ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[レビュー]ヴィクトリア朝英国…神学校を舞台に、生きることに飽きた高位悪魔と無気力な優等生が惹かれあい… かわい有美子『天国より野蛮』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-高潔な優等生  受け-努力家  特徴-ファンタジー  ●カ行-かわい有美子  
天国より野蛮 (リンクスロマンス)天国より野蛮 (リンクスロマンス)
(2010/05)
かわい 有美子

商品詳細を見る


 月末のBL新刊ラッシュで嬉しい悲鳴を挙げてるブログ主です。
 いい作品揃いですわ~。
 どれもレビューを書きたくなってしまい困るのですが、やはり当ブログの本旨に立ち返り“優等生受け”な一作ということで、かわい有美子先生の最新刊『天国より野蛮』をご紹介させていただこと思います!

 …って、なんかこのタイトル見たことあるなと思ったら、小林蒼先生がラピス文庫で12年前に同名のBL小説を出されてましたね。
 懐かしいな~。
 さらに元をたどると、中谷美紀さんのシングルCDがその1年前に出ているようですが、もちろん一般芸能界に興味のないオタ野郎のブログ主ですので、そっちのほうは知ったこっちゃありません(笑)。
 ちなみに、小林蒼先生のほうの『天国より野蛮』も名作です…それも“優等生受け”の!
 当時のブログ主はもうむさぼるように読み返したものです(しみじみ)。
 ああ、やばい、いま本棚から引っ張り出して中を見たら、腰を据えて読み返したくなってきてしまった~。
 こちらもいつかこのブログでレビューを書く予定ですが、とりあえず今日はかわい有美子先生の新刊のほうの『天国より野蛮』をレビューさせていただきます!
 とても傑作だと思いますが、じつは本書にはひとつだけ大変な欠点があります。
 そのあたりは後ほど…。
 ますはストーリーをご紹介していきましょう。

 

[レビュー]「私の身体なんか自由にすればいい…」清廉な神官さまが、思いもよらぬ快感に溺れて泣いちゃう! いとう由貴『太陽と月の欠片』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-美人の優等生  受け-高潔な優等生  受け-神官  特徴-ファンタジー  ●ア行-いとう由貴  
太陽と月の欠片 (ショコラノベルス)太陽と月の欠片 (ショコラノベルス)
(2010/05/10)
いとう 由貴

商品詳細を見る


 同じ作家さんの本を連続で紹介するのは初めてです!
 狙ったわけではなく、いとう由貴先生の新刊が次から次へと発表されるうえに、たまたまどちらも素晴らしかっただけなんですが…。
 いとう由貴先生のショコラノベルス最新刊『太陽と月の欠片』をご紹介させていただきます!

 前記事『凍える月影』のレビューにも書きましたが、ブログ主はいとう由貴先生は決して「大好き!」という作家さんではなかったのです。
 それが最近、波長が合ってきたな~と(勝手に)思っていたところ、身体で相手の男を誑かし、自分の言うなりにさせようと画策するも、思いもよらぬ快感の深さに懊悩してしまう優等生キャラがこれでもか! 喘ぎまくってる傑作『凍える月影』を読んで、ド萌えしまくり。
 でも、やっぱり頭の中では「ちょっと苦手な作家さん」という思いが抜けず、今日ご紹介する『太陽と月の欠片』は2週間ほど前にはもう手元にあったにもかかわらず放置してました。
 今日この作品を読むかどうかも相当迷ったんですよね…。
 パラパラめくり読みしても、エロ少なそうでガツンと訴えてくるものがなかったし…。

 ――ごめん!!!!
 俺が間違えてた!!!!

 

[新刊レビュー]カッコよすぎるスーパーマンな攻め(アラブの富豪)に、誇り高くて切れ者優等生な美人が受け… そんなの現実じゃありえない? そーゆーこと言うのは無粋です… 高倉知子『アラビアン・ハネムーン』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-高潔な優等生  受け-御曹司  ●タ行-高倉知子  特徴-高校生  
アラビアン・ハネムーン (アクアコミックス) (オークラコミックス)アラビアン・ハネムーン (アクアコミックス) (オークラコミックス)
(2009/07/10)
高倉 知子

商品詳細を見る


 よーし、レビュー2本目~。
 今日の夕方、近くのイオンで買ったシュークリームを食べて元気いっぱいのブログ主です(笑)。
 ふだんは甘いモノを節制してるのですが、日曜だけは許してます。
 ああー、カスタードクリーム最高~!

 てなわけで、糖分が十分に脳みそに行き渡ったところで、本日2冊目のレビューは、高倉知子先生の最新刊『アラビアン・ハネムーン』でございます~。
 本作は、最近のBLの主流であります、読者と等身大な主人公たちの心の中を深い心理描写でえぐり出していくようなタイプのお話し(ex.中村明日美子先生、さかもと麻乃先生、山中ヒコ先生etc...)ではなく、「おいおい、そんなヤツは現実に絶対いないよ!」と言いたくなっちゃうような、カッコいい攻め×可愛い受けが織りなす昔ながらの(?)BLといった感じのお話です。
 ブログ主は、こーゆーお話しはこーゆーお話しで大好きなんですが、最近のBL読者からは「深みがない」と言われちゃうようなタイプのBLマンガかもしれません。
 でも、とってもドキドキさせてくれる一作です。

 

[新刊レビュー]クラスでも孤立する優等生…「図書室の主」を落とす賭けから始まった傷つけ合う2人の関係は―― 『BGM』vol.8より、門井はがち『サイレント』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-高潔な優等生  受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  ●カ行-門井はがち  
BGM VOL.8 (MARBLE COMICS)BGM VOL.8 (MARBLE COMICS)
(2008/09/12)
不明

商品詳細を見る


 いやー、困る。
 レビューを書くときにこういうお話しがいちばん困る。
 台詞が少なくて、キャラクターの表情やちょっとした仕草で彼らの感情が表現され、そんな小さな積み重ねでストーリーが進んでいくような、淡いタッチの詩のようなマンガ。
 BLアンソロジー『BGM』の最新刊vol.8に掲載されている門井はがち先生の短編マンガ『サイレント』は、そんなマンガです。
 …って、今気付いたけど、タイトルからして『サイレント』なんて題名だったのか!
 そりゃ台詞も少なくて当然ですな!(笑)

 世の中には、“優等生受け”と組み合わせるととっても美味しくなるBL素材というのがいくつかありますが、本作では「お堅い美人を誰が落とせるか、不良どもが賭をする」というとびっきりの味付けがされておりました。
 やべー。
 本ブログ的には味の素の128万倍ともいわれる“うまみ”を含んだ美味成分です…。
 ええ、もちろん数字に意味はありません(笑)。

 主人公(受)の生天目(なまため)は「図書室の主」と呼ばれる、クラスでも孤立した雰囲気を持つ高校生。
 成績優秀ですが、いつも冷たい瞳に無表情な生天目は、めったに感情を表に出すこともなく、自分のクラスにはほとんどいません。
 イジメられているというわけではなく、生天目自身が友達を作らない高校生活を選択し、毎日を図書室で過ごす日々を送っているのです。

 

[新刊レビュー]高慢ちきなお貴族さまが… クライマックスでは一転して可愛くなっちゃう胸キュン作! 橘かおる『黒豹の騎士~美しき提督の誘惑~』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-ファンタジー  特徴-軍隊もの  受け-王子さま・貴族  受け-高潔な優等生  ●タ行-橘かおる  
黒豹の騎士―美しき提督の誘惑 (ガッシュ文庫)黒豹の騎士―美しき提督の誘惑 (ガッシュ文庫)
(2008/05/28)
橘 かおる

商品詳細を見る


 身分なんていうものを絶対の存在と信じていて、侯爵家の次男である自分が人の上に立つことを当然のことと思っている――。
 そんな美貌の公子が主人公(もちろん受)なBL小説が登場しました!

 もちろん、これまでも綺麗で気位の高い貴族さまが主人公なBL小説はいくらもありました。
 本作がひと味違うのは、普段はとても自分の弱みなんか人に見せないような、高慢で自信に満ちあふれた貴族のお坊ちゃんルロイ・カリウの“夜の顔”ですよ!
 すいません、またエロ場面押しか、お前はどんだけエロが好きなんだと言われるのは百も承知で、以下、橘かおる先生の最新刊『黒豹の騎士~美しき提督の誘惑~』をご紹介させていただきます(涙)。
 ……だって、ツンと澄ました美人のエロ場面、超萌えるんだもん!

 いったいルロイの“夜の顔”のどこが、それだけブログ主をそそったのかと言いますと…。

 

[新刊レビュー]最後まで女装したままという神展開! 遠野春日『花嫁は貴族の愛に奪われる』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-王子さま・貴族  受け-女装  受け-高潔な優等生  ●タ行-遠野春日  
花嫁は貴族の愛に奪われる (SHY NOVELS 196)花嫁は貴族の愛に奪われる (SHY NOVELS 196)
(2007/10/26)
遠野 春日

商品詳細を見る


 ちーけんが大好きな作家さんの1人である遠野春日先生。
 いいところはいっぱいありますが、無理矢理ひとつ挙げるとすれば、「女装ものBLで、主人公が最後に男に戻ったりしないこと」というのがあります。
 意外に多いんですよ、せっかく(?)受けキャラが女装して登場して、攻めキャラとニャンニャン(死語)できたのに、最後の最後で「男の姿に戻った君も可愛いよ」とか「本当の君にようやく会えた…!」とか言われちゃって、女装をやめちゃうというBL。
 その点、遠野春日先生の小説は、もちろん例外はありますが、女装させられた主人公は最後までというか死ぬまでその格好でラブラブしていきそうな勢いなものが多く、ちーけんは非常に評価しております(笑)。

 で、最新刊『花嫁は貴族の愛に奪われる』も、この超美麗な北畠あけ乃先生の表紙が全てを語っているとおり、見事に主人公(受)が女装させられてます。
 しかも優等生!
 いやー言うことナス(死語)ですな!

 

[新刊レビュー]古代中国もの…姫として育てられた美少女王子に求婚する暴れん坊! 秋山みち花『仮面の花嫁~弄花伝~』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-歴史もの  特徴-ファンタジー  受け-王子さま・貴族  受け-女装  受け-高潔な優等生  ●ア行-秋山みち花  
仮面の花嫁―弄花伝 (もえぎ文庫)仮面の花嫁―弄花伝 (もえぎ文庫)
(2007/11)
秋山 みち花

商品詳細を見る


 前記事に続いて、またもや女装もの…!
 どんだけ好きなんだという声が聞こえてきそうですが…。
 好きなんですな~、これが(笑)。

 女装少年ものと優等生受けって、なんか似てるんですよね~。
 どちらも“いい子”の仮面をかぶらされているじゃないですか(笑)。
 で、だいたい女装してる少年って、優等生って設定が多いし…。
 たまーにやんちゃな子が家では女装させられて…っていうBLもありますけど、それはそれでやっぱり“お家の言いつけ”にちゃんと従ってるって意味で、やっぱり優等生受けなんですなぁ。
 というわけで、ちーけんの女装少年好きには、“優等生受け”好きから連なる立派な必然性があるということで、今回も萌える女装少年優等生受けBLのご紹介を…(笑)。

 秋山みち花先生の最新刊『仮面の花嫁~弄花伝~』です。
 最近、よく商業誌でもお名前を見るようになってきた秋山みち花先生。
 ちーけんは同人誌時代から好きで、けっこう同人誌も揃えてます。
 貴族の王子さまが受けのBLとか多く書かれる方で、そのへんに惹かれて…(笑)。

 で、本作は古代中国の戦国時代をモデルにした歴史物の王侯貴族BLになってます。

 

[新刊レビュー]ツンツン度1000%! 前代未聞の伯爵さま受け…愁堂れな『手折らん、いざ気高き華を』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-王子さま・貴族  受け-高潔な優等生  特徴-歴史もの  ●サ行-愁堂れな  
手折らん、いざ気高き華を (白泉社花丸文庫 し 8-3)手折らん、いざ気高き華を (白泉社花丸文庫 し 8-3)
(2007/09/20)
愁堂 れな

商品詳細を見る


 愁堂れな先生の最新刊『手折らん、いざ気高き華を』(花丸文庫)をご紹介します~。
 こんな“優等生受け”大好きブログをやってるくらいなので、ちーけんは学園ものが基本的に大好きなのですが、愁堂さんが学園ものを書かれた記憶はほとんどありません。
 でも、結構読んでるんですよね。
 愁堂さんの書かれた本。
 なぜかといえば、今回のような“美貌の貴族受け”を何作か書かれているから。
 だいたい貴族の御曹司が受けといえば、みんなお育ちがよくて、美人で、優等生でという設定が多いですからね(笑)。
 なので、愁堂さんの本の中でもサラリーマンとかはほとんど読んだことがありません…。

 さて題名からして、美貌でツンとすましたお貴族さまが受けの匂いがプンプンする本作ですが、数多く“貴族受け”を読んできたちーけんでもびっくりするくらい、今回はツンツンお貴族さまな受けでした。
 本文約210ページ中、208ページくらいはツンですよ!
 最後の最後にちょこっとだけデレが出てくるというか、顔をちょっとのぞかせてすぐ引っ込んじゃいます(笑)。
 オマエは広島・古葉監督かというぐらいの(古)、ちょい顔見せですよ。

 主人公(受)の伯爵さま・桜井京一(さくらい・きょういち)は、同じく華族であり学習院中等部の先輩でもある子爵・園池格(そのいけ・わたる=攻)に、もう最初から最後までツンツンしどおしですが、格は優男な外見に反して(?)、かなり度量が大きい男で、ツンツン伯爵さまの我が儘を徹頭徹尾うまく受け流して抱き留めてやるのです。
 本作は、格が何度も示す度量の大きさを、「おお~、オマエそこまでされても京一のこと許すのか~」と褒めてやりつつ楽しんで読んでいく小説と言えるかもしれません(笑)。

 

[レビュー]“優等生受け”史上最高傑作かも…『小説ピアス』03年9月号より鹿島田しき&水戸泉『デビル・ロック』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  攻め-不良  受け-成績優秀  受け-高潔な優等生  ●カ行-鹿島田しき  
 新刊レビューを書くだけで精一杯で、優等生受け“珠玉の一冊”を紹介する暇が全然ありませんでした。
 で、久しぶりに書くからにはと思い、とっておきの一作を紹介します!

 記事のタイトルに「“優等生受け”史上最高傑作かも…」と書いたのは、大げさではありません。
 何をもって「最高」というかは難しいところですが、本作は“優等生受け”というBLの一分野で、誰も登ったことのない高みに達しているのは間違いありません。

 掲載されたのは、4年前の小説ピアスです。
 水戸泉先生が原作で、鹿島田しきさんが絵を担当された24ページの短編マンガです。
 鹿島田しき先生の他の“優等生受け”マンガについては、本ブログでもレビューを書いたことがありますので、そちらもよろしければご一読を。

 主人公は、修堂学園高等部2年で生徒総長を務める優等生、中津川秀而(なかつがわ・しゅうじ)です。
 華道の家元の御曹司で品行方正を絵に描いたような優等生である秀而は、学園中の生徒から信望を集める存在です。
 メガネをかけ、制服をぴしっと着こなしたその姿は、一般生徒たちから「総長…今日もキレイだなぁ…」と感嘆の声をあげられるほど。
 でも、女性的というわけではなく、背も高く威厳のある容姿を備えています。

 本作『デビル・ロック』(DEVIL LOCK)は、この完全無欠の優等生・秀而が、1学年下のアウトロー・室井重政(むろい・しげまさ)に“自由”を奪われ、彼のオモチャとしてとことん堕とされていくようすを描いた作品です。

 

[新刊レビュー]十掛ありい『ベッド・オブ・ローズ』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-高潔な優等生  受け-美人の優等生  攻め-不良  特徴-ファンタジー  ●タ行-十掛ありい  
ベット・オブ・ローズ (リンクスロマンス)ベット・オブ・ローズ (リンクスロマンス)
(2007/07)
十掛 ありい

商品詳細を見る


 初めて読む作家さんです。
 リンクスロマンスの7月新刊です。
 帯に「恥辱の中で、愛を得る」「冷酷非道な王・ライオスと予言者アーロン。憎しみと罪に溺れる二人の運命は――」とあるとおりのストーリーですが、ライオス(攻)は、読んでみると実際には「冷酷非道な王」というよりは、“若さを御しきれないやんちゃ王”という感じのキャラ設定です。

 背表紙のあらすじから紹介しましょう。

 冷酷非道の王として知られるライオスは、服従を頑として拒む異教徒の預言者・アーロンを屈服させるため、自らの白へ攫ってくる。
 虜囚の身であるにもかかわらず、民に慕われ、神のように崇め奉られる美貌のアーロン。
 一方、暗愚と陰で囁かれる自分とのあまりに違う姿に嫉妬し、ライオスはアーロンを貶めようと決意する。
 しかし、体を開き快感に涙を流しはしても、アーロンは決して屈しようとしない。
 その高潔な心にライオスは徐々に惹かれていくのだが…。

 というわけで、ファンタジーです。
 受けが高潔な性格と美貌を誇る“預言者”ということで、学園ものではありませんが、形を変えた“優等生受け”と言ってよいでしょう。
 実際、優等生受けが好きな人なら、気に入る一作です。

 

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01

03


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電