ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]「でもお前、友達一人もいないじゃん」――ぼろっぼろに泣かされて落とされた優等生ちゃんは救われるのか! 西原ケイタ『逆転ヒエラルキー』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  受け-性格悪い  
逆転ヒエラルキー! (GUSH COMICS)逆転ヒエラルキー! (GUSH COMICS)
(2014/10/10)
西原 ケイタ

商品詳細を見る

 ガリ勉、眼鏡、つねに敬語でしゃべる、他人への優越感……。
 そんな記号が合わさってる学級委員長の静生(しずお)は、可愛げがないどころか、とっても嫌なヤツ!
 最初読むと、反発すら覚えます。
 案の定、静生には友達は全然いません。
 日常しゃべるのも、隣に住む幼なじみの将人(まさと)とだけ。
 将人にも、つねにウエメセ(上から目線)で怒鳴りつけます。

「そんなだから、お前はダメなんだよ! 僕は仕方なく! そんなお前を、仕方なく面倒みてやってるんだ!」

 学校に行っても、将人が友達と「ぎゃははは」と盛り上がってるのを見て、つぶやきます。

(相変わらず不真面目そうな奴らとつるんでるな……)
(あんなにピアスじゃらじゃら付けてる奴ら、普通なもんか)

 

スポンサーサイト

[レビュー]「相手してやろっか?」元同級生に馬鹿にしたように誘われ、自分の気持ちもわからず身体を重ねる優等生 くるりんるみこ『もっと君の味を知りたい』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-成績優秀  攻め-不良  受け-ガリ勉  ●カ行-くるりんるみこ  
もっと君の味を知りたい (K-BOOK ORIGINAL COMICS)もっと君の味を知りたい (K-BOOK ORIGINAL COMICS)
(2011/04/21)
くるりん るみこ

商品詳細を見る


 商業誌の単行本のレビューを書くのが久しぶりすぎて、文章の書き方がうまく思い出せない…。
 ずっとブログを更新したい気だけは満々だったんですが、休みの日はついダラダラと過ごしてしまいがちだったところ、今日は「いいかげんにヤバイだろ…」ということで一念発起し、PCに向かってます(笑)。

 ご紹介するのはもちろん“優等生受け”な一冊。
 くるりんるみこ先生の最新刊『もっと君の味を知りたい』です!
 ブログ復帰(?)第一発目に取り上げるレビュー本として、いやもうこれ以上の“優等生受け”は考えられないだろ…ということで、この作品をご紹介させていただくことにしました。
 顔がにやけます、主人公2人のことを思い出すと…(笑)。

 主人公(受)の久須美(くすみ)は高3の受験生です。
 “優等生受け”BLにおいては、受けキャラ優等生クンの外見というのは非常に重要な要素ですから、まずはそこからご説明すると、久須美はいかにも育ちの良さそうな、顔も身体も線の細いタイプ。

 

[レビュー]外見はティエリア似の素直じゃない生徒会長サマが、対立する応援団団長(年下)にぎゅーっと抱き締められちゃうよ あおいれびん『僕らの時間』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  特徴-年下攻め  ●ア行-あおいれびん  
僕らの時間 (ドラコミックス)僕らの時間 (ドラコミックス)
(2010/11/25)
あおいれびん

商品詳細を見る


 冬コミのカタログも発売になりましたが、もしかしたら今年は都条例改正が可決された重苦しい状況の中で冬コミを迎えないかもしれないと思うと、ちょっと鬱になりますね…。
 そうならないように、都議会審議最後の日まで、やれることをやるしかありません。

 くわえて、年末ということで、ちーけんの仕事も押し押しでかなり忙しくなってしまい、12月は地獄スケジュールになってます。
 年末年始の休暇まで、息する暇もないくらい(笑)。
 そんな最中でもというか、だからこそ息抜きに、家に帰ればBL本をよみまくっているんですが、今月は“当たり”が多すぎて嬉しい悲鳴です。
 今日ご紹介したいのは、その中でもとびっきり魂が震えた一冊。
 あおいれびん先生のdrapコミックス最新刊『僕らの時間』です!
 本作は、あおいれびん先生の前作『男の子だもの!』から続く“応援団シリーズ”の第2弾で、登場キャラも被ってますが、お話は独立してるので、『僕らの時間』だけ読んでもまったく問題ありません。

 正直にいうと、あおいれびん先生のマンガはこれまで苦手でした。
 ちょっと相性合わないなーなんて。

 

[レビュー]「俺、あの委員長をやっちゃってる」――予備校教師(堅物な元クラス委員長)が元同級生から甘い責め苦を…! 藍生有『双つ星は抱擁に歪む』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  攻め-クラスの人気者  攻め-ホスト  ●ア行-藍生有  
双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK)双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK)
(2010/11/18)
藍生 有

商品詳細を見る


 まだ11月なのに、仕事が詰まってきて、すでに年の瀬の雰囲気を感じているブログ主です。
 こんにちは!
 とはいえ、相変わらずBL本はしっかり消化吸収をしているのですが、最近は“優等生受け”テイストなBL本が多くて、嬉しいような辛いような…。
 どれもこれもご紹介したいんですが、時間が足りません~。
 その中から、本日は書店の店頭で、帯に惹かれて購入を決めた一冊、藍生有(あいお・ゆう)先生の最新刊である花丸文庫『双つ星は抱擁に歪む』をご紹介しようと思います。

 じつはこの本、もともとは買うつもりなかったんですよ~。
 あらすじをサイトでチェックしたときには、「真面目な予備校教師の主人公は、目が覚めるとホストクラブのVIPルームにいて…」みたいな感じでした。
 堅物教師が主人公(受)ならば“優等生受け”に違いないだろうし…とは思いましたが、タイトルからもなんとなくわかるとおり、じつは本作は3Pものなんです。
 いやー、ブログ主はリバとか3P、4Pとか大っ嫌いでして…(汗)。
 というか、花丸文庫で藍生有先生は、ずっと「双子シリーズ」と呼ばれるこの3Pもののシリーズを出しておられまして、本作がその4作目に当たります。
 どれもお話はまったくつながってなくて、単に攻めが「双子」という設定だけが同じというシリーズなのですが、なんでしょうね、最近、GUSHマニアックスからも「複数プレイ」特集なBLアンソロが出たりしてますし、そーゆー波が来てるんですかね、今(笑)。
 残念ながら、多人数セックスにまったく興味がない、一棒一穴主義者のブログ主は、そういうわけで本作はとても敬遠したい気で満々だったのでした。

 ところが!

 都内の某腐向け書店の店頭で、今月の新刊をチェックしていたブログ主の目に飛び込んできたのは、本書の帯!

 「委員長、双子ホストに犯される」

 とでっかく書いてあったのです(笑)。

 

[レビュー]乙女男子受けで逆体格差! 「王子様」と呼ばれる優等生が、ちびっ子同級生に可愛がられちゃう! 三島一彦『王子様100%』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-成績優秀    受け-コンプレックス持ち  受け-ネクラ  受け-乙女男子  ●マ行-三島一彦  
王子様100% (あすかコミックスCL-DX)王子様100% (あすかコミックスCL-DX)
(2010/11/01)
三島 一彦

商品詳細を見る


 花とゆめコミックス『オトメン(乙男)』の大ヒットで、この数年にわかに二次元の世界で市民権を得た感がある“乙女男子”ものですが、BL界での単行本の形での第一号は、『オトメン』に先立つこと数年、2002年にアイスノベルスで発行された砂原糖子先生『ミスター・ロマンチストの恋』でありましょう。

 テニス部のエースで生徒会長も務める優等生な主人公(受)が、じつは少女マンガ大好きで星占いを気にしては可愛いキーホルダーを学生カバンに下げたりする乙女男子で、でも普段はそんな自分を恥じて必死に隠してというお話でした。
 その後、2008年には高月まつり先生の『ロマンティックは裏切らない』というプリズム文庫発行の作品も登場しました。
 こちらの主人公(受)は、コワモテな外見で学校中から恐れられているけれど、じつは電車で隣に座った女子高生たちの会話に心をときめかし、スワロフスキーのキラキラに憧れ、レースのいっぱいついたピンクのお洋服を着てみたいと願う乙女男子(笑)。
 なんと身長は180センチあります。
 なよなよしてるどころか、“男の中の男”といわれるようなコワモテです。

 少女マンガの世界でのオトメンたちが最後は格好良くて男らしいところを見せて女の子とハッピーエンドになるのに比べて、彼らBL界の“乙女男子受け”主人公(受)たちは、まったく違う様相を見せてきました。

 

[レビュー]可愛い外見じゃなくて、委員長な優等生が「可愛い」と言われた時の恥ずかしそうな顔にイケメンが惚れるというのがイイ! 森悠『俺の委員長様』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  攻め-クラスの人気者  ●マ行-森悠  
俺の委員長様 (あすかコミックスCL-DX)俺の委員長様 (あすかコミックスCL-DX)
(2010/10/01)
森 悠

商品詳細を見る


 どうもご無沙汰をしてしまいまして…。
 相変わらず仕事が忙しく、あまり休みがありませんでした。
 その間も、レビューを書きたい本は積み上がっていくばかり。
 今週も、今日は休日でしたが、明日日曜日は休日出勤です。
 あと一週間我慢すれば、10日日曜日は、秋の大規模同人誌即売会であるコミックシティスパークがあり、月末にはオリジナルBL系同人誌の即売イベントであるJ.GARDENもあります。
 それだけを楽しみに、なんとか生きていこうと思う今日このごろです。

 さて、いくらツイッターでつぶやきまくっていようとも、ブログ主としてはこのブログが本拠地という気はさらさら変わっておりませんで、とにかく更新したくてしょうがありませんでした。
 やっと今日、時間を見つけて更新できます。

 本日ご紹介しようと思うのは、発売される数日前まで、まったくこんな本が出ると知らなかった一冊、森悠(もり・はるか)先生の初コミックス『俺の委員長様』です!
 本作は『シエルトレトレ』に掲載されたものですが、まさかシエル系のコミックスからこんな“優等生受け”が出るとは思ってませんでした。
 森悠先生のマンガは、このコミックスで初めて拝見しましたが、絵もストーリーもとても素直な作風とお見受けします。
 奇抜な設定で読ませるのではなく、オーソドックスなお話を、一コマ一コマのちょっとした風情で読者をじーんとさせるタイプかと!
 本作でも、読みどころは主人公(受)のクラス委員長・夏目たすくが顔を真っ赤にしながら、学年一の問題児・沢木康平に抱きついちゃうところにあるとブログ主は断言いたしましょう~。

 

[レビュー]素っ気ない態度の優等生が可愛く見えてきちゃった女ったらしの同級生に、優等生が真っ赤な顔であることを… 日高あすま『スノーブロッサム』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-ガリ勉  受け-成績優秀  攻め-不良  ●ハ行-日高あすま  
スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2010/08/24)
日高 あすま

商品詳細を見る


 みなさん、こんばんは~。
 次の土日はどちらも仕事で、つまりは今日から2週間、休みナシのブログ主です。
 泣きたい。
 ブログ更新が今にもまして滞るかもしれませんが、その時はお許しください…。

 そんなわけで心の慰めを求めて(笑)、熱心にBLを読みあさっていますが、この1週間ほどに出た新刊が、でれもこれも“優等生受け”ばっかりで嬉しい悲鳴です。
 おいおいご紹介していければと思っていますが、今日はリンクスコレクションから出た日高あすま先生の新刊『スノーブロッサム』をご紹介させていただこうと思います!

 本作は、全寮制の男子高ものという、最近では古色蒼然といった趣きすらある設定の一作(笑)。
 日高あすま先生の描かれる受けキャラは、どの作品でも昭和初期の言葉でいえば「高踏的」な雰囲気を漂わせてるなーとブログ主は思ってます。
 ちょっと世の中を斜めに構えて見てて、容易に他人と交わらない感じの。
 本作『スノーブロッサム』の主人公(受)・雪村(ゆきむら)も、同室で暮らす素行不良&問題児なルームメイト・桜井に心を許さず、毎日ロクに口すらきかずに2人は過ごしてます。
 でも、そんな日高あすま先生お得意の高踏的なキャラが、全寮制の男子高なんていう設定だと輝いてくるんですな!(笑)
 攻めキャラ・桜井の目を通して、主人公(受)・雪村は、こんな風に描かれてますよ。

 

[レビュー]一人で自慰をできないクラス委員長…毎晩手伝ってくれるのは、同級生の幼馴染みで かずきあつし『溺れるほど愛しくて』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-眼鏡  ●カ行-かずきあつし  
溺れるほど愛しくて (ディアプラス・コミックス)溺れるほど愛しくて (ディアプラス・コミックス)
(2010/07/30)
かずき あつし

商品詳細を見る


 昨日から夏風邪をひきまして、非常に体調が悪いのですが、ひさしぶりにブログを更新したら、たくさん拍手などいただいてしまい、あんまり嬉しかったので調子に乗って、無理やり今日も更新しちゃいます。
 えへへへ(笑)。

 本日ご紹介させていただくのは、かずきあつし先生のデビューコミックス『溺れるほど愛しくて』です!
 一冊に複数の作品が収められている中で、商業コミックスとしては珍しく、“優等生受け”な作品が表題作になってます。
 というわけで、表紙の2人がその“優等生受け”カプなのですが、こちらはよくあることに、受けキャラがせっかくの優等生&眼鏡キャラなのに、なぜか表紙では眼鏡を外された状態で描かれてますよ(涙)。
 よくあるんですよね、このパターン(笑)。
 なんだよ、眼鏡男子ブームとかじゃないのかよ!←古い

 では、まずは表題作である『溺れるほど愛しくて』をご紹介させていただくといたしましょう!

 ストーリーとしては、古くから“優等生受け”の一類型として存在している、“性的にウブなガリ勉くんが、幼馴染みに手ほどきされちゃう”という設定になってますよ。
 主人公(受)の高校生・山田直也(やまだ・なおや)は、学校ではクラス委員も務める優等生。
 でっかい眼鏡をかけて、勉強が得意なタイプの直也には、じつは悩んでることがありました。
 高校生にもなって、オナニーが一人ではできないのです…!(笑)

 

[レビュー]人気アイドルが成績低迷で高校退学寸前…成績優秀な優等生が面倒を見ることになっちゃった! 立野真琴『ミューズの学園で逢おう』第1巻


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-美人の優等生  ●タ行-立野真琴  
ミューズの学園で逢おう 1 (ビーボーイコミックス)ミューズの学園で逢おう 1 (ビーボーイコミックス)
(2008/01/10)
立野 真琴

商品詳細を見る


 一ヶ月ぶりのブログ更新です~。
 すいません、放置してて…。
 この一ヶ月、仕事が忙しかったせいもありますが、ようやく夏休みに入ったので、ブログ更新に燃えているブログ主です(笑)。
 …といいつつ、明日からは1泊2日で富士登山に行ってくるので、次の更新はまた土曜日になってしまうのですが。

 さて、当ブログのメインコンテンツといえば、相も変わらず“優等生受け”BLのご紹介なわけですが、今日は立野真琴先生の『ミューズの学園で逢おう』をご紹介させていただこうと思います。
 本作は全4巻。
 芸能科と普通科の生徒が対立する私立美園学園高校を舞台に、何組もの男子高校生がカップルとして登場する豪華絢爛なストーリーが人気だった作品ですが、これだけでも学園もの好きのブログ主には美味しいところ、なんと登場してくるカップルの受けキャラたちが、どれもこれも優等生ばかりなのでした(笑)。
 第1巻の冒頭で登場する、本作のメインカプの受けキャラである主人公・花井忠史(はない・ただふみ)もその一人。
 普通科に在籍する花井は、家庭の経済的な事情から、奨学金の世話になってこのゴージャスな美園学園高校に通っています。
 もちろん成績は超優秀。
 ところが本校には、先程も書いたとおり、普通科の他に芸能科が存在するのでした。
 そこは今をときめく若手芸能人が通う特別クラス。
 芸能活動している時間も登校扱いにされるという芸能科の在籍生徒たちは、最低限の点数さえテストでとれば、進級&卒業が認められます。
 ところが、日本一のアイドルグループ「STILL」の中心メンバー・大槻悠(おおつき・ゆう)は、その最低レベルの点さえとれず、進級が危うくなっています。
 そこで、成績優秀な普通科の優等生・花井が、大槻の“家庭教師”をやるよう、学園長から特別に頼まれることとなったのでした。

 ぐふふふ。
 どーですか、この設定。
 美味しいでしょう、そうでしょう(笑)。

 

[レビュー]チャラいイケメンが気になってしょうがない相手は、同じクラスの黒髪眼鏡なオタクっ子優等生! 栗城偲『恋をするには遠すぎて』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  攻め-クラスの人気者  受け-成績優秀  特徴-高校生  受け-オタク  ●カ行-栗城偲  
恋をするには遠すぎて (プラチナ文庫)恋をするには遠すぎて (プラチナ文庫)
(2010/06/10)
栗城 偲

商品詳細を見る


 うわー、久しぶりの更新だ…。
 すいませんすいませんすいません、もっと更新するつもりだったんですが、ついついサボって…。
 ぐへー。

 …なんて土下座していても罪が許されるわけではないので、早速、“優等生受け”BLのレビューを書かせていただきますー(平伏)。

 当ブログとして、外せない一冊です!
 栗城偲先生のプラチナ文庫最新刊『恋をするには遠すぎて』をご紹介いたしましょう!

 いやー、これは力が入ります。
 アニメオタクで優等生で眼鏡で細くて白くて黒髪で…という受けキャラ、いそうでいないのです。
 最近でこそ、昔にくらべれば多少はそーゆー作品に出会える率も高くなってきましたが、昔(=20世紀のころ)は年に一冊も出会えれば涙とヨダレで顔がべしょべしょになるくらい感激して読みふけったぐらいの希少なジャンルでありました。
 そんな希少な受けっ子が!
 文庫でまるまる一冊!
 こうしてキーボードを打っていても、あまりに嬉しくて思わず顔がにやけてきますよ(笑)。

 主人公(攻)は、年上の女性と遊びまくってるチャラい男子高校生、袖崎陣(そでさき・じん)です。

 

[レビュー]ヴィクトリア朝英国…神学校を舞台に、生きることに飽きた高位悪魔と無気力な優等生が惹かれあい… かわい有美子『天国より野蛮』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-高潔な優等生  受け-努力家  特徴-ファンタジー  ●カ行-かわい有美子  
天国より野蛮 (リンクスロマンス)天国より野蛮 (リンクスロマンス)
(2010/05)
かわい 有美子

商品詳細を見る


 月末のBL新刊ラッシュで嬉しい悲鳴を挙げてるブログ主です。
 いい作品揃いですわ~。
 どれもレビューを書きたくなってしまい困るのですが、やはり当ブログの本旨に立ち返り“優等生受け”な一作ということで、かわい有美子先生の最新刊『天国より野蛮』をご紹介させていただこと思います!

 …って、なんかこのタイトル見たことあるなと思ったら、小林蒼先生がラピス文庫で12年前に同名のBL小説を出されてましたね。
 懐かしいな~。
 さらに元をたどると、中谷美紀さんのシングルCDがその1年前に出ているようですが、もちろん一般芸能界に興味のないオタ野郎のブログ主ですので、そっちのほうは知ったこっちゃありません(笑)。
 ちなみに、小林蒼先生のほうの『天国より野蛮』も名作です…それも“優等生受け”の!
 当時のブログ主はもうむさぼるように読み返したものです(しみじみ)。
 ああ、やばい、いま本棚から引っ張り出して中を見たら、腰を据えて読み返したくなってきてしまった~。
 こちらもいつかこのブログでレビューを書く予定ですが、とりあえず今日はかわい有美子先生の新刊のほうの『天国より野蛮』をレビューさせていただきます!
 とても傑作だと思いますが、じつは本書にはひとつだけ大変な欠点があります。
 そのあたりは後ほど…。
 ますはストーリーをご紹介していきましょう。

 

[レビュー]デビュー作に続き、へたれ駄目男攻め(外見は超俺様デキる奴)×けなげで頑張り屋さん受け…シリーズ化希望! 樋口美沙緒『愛の巣へ落ちろ!』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-ファンタジー  受け-努力家  受け-成績優秀  ●ハ行-樋口美沙緒  
愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)
(2010/04/20)
樋口 美沙緒

商品詳細を見る


 長年BLを読んできて、作家さんごとのこだわりというか「究極命題」とでもいうべきものがあるなぁと思うようになりました。
 別の言い方をすると「原風景」?
 この作家さんはこれを描かずにはいられない…というものが、必ず一つはありますよね。
 大抵の場合、それは作家さんのデビュー作の中に色濃く出ていますが、例えば島あさひ先生や藤崎こう先生だったら「圧倒的な存在感を放つ帝王のような攻め」だったり、遠野春日先生だったら「凛として孤高の美貌なインテリ受けキャラ」だったり、木原音瀬先生だったら「自己中心的で友達がいなくてひとりぼっちな嫌われ者」だったり、水島忍先生だったら「けなげに頑張る男子高校生」だったり、それぞれの作家さんのそーゆーものがあると思うわけです。

 昨年、花丸文庫で、ヘタレな貴族のボンボン×けなげな従者っ子というカプのデビュー作『愚か者の最後の恋人』を出された樋口美沙緒先生の2冊目となる最新刊『愛の巣へ落ちろ!』が先月発売されたのですが、ブログ主は一読してニマニマしてしまいました。
 樋口美沙緒先生がBLで書きたい“究極命題”はこれか! と思って。
 中世ヨーロッパに範を求めたファンタジーだったデビュー作と違い、本作は昆虫と人類が融合した巨大隕石落下による文明滅亡後の地球と思しき、昆虫擬人化学園ものファンタジーとでもいうべき舞台設定になっていますが、そこで描かれている主人公2人の姿は、デビュー作での2人とかなり通じるものがあったのでした。
 一読み手の感想としては、こーゆー芯がある作家さんのほうが生き残っていく率が圧倒的に高いと経験的に感じているので、大変喜ばしいことだと思ってます(笑)。

 樋口美沙緒先生のデビュー作『愚か者の最後の恋人』については当ブログですでにレビューさせていただいているので、そちらをご参照いただくとして、まずは最新作『愛の巣へ落ちろ!』をゆっくりとご紹介していくといたしましょう!

 

[レビュー]今月のベストBL! 「経済学部の王子さま」と呼ばれる高慢ちきな先輩が、「バカ」と嘲笑していた後輩にぐずぐずに! 凪良ゆう『全ての恋は病から』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-大学生  特徴-年下攻め  受け-女王さま  受け-成績優秀  ●ナ行-凪良ゆう  
全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)
(2010/03)
凪良 ゆう

商品詳細を見る


 よし。
 書けるときにレビュー書こう。
 今日2冊目!
 手短にまとめよう、手短に。
 ずるずる長くなるから時間もかかって、ついつい更新したくなくなっちゃうんだ。

 では、これはもうすぐにでもご紹介したかった一冊。
 凪良ゆう先生の最新刊『全ての恋は病から』です!

 いやもう素晴らしかった!
 ブログ主的に、今年の3月に読んだBL本で一番よかったです。
 しかもこの本、事前にはまっっっったく期待していなかったし、本屋で相当迷ったすえに「ハズレでもいいや」ぐらいの気持ちで買った一冊だっただけに、もし買わずに読まないママだったら…と思うと、相当震えます。
 生涯読んだBLの中でもかなり上位に来ます、これ。

 

[レビュー]珠玉の2連発! 黒髪眼鏡の風紀委員受け&「可愛い」と言われて本気にしちゃった優等生受け 今井ゆうみ『灰青色の四月』&同人誌『PLUM』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-ガリ勉  特徴-年下攻め  受け-美人の優等生  受け-成績優秀  ●ア行-今井ゆうみ  
コーラルマーチ (POE BACKS Babyコミックス)コーラルマーチ (POE BACKS Babyコミックス)
(2010/02/24)
今井 ゆうみ

商品詳細を見る


 ブログ自体書くのも久しぶりだし、レビューを書くのはもっとひさしぶりです。
 このブログは“優等生受け”BL本のレビューを書くためにそもそも設置してあるのに…。
 ううう、情けない…。
 そんな反省をこめつつ、よーし、今日は頑張ってレビュー書いちゃうぞー!

 今日ご紹介しようと思うのは、今年2月にBabyコミックスから初コミックスが出たばかりの今井ゆうみ先生のマンガです。
 コミックスのタイトルは『コーラルマーチ』。
 この中に、とても素晴らしい優等生受けマンガが載ってるんですよ。

 で、なぜ今日とくに今井ゆうみ先生のマンガをご紹介しようと思ったかといいますと、このブログの下のほうに記事がありますが、先日ブログ主が一般参加してきたJUNE系同人誌即売会『J.GARDEN』(3月14日開催)で、いろいろなサークルさんを回っていたなかで今井ゆうみ先生のサークルをたまたま発見し、同人誌を拝見してみたらこれがまた素晴らしい“優等生受け”の一作で、痺れてしまったんですな!
 というわけで、商業誌&同人誌のダブルパンチを与えられてしまった今井ゆうみ先生のマンガを今日はご紹介させていただこうと思います!

 ではまず、ブログ主のハートをぐぐぐいのぐいっと掴んでくれた、素晴らしき同人誌『PLUM』から。

 

[レビュー]あらすじでは単なる“幼馴染みもの”っぽいが…じつはネクラ眼鏡な大学院生が受けの素晴らしき優等生受け! 弓月あや『ビタースイートロリポップ』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-ガリ勉  特徴-大学生  特徴-幼馴染み  
ビタースイートロリポップ (クロスノベルス)ビタースイートロリポップ (クロスノベルス)
(2009/09)
弓月 あや

商品詳細を見る


 本当はこの本は、9月の韓国出張の際に現地で読もうと持参した2冊のうちの1冊でして、日本に帰ったらすぐレビューを書く予定でした…。
 でも忙しさにかまけてついズルズルと…。
 発売から3ヶ月ちかく経ってしまって全然「新刊レビュー」じゃなくなってしまいましたが、すいません、弓月あや先生の新刊『ビタースイートロリポップ』をご紹介させていただこうと思います。

 

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。