ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]年下チャラ男大学生×お堅い財閥御曹司! 年下に抱かれて、お坊ちゃん優等生が口にした一言に萌えすぎて!!! 天王寺ミオ『紳士と野良犬』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-年下攻め  特徴-社会人  受け-美人の優等生  受け-真面目・カタブツ  受け-御曹司  受け-エリート  ●タ行-天王寺ミオ  
紳士と野良犬 (GUSH COMICS)紳士と野良犬 (GUSH COMICS)
(2012/02/10)
天王寺 ミオ

商品詳細を見る


 じつはこの作品は、雑誌掲載時にはちゃんと読んでませんでした…。
 雑誌でパラパラッと読んだときには、全然“優等生受け”だと気付かなくて、読み飛ばしていたんです…。
 後悔!!!
 天王寺ミオ先生といえば、テニプリの仁王×柳生カプで同人誌を出されていたとおり、“優等生受け”BL界では重要な作家さんなのに、なんでちゃんと読まなかったんですかね…。

 というわけで、天王寺ミオ先生の最新刊『紳士と野良犬』をご紹介しようと思います。

 

スポンサーサイト

[レビュー]医師にもズバズバと物を言うしっかり者のMRが、本当はけなげでいじらしい性格を隠していて…桜遼『ドクターはご機嫌ナナメ』収録作


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-社会人  受け-真面目・カタブツ  受け-けなげ    特徴-年下攻め  特徴-医者もの  ●サ行-桜遼  
ドクターはご機嫌ナナメ (Dariaコミックス)ドクターはご機嫌ナナメ (Dariaコミックス)
(2011/10/22)
桜 遼

商品詳細を見る


 このコミックスには、病院を舞台にしたBLが4作収められています。
 どれも“優等生受け”の傑作ばかりで(誇張でない)、間違いなくオススメの一冊ですが、中でも短編「何度でも、やさしいキスをして」という作品がブログ主の脳裏に焼き付いて離れません。

 主人公(受)は、しっかり者でビシビシ物を言う製薬会社のMR(医療情報担当者・営業マン)・水瀬(みなせ)です。
 物語の冒頭で、医師になりたての研修医・相楽(さがら)が、あやふやな知識で看護師に指示を出し、薬の量を間違いそうになる場面が出てきます。
 水瀬は、

「まちがっていますよ、相楽先生。その量では致死量になる可能性があります。…気をつけてください(ビシッ)」

 と、看護師たちもいる前で相楽に恥をかかせる台詞を、ニコリともせず言っちゃうようなMRです。
 研修医とはいえ、製薬会社のMRと医師では、当然ながら医師のほうが立場が上なのに。
 相手が医師だろうと、間違いは間違いだと言う水瀬に、相楽は当然ながらムカつきます。

 ところが!!!

 

[レビュー]昼間は神経質、寮で同室の先輩男子にだけ全身で甘える眼鏡優等生…キスするときが最高に可愛ええ! 後藤ユキ『先輩、バカじゃないですか?』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-ネクラ  ●カ行-後藤ユキ  
先輩、バカじゃないですか? (IDコミックス GATEAUコミックス)先輩、バカじゃないですか? (IDコミックス GATEAUコミックス)
(2011/01/15)
後藤 ユキ

商品詳細を見る


 この本は、レビューを書こうと思って机の上に置きっぱなしにしてありました…。
 去年一年間、ほとんどブログを更新できなかったので、ずっとそのまま…。
 ようやく宿願を果たせます(涙)。

 後藤ユキ先生が一昨年の年末に出されたコミックス『先輩、バカじゃないですか?』です!

 この作家さんのマンガを初めて読んだのは、たまたま通販で買ってみた同人誌からでした。
 表紙でいかにも優等生という眼鏡くんが描かれているオリジナルBLの同人誌で、表紙に惹かれて試しに買ってみたのです。
 そうしたら、これがものすごい一冊でした。
 学年首席の眼鏡優等生くんが、同級生にエロいことをいっぱいされちゃうという(笑)。
 こちらの同人誌に興味のある方は、以前レビューでご紹介してますので、こちらでどうぞ。

 

[レビュー]教え子に「あんた、こうされたかったんだろ?」とか言われて抱かれる真面目っ子教師が…うっ… 野火ノビタ『長い間きみを見ていた』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  特徴-年下攻め  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-教師  ●ナ行-野火ノビタ  
長い間きみを見ていた (ビーボーイコミックス)長い間きみを見ていた (ビーボーイコミックス)
(2011/09/10)
野火 ノビタ

商品詳細を見る


 2011年に発売された“優等生受けBL”で、ブログ主的に間違いなくトップ3に入る一冊です!
 野火ノビタ先生の『長い間きみを見ていた』です!

 主人公(受)・白井(しらい)は高校で現代国語を教える教師です。
 眼鏡で真面目、決して生徒から好かれてないわけではありませんが、フレンドリーなタイプではありません。

 

[レビュー]同級生男子に告白され、でも素直になれない無愛想眼鏡優等生くん… 抱き締められれば真っ赤になるのに! 梶ヶ谷ミチル『放課後の不純』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  ●カ行-梶ヶ谷ミチル  
放課後の不純 (Feelコミックス オンブルー)放課後の不純 (Feelコミックス オンブルー)
(2011/04/25)
梶ヶ谷 ミチル

商品詳細を見る


 ちゃんとしたレビューを書くのって、どれだけぶりだろ…。
 緊張してます(笑)。
 そんな久しぶりのレビューでどの作品を取り上げようかと迷って、このコミックスにしました。
 梶ヶ谷ミチル先生が昨年4月に出された初コミックス『放課後の不純』です。
 やっぱり、優等生受けなBLを紹介したいので!

 

[レビュー]こんなに理屈っぽい恋愛マンガは見たことない! でも成功してるよ! 鳥ノ海ユミ『真実のキミを捕まえたい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-変人  ●タ行-鳥ノ海ユミ  
 前記事に続き、これもいつもの本ブログのレビューとは文体が違います。
 このブログのポリシーとして、紹介する本をまったく読んでない人にもあらすじをちゃんと理解してもらったうえで自分の感想を書くというのがあるのですが、今回はそれをすっ飛ばしてみました。
 あらすじについてはほとんど書かず、自分の感想のみを連ねています。
 世のBLレビューブログをいろいろ拝見すると、こちらのスタイルのほうが多いなぁとはずっと思っていたのですが、今回はこれもお知り合いに頼まれて感想を書いて送ることになったので、このような形式で綴ってみたところ、それだけじゃもったいないからブログにも載せちゃえ(前記事参照・笑)ということで、このようなレビューができあがった次第です。
 …どうでしょう。
 ご意見いただければ幸いです!

*************

真実のキミを捕まえたい ~of montage~ (ミリオンコミックス  Hertz Series 109)真実のキミを捕まえたい ~of montage~ (ミリオンコミックス Hertz Series 109)
(2011/09/21)
鳥ノ海 ユミ

商品詳細を見る


 これぞニューウェーブ系BL! という一作でした(笑)。
 掲載誌が「HertZ」でなければ世に出なかったと思います。

 最近のBLにありがちですが、フキダシがどのキャラのものかがわかりにくいという欠点が本作にもあって、初読時はストーリーを飲み込むのにちょっと時間がかかりました。
 帯では「優等生が恋をしてしまったら――!?」とあったので「優等生受け」かな~と思って期待したのですが、これはいわゆる「優等生受け」BLではないですね(笑)。

 でも、面白かったです。主人公(受)である高校生、鈴森という男子キャラの可愛さだけで、最後まで引っ張られてしまいました。

 

[レビュー]「相手してやろっか?」元同級生に馬鹿にしたように誘われ、自分の気持ちもわからず身体を重ねる優等生 くるりんるみこ『もっと君の味を知りたい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-成績優秀  攻め-不良  受け-ガリ勉  ●カ行-くるりんるみこ  
もっと君の味を知りたい (K-BOOK ORIGINAL COMICS)もっと君の味を知りたい (K-BOOK ORIGINAL COMICS)
(2011/04/21)
くるりん るみこ

商品詳細を見る


 商業誌の単行本のレビューを書くのが久しぶりすぎて、文章の書き方がうまく思い出せない…。
 ずっとブログを更新したい気だけは満々だったんですが、休みの日はついダラダラと過ごしてしまいがちだったところ、今日は「いいかげんにヤバイだろ…」ということで一念発起し、PCに向かってます(笑)。

 ご紹介するのはもちろん“優等生受け”な一冊。
 くるりんるみこ先生の最新刊『もっと君の味を知りたい』です!
 ブログ復帰(?)第一発目に取り上げるレビュー本として、いやもうこれ以上の“優等生受け”は考えられないだろ…ということで、この作品をご紹介させていただくことにしました。
 顔がにやけます、主人公2人のことを思い出すと…(笑)。

 主人公(受)の久須美(くすみ)は高3の受験生です。
 “優等生受け”BLにおいては、受けキャラ優等生クンの外見というのは非常に重要な要素ですから、まずはそこからご説明すると、久須美はいかにも育ちの良さそうな、顔も身体も線の細いタイプ。

 

[レビュー]かゆまみむ先生のスパコミ新刊2冊を読んだ感想を速攻でまとめました かゆまみむ『今宵、王宮で。』『虎×兎』


Category: レビュー 同人誌   Tags: 受け-真面目・カタブツ  ●カ行-かゆまみむ  
 今日の戦利品をパラ読み…とか言っておきながら、帰宅して読むのをとても楽しみにしていたかゆまみむ先生の新刊2冊をじっくり読んでしまいました。一冊は『マギ』のシンジャ(シンドバッド×ジャーファル)本、もう一冊はタイバニの虎×兎本です。
 まずはシンジャ本の感想から…。

 

[レビュー]外見はティエリア似の素直じゃない生徒会長サマが、対立する応援団団長(年下)にぎゅーっと抱き締められちゃうよ あおいれびん『僕らの時間』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  特徴-年下攻め  ●ア行-あおいれびん  
僕らの時間 (ドラコミックス)僕らの時間 (ドラコミックス)
(2010/11/25)
あおいれびん

商品詳細を見る


 冬コミのカタログも発売になりましたが、もしかしたら今年は都条例改正が可決された重苦しい状況の中で冬コミを迎えないかもしれないと思うと、ちょっと鬱になりますね…。
 そうならないように、都議会審議最後の日まで、やれることをやるしかありません。

 くわえて、年末ということで、ちーけんの仕事も押し押しでかなり忙しくなってしまい、12月は地獄スケジュールになってます。
 年末年始の休暇まで、息する暇もないくらい(笑)。
 そんな最中でもというか、だからこそ息抜きに、家に帰ればBL本をよみまくっているんですが、今月は“当たり”が多すぎて嬉しい悲鳴です。
 今日ご紹介したいのは、その中でもとびっきり魂が震えた一冊。
 あおいれびん先生のdrapコミックス最新刊『僕らの時間』です!
 本作は、あおいれびん先生の前作『男の子だもの!』から続く“応援団シリーズ”の第2弾で、登場キャラも被ってますが、お話は独立してるので、『僕らの時間』だけ読んでもまったく問題ありません。

 正直にいうと、あおいれびん先生のマンガはこれまで苦手でした。
 ちょっと相性合わないなーなんて。

 

[レビュー]「俺、あの委員長をやっちゃってる」――予備校教師(堅物な元クラス委員長)が元同級生から甘い責め苦を…! 藍生有『双つ星は抱擁に歪む』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  攻め-クラスの人気者  攻め-ホスト  ●ア行-藍生有  
双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK)双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK)
(2010/11/18)
藍生 有

商品詳細を見る


 まだ11月なのに、仕事が詰まってきて、すでに年の瀬の雰囲気を感じているブログ主です。
 こんにちは!
 とはいえ、相変わらずBL本はしっかり消化吸収をしているのですが、最近は“優等生受け”テイストなBL本が多くて、嬉しいような辛いような…。
 どれもこれもご紹介したいんですが、時間が足りません~。
 その中から、本日は書店の店頭で、帯に惹かれて購入を決めた一冊、藍生有(あいお・ゆう)先生の最新刊である花丸文庫『双つ星は抱擁に歪む』をご紹介しようと思います。

 じつはこの本、もともとは買うつもりなかったんですよ~。
 あらすじをサイトでチェックしたときには、「真面目な予備校教師の主人公は、目が覚めるとホストクラブのVIPルームにいて…」みたいな感じでした。
 堅物教師が主人公(受)ならば“優等生受け”に違いないだろうし…とは思いましたが、タイトルからもなんとなくわかるとおり、じつは本作は3Pものなんです。
 いやー、ブログ主はリバとか3P、4Pとか大っ嫌いでして…(汗)。
 というか、花丸文庫で藍生有先生は、ずっと「双子シリーズ」と呼ばれるこの3Pもののシリーズを出しておられまして、本作がその4作目に当たります。
 どれもお話はまったくつながってなくて、単に攻めが「双子」という設定だけが同じというシリーズなのですが、なんでしょうね、最近、GUSHマニアックスからも「複数プレイ」特集なBLアンソロが出たりしてますし、そーゆー波が来てるんですかね、今(笑)。
 残念ながら、多人数セックスにまったく興味がない、一棒一穴主義者のブログ主は、そういうわけで本作はとても敬遠したい気で満々だったのでした。

 ところが!

 都内の某腐向け書店の店頭で、今月の新刊をチェックしていたブログ主の目に飛び込んできたのは、本書の帯!

 「委員長、双子ホストに犯される」

 とでっかく書いてあったのです(笑)。

 

[レビュー]タイトルどおり、「えろ」の果てに純愛があったよ!(感涙) 描写は濃厚、台詞も抜群! 彩景でりこ『純愛エロ期』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  ●サ行-彩景でりこ  
純愛えろ期 ((ジュネットコミックス ピアスシリーズ))純愛えろ期 ((ジュネットコミックス ピアスシリーズ))
(2010/10/30)
彩景 でりこ

商品詳細を見る


 ひさしぶりのブログ更新です。
 忙しく働いていたうえに、たまの休暇は沖縄行ったりしてたので、ずるずるとこんなに更新の間隔が空いてしまいました。
 とほほほ…。

 月末といえば、言わずと知れたBLの新刊ラッシュですが、この10月末は素晴らしい作品がいくつもありました。
 文字どおりの目白押し。
 どれもこれもご紹介したくて困ってしまうなか、今日は彩景でりこ先生の新刊『純愛えろ期』に収められてる連作『恋はデステニー』をレビューさせていただこうと思います!

 ブログ主がエロくてらぶいBLが大好きなのは、みなさまよくご存じかと思うのですが、本作は「エロ」がとってもとっても充実してます。
 なにせ、コミックスの帯に、顔射されてべったり顔にかけられた主人公(受)の顔が描かれてるくらいですから…一般書店だと買いにくいことこのうえないんですけれど(笑)。
 でも、彩景でりこ先生の筆はそこで終わりません。
 プライドの高い眼鏡男子がぶっかけられ、それ以上の激しい言葉責めだの、凌辱気味のえっちだのに溺れさせられちゃう男性向け並みの描写が山盛りなのにもかかわらず、そこから浮かんでくるのは、間違いなくらぶ!
 ぼーいずらぶなのです!!!

 

[レビュー]可愛い外見じゃなくて、委員長な優等生が「可愛い」と言われた時の恥ずかしそうな顔にイケメンが惚れるというのがイイ! 森悠『俺の委員長様』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  攻め-クラスの人気者  ●マ行-森悠  
俺の委員長様 (あすかコミックスCL-DX)俺の委員長様 (あすかコミックスCL-DX)
(2010/10/01)
森 悠

商品詳細を見る


 どうもご無沙汰をしてしまいまして…。
 相変わらず仕事が忙しく、あまり休みがありませんでした。
 その間も、レビューを書きたい本は積み上がっていくばかり。
 今週も、今日は休日でしたが、明日日曜日は休日出勤です。
 あと一週間我慢すれば、10日日曜日は、秋の大規模同人誌即売会であるコミックシティスパークがあり、月末にはオリジナルBL系同人誌の即売イベントであるJ.GARDENもあります。
 それだけを楽しみに、なんとか生きていこうと思う今日このごろです。

 さて、いくらツイッターでつぶやきまくっていようとも、ブログ主としてはこのブログが本拠地という気はさらさら変わっておりませんで、とにかく更新したくてしょうがありませんでした。
 やっと今日、時間を見つけて更新できます。

 本日ご紹介しようと思うのは、発売される数日前まで、まったくこんな本が出ると知らなかった一冊、森悠(もり・はるか)先生の初コミックス『俺の委員長様』です!
 本作は『シエルトレトレ』に掲載されたものですが、まさかシエル系のコミックスからこんな“優等生受け”が出るとは思ってませんでした。
 森悠先生のマンガは、このコミックスで初めて拝見しましたが、絵もストーリーもとても素直な作風とお見受けします。
 奇抜な設定で読ませるのではなく、オーソドックスなお話を、一コマ一コマのちょっとした風情で読者をじーんとさせるタイプかと!
 本作でも、読みどころは主人公(受)のクラス委員長・夏目たすくが顔を真っ赤にしながら、学年一の問題児・沢木康平に抱きついちゃうところにあるとブログ主は断言いたしましょう~。

 

[レビュー]素っ気ない態度の優等生が可愛く見えてきちゃった女ったらしの同級生に、優等生が真っ赤な顔であることを… 日高あすま『スノーブロッサム』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-ガリ勉  受け-成績優秀  攻め-不良  ●ハ行-日高あすま  
スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2010/08/24)
日高 あすま

商品詳細を見る


 みなさん、こんばんは~。
 次の土日はどちらも仕事で、つまりは今日から2週間、休みナシのブログ主です。
 泣きたい。
 ブログ更新が今にもまして滞るかもしれませんが、その時はお許しください…。

 そんなわけで心の慰めを求めて(笑)、熱心にBLを読みあさっていますが、この1週間ほどに出た新刊が、でれもこれも“優等生受け”ばっかりで嬉しい悲鳴です。
 おいおいご紹介していければと思っていますが、今日はリンクスコレクションから出た日高あすま先生の新刊『スノーブロッサム』をご紹介させていただこうと思います!

 本作は、全寮制の男子高ものという、最近では古色蒼然といった趣きすらある設定の一作(笑)。
 日高あすま先生の描かれる受けキャラは、どの作品でも昭和初期の言葉でいえば「高踏的」な雰囲気を漂わせてるなーとブログ主は思ってます。
 ちょっと世の中を斜めに構えて見てて、容易に他人と交わらない感じの。
 本作『スノーブロッサム』の主人公(受)・雪村(ゆきむら)も、同室で暮らす素行不良&問題児なルームメイト・桜井に心を許さず、毎日ロクに口すらきかずに2人は過ごしてます。
 でも、そんな日高あすま先生お得意の高踏的なキャラが、全寮制の男子高なんていう設定だと輝いてくるんですな!(笑)
 攻めキャラ・桜井の目を通して、主人公(受)・雪村は、こんな風に描かれてますよ。

 

[レビュー]アホでへたれな幼馴染みをバカにしまくってた眼鏡優等生が……最後は乙女っぷり丸出しでぐずぐずに!!! 雲之助『ラブリートーク』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-女王さま  受け-自信家    ●カ行-雲之助  
ラブリートーク (IDコミックス GATEAUコミックス)ラブリートーク (IDコミックス GATEAUコミックス)
(2010/08/12)
雲之助

商品詳細を見る


 事件ですよ…この本の発売は事件ですよ…。
 本年度の“優等生受け”BL第一位を狙える凄いマンガが、何の前触れもなく発売されてしまいました。
 新創刊された「ガトーコミックス」より今月発売されたばかりの一冊、雲之助先生のデビューコミックス『ラブリートーク』です。

 ブログ主は、こーゆーレーベルが出来るらしいというのはもちろん知っていて、「創刊ラインナップはどんな感じなのかな~」と思ったら、3人ともまったく知らないお名前の作家さんだったので、全然期待もしてませんでした。
 同人誌傑作選みたいなコミックスなのかな~? と思ったくらいで。

 ところが!!!!!!

 買ってみたら腰が抜けました(笑)。
 どこにいたの、こんな作家さん!!!
 いやー、生きててよかったです。
 ハッキリ言って、優等生スキーならば、以下のレビューなんか読まずに、このままamazonでポチッたり、書店に走っても絶対に後悔しない一冊ですが、ブログ主個人の心の記念碑として、ざっくりレビューを残しておこうと思います。

 

[レビュー]一人で自慰をできないクラス委員長…毎晩手伝ってくれるのは、同級生の幼馴染みで かずきあつし『溺れるほど愛しくて』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-眼鏡  ●カ行-かずきあつし  
溺れるほど愛しくて (ディアプラス・コミックス)溺れるほど愛しくて (ディアプラス・コミックス)
(2010/07/30)
かずき あつし

商品詳細を見る


 昨日から夏風邪をひきまして、非常に体調が悪いのですが、ひさしぶりにブログを更新したら、たくさん拍手などいただいてしまい、あんまり嬉しかったので調子に乗って、無理やり今日も更新しちゃいます。
 えへへへ(笑)。

 本日ご紹介させていただくのは、かずきあつし先生のデビューコミックス『溺れるほど愛しくて』です!
 一冊に複数の作品が収められている中で、商業コミックスとしては珍しく、“優等生受け”な作品が表題作になってます。
 というわけで、表紙の2人がその“優等生受け”カプなのですが、こちらはよくあることに、受けキャラがせっかくの優等生&眼鏡キャラなのに、なぜか表紙では眼鏡を外された状態で描かれてますよ(涙)。
 よくあるんですよね、このパターン(笑)。
 なんだよ、眼鏡男子ブームとかじゃないのかよ!←古い

 では、まずは表題作である『溺れるほど愛しくて』をご紹介させていただくといたしましょう!

 ストーリーとしては、古くから“優等生受け”の一類型として存在している、“性的にウブなガリ勉くんが、幼馴染みに手ほどきされちゃう”という設定になってますよ。
 主人公(受)の高校生・山田直也(やまだ・なおや)は、学校ではクラス委員も務める優等生。
 でっかい眼鏡をかけて、勉強が得意なタイプの直也には、じつは悩んでることがありました。
 高校生にもなって、オナニーが一人ではできないのです…!(笑)

 

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。