優等生受け”BL史に偉大な転換点を刻む歴史的作品! このコミックスから“優等生受け”は新たな時代に入る…! みろくことこ『イインチョと俺!俺!!』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  攻め-クラスの人気者  受け-成績優秀  ●マ行-みろくことこ  
イインチョと俺!俺! (ディアプラス・コミックス)イインチョと俺!俺! (ディアプラス・コミックス)
(2009/04/30)
みろく ことこ

商品詳細を見る


 すいません!
 みろくことこ先生のこと、ナメてました…!!!(優等生受け的な意味で)
 正直なところ、『メガネばくだん』というコミックスも出されているとおり、眼鏡っ子はお好きなんだろうなぁとは思っていたのですが、まさかここまで“優等生受け”にも造詣が深くていらっしゃったとは…。
 というか、ブログ主はこのコミックスで新たな“優等生受け”の楽しみかたに開眼しました!!
 ブラボー!

 そんな歓喜のうちに、みろくことこ先生の最新刊『イインチョと俺!俺!!』をご紹介させていただこうと思います!

 

[新刊レビュー](たぶん)02年当時、眼鏡男子受けが全然なかったころに彗星のごとく飛び出した、ブログ主にとって思い出の一作… ユキムラ『不思議飴玉[増量版]』より、『社の中』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  特徴-大学生  ●ヤ行-ユキムラ  攻め-クラスの人気者  
不思議飴玉 増量版 (ビーズラビーコミックス)不思議飴玉 増量版 (ビーズラビーコミックス)
(2009/03/14)
ユキムラ

商品詳細を見る


 いやー、昨日は18時間も寝てしまいました。
 疲れてたんだな~。
 途中、9時間寝たところで一度起きて、喉渇いてたんでゴクゴク水を飲んだんですが、またそのまま眠たくなってバタンキュー(死語)。
 起きたら、今日の昼過ぎでした。

 

[新刊レビュー]高校を卒業してからも「委員長」と呼ばれる眼鏡クンの家に、元校内一の問題児が転がり込んで… 『GUSHマニアックス』溺愛特集より、かのこゆり『委員長かく語りき』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-ガリ勉  特徴-年下攻め  攻め-クラスの人気者  ●カ行-かのこゆり  
GUSH maniaEX 溺愛 (GUSH mania COMICS)GUSH maniaEX 溺愛 (GUSH mania COMICS)
(2008/10)
不明

商品詳細を見る


 告白します…。
 最近のブログ主は日和(ひよ)ってました…。
 こんな辺境のブログまで来てくださる方に、あんまりマイナーな“優等生受け”BLばっかりご紹介していたら、すぐに飽きられてもう来ていただけなくなるんじゃないかと思って…。
 なので、ちょっとメジャーな作品をレビューしたり、そんなに“優等生受け”じゃなくても、無理やり記事を書いてました…。
 すいません…。

 でも!!!

 今日からは初心に帰ろうと思います(笑)。
 しばらくの間、思いっきり趣味に走った真の“優等生受け”ばっかりレビューしてやろうと思います!
 いいんです、付いてこれない人が出ても…(笑)。
 ぐへへへへ!
 だってここは“優等生受け”大好きブログなんですもの…!!!

 そんなわけで、今日は先月発売の『GUSHマニアックス』溺愛特集号に掲載されていた、今時珍しいくらいのガチガチ優等生受けマンガ、かのこゆり先生の『委員長かく語りき』をご紹介しようと思います~。

 

[新刊レビュー]自分と違って女子にモテモテな攻めキャラのことを大嫌い! なはずの受けキャラが思いっきり可愛がられてます(笑) 国枝彩香『耳たぶの理由』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-大学生  受け-コンプレックス持ち  攻め-クラスの人気者  ●カ行-国枝彩香  
耳たぶの理由 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)耳たぶの理由 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/02/17)
国枝 彩香

商品詳細を見る


 え~、今日はどの本をご紹介しようか結構迷いました。
 というのも、設定はすんごく“優等生受け”なんだけど、正直あんまり面白くなかった本をご紹介しようか、それともそれほど“優等生受け”とかじゃないんだけどマンガとしてはずば抜けて面白かった本をご紹介しようかと。
 ブログ主の脳内会議の結果、やっぱり面白い本をご紹介しなきゃしょうがねぇだろ! ということで、今日は国枝彩香先生の最新刊『耳たぶの理由』をレビューさせていただこうと思います!

 国枝彩香先生といえば、今では堂々たるBL界の大人気作家でいらっしゃいますが、ご存じの方も多いとおり、もともとは集英社の女性向けマンガ誌『ヤング・ユー』で「坂井久仁江」というお名前で少女マンガを描いていらっしゃった方です。
 ブログ主は、腐男子に転身(?)する前はズブズブの少女マンガオタクでありました。
 大学生だったころはとにかく毎日少女マンガを読んで過ごしてまして、当然、その坂井久仁江先生のマンガもその中に入っていたわけです。
 で、じつは坂井久仁江先生は結構好きな作家さんだったので、コミックスもほとんど揃えていたんですよ。

 ところが…。

 

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01

03


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電